Cisco モビリティ サービス エンジン

Cisco Connected Mobile Experiences クラウド

データ シート





Cisco Connected Mobile Experiences クラウド



概要


Cisco® Connected Mobile Experiences クラウド(Cisco CMX クラウド)は、シスコのワイヤレス インフラストラクチャとシームレスに統合することで、ワイヤレス ゲスト アクセスの提供方法と施設内での使用状況の分析に大きな変化をもたらします。

このクラウドが提供する Software-as-a-Service(SaaS)は、導入が容易で直感的に使用できます。手頃な価格で提供されるサブスクリプション課金モデルにより、設備にかかる初期投資コスト(資本支出(CapEx))と IT リソースを削減できます。また、このソリューションの以下の機能により、ワイヤレス インフラストラクチャがビジネス成果の達成を加速させます。

  • 施設内のすべての Wi-Fi デバイス(以下「デバイス」)を検出し、滞在時間、新規訪問者対リピータ、およびピーク時間などのプレゼンスを分析します。
  • ソーシャル、セルフ登録、ショート メッセージ サービス(SMS)などのさまざまな認証方法を使用するカスタムポータルによって、使いやすいゲストアクセス ソリューションを訪問者に提供します。
  • ロケーションベースのコンテンツを提供するゲスト ポータル ページやモバイル アプリケーションに訪問者を直接取り込むこともできます。

製品概要

表 1.   CMX クラウドの概要

機能 利点
クラウドによる提供
  • クラウドは、発注、プロビジョニング、およびセットアップが簡単で、オンプレミスの介入を最小限に抑えます。
  • より迅速に継続的なイノベーションを実現します。
  • アプリケーション プログラミング インターフェイス(API)によって、パブリック ドメイン内の他のソフトウェアおよびシステムと簡単に統合できます。
Software-as-a-Service
  • 運用上の複雑さを軽減し、ビジネス目標に集中できます。
  • このソフトウェアでは、複雑なハードウェアおよびソフトウェアのセットアップ、操作、および保守を行う必要はありません。
  • キャパシティ プランニングをしなくても、セキュリティや信頼性を低下させることなく、拡張や機能の追加をすぐに実行できます。
サブスクリプション価格
  • 当初期間は 1 年、3 年、または 5 年(毎年更新)で、柔軟な支払いが可能です。
  • 初期 CapEx と全体的な総所有コスト(TCO)が削減されます。
  • ビジネス要件に応じて、容量または期間を追加できます。
接続
  • 事前に構築されたテンプレートを使用して、Wi-Fi ゲスト ポータルからすぐに開始できます。
  • 簡単なドラッグアンドドロップ コンポーネントで、すべてのモバイル デバイスとコンピュータで使用されるポータル ページの見た目と機能をカスタマイズできます。Web プログラミング スキルは必要ありません。
  • 複数のアクセス方法によって、簡単な登録を行うか、SMSやソーシャルからログインするかを選択できます。
  • サイトや現場に固有のページを作成し、ゲスト ユーザの関心を広告や外部コンテンツに向けることができます。
  • リピータのサイトへのアクセスを自動的に許可し、リピータと関わることができます。
  • ゲスト ユーザ分析によって、サイト訪問者が新規かリピータかがわかります。また、訪問者のネットワーク使用量、ポータルと SMS の成功率、および優先言語を知ることができます。
プレゼンス分析
  • ダッシュボードを使用すると、現在およびこれまでの訪問者数、平均滞在時間、混雑する時間と曜日、コンバージョン率、およびトップのデバイス メーカーをすぐに確認できます。
  • ソリューションは簡単に導入できます。アクセスポイントを追加して、クライアントのプロキシミティに基づいて分析情報を収集するだけです。
  • 時間や現場についてのデータを簡単に比較して、新しい収入機会を創出したり、運用を最適化することができます。

ライセンス階層

初期リリースの Cisco CMX クラウドには、Cisco CMX コネクトとプレセンス分析機能搭載 Cisco CMX コネクトの2 つのライセンス階層があります。表 2 に、発注情報を示します。

表 2.   発注情報

製品番号 説明 発注数
AIR-CMX-CLOUD Connected Mobile Experiences(CMX)クラウド AP につき 1 つ
AIR-CMX-SVC-CX CMX クラウド コネクト AP につき 1 つ
AIR-CMX-SVC-CPAX プレゼンス分析機能搭載 CMX クラウド コネクト AP につき 1 つ


ライセンス構成および発注

Cisco CMX クラウド ライセンスは、年単位でアクセスポイントごとに提供され、1 年、3 年、または 5 年の当初期間前払いで利用できます(毎年自動更新されるオプション付き)。期間の長さに応じて、複数年割引が適用されます。。

図 1.   図 1. 発注およびプロビジョニングのワークフロー


CMX クラウド サービス発注の推奨フローの概要を図 2 と以下に示します。

  1. CMX クラウド アカウントのデフォルト所有者となるエンド ユーザの電子メール アドレスを設定します。
  2. ライセンス階層、開始日、ライセンスの当初期間、およびライセンス数を決定します。ライセンス数は、ライセンスを付与する必要があるアクセスポイント数から算出します。
  3. 発注ツールで「AIR-CMX-CLOUD」を検索し、指示に従って発注を完了します。

次の手順に進んで、プロビジョニング ワークフローを完了します。

  1. シスコは、3 営業日以内にサービスのプロビジョニングを行い、プロビジョニング完了の確認メールをお客様に送信します。
  2. 発注で指定されたエンド ユーザに別の電子メールを送信して、アカウント作成を終了します。
  3. エンド ユーザは、電子メールをクリックして利用規約に同意し、CMX クラウド アカウントのパスワードを作成します。この手順で、CMX クラウド アカウント設定は完了です。

CMX クラウドにアクセスするには、http://cmxcloud.cisco.com [英語] にアクセスして、電子メール アドレスとパスワードを使用して開始します。

Cisco Capital

Cisco Capital®では、目標を達成し、競争力を維持するために必要なテクノロジーの取得を支援します。CapEx の削減をサポートし、成長を加速させ、投資金額と ROI を最適化します。Cisco Capital ファイナンス プログラムにより、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、および補完的なサードパーティ製機器を柔軟に購入することができます。支払いが統一されるため、予想外の支払いが発生することもありません。Cisco Capitalは 100 ヵ国以上でサービスを利用できます。詳細はこちら

関連情報


Cisco Connected Mobile Experiences の詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/cmx/ を参照してください。