Cisco Wireless Control System

Cisco Wireless Control System(WCS)

データ シート





Cisco Wireless Control System(WCS)



図 1 Cisco Wireless Control System(WCS)

図 1 Cisco Wireless Control System(WCS)
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


製品概要


Cisco® Wireless Control System(WCS)は、エンタープライズ クラスのワイヤレス ネットワークである 802.11n および 802.11a/b/g のライフサイクルを管理するための、業界で最も包括的な管理プラットフォームです。この堅牢な管理プラットフォームは、IT 管理者が屋内および屋外ワイヤレス ネットワークを適切に計画、展開、監視、トラブルシューティング、およびレポートできるようにする、費用対効果の高い管理ソリューションを提供します。

Cisco WCS は Cisco Unified Wireless Network の管理プラットフォームとして、ビジネス運営と生産性の向上を簡単に行える高いパフォーマンスのアプリケーションと、ミッションクリティカルなソリューションの提供をサポートします。この包括的なプラットフォームは、ローカル、リモート、国内、海外といったさまざまな場所に広がる小規模、中規模、および大規模のワイヤレス LAN のニーズを満たします。受賞歴もあるこのソリューションにより、IT 管理者は必要なとき、かつ必要なツールにすぐにアクセスできます。その結果、新しい、または拡大するワイヤレス LAN の効率的な実装と保守のすべてを、中央から最小人数の IT スタッフで行えます。

Cisco WCS の直感的な GUI、簡素化された使いやすさ、組み込みツールにより、ネットワークが拡大しても IT 効率を向上させ、IT トレーニング コストを減らし、IT 要員を最小人数に抑え、運用コストを大幅に削減することができます。オーバーレイ管理ツールとは異なり、Cisco WCS は、さまざまな管理要件のすべて(コントローラに対する無線周波数からサービスに至るまで)を 1 つの統合プラットフォームに組み込むことで、運用コストを削減します。

柔軟性のある使いやすいプラットフォーム

Cisco WCS は、IT 管理者の経験を問わない理想的な管理プラットフォームです。そのシンプルで直感的なユーザ インターフェイスにより、自動管理を必要としているユーザに煩雑な作業を要求することもなく、また同時に最も高度な機能を要求する管理者のニーズも満たす、包括的なライフサイクル管理機能を提供します。Cisco WCS は高度な柔軟性を備えており、各ユーザは管理インターフェイスをカスタマイズして、運用およびビジネスの目標達成に必要な最も関連性の高い情報だけを表示することができます。

シームレスなスケーラビリティ

Cisco WCS は、多種多様なシスコのワイヤレス LAN コントローラを管理できるようになっています。次世代の Cisco Aironet 1140 および 1250 シリーズ 802.11n アクセス ポイントをはじめとした、数多くの Cisco Aironet® アクセス ポイントを管理サポートします。屋内および屋外での大規模な導入の場合、Cisco WCS Navigator を組み込んで、同時に最大 20 台までの Cisco WCS プラットフォームと 30,000 台のシスコ アクセス ポイントをサポートできます。コンテキスト連動ソフトウェアおよび適応型ワイヤレス侵入防御システム(wIPS)などのソフトウェア スイート サービスの追加は、Cisco WCS に Cisco Mobility Services Engine(MSE)を統合することで容易に実現できます。

包括的なワイヤレス LAN ライフサイクル管理

Cisco WCS は、ワイヤレス LAN の計画と導入から監視やトラブルシューティングに至るまでのあらゆるフェーズと、カスタマイズされたレポートを、優れた費用対効果でサポートします。Cisco WCS は、ワイヤレス LAN をライフサイクルのあらゆるフェーズで効率的かつ効果的なものにします(図 2)。

図 2 包括的なワイヤレス LAN ライフサイクル管理

図 2 包括的なワイヤレス LAN ライフサイクル管理


計画

ビジネスクリティカルなデータ、音声、ビデオの各サービスを効率的にサポートするワイヤレス LAN の設計は、組み込みの計画および設計ツールである Cisco WCS スイートで簡素化されます(図 3)。

