アクセス向け Cisco ONE

アクセス ワイヤレス向け Cisco ONE



ワイヤレス アクセス向け Cisco ONE



Cisco ONE Software は、お客様がビジネス ニーズに対応する最適なソフトウェア機能を購入できるようにサポートします。Cisco ONE Software を利用することで、複雑な購入手続きがシンプルになります。また、ソフトウェア投資が将来も活かされるという安心感を得ることができます。これらの製品は、多くの機能によってお客様に大きな価値をもたらし、「機能連携による相乗効果を期待できる」価格で提供されます。

Cisco ONE Software は、4 つの主要なメリットを提供します:

·    Cisco® Software Support ServiceSWSS)を介して、シスコの継続的なイノベーションや新技術にアクセスできる

·    ソフトウェア サービス対応のライセンス ポータビリティによって、ソフトウェア購入に対する投資を保護できる

·    お客様の典型的な使用例に対応するソフトウェア スイートを魅力的な価格で入手できる

·    お客様のソフトウェア支出を長期的にスムーズに分散できる、柔軟なライセンス モデルを利用できる

1 に、IT の一般的な課題と、それらの課題に対して Cisco ONE Software がどのように役立つかを示します。

表 1.     IT 管理に関する課題と Cisco ONE Software の利点

IT 管理に関する課題

Cisco ONE Software の利点

IT 予算の削減

IT に対する需要が増大し続ける一方で、IT 予算は縮小されています。IT コストとダウンタイムが急増する中、企業は予算の縮小と、導入が容易で運用効率を向上させるネットワークの構築を両立させる必要があります。

費用対効果を高める

Cisco ONE Software はお客様の典型的な使用例を対象として設計され、「機能連携による相乗効果を期待できる」価格で提供されているため、完結したソリューションを容易かつ安価に導入できます。

投資保護の促進

ソフトウェア サービス対応のライセンス ポータビリティにより、購入したソフトウェア ライセンスはハードウェアのアップグレードや交換を行っても最新に維持され、追加コストも発生しません。

柔軟性に欠けるインフラストラクチャ

IT 部門に欠けているのは、ビジネス ニーズの変化とより多くのリソースに対する要求に、自動的に対応する方法です。新しいネットワーク サービスの調達とプロビジョニングに何週間もかかってしまうことも少なくありません。

ビジネスの俊敏性強化

Cisco ONE Software はビジネスの中核になるソリューションであり、ソフトウェアの導入、維持、管理に必要なツールが揃っています。

購入オプションの不足

柔軟性を高め、リスクを軽減し、コストを削減するために、組織は購入オプションが豊富なソフトウェアを求めています。

柔軟性の高いライセンス モデル

サブスクリプション ベースを始めとする柔軟な購入モデルによって、ソフトウェア支出を長期的に均等に分散できます。

実装を阻害する要因

ソフトウェアと新しい使用例の導入は、現行の運用に対する大きな阻害要因になることが多くなっています。

リスクとダウンタイムの低減

シスコのテクニカル サービスとプロフェッショナル サービスは、リスクとダウンタイムを低減させる専門知識、スマートなツール、実証済みのプロセスを提供します。

メンテナンスに要する過剰な時間とコスト

IT 予算とワークロードの大部分が、日常のメンテナンスに費やされているため、ビジネスのイノベーションと拡張に費やすことができる能力が制限されています。

ROI の向上と価値が出るまでの時間を短縮

ネットワークのパフォーマンスを最適化し、テクノロジーに対する投資効果が最大になります。シスコのテクニカル サービスとプロフェッショナル サービスを通じて専門スタッフによるガイダンスが得られ、ビジネス成果を高めます。


