Cisco Aironet 1810 シリーズ OfficeExtend アクセス ポイント

Cisco Aironet 1810 シリーズ アクセス ポイント

データ シート





Cisco Aironet 1810 シリーズ アクセス ポイント



テレワーカーや小規模ブランチ環境に最適で、設置も簡単。OfficeExtend アクセス ポイント シリーズは、自宅作業者を抱える組織に対してセキュアな有線およびワイヤレスのアクセスを提供します。

製品概要

Description: Y:\Production\Cisco Projects\C78 Data Sheet\C78-736868-00\v1a 030316 1101 vinica\C78-736868-00_Cisco Aironet 1810 Series OfficeExtend Access Points\Links\C78-736868-00_Figure01.jpg

Cisco® Aironet® 1810 シリーズ OfficeExtend アクセス ポイントは、自宅や小規模ブランチなどのリモート サイトに対して、企業向けの非常にセキュアなワイヤレス接続と有線接続を提供します。1810 シリーズは、社内ネットワークをテレワーカーやモバイル ワーカー、そしてマイクロ サイトにまで拡張します。アクセス ポイントから自宅やサイトのブロードバンド インターネット アクセスに接続し、社内ネットワークへの非常にセキュアなトンネルを確立します。このトンネルにより、リモート ワーカーは企業のオフィスと同様のモビリティ エクスペリエンスを実現しながらデータ、音声、ビデオ、およびクラウド サービスにアクセスできます。1810 シリーズは、自宅のトラフィックをセグメント化することで、企業データに対する非常にセキュアなアクセスとテレワーカーの自宅デバイスにおける個人の接続をサポートします。

機能と利点

Cisco Aironet 1810 シリーズを利用すると、従業員の生産性、ビジネスの復元力、仕事のスケジュールの柔軟性を向上すると同時に、出張費および二酸化炭素排出量を削減することができます。本シリーズは、あらゆる業界の商用ネットワーク、企業ネットワーク、サービス プロバイダー ネットワークを対象としています。1810 シリーズは、ネットワーク化されたビジネス サービスで提供される、信頼性のある一貫したアクセスを自宅で必要とする従業員に適しています。また、23 人のリモート ワーカーが企業サイトと同じ有線接続とワイヤレス接続を必要とする小規模ブランチにも適しています。

1810 シリーズは、非常に安全で信頼性の高い有線、およびワイヤレス接続によって業界トップクラスの性能を実現し、堅牢なモビリティ エクスペリエンスを提供します。表 1 に、これらアクセス ポイントの機能と利点を示します。

機能と利点

機能

利点

デュアル無線、デュアル バンド

デュアル無線、デュアル バンドの 802.11ac Wave 2 アクセス ポイントであるため、自宅やリモート オフィスに対して非常にセキュアで信頼できる有線接続とワイヤレス接続を提供可能です。この機能によりデータのセキュリティが確保され、2 つの個別のトンネルが可能になります。

802.11ac Wave 2 のサポート

最新の Wi-Fi 標準規格である 802.11ac Wave 2 をサポートし、2 X 2 MIMO テクノロジー、2 つの空間ストリーム(シングルユーザまたはマルチユーザ MIMOMU-MIMO)モードでの動作時)に対応します。また、867 Mbps への対応により、さらなるキャパシティと信頼性を実現します。

リアルタイム サービス エクステンダ

音声、ワイヤレス、ビデオ、データなどのリアルタイム サービスを、IT スタッフが配置されていない遠隔地でも利用できるようにします。もう、地理や気候の状況次第で作業時間が失われることはありません。自宅でも、オフィスにいるときのように作業することが可能になります。

堅牢なセキュリティ

Aironet 1810 シリーズは、アクセス ポイントとコントローラとの間にセキュアな Datagram Transport Layer SecurityDTLS)接続を構築し、企業のオフィスと同じプロファイルを使用してリモート WLAN 接続を確立します。

