Cisco Universal Small Cell 8000 シリーズ

Cisco Universal Small Cell 8088 Controller

データ シート





Cisco Universal Small Cell 8088 Controller




Cisco® Universal Small Cell 8838(USC 8838)は、3G、LTE、キャリアグレード Wi-Fi に対する Self-Organizing Network(SON)およびバックホール テクノロジーを統合し、効率性と安全性にすぐれたヘテロジニアス ネットワーク(HetNet)を実現するエンドツーエンドのプラットフォームである Cisco Universal スモール セル ソリューションに含まれる製品です。Cisco USC プラットフォームは、家庭からさまざまな規模の企業、さらには空港やショッピング モール、大学のキャンパスといった大規模な高密度環境に至るまで、あらゆる屋内環境に適したソリューションを提供しています(図 1)。Cisco USC 8088 Controller は Cisco USC 8000 シリーズのスモール セルと連携して機能および動作することを目的として設計されています。これは、モバイル機器による音声やデータがミッション クリティカルである大規模企業、キャンパス内、および大規模な屋内の共有スペースにおいて透過的で高品質なカバレッジを提供するのに役立ちます。


図 1 Cisco Universal スモール セルのポートフォリオ

図 1 Cisco Universal スモール セルのポートフォリオ


製品概要


ビジネス環境に導入されるスモール セル ネットワークは、既存の IT インフラストラクチャと統合する必要があります。ここでの課題としては、簡単で低コストのバックホールを確立するだけでなく、通常は複数のフロアに及ぶ広いエリアに対してシンプルで透過的、かつ連続したカバレッジを提供することが挙げられます。Cisco USC 8000 シリーズは、拡張したネットワーク統合テクノロジーとソフト ハンドオーバー、自動設定、およびカバレッジ エリア全体の中で調整を行う SON を使用してこれらの問題を解決しています。

Cisco 8000 シリーズのアーキテクチャは、屋内システムの管理および自動設定用の単一で高密度なマルチテクノロジー コントローラである Cisco USC 8088 Controller を使用して、大規模な屋内環境に対して透過的で適切に調整されたカバレッジを提供します。このコントローラは、最大 100 個の、イーサネットを介して電力を供給されるスモール セルを制御および管理することが可能で、500,000 平方フィート以上の事務所スペースに対してカバレッジとキャパシティを提供します。このコントローラを使用して、モバイル事業者は各種スモール セルを混在させて、3G および LTE を対象としたカバレッジを大規模企業に数日で導入することができます。このアーキテクチャにより設定、RF 管理、コントローラ内モビリティ、およびトラフィックの集約が非常にシンプルになります(図 2)

図 2 Cisco USC 8000 シリーズ アーキテクチャの概要

図 2 Cisco USC 8000 シリーズ アーキテクチャの概要


それぞれの Cisco USC 8088 Controller には干渉を軽減するための SON 機能が含まれており、スモール セル間での透過なハンドオーバーをサポートしています。大規模企業向けに最適化された設計により、従来の Wi-Fi 機器と同じくらい簡単にインストールすることが可能で、新しいスモール セル サイトを導入するための時間が大幅に短縮されます。管理者は、イーサネット LAN および統合されたネットワーク管理システムを介した共通のバックホール接続を使用して、複数のアクセス ネットワークを管理することができます。新しいケーブル接続は必要ありません。

Cisco USC 8088 Controller は、汎用ラックマウント サーバと同様の形をした機器一台でマルチモードのスモール セルをサポートします(図 3)。このコントローラにはオプションの機能として、強力なアプリケーションホスティング プラットフォームが含まれています。これらのアプリケーションは API を使用して、ワイヤレス ネットワークに組み込まれているデータ、シグナリング、およびローカル インテリジェンスにアクセスします。ワイヤレス オペレータはコントローラを使用して、すべてのワイヤレス インターフェイス間でマネージドサービスや新しいアプリケーションを提供することができます。

図 3 Cisco USC 8088 Controller

図 3 Cisco USC 8088 Controller


先進的な企業は、設備投資(CapEx)にポイントをおいた従来の IT インフラストラクチャから、運用コスト(OpEx)にポイントをおいたビジネス モデルへ急速にシフトしています。このシフトにより、企業はモバイルとクラウド コンピューティングを導入することが可能になっています。また、これにより複数のアクセス テクノロジーにおいて機能する仮想的なインフラストラクチャを使用して、スマートフォンおよびタブレットのプラットフォームに新しいアプリケーションを提供することができます。モバイル事業者は、この新しいアプローチをサポートし、有益なアプリケーションやサービスの構築を促進するうえで理想的な立場にいます。強力でフレキシブルな Cisco USC 8000 シリーズを使用して、大規模企業/官公庁の顧客に対して管理サービスを提供しながら、信頼性の高いカバレッジおよびキャパシティに対する企業の需要に対処することができます。