図 3 簡素化された LAN の計画と設計

図 3 簡素化された LAN の計画と設計
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


Cisco WCS の計画および設計ツールは、標準的または不規則な形状の建物におけるアクセス ポイント配置の定義、およびアクセス ポイントのカバレッジ領域の決定を簡素化します。これらのツールにより、IT 管理者は無線周波数(RF)環境を明確に可視化できます。つまり、理想的な RF 環境を簡単に視覚化し、将来的なカバレッジのニーズを予測し、ワイヤレス LAN の動作を評価することが可能です。そのため IT 管理者は、不適切な RF 設計や、エンドユーザのトラブル ケースにつながりかねないカバレッジの問題を減らしたり、また多くの場合、解決することもできます。

専用の Cisco WCS 設計ツールでは、WLAN の準備状況をリアルタイムで評価し、VoWLAN およびコンテキスト連動(ロケーション)サービスをサポートできるようになっています。VoWLAN サービスは、シングルモードおよびデュアルモードの Wi-Fi 対応電話をサポートしています。コンテキスト連動サービスは、特許出願中のシスコの「RF 特性収集」テクノロジーを使用し、Cisco MSE と連動して Wi-Fi 対応デバイスおよびそのコンテキスト情報を検索、追跡、および管理します。

導入

広範囲にわたる Cisco WCS 統合設定テンプレートにより、ワイヤレス LAN をすばやくコスト効率よく起動し、実行することができます。これらの使いやすいテンプレートおよび導入ツールにより、IT 管理者はワイヤレス LAN をプロビジョニングおよび設定可能で、ビジネスに必要なサービスを明確な形で提供できます(図 4)。

図 4 柔軟な導入ツールおよび設定テンプレート

図 4 柔軟な導入ツールおよび設定テンプレート
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


Cisco WCS の柔軟性の高いテンプレートは、使いやすいインターフェイスを介して利用可能で、ネットワーク内での場所、Cisco WCS と同じ LAN 上にあるか、分離したルートのサブネット上にあるか、または広域接続をまたいでいるかに関係なく、1 つまたは複数のワイヤレス LAN コントローラに共通設定を簡単に適用できます。

IT 管理者はボタンをクリックするだけで、非常に複雑なコントローラ設定、更新、およびワイヤレス ネットワーク全体にわたるスケジューリングを効率化できます。アクセス ポイントの自動プロビジョニングは、単一または複数のカスタマイズされたアクセス ポイント設定をサポートする使いやすいテンプレートを利用することで、容易に実行できます。

監視

Cisco WCS は、ワイヤレス LAN 全体を監視する理想的な管理プラットフォームで、強力なパフォーマンスを維持し、最適なワイヤレス体験をモバイル エンド ユーザに提供します。Cisco WCS の中央集中インターフェイスにより、必要とされる場所で必要とされるときに、簡単に情報にアクセスできます。オンデマンドの場合でもスケジュール設定された場合でも同じです(図 5)。

図 5 カスタマイズ可能なダッシュボードと使いやすい Web ベースのインターフェイス

図 5 カスタマイズ可能なダッシュボードと使いやすい Web ベースのインターフェイス
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


Cisco WCS の使いやすいグラフィカル表示は、保守、セキュリティ、トラブルシューティング、および将来的な容量計画といったアクティビティの開始ポイントとなります。これにより、ネットワーク上で発生している正常なイベントおよび正常でないイベントに関する実用的なデータに、さまざまなエントリ ポイントからすばやくアクセスできるため、Cisco WCS は実稼動ネットワークの運用に不可欠となります。

Cisco WCS に常駐するアラーム サマリーにより、重要な情報、障害、および重大度に基づくアラームに簡単にアクセスできます。承認されていない(不正な)デバイスの検出、検索、阻止は、ロケーション サービスが有効になっている場合、完全にサポートされます(図 6)。

図 6 常駐のアラーム サマリーと簡素化された不正デバイス検出および検索

図 6 常駐のアラーム サマリーと簡素化された不正デバイス検出および検索
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