ギガビット イーサネット ポート

ローカル用のギガビット イーサネット ポートを 3 つ備え、有線デバイスをネットワークに安全に接続できます。有線デバイスからのトラフィックはワイヤレス LAN コントローラにトンネリングで戻すことができます。これらのポートの 1 つは、IP 電話などのデバイスに電力を供給する Power over EthernetPoE)出力にもなります。

これらすべての機能により、ワイヤレス ネットワークで可能なエンドユーザ エクスペリエンスを保証します。

優れた特長/他製品との違い/機能

Cisco Aironet 1810 シリーズ OfficeExtend アクセス ポイントは、高いパフォーマンス、優れたアクセス、高密度ネットワークを実現する最新の 802.11ac Wave 2 標準規格をサポートしています。同時デュアル無線およびデュアル バンド 2x2:2 802.11ac Wave 2MU-MIMO などの機能を備えているため、1810 シリーズはリモート ワーカーにとって最適な選択肢となります。

高度なセキュリティが実装されているため、リモート ワーカーが自宅オフィスから作業している間のデータ侵害について心配する必要はなくなります。強化された数々のセキュリティ機能により、自宅のトラフィックに対してファイアウォール保護を付加して企業のトラフィックを自宅のトラフィックから切り離します。また、最大 2 つのポートをワイヤレス LAN コントローラにトンネリングで戻すことができます。

Aironet 1810 シリーズは、Power over EthernetPoE)による有線アクセスが可能です。この機能により、IP 電話、セキュリティ カメラ、プリンタ、コピー機などのデバイスに PoE 出力を使用して有線アクセスを提供できます。このアクセス ポイントには標準 PoE に加えて AC アダプタで電力を供給できます。1810 シリーズには、3 つのローカル ギガビット イーサネット ポートと 1 つのアップリンク ギガビット イーサネット ポートがあり、さまざまな接続に対応できます。

1810 シリーズは企業のオフィスで設定してリモート オフィスに送り、簡単に設置することができます。壁に取り付けるときもデスクに置くときも、垂直取り付けの場合に内蔵アンテナを利用してワイヤレス カバレッジが最適化されます。

製品仕様

2 に、Cisco Aironet 1810 シリーズ OfficeExtend アクセス ポイントの仕様を示します。

表 2.     仕様

項目

仕様

認証とセキュリティ

  Wi-Fi Protected Access 2WPA2)に Advanced Encryption StandardAES
  802.1XRADIUS 認証、許可、およびアカウンティング(AAA
  802.11i

ソフトウェア

  Cisco Unified Wireless Network ソフトウェア、AireOS ワイヤレス コントローラ リリース 8.2 MR1 以降

クライアントの最大数

  アソシエートするワイヤレス クライアントの最大数:Wi-Fi 無線ごとに 200、合計でアクセス ポイントごとに 400 クライアント

802.11ac

  2 X 2 シングルユーザ/マルチユーザ MIMO2 つの空間ストリーム
  最大比合成(MRC
  204080 MHz チャネル
  最大 866.7 Mbps PHY データ レート(5 GHz 80 MHz
  パケット集約:A-MPDUTx/Rx)、A-MSDURx
  802.11 Dynamic Frequency SelectionDFS
  Cyclic Shift DiversityCSD)サポート

イーサネット ポート

  802.1X または MAC フィルタリングによる認証
  ダイナミック VLAN またはポートごと
  トラフィックをワイヤレス LAN コントローラにローカルで切り替える、またはトンネリングで戻す

対応データ レート

802.11a69121824364854 Mbps

802.11b/g125.56911121824364854 Mbps

802.11n データ レート(2.4 GHz):

MCS 指数1

GI2 = 800 ns

GI = 400 ns

20 MHz のレート(Mbps

20 MHz のレート(Mbps

0

6.5

7.2

1

13

14.4

2

19.5

21.7

3

26

28.9

4

39

43.3

5

52

57.8

6

58.5

65

7

65

72.2

8

13

14.4

9

26

28.9

10

39

43.3

11

52

57.8

12

78

86.7

13

104

115.6

14

117

130

15

130

144.4

 

