セキュリティセンター(日本語訳)
 

セキュリティセンター


Microsoft メッセージ キューイング オーバーフロー
 

IPSシグネチャ


シグネチャID: 6130/11
リリース: S272 (ダウンロード)
オリジナル発行日: 2006 年 3 月 2 日
最新の発行日: 2007年2月25日
Default Enabled: True
Default Retired: False
CVE: CVE-2005-0059
 
危険度: High
シグネチャ精度: 70  
 
説明
このシグネチャはメッセージ・キューイング・サービスに対してフラグメント化されたリクエストを使ったオーバーフローの不正利用する試みを検出した場合に、上がります。

推奨される Filter
推奨される Event Action はありません。

正常動作でのトリガー
既知の誤検知要因はありません。

IntelliShieldアラート
 
IntelliShield ID 見出し バージョン CVSSスコア 最終発行日
9046

Microsoft Windows Message Queuing Component Buffer Overflow Vulnerability

2 2005年5月11日04:01 PM EDT
 
Download
 
これおよび他のIPSアップデートファイルをダウンロードするために、Ciscoセキュア・ソフトウェアダウンロードに行って下さい。

シスコセキュリティ手順

Cisco製品におけるセキュリティの脆弱性の報告、セキュリティ事故に関する支援、およびCiscoからセキュリティ情報を入手するための登録方法について詳しく知るには、Ciscoワールドワイドウェブサイトの http://www.cisco.com/en/US/products/products_security_vulnerability_policy.htm にアクセスしてください。 このページにはCiscoのセキュリティ通知に関してメディアが問い合わせる際の指示が掲載されています。全てのCiscoセキュリティアドバイザリは http://www.cisco.com/go/psirt で確認することができます。