トラブルシューティング

Cisco WCS の統合ワークフローと拡張された多様なトラブルシューティング ツールにより、IT 管理者は Cisco Unified Wireless Network のコンポーネント全体にわたる問題をすばやく識別、隔離、解決することができます。Cisco WCS により、最小限の IT 要員であらゆるサイズの WLAN のトラブルシューティングを迅速に行えるようになります(図 7)。

図 7 統合ワークフローとトラブルシューティング ツール

図 7 統合ワークフローとトラブルシューティング ツール
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


Cisco WCS により、すばやく簡単にサービスの中断を確認し、パフォーマンス低下に関する通知を受け取り、解決策を調査することができ、最適な状況に修正するためのアクションを実行できます。統合ワークフローは、あらゆるインフラストラクチャ コンポーネントおよびクライアント デバイス用のすべてのツール、アラーム、アラート、検索、およびレポート間のシームレスなリンクをサポートしています。

さまざまなツールが連携することで、IT 管理者は WLAN 上で発生している運用上のわずかな差異を認識し、クライアント接続またはローミングの問題など、ベースライン パラメータの外部で発生している最適ではないイベントを発見できます。Cisco WCS の常駐検索ツールにより、ワイヤレス ネットワーク上の任意の場所にある、デバイスや装置に関するリアルタイムおよび過去の情報への、ネットワークをまたいだアクセスが容易にできます。Cisco CleanAir では、Bluetooth デバイスやコードレス電話などの Wi-Fi および非 Wi-Fi 装置からの干渉源を発見、分類し、関係を調べることができます。

組み込みのクライアント トラブルシューティング ツールには、すべてのクライアント デバイスの問題を分析するためのワンステップごとの手順が用意されています。このツールは、さまざまな種類の Wi-Fi クライアント デバイスのトラブル ケースに対する解決策をすばやく提供することで、運用コストの削減を支援します。またこのツールは、クライアント傾向分析も提供します。Cisco Compatible Extensions(CCX)クライアントを使用しているときは、専用の診断ツールを利用できるため、接続の問題の分析ができます(図 8)。

図 8 問題分析に役立つ組み込みのクライアント トラブルシューティング ツール

図 8 問題分析に役立つ組み込みのクライアント トラブルシューティング ツール
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


レポート

Cisco WCS には、カスタマイズ可能なレポートが含まれています。このレポートは、ワイヤレス LAN をより効率的に管理、保守、展開し、進行中のビジネスおよび運用の要件を満たせるよう支援します。柔軟性のあるレポートにより、適切なデータに、適切なときに、あらゆる要件を満たす形でアクセスできます(図 9)。

図 9 あらゆる要件を満たすカスタマイズ可能なレポート

図 9 あらゆる要件を満たすカスタマイズ可能なレポート
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


さまざまなレポートが利用できることにより、IT 管理者はネットワークの傾向を常に把握し、ネットワーク制御を維持し、運用を監査し、変化するビジネス要件やエンドユーザ要件にすばやく対処できるようになります。レポートは、ユーザ定義のパラメータに基づいてカスタマイズできます。いくつかのレポートからデータを収集し、時間の経過に従って WLAN がどのように変化したかを把握するための傾向を分析することで、ネットワークで、いつ、どこで、何が発生しているかを詳細に分析できるだけでなく、容量計画も行えます。WLAN の傾向を理解すれば、将来的な拡張と成長の計画が容易にできます。

