アベイラビリティと柔軟性の向上

Linux ベースのシステムである Cisco ASR 5000 オペレーティング ソフトウェアは、Cisco ASR 5000 マルチメディア コア プラットフォームおよび Cisco Converged Services Platform 向けに設計されています。

このソフトウェア アーキテクチャは高度に分散化されており、プロセスを分散モジュール ソフトウェア タスクに分割して特定の機能を実行するため、アベイラビリティ、柔軟性、パフォーマンスが向上します。

パフォーマンスの自動最適化

このオペレーティング システムによって、さまざまなタスクがシステム全体で使用可能な処理能力を利用できるため、システム全体のパフォーマンスが大幅に向上します。このような分散化は、オペレータの操作を必要とせずに自動的に実行されます。

多数のタスクの分散化によって、以下のことも可能になります。

  • 障害の封じ込めによって、プロセスまたはタスクの障害による影響を最低限に抑える
  • より包括的なシステムの実現
  • 加入者への影響が大幅に軽減される

シャーシ内セッションの回復機能により、加入者エクスペリエンスの透過性が増し、ファイバの切断や停電に対する回復力が向上します。

Cisco ASR 5000 オペレーティング システムのその他の重要な機能には、以下のものが含まれます。

  • 優れたパフォーマンスとサービス保護を提供する分散化設計
  • 加入者への影響を最小限に抑えたうえで、システムが稼働した状態でハードウェアの動的な取り外しと設置が可能
  • 障害の封じ込めにより、障害発生時の影響が最小限に抑えられる