アクセス向け Cisco ONE

Cisco Network Convergence System 4000 シリーズ DWDM ライン カード

データ シート





アクセス スイッチング向け Cisco ONE



Cisco® ONE Software は、お客様がビジネス ニーズに合ったソフトウェア機能を購入できるよう支援するものです。Cisco ONE Software を利用することで、複雑な購入手続きがシンプルになります。また、ソフトウェア投資が将来も活かされるという安心感を得ることができます。これらの製品は、多くの機能によってお客様に大きな価値をもたらし、「機能連携による相乗効果を期待できる」価格で提供されます。

Cisco ONE Software では、主に次の 4 つの利点が得られます。

  • シスコの継続的なイノベーションと最新テクノロジーにアクセスできる
  • ライセンス ポータビリティによって、ソフトウェア購入に対する投資を保護できる
  • お客様の典型的な使用例に対応するソフトウェア スイートを魅力的な価格で入手できる
  • お客様のソフトウェア支出を長期的にスムーズに分散できる、柔軟なライセンス モデルを利用できる

表 1 に、IT の一般的な課題と、それらの課題に対して Cisco ONE Software がどのように役立つかを示します。

表 1.   IT 管理に関する課題と Cisco ONE Software の利点

IT 管理に関する課題 Cisco ONE Software の利点

IT 予算の削減


IT に対する需要が増大し続ける一方で、IT 予算は縮小されています。IT コストとダウンタイムが急増する中で、企業は予算の縮小と、導入が容易で運用効率を向上させるネットワークの構築を両立しなければなりません。

費用対効果を高める


Cisco ONE Software はお客様の典型的な使用例を対象として設計され、「機能連携による相乗効果を期待できる」価格で提供されているため、完結したソリューションを容易かつ安価に導入できます。

投資保護の促進


ライセンス ポータビリティにより、購入したソフトウェア ライセンスはハードウェアのアップグレードや交換を行っても最新に維持され、追加コストも発生しません。

柔軟性に欠けるインフラストラクチャ


IT 部門に欠けているのは、ビジネス ニーズの変化とより多くのリソースに対する要求に、自動的に対応する方法です。新しいネットワーク サービスの調達とプロビジョニングに何週間もかかってしまうことも少なくありません。

ビジネスの俊敏性強化


Cisco ONE Software はビジネスの中核になるソリューションであり、ソフトウェアの導入、維持、管理に必要なツールが揃っています。

購入オプションの不足


柔軟性を高め、リスクを軽減し、コストを削減するために、組織は購入オプションが豊富なソフトウェアを求めています。

柔軟性の高いライセンス モデル


サブスクリプション ベースを始めとする柔軟な購入モデルによって、ソフトウェア支出を長期的に均等に分散できます。

実装を阻害する要因


ソフトウェアと新しい使用例の導入は、現行の運用に対する大きな阻害要因になることが多くなっています。

リスクとダウンタイムの低減


シスコのテクニカル サービスとプロフェッショナル サービスは、リスクとダウンタイムを低減させる専門知識、スマートなツール、実証済みのプロセスを提供します。

メンテナンスに要する過剰な時間とコスト


IT 予算とワークロードの大部分が、日常のメンテナンスに費やされているため、ビジネスのイノベーションと拡張に費やすことができる能力が制限されています。

ROI の向上と価値が出るまでの時間を短縮


ネットワークのパフォーマンスを最適化し、テクノロジーに対する投資効果が最大になります。シスコのテクニカル サービスとプロフェッショナル サービスを通じて専門スタッフによるガイダンスが得られ、ビジネス成果を高めます。

製品概要


アクセス スイッチング向け Cisco ONE とは

アクセス スイッチング向け Cisco ONE を使用することで、Cisco Catalyst® ファミリ スイッチでエンタープライズ キャンパス全体およびすべてのブランチ拠点にわたって、アクセス スイッチ、アグリゲーション スイッチ、コア スイッチを簡単かつ経済的に導入できます。ボーダレスに接続されたビジネスの構築、管理、拡大縮小が可能になります(図 1)。

図 1.   Cisco ONE Software


アクセス スイッチング向け Cisco ONE は、エンタープライズ キャンパスとブランチ オフィス向けの包括的なソリューションです。Cisco ONE Foundation for Switching と Cisco ONE Foundation for Wireless を組み合わせれば、完全かつセキュアで、機能が豊富なアクセス インフラストラクチャの実装が実現します。Cisco ONE Campus Fabric は、Cisco ONE Foundation for Switching の機能を基礎にしており、ネットワークの拡大縮小、セキュリティ保護、最適化のための強力なツールを提供します。