機能と利点


表 1 に、Cisco WCS の機能と利点を示します。

表 1 Cisco WCS の機能と利点

機能 利点
使いやすさ
  • 簡単で直感的なユーザ インターフェイスが複雑さを解消
  • モジュール化されたインターフェイスがユーザ定義のカスタマイズをサポートし、最も関連性の高い情報だけを表示
  • 柔軟なプラットフォームは、IT 管理者の経験に関わらず利用可能
スケーラビリティ
  • 数百のシスコ ワイヤレス LAN コントローラと数千の Cisco Aironet アクセス ポイントを中央から管理
  • Cisco MSE との統合で、スケーラブルなモビリティ サービスを提供
  • Cisco WCS Navigator を追加することで、大型の屋内および屋外展開で 20 台の Cisco WCS プラットフォームと 30,000 台のシスコ アクセス ポイントを同時にサポート
WLAN ライフサイクル管理
  • 包括的なワイヤレス LAN ライフサイクル管理には、広範な計画、導入、監視、トラブルシューティング、レポート機能が含まれる
計画
  • 組み込みの計画および設計ツールにより、アクセス ポイントの配置とカバレッジの定義が容易に
  • 専用ツールで WLAN の準備状況をリアルタイムに判定し、VoWLAN およびコンテキスト連動(ロケーション)サービスのサポートが可能
  • オンデマンドのカバレッジ再判定をサポートすることで、不適切な RF 設計およびカバレッジの問題を低減、あるいは多くの場合解消
導入
  • 多様な統合コントローラおよびアクセス ポイントの設定テンプレートで、すばやく費用対効果の高い導入を実現
  • 効率的な設定管理のためにネットワーク監査をサポート
  • ソフトウェアベースのハイ アベイラビリティが、プライマリ(アクティブ)サーバからセカンダリ(スタンバイ)サーバへのフェールオーバーを提供
  • セキュアな有線およびワイヤレス ゲスト アクセスにより、ネットワークのセキュリティを維持しながら顧客、ベンダー、訪問者、パートナーに制御されたワイヤレス アクセスを提供
  • 選択した Cisco Aironet 分散管理型アクセス ポイントが Lightweight アクセス ポイントとして動作するように、ツールとプロセスによって監視、更新、移行
  • ロールベース アクセス制御により、ワイヤレス ネットワークを 1 つの Cisco WCS プラットフォームによって制御される 1 つまたは複数の仮想ドメインにセグメント化する柔軟性を提供
  • 省電力を実現する Cisco Energy-Wise が適応型 WLAN 電源管理とともに提供
セキュリティとネットワークの保護
  • 強力な侵入防御システム(IPS)が、認証されていない(不正な)デバイスをすばやく検出し、位置を特定し、阻止する
  • カスタマイズしたシグニチャ ファイルで、不正な侵入と RF 攻撃から保護
  • 自動アラームにより、迅速に対処してリスクを軽減
  • 強力なサービス ポリシー エンジンが、カスタマイズ可能なセキュリティおよび実施パラメータで一意の Service Set Identifier(SSID)を複数サポート
  • 管理フレーム保護(MFP)が 802.11 管理フレームの認証を監視
  • 802.1X によるアクセス ポイントの有線ポートの認証が、すべてのアクセス ポイント クレデンシャルを検証
  • 有線およびワイヤレス統合セキュリティを Cisco Self-Defending Network および Cisco Network Admission Control(NAC)との統合で実現
監視
  • WLAN 全体を集中的に監視して、強力な WLAN パフォーマンスおよび最適なワイヤレス運用を維持
  • Cisco WCS の使いやすいグラフィカル表示は、保守、セキュリティ、トラブルシューティング、将来的な容量計画といったアクティビティの開始ポイントとしての役割を果す
  • インタラクティブなグラフ、図、表で、迅速な設定および再設定が可能
  • 階層型マッピング ツリー、カラーコード、アイコンにより、すばやい可視化とステータス評価を実現
  • 常駐アラーム サマリーが、強力なセキュリティ、イベント、アラーム管理を提供
  • Google Earth との統合で、屋外ワイヤレス メッシュ構成の視覚化と管理が可能
トラブルシューティング
  • あらゆるサイズの WLAN のトラブルシューティングを最小限の IT 要員で実現
  • 統合ワークフローおよびツールにより、IT 管理者はサービス中断をすばやく確認し、パフォーマンスの低下に関する通知を受け取り、解決策を調査し、最適な状況に修正するためのアクションを実行できる
  • 常駐検索ツールにより、リアルタイム情報と過去情報へのネットワークをまたいだアクセスが容易に
  • クライアント トラブルシューティング ツールが、すべてのクライアント デバイスの問題を分析する 1 ステップごとの手順をサポート
  • 専用診断ツールが、Cisco Compatible Extensions クライアント バージョン 5 以降で発生する接続の問題の強力な分析をサポート
  • Cisco CleanAir が、Wi-Fi および非 Wi-Fi 干渉源からの干渉を発見、分類、関連性の比較、表示を行う
  • Radio Resource Management(RRM)ツールが、パフォーマンスおよび RF 統計への可視性をもたらす
  • 音声ツールは、VoWLAN の問題に取り組むためのカスタマイズ可能なクエリーをサポート
レポート
  • リアルタイムおよび過去のネットワーク アクティビティ、パフォーマンス、使用状況、デバイス、コンポーネント、法令準拠、セキュリティに関してレポートを実行可能
  • Payment Card Industry(PCI)レポートが、WLAN の潜在的な不適合イベントを分析
  • レポート データ、タイムフレーム、および形式はカスタマイズ可能
  • 図、グラフ、表の表示オプションで高い柔軟性を実現
  • レポートは保存ファイルとして CSV または PDFに出力可能、または E メールも可能
  • 複数レポートを同時に傾向分析することで、容量計画を支援