802.11ac データ レート(5 GHz):

 

MCS インデックス

空間ストリーム

GI = 800 ns

GI = 400 ns

 

 

 

20 MHz のレート(Mbps

40 MHz のレート(Mbps

80 MHz のレート(Mbps

20 MHz のレート(Mbps

40 MHz のレート(Mbps

80 MHz のレート(Mbps

 

0

1

6.5

13.5

29.3

7.2

15

32.5

 

1

1

13

27

58.5

14.4

30

65

 

2

1

19.5

40.5

87.8

21.7

45

97.5

 

3

1

26

54

117

28.9

60

130

 

4

1

39

81

175.5

43.3

90

195

 

5

1

52

108

234

57.8

120

260

 

6

1

58.5

121.5

263.3

65

135

292.5

 

7

1

65

135

292.5

72.2

150

325

 

8

1

78

162

351

86.7

180

390

 

9

1

   ○

180

390

   ○

200

433.3

 

0

2

13

27

58.5

14.4

30

65

 

1

2

26

54

117

28.9

60

130

 

2

2

39

81

175.5

43.3

90

195

 

3

2

52

108

234

57.8

120

260

 

4

2

78

162

351

86.7

180

390

 

5

2

104

216

468

115.6

240

520

 

6

2

117

243

526.5

130

270

585

 

7

2

130

270

585

144.4

300

650

 

8

2

156

324

702

173.3

360

780

 

9

2

   ○

360

780

   ○

400

866.7

非オーバーラップ チャネルの最大数

AA 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz11 チャネル
  5.180 5.320 GHz8 チャネル
  5.500 5.700 GHz8 チャネル
5.600 5.640 GHz を除く)
  5.745 5.825 GHz5 チャネル

BB 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz11 チャネル
  5.180 5.320 GHz8 チャネル
  5.500 5.720 GHz12 チャネル
  5.745 5.825 GHz5 チャネル

CC 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13 チャネル
  5.745 5.825 GHz5 チャネル

DD 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz11 チャネル
  5.180 5.320 GHz8 チャネル
  5.745 5.825 GHz5 チャネル

EE 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13 チャネル
  5.180 5.320 GHz8 チャネル
  5.500 5.700 GHz8 チャネル
5.600 5.640 GHz を除く)

FF 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13 チャネル
  5.745 5.805 GHz4 チャネル

GG 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13 チャネル
  5.745 5.825 GHz5 チャネル

HH 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13 チャネル
  5.150 5.350 GHz8 チャネル
  5.745 5.825 GHz5 チャネル

II 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13 チャネル
  5.180 5.320 GHz8 チャネル

KK 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13 チャネル
  5.180 5.320 GHz8 チャネル
  5.500 5.620 GHz7 チャネル
  5.745 5.805 GHz4 チャネル

NN 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz11 チャネル
  5.180 5.320 GHz8 チャネル
  5.745 5.825 GHz5 チャネル

QQ 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13 チャネル
  5.180 5.320 GHz8 チャネル
  5.745 5.825 GHz5 チャネル

RR 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13 チャネル
  5.180 5.320 GHz8 チャネル
  5.660 5.805 GHz7 チャネル

SS 規制ドメイン):

  2.412 2.472 GHz13 チャネル
  5.180 5.320 GHz8 チャネル
  5.500 5.700 GHz11 チャネル
  5.745 5.825 GHz5 チャネル

TT 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz11 チャネル
  5.280 5.320 GHz3 チャネル
  5.500 5.700 GHz8 チャネル
5.600 5.640 GHz を除く)
  5.745 5.825 GHz5 チャネル

ZZ 規制ドメイン):