製品概要

ワイヤレスアクセス向け Cisco ONE とは

ワイヤレス アクセス向け Cisco ONE は、全従業員とお客様を対象にビジネスクラスのワイヤレス接続を提供および管理できる、完成されたソフトウェア ソリューションです。ワイヤレス ネットワークにおけるビジネスの可能性を引き出し、ワイヤレス接続のパフォーマンスとアクティビティの導入、管理、追跡に必要なあらゆる機能が得られます。ワイヤレス向け Cisco ONE には、Foundation for Wireless Advanced Mobility Services 2 つのバージョンがあり、ブランチおよびキャンパス環境での広範な導入に柔軟に対応しています(図 1)。

図 1.     Cisco ONE ソフトウェア

ワイヤレス アクセス向け Cisco ONE の利点

Cisco ONE Foundation for Wireless

モビリティ環境と個人所有デバイスの持ち込み(BYOD)環境で、ビジネスクラスの Wi-Fi ネットワークの接続、保護、管理が可能です。

·    アプリケーションの可視性を完全に確保しながら、ワイヤレス ネットワークの設定と拡張が可能です。ネットワーク上のアプリケーションとトラフィックを可視化して管理できます。

·    有線ネットワークとワイヤレス ネットワークで 1 つのポリシーによる認証と承認を行うことで、ワイヤレス デバイスとユーザをプロアクティブに管理し、信頼性の高いユーザとゲスト ユーザを分離できます。

·    1 つの管理ソリューションでワイヤレスおよび有線のライフサイクルの管理と保証を行い、ネットワークの導入、運用、管理を簡素化することで、運用コストを削減できます。

·    コスト削減、運用効率の向上、アプリケーションの可視性を確保しながら、ワイヤレス ネットワークのパフォーマンスの最適化が可能です。

·    精度の向上と迅速なロケーション更新により、カスタマーのトラフィック パターンを把握し、価値の高いアセットを特定することで、運用効率を向上させます。

·    攻撃、中断、ダウンタイムからワイヤレス接続を保護します。

·    シスコのカスタム ロケーション対応のキャプティブ ポータルと、ゲスト オンボーディングのためのソーシャル メディア クレデンシャル機能により、容易なゲスト アクセスとカスタマイズ可能なランディング ページが実現します。

Cisco ONE Advanced Mobility Services

パーソナルなモバイル エクスペリエンスを確立することで、ビジネスの可能性が最大限に活かされます。

·    コンテキスト認識型のモバイル コンテンツを提供すると同時に有意義な分析を行うことで、お客様のコネクテッド
ライフスタイル(ネットワークに常時接続された現代のライフスタイル)の一部としてエンゲージメントを築きます。

·    プッシュ通知と案内サービスにより、モバイル ユーザと直接対話できます。

·    顧客とネットワークとのインタラクションを個別にまた全体的に理解できます。モバイル ユーザの行動に関する情報を把握して、Wi-Fi ベースのロケーション分析によって運用を改善できます。

·    他のアプリケーションとの統合により、ニーズに合わせた価値の創出が可能になります。

·    侵入やサービス拒否攻撃などの脅威からモバイル プラットフォームを保護することができます。

ワイヤレス アクセス向け Cisco ONE のソフトウェア コンポーネント

Cisco ONE Foundation for Wireless は、アクセス ポイント ライセンス、ワイヤレス接続最適化テクノロジー、ネットワーク管理、基本的なアイデンティティ サービスを提供します。

·    Cisco Wireless LAN ControllerWLCは、ワイヤレス ネットワークの設定、ポリシー、最適化を一元化します。他のモビリティ サービスの基盤として機能します。

·    Cisco Connected Mobile ExperienceCMXBase は、ロケーションベースのサービスと不正なデバイス、干渉源、RFID タグ、Wi-Fi クライアント、および Bluetooth Low EnergyBLE)ビーコンのリアルタイムのロケーション トラッキングを提供します。