まとめ


Cisco WCS は、802.11n および 802.11a/b/g エンタープライズクラスの屋内および屋外ワイヤレス ネットワークの包括的なライフサイクル管理にとって、理想的な管理プラットフォームです。この非常に柔軟性の高いプラットフォームにより、キャンパス、リモート、国内、海外といった場所に広がる WLAN の効果的な計画、導入、監視、トラブルシューティング、レポートのためのさまざまなツールやリソースが提供されます。

Cisco WCS は、ワイヤレス LAN 管理の複雑さを解消します。受賞歴のあるこのプラットフォームは、使いやすい集中型インターフェイスにより、ワイヤレス LAN に明確な可視性と制御をもたらします。そのためすべての WLAN 操作が簡単になり、優れた Wi-Fi パフォーマンス、強力なネットワーク セキュリティ、最適なワイヤレス運用をすべてのモバイル ユーザに提供します。Cisco WCS は最小限の IT 要員だけで、運用上のもっとも厳しい要件を満たすことができます。Cisco WCS は、費用対効果の高くビジネスに対応した Cisco Unified Wireless Network を維持するための、理想的なプラットフォームです。

製品仕様


表 2 に、Cisco WCS の製品仕様を示します。

表 2 Cisco WCS の製品仕様

項目 仕様
オペレーティング システム(カスタマー側で用意するサーバ) Cisco WCS は、お客様が用意する次のオペレーティング システムで稼動するサーバに導入できます。
  • Windows 2003 SP1 以降
  • Redhat Linux AS/ES v4.0(リリース 4.2 以降)および Redhat Linux AS/ES v5.0(リリース 4.2.x または 5.0 以降)
  • VMware ESX Server 3.0.1 以降 (専用の保証付き VMware サーバのハードウェア最小要件:Intel® Xeon Quad CPU、3.15 GHz、8-GB RAM、200-GB HDD)
サーバの最小要件 Cisco WCS ハイエンド サーバ
  • Lightweight アクセス ポイント数 3,000台、スタンドアロン アクセス ポイント数 1,250 台、ワイヤレス LAN コントローラ数 750 台
  • Intel® Xeon Quad Core CPU、3.16 GHz、8-GB RAM、200-GB HDD(空き容量)
Cisco WCS 標準サーバ
  • Lightweight アクセス ポイント数 2,000 台、スタンドアロン アクセス ポイント数 1,000 台、ワイヤレス LAN コントローラ数 450 台
  • Intel® Dual Core CPU、3.2 GHz、4-GB RAM、80-GB HDD(空き容量)
Cisco WCS ローエンド サーバ
  • Lightweight アクセス ポイント数 500台、スタンドアロン アクセス ポイント数 200 台、ワイヤレス LAN コントローラ数 125 台
  • Intel® CPU、3.06 GHz、2-GB RAM、50-GB HDD(空き容量)
Cisco WCS を実行する CiscoWorks WLSE モデル 1130-19 または 1133
  • Lightweight アクセス ポイント数 1,500 台、ワイヤレス LAN コントローラ数 161 台
  • Intel Pentium 4 CPU、3 GHz、3-GB RAM、38-GB HDD(空き容量)
クライアントの最小要件 Secure HTTP(HTTPS)が機能している Internet Explorer 6.0/SP1 以降
管理とセキュリティ