  2.412 2.462 GHz11 チャネル
  5.180 5.320 GHz8 チャネル
  5.500 5.700 GHz8 チャネル
5.600 5.640 GHz を除く)
  5.745 5.825 GHz5 チャネル

注:数値は規制ドメインによって異なります。各規制ドメイン別の詳細については、製品マニュアルを参照してください。

受信感度(合成感度)

802.11b

-99 dBm1 Mbps

-96 dBm2 Mbps

-93 dBm5.5 Mbps

-86 dBm11 Mbps

802.11g

-94 dBm6 Mbps

-93 dBm9 Mbps

-92 dBm12 Mbps

-90 dBm18 Mbps

-86 dBm24 Mbps

-83 dBm36 Mbps

-78 dBm48 Mbps

-77 dBm54 Mbps

802.11a

-94 dBm6 Mbps

-93 dBm9 Mbps

-91 dBm12 Mbps

-89 dBm18 Mbps

-86 dBm24 Mbps

-83 dBm36 Mbps

-78 dBm48 Mbps

-76 dBm54 Mbps

 

2.4 GHz

802.11nHT20

-93 dBmMCS0

-90 dBmMCS1

-88 dBmMCS2

-84 dBmMCS3

-81 dBmMCS4

-76 dBmMCS5

-75 dBmMCS6

-74 dBmMCS7

-92 dBmMCS8

-89 dBmMCS9

-87 dBmMCS10

-83 dBmMCS11

-79 dBmMCS12

-76 dBmMCS13

-74 dBmMCS14

-73 dBmMCS15

5 GHz

802.11nHT20

-93 dBmMCS0

-90 dBmMCS1

-88 dBmMCS2

-84 dBmMCS3

-81 dBmMCS4

-76 dBmMCS5

-75 dBmMCS6

-73 dBmMCS7

-92 dBmMCS8

-89 dBmMCS9

-86 dBmMCS10

-83 dBmMCS11

-80 dBmMCS12

-75 dBmMCS13

-74 dBmMCS14

-73 dBmMCS15

5 GHz

802.11nHT40

-90 dBmMCS0

-87 dBmMCS1

-85 dBmMCS2

-81 dBmMCS3

-78 dBmMCS4

-74 dBmMCS5

-72 dBmMCS6

-71 dBmMCS7

-90 dBmMCS8

-86 dBmMCS9

-84 dBmMCS10

-81 dBmMCS11

-78 dBmMCS12

-73 dBmMCS13

-72 dBmMCS14

-70 dBmMCS15

 

802.11ac(非 HT80

-88 dBm6 Mbps

-70 dBm54 Mbps

 

MCS インデックス

空間ストリーム

 

 

 

 

VHT20

VHT40

VHT80

VHT20-STBC

VHT40-STBC

VHT80-STBC

 

0

1

-93 dBm

-90 dBm

-87 dBm

-95 dBm

-93 dBm

-90 dBm

 

8

1

-69 dBm

 

 

-72 dBm

-68 dBm

-65 dBm

 

9

1

 

-64 dBm

-61 dBm

 

 

 

 

0

2

-92 dBm

-89 dBm

-86 dBm

 

 

 

 

8

2

-68 dBm

 

 

 

 

 

 

9

2

 

-63 dBm

-60 dBm

 

 

 

最大送信出力

2.4 GHz

  802.11b
   ○   アンテナ 1 本で 17 dBm
  802.11g
   ○   アンテナ 2 本で 20 dBm
  802.11nHT20
   ○   アンテナ 2 本で 20 dBm

5 GHz

  802.11a
   ○   アンテナ 1 本で 17 dBm
  802.11n HT 二重モード
   ○   アンテナ 2 本で 20 dBm
  802.11nHT20
   ○   アンテナ 2 本で 20 dBm
  802.11nHT40
   ○   アンテナ 2 本で 20 dBm
  802.11ac
   ○   HT80 20 dBm (アンテナ 2 本)
   ○   VHT20 20 dBm (アンテナ 2 本)
   ○   VHT40 20 dBm (アンテナ 2 本)
   ○   VHT80 20 dBm (アンテナ 2 本)
   ○   VHT20-STBC 20 dBm (アンテナ 2 本)
   ○   VHT40-STBC 20 dBm (アンテナ 2 本)
   ○   VHT80-STBC 20 dBm (アンテナ 2 本)

