コラボレーション ユーザ事例

So-net、ソニー グループのグローバル標準 IP 電話システムを構築

ソネット株式会社

メディアを選択

ソネット株式会社

導入ソリューション

ソニーが整備してきた旧音声基盤と統合コラボレーション クライアント Cisco Jabberなど新世代のシスコ ソリューションを組み合わせ、使いやすくコスト効果も優れた電話システムを実現するとともに、スマート デバイスのビジネス活用を促進

  • Cisco Jabber for Android
  • Cisco Jabber for Windows

導入前の課題、検討事案

  • 電話システムが複雑で維持管理やコストの負担が大きく、改善の必要があった。
  • ソニー製スマート デバイス(XperiaTMスマートフォン、タブレット)のビジネス活用を促す環境整備を検討していた。

導入効果

  • ソニー グループで標準化している音声アーキテクチャとシスコ ソリューションを組み合わせ、従来からのユーザビリティを変えることなく新たな電話システムへの移行を実現した。
  • Cisco Jabber と VPN 用ソフトウェアの導入で、個人所有のスマート デバイスを業務でも安全に活用できる BYOSD(Bring Your Own Sony Device) 環境を実現した。
  • PC にも Cisco Jabber を導入し、グループ内の無線 LAN 環境やリモート アクセス環境と連携して場所に捉われず電話機能を利用できるようにした。
  • シスコの新ライセンス形態である Cisco Enterprise Agreement を採用し、柔軟でスピード感のあるソリューションの全社展開が可能となった。

グローバルで標準化したアーキテクチャにはライセンスのことも含まれています。シスコの新しいライセンス体系なら、ユーザや拠点の増加などに伴う追加発注が不要になり、全世界的な展開がしやすくなるでしょう。国内のユーザを増やし、海外のグループ会社にも広げていくことを考えていますので、新しいライセンス体系を活用したいと思います。
平賀 十志男 様
ソニーグローバルソリューションズ株式会社
インフラサービス部
NW アーキ & ソリューション課
統括課長
主任技師