アクセス スイッチング向け Cisco ONE の利点


Cisco ONE Foundation for Switching

接続された組織のユーザとデバイスの接続、保護、管理が可能です。

  • レイヤ 2 およびレイヤ 3 のスイッチング、モビリティ、セキュリティ、アプリケーション可視性、セグメンテーション、QoS の包括的な機能により、ユーザをネットワークに接続できます。
  • 1 つの管理プラットフォームで、有線、ワイヤレス、および VPN ユーザとデバイスを管理できます。
  • 1 つのポリシーとゲスト ポータルで、すべてのユーザとデバイスの認証と承認ができます。ネットワーク アクセス ポリシー管理の一元化と統合により、有線およびワイヤレス ネットワークのエンド ユーザに一貫性のあるセキュアなアクセスを提供できます。
  • 統合された管理ソリューションでワイヤレスおよび有線のライフサイクルの管理と保証を行い、ネットワークの導入、運用、管理を簡素化することで、運用コストを削減できます。
  • 分散したオフィスおよびキャンパス環境に接続されたデバイスのエネルギー使用量を測定および管理するツールとサービスにより、エネルギー効率が向上します。

Cisco ONE Campus Fabric


ビジネスの成長に合わせた拡張性と、ミッションクリティカルな運用での復元力が得られます。

  • 異機種混在の分散 LAN を透過的に管理できます。
  • 高度なレイヤ 3 機能により、ビジネスの拡大に合わせてネットワークを拡張できます。
  • ミッションクリティカルなアプリケーションの復元力が向上します。
  • セキュリティ、コンプライアンス、複雑なビジネス プロセスを目的としたネットワークのセグメンテーションが可能 です。
  • ネットワーク インフラストラクチャの使用率が最適化されます。
  • 高度なマルチキャスト機能によって帯域幅を節約でき、ネットワーク効率が向上します。

アクセス スイッチング向け Cisco ONE のソフトウェア コンポーネント


Cisco ONE Foundation for Switchingは、次の製品を通じて有線ネットワークの管理、セキュリティ保護、最適化を可能にします。

  • ネットワーク サービス(IP ベースまたはサービス)* は、レイヤ 3 のルーティング、モビリティ、セキュリティ、高度な可視性、QoS(プラットフォーム依存)向上のための機能を提供します。
  • Cisco Identity Services Engine(ISE)Base** は、有線およびワイヤレス デバイスのアクセス制御とセキュリティ コンプライアンスを簡素化し、セキュリティ ポリシーの管理と制御を強化します。
  • Cisco Prime™ Infrastructure は、ネットワーク、デバイス、ユーザ、アプリケーションをエンド ツー エンドかつ一体的に管理できるネットワーク管理コンポーネントです。シスコの付加価値機能を簡単に導入し、一元的に管理できます。アプリケーションの可視性を向上させるとともに、ワイヤレスおよび有線のライフサイクル管理と保証のための管理ソリューションの中核となります。
  • Cisco Energy Management(JouleX)では、分散したオフィスおよびキャンパス環境に接続されたデバイスのエネルギー使用量を測定および管理するツールとサービスにより、エネルギー効率が向上します。

Cisco ONE Campus Fabric


  • シスコ アドバンスド サービス(IP Services、Enterprise Services、または Advanced Enterprise Services)* は、高度なレイヤ 3 ルーティング、ルート仮想化(VRF)、ノンストップ フォワーディング(NSF)、およびマルチキャスト機能を提供します。

* Cisco IOS® ソフトウェア パッケージの内容はプラットフォームによって異なります。プラットフォーム別の機能とサービスについては、以下のセクションを参照してください。

** Cisco Identity Services Engine(ISE)を導入するお客様は、シスコ認定テクノロジー プロバイダー(ATP 認定)パートナーのサポートを受ける必要があります。Cisco ONE Software には、Cisco Catalyst 2000 および 3000 シリーズ スイッチ用の 50 のエンドポイント用ライセンスと、Catalyst 4000 シリーズ スイッチ用の 150 のエンドポイント用ライセンスが含まれています。