注:最大出力設定は、チャネルおよび各国の規制によって異なります。個別の詳細については、製品マニュアルを参照してください。

利用可能な送信出力設定

2.4 GHz

20 dBm100 mW

17 dBm50 mW

14 dBm25 mW

11 dBm12.5 mW

8 dBm6.25 mW

5 dBm3.13 mW

2 dBm1.56 mW

-1 dBm0.78mW

5 GHz

20 dBm100 mW

17 dBm50 mW

14 dBm25 mW

11 dBm12.5 mW

8 dBm6.25 mW

5 dBm3.13 mW

2 dBm1.56 mW

-1 dBm0.78mW

注:最大出力設定は、チャネルおよび各国の規制によって異なります。個別の詳細については、製品マニュアルを参照してください。

内蔵アンテナ

  2.4 GHz、ゲイン 2 dBi
  5 GHz、ゲイン 5 dBi

インターフェイス

  10/100/1000BASE-T PoE アップリンク ポート X 1
  管理コンソール ポート(RJ-45
  10/100/1000BASE-T ポート(ローカル イーサーネット ポート)X 3PoE 出力ポート X 1 を含む:
   ○   PoE 出力は、アクセス ポイントが Cisco ローカル電源装置( AIR-PWR-D= )から電力供給を受けている場合は 802.3af を提供し、 802.3at から電力供給を受けている場合は〜 6.5 W になり、 802.3af から電力供給を受けている場合は出力なしになる
  DC 電源コネクタ

インジケータ

  ステータス LED はブートローダ ステータス、アソシエーション ステータス、動作ステータス、ブートローダ警告、ブートローダ エラーを表示
   ○   アクセス ポイントがコントローラに接続すると、プライバシー目的でステータス LED が自動的にオフになる
  各ローカル イーサネット ポートのステータス

寸法(幅 X 奥行 X 高さ)

  アクセス ポイント(取り付けブラケットを除く):165 X 114 X 41 mm6.5 X 4.5 X 1.6 インチ)

重量

  取り付けブラケットやその他のアクセサリを取り外した状態のアクセス ポイント:560 g1.2 ポンド)

環境

  非動作(保管)温度:-30 70 °C-22 158 °F
  非動作(保管)最大高度:25 °C4,572m15,000 フィート)
  動作温度:0 40 °C32 104 °F
  動作湿度:10 90 %(結露しないこと)
  動作時の最大高度:40 °C3,000 m9,843 フィート)

システム

  512 MB DRAM
  256 MB フラッシュ メモリ
  1.4 GHz システム デュアルコア CPU

入力電力要件

  44 57 V DC
  オプションの電源およびパワー インジェクタ:100 240 V AC49 60 Hz

電源オプション

  802.3af/at イーサネット スイッチ
  オプションの Cisco パワー インジェクタ(AIR-PWRINJ5=AIR-PWRINJ6=
  オプションの Cisco ローカル電源装置(AIR-PWR-D=

消費電力

  最大値:PoE 出力なしで 12.95 W100 m のケーブル使用時は 15.4 W)、PoE 出力が 6.49 W 20.7W100 m のケーブル使用時は 22 W)、PoE 出力が 12.95 W 27.65 W