Cisco USC 8088 Controller のメリット


Cisco Universal スモール セル ソリューションは、モバイル サービス カバレッジの課題を解決し、ネットワーク キャパシティを拡張する目的で設計されています。シスコ スモール セル機能を使用して、屋内向けコンシューマ サービスを導入したり、企業の音声システムとの統合やローカルな企業ネットワークへのアクセスなどの新しいエンタープライズ サービスをサポートします。Cisco USC 8088 Controller を使用すると、次のようなソリューションのメリットが得られます。

  • ネットワーク コストの削減およびシンプルな運用:Cisco USC 8088 は既存のインフラストラクチャ、建物構造内配線を利用し、また組み込みの自動調整 SON を使用してコントローラ アーキテクチャへ統合します。これによりシンプルでコスト効率のよいロケーションの選択、配線、および導入を実現します。Cisco USC 8088 Controller は、変化の発生に対し、設定を自動的に調整するため、管理およびメンテナンスのリソースとコストを大幅に低減することができます。
  • 設備投資の抑制:すべてのローカル管理および調整は 1 台のラック ユニット シャーシで提供されるため、透過的で高品質、かつ連続したカバレッジの提供に関連する設備投資のコストが抑えられます。Cisco USC 8088 Controller には、企業のネットワーク内のインストールをシンプルにして、高度な IT 要件に合わせて機能する目的で設計されたいくつかの拡張機能も用意されています。これらの機能には、IPSec トンネルの集約および VLAN 管理が含まれています。
  • 多様なサービス:Cisco USC 8088 Controller は 3G、LTE およびデュアルモードの Cisco USC 8000 シリーズのスモール セルを 1 台のシャーシに集約し、ネットワークの導入およびアップグレードに必要な管理および調整を低減させることができます。
  • 拡張性:Cisco USC 8088 Controller は 1 台のシャーシで最大 100 個のスモール セルに対する調整、管理、集約、サービス提供を行うことができ、大型の建物において、より高いユーザ エクスペリエンスを実現します。Cisco USC 8088 High-Capacity Controller は、この機能をさらに強化して、もっとも広い屋内環境でのサービスを拡張することができます。この大容量のコントローラは、最大 200 個のシングルバンドのスモール セル(Universal Mobile Telecommunications System(UMTS)のみまたは LTE のみ)、あるいは 100 個のデュアルバンドのスモール セル(UMTS と LTE またはデュアル LTE)をサポートできます。

製品仕様


Cisco USC 8088 Controller の製品仕様は表 1 のとおりです。

表 1 製品仕様

項目 仕様
主な特長 同時に複数のエア インターフェイスをサポート
100 個の無線ノード
スモール セルの自動検出およびプロビジョニング
すべてのエア インターフェイスで SON に対応
バックホール ネットワークの共有とサービス品質(QoS)
アドミッション制御と優先付け
調整された無線環境監視(REM)
UMTS 2400 同時セッション
1 分につき 1000 セッションのセットアップ
3G 集約スループット 250 Mbps
スモールセル間のソフト ハンドオーバー
プライマリ スクランブリング コード(PSC)の自動割り付け
UMTS および GSM へのマクロ ハンドオーバー(他周波数および同周波数)
UMTS から LTE へのセル リセレクション
UMTS からの CS マクロ ハンドイン
アクセス オーバーロード制御
緊急コールの優先付け
セル ブロードキャスト(Commercial Mobile Alert System(CMAS))
マルチオペレータ コア ネットワーク サポート
Iuh、lu over IP(luCS および luPS)
3GPP Kasumi 暗号化
LTE 8000 同時セッション
1 分につき 2000 セッションのセットアップ
4G 集約スループット 1Gbps
E-RAN 内ファースト ハンドオーバー
一元的に調整された動的な分割周波数再利用
LTE マクロとの ハンドオーバー
CS フォールバック(CSFB)
Voice over LTE(VoLTE)
S1(S1-C および S1-U)
S1-Flex(MME/SGW プールへの接続)
SNOW 3G および AES の暗号化
セキュリティ TPM
安全性の高いブートとキー ストレージ
暗号化されたファイル システム
IPsec 暗号化
X.509 証明書ベースの認証(コア ネットワークおよびスモール セル)
ネットワーク プロトコル Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)サーバおよび DHCP プロキシ
IPv4、UDP、TCP、RTP、GTP、IPSec
時刻と同期 IEEE 1588 Precision Time Protocol(PTP)ベースの同期
複数の同期クロック オプション
  • 恒温槽付き高精度水晶発振器(OCXO)
  • Core network master Precision Time Protocol(PTP)サーバ
  • Integrated Global Navigation Satellite System(GNSS)レシーバ(GPS または GLONASS)
ハードウェア機能 システム全体の平均故障間隔(MTBF)300,000 時間以上
コンポーネントの冗長性
VLAN トラフィック分離
物理仕様 インターフェイス
  • 8 X Gbps イーサネット ポート
  • 2 X Gbps SFP イーサネット ポート
  • 1 X RJ45 コンソール ポート(RS-232)
  • 1 X 10/100 管理ポート
  • 1 X TNC コネクタ(GNSS アンテナ用)
マウント:1RU(標準 19 インチ ラック)
寸法:603 X 448 X 44 mm(23.7 X 17.6 X 1.7 インチ)
重量:10.7 kg(23.5 ポンド)
電気仕様
  • 電力:150 W
  • 電圧:100 〜 240 V
  • 最大電流:4.5 A
環境:
  • 高さ:0 〜 3000 m(0 〜 9843 フィート)
  • 動作温度:0 〜 40 °C
  • 保管温度:-40 〜 70 °C
  • 湿度:7 〜 93 %(結露しないこと)
  • 冷却:5 X 速度制御、ホットスワップ可能なファン
LED:
  • 1 X 電源
  • 3 X ステータス
  • 1 X 同期
システム管理 設定:TR-069 を使用したリモート管理および自動設定
障害およびイベント:TR-069、SNMPv2c、SNMPv3、および Syslog
性能:3GPP カウンタ、KPI、標準 MIB および SpiderCloud MIB
コンソール ポート、および SSH を使用したリモートによるコマンド ライン インターフェイス(CLI)
法規制の遵守 CISPR 22:2008 Class A
EN 55022:2010/AC:2011
EN 55024:2010
EN 61000-3-2:2006/A2:2009
EN 61000-3-3:2008
EN 60950-1:2006/A12:2011
VCCI V-3/2012.04
CAN/CSA-C22.2 NO. 60950-1A-07(R2012)