SNMP v1、v2c、v3、および TACACS+

JPEG、PDF、および AutoCAD インポート ファイル タイプがサポート対象

管理対象デバイス

Cisco 2000、2100、4100 および 4400、5500 シリーズ Wireless LAN Controller、Cisco Catalyst® 6500 シリーズ Wireless Services Module(WiSM)、Cisco Catalyst 3750G Integrated Wireless LAN Controller、サービス統合型ルータ用 Cisco Wireless LAN Controller Module(WLCM および WLCM-E)、Cisco Aironet Lightweight アクセス ポイント、Cisco Aironet Lightweight 屋外メッシュ アクセス ポイント、Cisco 3300 シリーズ モビリティ サービス エンジン(MSE)、Cisco Wireless Location Appliance、Cisco CleanAir(Cisco Spectrum Expert Wi-Fi)、Cisco Context-Aware Software、Cisco Adaptive wIPS Software、および Cisco Mobile Intelligent Roaming(MIR)Software

選択された Cisco Aironet スタンドアロン アクセス ポイントの監視および移行。Cisco 800、1800、2800、3800 シリーズ サービス統合型ルータのスタンドアロン アクセス ポイントの監視

データベース Integrated Solid FlowEngine SQL

Cisco WCS のライセンス


適切な Cisco WCS ライセンス SKU の選択方法と、Cisco WCS ソフトウェアのダウンロード、インストール、登録手順については、『Cisco WCS ライセンスおよび発注ガイド』を参照してください。

Cisco WCS Demonstration ライセンス

すべての機能を搭載した、ロケーション対応の新しい Cisco WCS Demonstration ライセンスをダウンロードすることにより、WLAN の計画、設定、管理、モビリティ サービス用の卓越したプラットフォームを、30 日間にわたって無料で体験できます。このライセンスは、10 台のアクセス ポイントで最長 30 日間ご利用いただけます。Demonstration ライセンスで作成したネットワーク構成および設定は保存されるため、正規ライセンスを取得した後の Cisco WCS への移行は容易にできます。ライセンスを無料で入手するには、http://www.cisco.com/go/license/ [英語] または https://tools.cisco.com/SWIFT/Licensing/PrivateRegistrationServlet?DemoKeys=Y/ [英語] で登録を行ってください。[Network Mgmt Products]、[Wireless Control System]、[Wireless Control System 30 day trial license] の順に選択します。登録後、Cisco Wireless Software Center から Cisco WCS をダウンロードしてください(要ログイン)。Cisco WCS Demonstration ライセンスは、Cisco Technical Assistance Center(TAC)のサポート対象外です。

発注情報


Cisco WCS Demonstration ライセンスを除くすべての Cisco WCS ライセンスは、シスコ Web サイトの「購入案内」から発注してください。

Cisco WCS ソフトウェアのダウンロード


現在の Cisco WCS ソフトウェア リリースは、http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-wireless.shtml [英語] からダウンロードしてください(要ログイン)。

Cisco WCS ソフトウェア リリース 4.0 および 4.1 は、 http://www.cisco.com/cgi-bin/tablebuild.pl/Wireless_Control_System_Software [英語] からダウンロードしてください(要ログイン)。

また、Cisco WCS ソフトウェア リリースは、Product Upgrade Tool [英語] からもダウンロードできます。

サービスおよびサポート


シスコは、お客様がそのネットワーク サービスを最大限に活用できるよう、各種サービス プログラムを用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツールを独自に組み合わせたかたちで提供され、お客様から高い評価を得ています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化し、ネットワーク インテリジェンスの強化や事業の拡張を進めていただくためにシスコのサービスを是非お役立てください。シスコの各種サービスについては、シスコ テクニカル サポート サービスまたはシスコ アドバンスド サービスを参照してください。

関連情報


Cisco WCS の詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/wireless/wcs/index.html を参照してください。

Cisco Unified Wireless Network の詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/wireless/ を参照してください。

Cisco WCS ライセンスおよび発注ガイドについては、http://www.cisco.com/en/US/products/ps6305/products_data_sheet0900aecd804b4646.html を参照してください。

お問い合わせ