コラボレーション ユーザ事例

シスコ製品を核に防災放送をIP ネットワークへと移行。低コストで柔軟性が高く、使いやすいシステムを実現

株式会社日本総合研究所

メディアを選択

沖縄県 宮古島市

課題

  • 宮古島市では25 年以上前からアナログ方式の防災無線を使用してきたが、機器の老朽化が進み、保守切れも起きていた。またアナログ防災無線の周波数帯も使用期限を迎えるため、新たな防災放送システムを構築する必要があった。
  • デジタル防災無線への移行も検討したが、導入コストが高く、専用システムならではの問題もあった。次世代の防災放送には、低コストで柔軟性が高く、拡張性も確保できるシステムが求められた。

ソリューション

  • 提案公募を行い、有識者を交えた総合評価の結果、株式会社アイテックソリューションズが提案した「シスコ ユニファイドコミュニケーション on UCS」を核としたシステムが採用された。

導入の効果

  • 当初検討していたデジタル防災無線のシステムに比べ、導入コストを1/3 程度にまで圧縮できた。
  • 電波法の規制を受けないため、防災放送以外の用途でも利用可能になった。日常的に放送を行うことで、いざという時でも安心して使えるようになった。
  • 送信側の機器として、IP 電話や固定電話、携帯電話、Cisco Jabber を搭載したWi-Fi 対応スマートデバイスが利用できるため、場所を選ばずに放送できるようになった。
  • システムの拡張性が高まった。この特長を活かした機能としては、J-ALERT と連携した自動放送や、罹災証明書の現地発行等が実現されている。

コストが安い上、音質も良く、使用方法も簡単です。これからはこのような防災情報システムが、当たり前になっていくのではないでしょうか。
川満 秀海 様
宮古島市
総務部総務課 防災・危機管理係
主幹