プラットフォーム別の機能


アクセス スイッチング向け Cisco ONE は、以下のプラットフォームで使用できます。

  • Cisco Catalyst 2900 シリーズ(2960 シリーズ)スイッチ:Cisco Catalyst 2900 シリーズ スイッチは、LAN ベース ソフトウェアをサポートしています。このスイッチに適合する製品は Cisco ONE Foundation for Switching だけです。このプラットフォーム用の Foundation for Switching 製品には、Cisco Prime Assurance およびライフサイクル管理の追加要素、Cisco Identity Services Engine 用の 50 のエンドポイント ライセンス、Cisco Energy Management(JouleX)管理用の 50 のデバイス ライセンスが含まれています。
  • Cisco Catalyst 3000 シリーズ(3850 および 3650 シリーズ)スイッチ:Cisco Foundation for Switching は、これらのスイッチの Cisco IOS IP ベース ソフトウェアに相当します。Cisco ONE Campus Fabric は Cisco IOS IP サービス ソフトウェアに相当します。このプラットフォーム用の Foundation for Switching 製品には、Cisco Prime Assurance およびライフサイクル管理の追加要素、Cisco Identity Services Engine 用の 50 のエンドポイント ライセンス、Cisco Energy Management(JouleX)管理用の 50 のデバイス ライセンスが含まれています。
  • Cisco Catalyst 4500 シリーズ(4500E および 4500X シリーズ)スイッチ:Cisco Foundation for Switching は、これらのスイッチの Cisco IOS IP ベース ソフトウェアに相当します。Cisco ONE Campus Fabric は Cisco IOS Enterprise Services ソフトウェアに相当します。このプラットフォーム用の Foundation for Switching 製品には、Cisco Prime Assurance およびライフサイクル管理の追加要素、Cisco Identity Services Engine 用の 150 のエンドポイント ライセンス、Cisco Energy Management(JouleX)管理用の 50 のデバイス ライセンスが含まれています。
  • Cisco Catalyst 6800 シリーズ スイッチ:Cisco Foundation for Switching は、これらのスイッチの Cisco IOS IP Services ソフトウェアに相当します。Cisco ONE Campus Fabric は Cisco IOS Advanced Enterprise Services ソフトウェアに相当します。

表 2 に、アクセス スイッチング向け Cisco ONE の特長と機能を示します。表の上部では、プラットフォーム別に Cisco ONE Foundation for Access Switching の機能を示しています。表の下部では、Cisco ONE Campus Fabric の機能を示しています。

表 2.   アクセス スイッチング向け Cisco ONE の特長および機能

Cisco Catalyst 2000 シリーズ Cisco Catalyst 3000 シリーズ Cisco Catalyst 4000 シリーズ Cisco Catalyst 6000 シリーズ
Cisco ONE Foundation for Access Switching
アプリケーション エクスペリエンス
Cisco Flexible NetFlow
メディア機能(メディアトレース、メタデータ、パフォーマンス、モニター)
Web キャッシュ通信プロトコル
Wireshark
IT の簡素化とプログラム可能性
Smart Install
IP サービスレベル契約
Embedded Event Manager
Auto Smartport
Service Discovery Gateway(Bonjour)
プラグ アンド プレイ
堅牢なセキュリティによるネットワーク保護
セキュリティ グループ タグ(SGT)/セキュリティ グループ アクセス制御リスト
MACsec
SGT 交換プロトコル
IEEE 802.1X
デバイス センサー
復元力
Cisco StackPower®
ステートフル スイッチオーバー
時間短縮と可視性の向上
Cisco Prime Infrastructure
Cisco Prime Assurance
ポート レベルを含むインフラストラクチャ保護
Cisco Identity Services Engine Base
統合されたエネルギー管理により、コストの削減と環境への配慮を両立
Cisco Energy Management(JouleX)
レイヤ 3 の機能およびルーティング
RIP、OSPF Routed Access(1000 ルート)、EIGRP スタブ、HSRP、VRRP
ポリシーベース ルーティング、ユニキャスト逆経路 転送
プロトコル独立型マルチキャスト
Cisco ONE Campus Fabric
高度なルーティング
BGP 基盤
EIGRP 基盤
IS-IS
フル OSPF 基盤
プロトコル独立型マルチキャスト 基盤 基盤
IPv6 ルーティング(OSPFv3、EIGRPv6 など)
ポリシーベース ルーティング
仮想化
VRF 基盤
VRF-Lite 基盤
レイヤ 2 VPN
MPLS レイヤ 3 VPN
mGRE を使用した L3VPN
Easy Virtual Network
セキュリティ
ACL ドライ ラン
ACL Atomic Commit
レイヤ 3 セキュリティ グループ タグ 基盤 基盤
復元力/可用性
ノンストップ フォワーディング/ステートフル スイッチオーバー 基盤 基盤
IP サービスレベル契約(IP SLA) 基盤
IP SLA 用の拡張オブジェクト トラッキング 基盤
サービス アドバタイジング フレームワーク
マルチプロトコル
マルチプロトコル BGP
Ethernet over MPLS
ネイティブ VPLS
高度な VPLS