·    Cisco CleanAir® テクノロジーは、RF 干渉の個々の干渉源を分類し特定することで、RF スペクトルのモニタリングと管理を強化します。

·    Cisco Identity Services EngineISEBase** は、有線およびワイヤレス デバイス(シスコ以外のデバイスの統合を含む)のアクセス制御とセキュリティ コンプライアンスを簡素化し、セキュリティ ポリシーの管理と制御を強化します。また、セキュアなアクセス(認証、認可、およびアカウンティング(AAA)と IEEE 802.1X)、ゲスト管理、基本的な個人所有デバイスの持ち込み(BYOD)サポート、およびリンク暗号化(MAC SecurityMACsec))を可能にします。

·    Cisco Prime™™™ Infrastructure は、ネットワーク、デバイス、ユーザ、アプリケーションをエンド ツー エンドで接続して、一体的に管理できるネットワーク管理コンポーネントです。シスコの付加価値機能を簡単に導入し、一元的に管理できます。アプリケーションの可視性を向上させるとともに、ワイヤレスおよび有線のライフサイクル管理と保証のための管理ソリューションの中核となります。

·    Cisco Energy ManagementJouleXでは、分散したオフィスおよびキャンパス環境に接続されたデバイスのエネルギー使用量を測定および管理するツールとサービスにより、エネルギー効率が向上します。

Cisco ONE Advanced Mobility Services は、ロケーションに基づいた検出、接続、およびカスタマー エンゲージメント機能を提供します。また、ユーザの行動とロケーション分析の調査、高度なワイヤレス セキュリティ機能、侵入からの保護を可能にします。

·    Cisco Connected Mobile ExperiencesCMXでは、シスコのワイヤレス ネットワークと位置情報、Cisco Mobility Services EngineMSE)による分析を使用して、モバイル エンド ユーザ向けにカスタマイズされたモバイル エクスペリエンスを提供し、ロケーション ベースのサービスの運用効率を向上させることが可能です。

·   シスコ ワイヤレス侵入防御システム(wIPSを使用すると、ワイヤレス ネットワークとワイヤレス デバイスに対するワイヤレス攻撃の検出、位置特定、緩和が可能になります。

ワイヤレスアクセス向け Cisco ONE でサポートされているワイヤレスアクセスポイントとコントローラ

アクセスポイントプラットフォーム

·    すべてのシスコのアクセス ポイントがサポート対象

Cisco WLC プラットフォーム

·    Cisco 2500 および 5500 シリーズ Wireless LAN Controller

·    Cisco Flex 7500 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ

·    Cisco 8500 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ

·    Cisco バーチャル ワイヤレス LAN コントローラ

·    Cisco Catalyst® 6500 シリーズ スイッチ用 Cisco Wireless Services Module 2WiSM2

·    Cisco 5760 Wireless LAN Controller

·    Cisco Catalyst 3650 および 3850 シリーズ スイッチ(コンバージド アクセス モード)

ワイヤレスアクセス向け Cisco ONE の特長

2 に、ワイヤレス アクセス向け Cisco ONE の特長と機能を示します。表の上部では、各種製品向けの Foundation for wireless のアクセス機能の特長を示し、表の下部では Advanced Mobility Services の機能の特長を示します。

表 2.     ワイヤレス アクセス向け Cisco ONE の特長および機能

Cisco ONE Foundation for Wireless

ワイヤレス ネットワークの管理、保護、最適化による、最高度のクライアント エクスペリエンスの実現

Radio Resource ManagementRRM:無線リソース管理)および最適化

ü

Cisco CleanAir テクノロジー スペクトルおよび干渉分析

ü

Cisco Application Visibility and Control

ü

* Cisco Identity Services EngineISEBase AAA および RADIUS、基本 BYODCisco TrustSec®SGT)、MACsec
および外部 Representational State TransferREST)サービス

ü

25 エンドポイント)

基本ワイヤレス侵入防御(基本 WIPS

ü

ネットワーク アクセス制御および暗号化によるセキュリティ強化

AAA/802.1x

ü

CMX Base(ロケーション サービス)

ü

CMX Connect(ロケーション認識型ゲスト キャプティブ ポータルとソーシャル メディア ログイン)

