コラボレーション ユーザ事例

Cisco VXI で社内 PC のデスクトップを仮想化

株式会社 NTT ぷらら

メディアを選択

株式会社 NTT ぷらら

課題

株式会社 NTT ぷららでは、東日本大震災の発生以降、節電が重要な経営課題となった。NTT グループでは 30%の節電目標を掲げていたが、NTT ぷららではそれ以上の節電の実現が目指された。p>

ソリューション

仮想デスクトップの導入が節電に効果があることはわかっていた。導入前後でユーザの使い勝手を大きく変えないこと、既存アプリケーションが使えること、運用性が高いこと、コストパフォーマンスが高いこと等の条件を検討した結果、Cisco VXI が採用された。

導入の効果

  • 本クライアント単体の消費電力を 1/10 に低減。仮想デスクトップが稼働するサーバを含めた消費電力も 45 %削減
  • PC 環境のセットアップが容易になり、ユーザの利便性も向上
  • データをサーバで集中管理できるため、セキュリティも強化された

2010 年と比較したオフィス全体の電力削減は、2011 年夏で約 30 %、2012 年夏には 36 %を達成しました。デスクトップの仮想化は、特に効果が高かった取り組みの 1 つです。
佐藤 隆一 氏
株式会社 NTT ぷらら
取締役 企画総務部長
オペレーション本部長 兼務
CISO(最高情報セキュリティ責任者)