シスコとパートナーによるサービス


Cisco ONE Software のサポート サービス

シスコと認定パートナーのサービスによって、Cisco ONE Software の価値が出るまでの時間を短縮できます。ソフトウェアとハードウェアの一体型のサポートにより、コスト削減とビジネスの円滑な推進が可能になります。

Cisco SMARTnet® Service および Cisco Smart Net Total Care(SNTC)は、ハードウェア、ベース プラットフォームの OS ソフトウェア、API を含むシスコのインフラストラクチャを対象として、Cisco ONE Software を導入した基盤としてのハードウェア プラットフォーム向けに、シスコ製品専用の 24 時間体制のグローバル サポートを提供します。

Cisco Smart Net Total Care には、受賞歴のある Cisco SMARTnet テクニカル サポートおよびスマート サービスが含まれています。これにより、運用コストを削減し、IT スタッフをビジネス イノベーションに集中させることができます。Cisco SNTC ではインストールベースの管理と契約管理、アラート管理、デバイス診断が可能です。

Cisco ONE Software Foundation および Advanced Applications 製品では、どちらもシスコの新しい Software Support Service(SWSS)が採用されており、ソフトウェア製品の継続的なサポートとメンテナンスが提供されます。1 つの SWSS 契約に次の内容が含まれています。

  • ソフトウェアのメジャー アップグレード
  • ソフトウェアのマイナー アップグレード
  • 新しい Cisco ONE Software へのライセンス移行資格
  • 継続的なイノベーションへのアクセス
  • オンライン リソースに対する 24 時間 365 日のアクセス
  • Cisco Technical Assistance Center(TAC)への 24 時間 365 日のアクセス

Cisco ONE Software のプロフェッショナル サービス


Cisco ONE Software のプロフェッショナル サービスには、特定分野向けの Cisco ONE Software バンドルと使用例に合わせた、オプションの Quick Start イネーブルメント サービスが含まれています。これらのサービスにより、Cisco ONE Software のすべての機能をすばやく導入できます。

シスコとプロフェッショナル サービス パートナー企業は、専門的なガイダンス、プロセス、ツールを通じて、技術的な利点を完全に実現し、実装に伴うリスクを軽減し、価値が出るまでの時間を短縮するサポートを行います。このような範囲を限定した固定価格のサービスは、Cisco ONE Software 製品と共にワンクリックで簡単に注文できます。

Quick Start サービスでは、基本的なエンドツーエンドの機能拡張が可能で、購入した Cisco ONE Software 製品によっては、さらに次のうち 1 つ以上を利用できます。

  • テクノロジー変革および戦略ワークショップ
  • ソフトウェア環境の準備状況の評価
  • 基盤となるネットワーク、コンピューティング、またはストレージ アーキテクチャに対する論理的変更
  • ソフトウェアのインストール、設定、カスタマイズ
  • タスクの自動化およびオーケストレーション
  • 移行およびオンボーディング
  • 機能テスト
  • 運用実行マニュアルの開発
  • ナレッジ トランスファー

シスコでは、Cisco ONE Software の導入、変更管理、最適化に関するオプションの翌営業日サービスと、次の事項について継続的なサポートを提供しています。

  • 変更のガバナンス
  • ソフトウェア機能の継続的なアセスメント、モニタリング、最適化
  • 追加機能の基本的なイネーブルメントおよび設計
  • システム統合の基本的なイネーブルメントおよび設計
  • テクノロジー最適化および変革のプランニング
  • プロアクティブなバグ処理、メトリック測定、ソフトウェア レビュー

当日(Quick Start 計画および導入)と翌営業日(導入、変更管理、最適化)のプロフェッショナル サービスにより、Cisco ONE Software 向けの最適なサポートを提供し、目的のビジネス成果を達成するための支援を行います。

アクセス スイッチング向け Cisco ONE の発注情報


アクセス スイッチング向け Cisco ONE 製品およびサービスの製品番号のリストについては、こちらをご覧ください。

詳細情報


Cisco ONE Software がお客様の組織にどのように役立つかについては、Cisco ONE Web サイト http://www.cisco.com/web/JP/product/software/one-software/index.html をご覧ください。Cisco ONE Software に関するお問い合わせについては、担当のアカウント マネージャまたは認定リセラーまでご連絡ください。