ü

MACsec

ü

リアルタイムのロケーション サービスを提供

Wi-Fi クライアント向けの HyperlocationFastLocate、および RSSI Trilateration

ü

不正な AP、干渉源、BLE ビーコン、および RFID タグの検索

 

高度なスペクトル機能

ü

モビリティ サービス API

ü

アプリケーションおよびネットワーク パフォーマンス モニタリングによる優れたユーザ エクスペリエンス

Cisco Prime Infrastructure

ü

Cisco Prime Assurance

ü

統合されたエネルギー管理により、コストの削減と環境への配慮を両立

Cisco Energy ManagementJouleX

ü25 台のデバイス)

Cisco ONE Advanced Mobility Services

カスタマー エンゲージメント、ワイヤレス セキュリティ、PCI コンプライアンスのための高度なモビリティ サービス

ロケーション分析とオンライン分析、カスタマイズされたエンゲージメントによる顧客ロイヤルティの確立

Cisco CMX Analytics、プレゼンス、およびソーシャル分析

ü

有線およびワイヤレスでの不正と脅威の検出、特定、緩和、封じ込め

高度なワイヤレス侵入攻撃の特定と分類

ü

アクティブな攻撃緩和

ü

* さらに、プロファイリング、ポスチャ、および TACACS+ などの Identity Services Engine 機能を個別に購入する必要があります。詳細については、 http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/security/ise/prodlit/data_sheet_c78-656174.html にある Identity Services Engine のデータ シートを参照してください。

シスコとパートナーによるサービス

Cisco ONE Software のサービス

シスコおよび認定パートナーが提供するサービスにより、Cisco ONE Software の主要機能が有効になり、ビジネス成果を最大限に高めて、投資を保護することができます。ソフトウェアとハードウェアのサポートを組み合わせれば、コストを削減し、ビジネスを軌道に乗せるのに最も役立ちます。

Cisco ONE Software Foundation Application および Advanced Application スイートは、いずれも Cisco Software Support ServiceSWSS)を通じて、継続的なサポートとメンテナンスを提供します。SWSS では、Cisco ONE Software の豊富な機能をナビゲートするために必要な専門知識がテクニカル サポートから提供されます。最小の契約期間は 12 ヵ月です。SWSS は、継続的なイノベーション、ライセンスのポータビリティ、メジャーなソフトウェア アップグレード、マイナーなソフトウェア アップデート、およびメンテナンスへのアクセス、受賞歴のあるシスコのテクニカル アシスタンス センター(TAC)へのアクセス、およびオンライン リソースへのインスタント アクセスを通じてお客様の投資を保護します。シスコは、統合された包括的なサービスを提供することで、コスト削減と生産性向上を実現すると同時に、迅速な問題解決を支援します。

SWSS の契約の内容

·    ソフトウェアの問題に関する、TAC への 24 時間 365 日のアクセス

·    ライセンス付きソフトウェア アプリケーションのメジャー アップグレード、マイナー アップデート、およびメンテナンス

·    ソフトウェア ライセンスのポータビリティの使用権

·    継続的なイノベーションへのアクセス

·    オンライン リソースへのアクセス

·    投資保護

シスコ ベースの OS ソフトウェアとハードウェアの保証を確保するためには、Cisco Smart Net Total CareSNTC)の利用を強くお勧めします。SNTC は、Cisco ONE Software が導入されている、基盤ハードウェア プラットフォームに対する 24 時間のグローバル サポートを提供します。

Cisco Smart Net Total Care には、ハードウェアおよび使用権に関する TAC へのアクセスが含まれています。これにより、運用コストを削減し、IT スタッフをビジネス イノベーションに集中させることができます。使用権には、SNTC ポータルへのセルフサービス アクセス、Cisco Collector ソフトウェアの無料ダウンロード、ポータルおよびコレクタのコミュニティ サポートが含まれます。SNTC に含まれる内容

