コラボレーション ユーザ事例

東芝 IT サービス、顧客満足度の更なる向上にビデオソリューションを導入

東芝 IT サービス株式会社

メディアを選択

東芝 IT サービス株式会社

課題

  • 全国各地のサービス拠点にいるマネージャおよび担当者を交えて意思決定を行う際、従来は直接拠点を訪れて話すことが多かった。
  • 営業やサポートの現場とのコミュニケーション強化、スピード アップによって、サービス品質を高め、顧客満足度向上につなげたいと考えていた。
  • 変化の早い IT 市場に対応すべく、エンジニアの集合教育のプロセスを改善したいと考えていた。

ソリューション

サービス拠点の中でも主要な 18 ヵ所に対してシスコのコラボレーション ソリューションである Cisco TelePresence シリーズを導入し、相互のコミュニケーション強化、意思決定の迅速化を支える基盤を整備。

導入の効果

  • 極めて高い臨場感を備えた Cisco TelePresence シリーズを利用することで、距離を意識することなく自然な会話ができ、的確な意思疎通、スピーディな意思決定が可能になった。
  • 現場の技術者をバックヤードから支援するなど、さらなるサービス品質向上を支えるコミュニケーション基盤を整えられた。
  • 研修や教育プログラムの一部にビデオ会議システムを活用し、効率化やスピードアップに貢献している。

人と人の会話は、言葉(音声)だけでなく、表情や身振り、言葉の表現のしかたなど、五感に伝わるようにお互いにやり取りしています。電話だけではうまくいきませんし、Web 会議システムも使っていましたが、なかなか電話の域を越えられないと感じることが多かったのです。
やはりビデオ会議には対面に近い解像感やリアルタイム性が重要でしょう。以前、グループ会社に在籍していたときに Cisco TelePresence が導入され、これを活用することで拠点間の移動がほとんどなくなったという経験があったので、当社にもぜひ導入したいと考えました。
清野 和司 様
東芝 IT サービス株式会社
取締役社長