ワイヤレス

ワイヤレス向け Application Visibility and Control(AVC)

ミッションクリティカルなアプリケーションを優先

Cisco AVC は最小限の管理コストでパフォーマンスを強化します。(PDF - 446 KB)[英語]

ミッションクリティカルなアプリケーションを優先

ワイヤレス Cisco AVC の概要

ワイヤレス LAN コントローラによる AVC ソリューションの機能について説明します。[英語]

ワイヤレス Cisco AVC の概要
ワイヤレス Cisco AVC の概要

アプリケーションの分類とトラブルシューティング

Cisco AVC はワイヤレス ネットワークで 1,000 以上のアプリケーションを最適化します。(ビデオ - 2:17 min)[英語]

アプリケーションの分類とトラブルシューティング
アプリケーションの分類とトラブルシューティング

Wi-Fi ネットワークでビジネス アプリケーションを優先

BYOD トレンドの拡大に伴い、企業ではビジネスにおいて重要なアプリケーションを Wi-Fi ネットワークで識別し優先することが不可欠となっています。

ワイヤレス ネットワークで Cisco AVC ソリューションを使用すると、ディープ パケット インスペクション(DPI)によって 1,000 以上のビジネスクラスまたはコンシューマクラスのアプリケーションを識別できます。このようなアプリケーション トラフィックの強力な可視性は、アプリケーションのマーキングによる優先順位付けと拒否を可能にし、セキュリティや限られたネットワーク帯域幅の有効利用に役立ちます。

Cisco AVC のテクノロジーと製品

AVC は次のようなシスコ テクノロジーによって実現されています。

1 つ目は、次世代 DPI テクノロジーである Network-Based Application Recognition 2(NBAR2)です。NBAR2 は 1,000 以上のアプリケーションの識別と分類を可能にするとともに、プロトコル定義の更新機能も備えています。

また、NetFlow バージョン 9 は対象データの選択とエクスポートを可能にし、アプリケーション パフォーマンスの統計情報をシスコやサード パーティ製の管理ツールで簡単に利用できるようにします。

レポート ツールや管理ツールも AVC の機能を強化します。たとえば、ネットワーク管理およびアプリケーション監視用のエンタープライズクラス ツールである Cisco Prime Infrastructure および Assurance モジュールを使用すれば、有線と無線のネットワーク全体でアプリケーションとネットワークのパフォーマンスをレポートできるようになります。また、Cisco Insight は最大 30 種類のレポートを提供し、アプリケーションを可視化します。この情報は容量計画やトラブルシューティングに役立ちます。

最後に、QoS 機能を使用することで、アプリケーションのパフォーマンスを効果的に制御できます。

Cisco AVC のメリット

  • アプリケーションレベルの最適化と制御により、すべてのワイヤレス ユーザのエクスペリエンスの質を高める
  • 予防的なモニタリングとエンドツーエンドでのアプリケーションの可視化により、トラブルシューティングにかかる時間が短縮され、ネットワークのダウンタイムを最小限に抑える
  • アプリケーションの使用状況とパフォーマンスを効果的に把握し、その情報をネットワーク容量の管理と計画に活用する
  • ビジネスにおいて重要なアプリケーションや Cisco Jabber または IM セッションのサブフローを優先できる

アプリケーションの分類とトラブルシューティング

このビデオをご覧になるには、Adobe Flash Player(JavaScript を有効化)の最新バージョンが必要です。

Flash Player のダウンロード