システム要件


Cisco USC 8088 Controller のシステム要件は表 2 のとおりです。

表 2 システム要件

コンポーネント 目的
スモール セル ゲートウェイ Cisco ASR 5000 または 5500 ベースの HeNB-GW、またはその他の標準に準拠したゲートウェイ(IOT 対象)
スモール セル アクセス ポイント Cisco USC 8000 シリーズ
エンタープライズ管理システム Cisco USC 8000 シリーズのネットワークの TR-069 プロビジョニングおよび管理には Cisco USC 8050 EMS が必要


発注


Cisco USC 8088 Controller は 3G または LTE テクノロジーをサポートしているサービス プロバイダーにご購入いただけます。詳しい発注については、表 3 および表 4 を参照してください。

表 3 ハードウェアの発注

ハードウェア

製品名 説明 発注コード
Universal Small Cell 8088 Controller 100 個のシングルバンド(UMTS のみ、または LTE のみ)スモール セル、または 50 個のデュアルバンド(UMTS と LTE またはデュアル LTE)スモール セルをサポートするコントローラ ハードウェア USC8088-LC-K9
Universal Small Cell 8088 Controller(大容量) 200 個のシングルバンド(UMTS のみ、または LTE のみ)スモール セル、または 100 個のデュアルバンド(UMTS と LTE またはデュアル LTE)スモール セルをサポートするコントローラ ハードウェア USC8088-HC-K9


表 4 ソフトウェアの発注

ソフトウェア

製品名 説明 発注コード
Controller Software License 各スモール セルに対するコントローラ容量拡張ソフトウェア USC8088-CSW-K9
Enterprise Management System License 各スモール セルに対する管理ソフトウェア ライセンス USC8050-MSW-K9
Controller Activation Software コントローラ用のアクティベーション ソフトウェア USC8088-LC-ASW-K9
High Capacity Controller Activation Software 大容量コントローラ用のアクティベーション ソフトウェア USC8088-HC-ASW-K9


保証


Cisco USC 8808 Controller には、1 年間限定のハードウェア保証と、30 日間の返品修理保証が含まれています。詳細な保証の内容については、Cisco.com の Product Warranties [英語] ページを参照してください。

シスコ スモール セル サービス


シスコサービスは、その卓越したエクスペリエンスと専門知識を備え、大規模な商用スモール セルの導入実装、ワールドクラスのシステム サービス インテグレーションの提供を行う組織により、Cisco Universal スモール セル ソリューションを提供することが可能です。専用ツール、知識、手法、ベスト プラクティス、そしてシスコのパートナーおよびお客様の能力とシスコの専門知識を組み合わせたコラボレーティブなデリバリ モデルを使用することで、シスコ サービスは優れた成果を上げています。シスコはサービス保証を通じて、サービス プロバイダーがリスクの軽減、収益を生む新しいサービスの市場投入までの時間の短縮、総所有コストの削減、投資価値の最大化、およびカスタマー エクスペリエンスの向上を実現するお手伝いをします。

シスコのサービス チームは包括的なサポートを提供し、サービス プロバイダーのネットワーク ライフサイクル全体を網羅します。シスコでは、サービスに対するライフサイクル アプローチを通じて、サービス プロバイダーが新しいサービスを問題なく設計し提供できるよう、一貫した、実績ある手法を開発しました。これらのサービスはモバイル事業者のニーズに合わせてカスタマイズされ、広範囲におよぶグローバルなサポート インフラストラクチャを通じて提供されます。具体的には、受賞歴のある Cisco Technical Assistance Center(TAC)、シスコ サービス リソース, Centers of Excellence、Small Cell Interoperability Testing(IOT)ラボ、System Verification(SVT)ラボ、エコシステム パートナーなどがあります。

詳細情報


Cisco USC 8088 Controller の詳細については、http://www.cisco.com/go/smallcell [英語] にアクセスするか、または最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。