·    ハードウェアおよび基本 OS ソフトウェアの問題に関する、TAC への 24 時間 365 日のアクセス

·    基本 OS ソフトウェアのソフトウェア アップデート

·    オンライン リソースへのアクセス

·    代替品先行手配(RMA

·    スマート機能の使用権

シスコは、統合された包括的なサービスを提供することで、コスト削減と生産性向上を実現すると同時に、迅速な問題解決を支援します。

Cisco ONE Software のプロフェッショナルサービス

Cisco ONE Software のプロフェッショナル サービスには、特定分野向けの Cisco ONE Software バンドルと使用例向けにカスタマイズされた、オプションのクイック スタート イネーブルメント サービスが含まれています。これらのイネーブルメント サービスは、ソフトウェア機能のロックを解除し、すぐに使用するのに役立ちます。

シスコおよびパートナー各社のプロフェッショナル サービスでは、専門的なガイダンス、プロセス、およびツールにより、Cisco ONE Software の技術的なメリットを十分に活用し、実装リスクを低減し、価値創出までの時間短縮につながるよう支援します。このような範囲を限定した固定価格のサービスは、Cisco ONE Software 製品と共にワンクリックで簡単に注文できます。

クイック スタート サービスには新機能のエンドツーエンドのターンアップが含まれており、ソフトウェアによっては次の 1 つ以上のサービスが含まれる場合があります。

·    テクノロジー変革および戦略ワークショップ

·    ソフトウェア環境の準備状況の評価

·    基盤となるネットワーク、コンピューティング、またはストレージ アーキテクチャに対する論理的変更

·    ソフトウェアのインストール、設定、カスタマイズ

·    タスクの自動化およびオーケストレーション

·    移行およびオンボーディング

·    機能テスト

·    運用実行マニュアルの開発

·    知識移転

シスコでは、Cisco ONE Software の導入、変更管理、最適化に関するオプションの翌営業日サービスと、次の事項について継続的なサポートを提供しています。

·    変更のガバナンス

·    ソフトウェア機能の継続的なアセスメント、モニタリング、最適化

·    追加機能の基本的なイネーブルメントおよび設計

·    システム統合の基本的なイネーブルメントおよび設計

·    テクノロジー最適化および変革のプランニング

·    プロアクティブなバグ処理、メトリック測定、ソフトウェア レビュー

当日(計画および導入)と翌営業日(管理、運用、最適化)のプロフェッショナル サービスにより、Cisco ONE Software 向けの最適なサポートを提供し、目的のビジネス成果を継続的に達成するための支援を行います。

ワイヤレスアクセス向けの発注情報

ワイヤレス アクセス向け Cisco ONE 製品およびサービスの製品番号のリストについては、こちら [英語] をご覧ください。

目標の達成を支援するシスコキャピタルファイナンスプログラム

Cisco Capital® は、目的達成と競争力の維持に必要なテクノロジーの調達をサポートします。設備投資(CapEx)の削減、企業の成長促進、投資と ROI の最適化を支援します。シスコ キャピタル ファイナンス プログラムにより、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、および補完的なサードパーティ製機器を柔軟に購入することができます。また、それらの購入を 1 つにまとめた計画的なお支払い方法をご用意しています。シスコ キャピタルは 100 ヵ国以上でサービスを展開しています。詳細はこちら

関連情報

Cisco ONE Software がお客様の組織にどのように役立つかについては、Cisco ONE Web サイト http://www.cisco.com/web/JP/product/software/one-software/index.html をご覧ください。Cisco ONE Software に関するお問い合わせについては、担当のアカウント マネージャまたは認定リセラーまでご連絡ください。

 


* C1-MSE-LS-1 は、物理(MSE-33x5-K9)または仮想 MSE アプライアンスに適用できます(ダウンロード)。MSE 8.0 ソフトウェア(または 8.0 より前のバージョン)を使用しているお客様は、L-MSE-7.0-K9 を購入して、仮想 MSE アプライアンスをアクティベートする必要があります。

** ワイヤレス向け Cisco ONE には、25 のエンドポイント ライセンスが含まれています。