Cisco ASR 5000 シリーズ

ASR 5000 マルチメディア コア プラットフォームのネットワーク機能

機能統合による管理の簡素化

Cisco ASR 5000 シリーズ プラットフォームでは、ソフトウェア機能を有効にすることで、1 つまたは複数のネットワーク機能を単一のシステムでサポートできます。複数の機能が統合された単一プラットフォームは、専用目的の複数のアクセス ゲートウェイの導入に比べてコスト効率が高くなり、管理がしやすくなります。

さまざまなネットワークでサービスを提供

Cisco ASR 5000 マルチメディア コア プラットフォームは、多くのネットワーク機能を実行できるよう設計されています。さまざまなネットワーク アーキテクチャでマルチメディア サービスを提供することで、リッチ モバイル ブロードバンド環境を求める加入者の要求に対応できます。

ソフトウェアの設定が簡単

Cisco ASR 5000 マルチメディア コア プラットフォームには、以下のネットワーク機能に簡単に組み込むことができる専用のソフトウェアが含まれています。

アクセス テクノロジー ネットワーク機能
Evolved Packet Core(EPC) Cisco MME Mobility Management Entity [英語]

Cisco SGW Serving Gateway [英語]

Cisco PGW Packet Data Network Gateway [英語]

Cisco ePDG Evolved Packet Data Gateway [英語]
インライン サービス
Code Division Multiple Access(CDMA) Cisco PDSN/HA Packet Data Serving Node and Home Agent [英語]
Universal Mobile Telecommunications Service(UMTS)High-Speed Packet Access(HSPA) Cisco SGSN Serving GPRS Support Node [英語]

Cisco GGSN Gateway GPRS Support Node [英語]
WiMAX Cisco ASN Access Service Network Gateway [英語]

Cisco Home Agent
WiFi セキュリティ ゲートウェイ(PDIF、TTG、PDG)

セッション コントロール マネージャ [英語]
Femtocell [英語] Femtocell Gateway

HNB Gateway

セキュリティ ゲートウェイ(PDIF、TTG、PDG

セッション コントロール マネージャ [英語]

統合化とアップグレードによるコストの削減

ASR 5000 では上記の 1 つまたは複数の機能をキャリアクラスの単一のプラットフォームに統合できるため、以下のことが可能になります。

  • シグナリング オーバーヘッドの軽減
  • セッション管理の分散化
  • キャリアクラス ノードでの制御機能およびユーザ プレーン機能の使用

Cisco ASR 5000 マルチメディア コア プラットフォームおよびネットワーク機能により、既存のネットワーク環境で優れたパフォーマンスを実現できます。また、それと同時に、以下のことを実現できるよう設計された新しいネットワーク機能を含め、Long Term Evolution(LTE)要件へも簡単にアップグレードできます。

  • 資本コストおよび運用コストの削減
  • 加入者エクスペリエンスの向上

お問い合わせ