注:PoE を使用する導入環境でアップリンク ポートまたは PoE 出力ポートで 100 m のケーブルを使用した場合は上記の電力値から損失分が差し引かれます。

物理的セキュリティ

  Kensington セキュリティ スロット

アクセサリ

  アクセス ポイントに付属:
   ○   AIR-OEAP1810-CRD :デスクにアクセス ポイントを設置するためのクレードル キット
   ○   AIR-PWR-D Cisco ローカル電源装置
  スペアとして入手可能、または別売:
   ○   クレードル キット: AIR-OEAP1810-CRD= (スペア)、バック カバーおよび RJ-45 ジャンパ ケーブルが付属
   ○   Cisco ローカル電源装置: AIR-PWR-D= (スペア)
   ○   スペーサ キット: AIR-AP1810W-KIT= (別売)、標準の接続ボックスが使用できない壁面にアクセス ポイントを直接取り付けるためのスペーサ キット。スペーサおよび RJ-45 ジャンパ ケーブルが含まれます。
   ○   AIR-AP-BRACKET-W2= (別売)、単一のギャング接続ボックスへの設置または複数の国際標準規格に対応した取り付けブラケット
   ○   AIR-SEC-50= (別売)、アクセス ポイントを壁面取り付けブラケットに固定するために使用する盗難防止用ネジ 50 個、 RJ-45 のキャップ 50 個、イーサネット ポートへの物理的アクセスを遮断するために使用するロック解除キー 2

保証

限定ライフタイム ハードウェア保証

 

  安全性:
   ○   UL 60950-1
   ○   CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1
   ○   UL 2043
   ○   IEC 60950-1
   ○   EN 60950-1
  無線の認可:
   ○   FCC Part 15.247 15.407
   ○   RSS-247 (カナダ)
   ○   EN 300.328 EN 301.893 (欧州)
   ○   ARIB-STD 66 (日本)
   ○   ARIB-STD T71 日本
   ○   EMI および感受性(クラス B
   ○   FCC Part 15.107 および 15.109
   ○   ICES-003 (カナダ)
   ○   VCCI (日本)
   ○   EN 301.489-1 および -17 (欧州)
  IEEE 標準:
   ○   IEEE 802.11a/b/g 802.11n 802.11h 802.11d
   ○   IEEE 802.11ac ドラフト 5
  セキュリティ:
   ○   802.11i WPA2 WPA
   ○   802.1X
   ○   AES
  拡張認証プロトコル(EAP)の種類:
   ○   EAP-Transport Layer Security TLS
   ○   EAP-Tunneled TLS TTLS )または Microsoft Challenge Handshake Authentication Protocol Version 2 MSCHAPv2
   ○   Protected EAP PEAP v0 または EAP-MSCHAPv2
   ○   EAP-Flexible Authentication via Secure Tunneling FAST
   ○   PEAP v1 または EAP-GTC (汎用トークン カード)
   ○   EAP-Subscriber Identity Module SIM
  マルチメディア
   ○   Wi-Fi マルチメディア( WMM
  その他:
   ○   FCC Bulletin OET-65C
   ○   RSS-102
1 MCS インデックス:変調および符号化方式( MCS )インデックスは、空間ストリーム数、変調、符号化レート、およびデータ レート値を決定します。
2 シンボル間のガード インターバル( GI )により、レシーバーはマルチパス遅延スプレッドの影響を抑制することができます。

発注情報

3 に、Cisco Aironet 1800 シリーズ OfficeExtend アクセス ポイントの発注情報を示します。シスコ製品の購入方法については、購入案内のページを参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには、シスコ ソフトウェア ダウンロードにアクセスしてください。

表 3.     発注情報

製品番号

製品説明

Cisco Aironet 1810 シリーズ OfficeExtend アクセス ポイント

  AIR-OEAP1810-x-K9802.11ac Wave 2 OfficeExtend アクセス ポイント
  規制ドメイン:(x = 規制ドメイン)

お客様の国における使用認可をご確認ください。特定の国に対応する認定、または特定の国で仕様される規制ドメインを確認するには、次を参照してください。http://www.cisco.com/go/aironet/compliance [英語]

すべての規制ドメインで使用が認可されているわけではありません。使用が認可され次第、グローバル価格表に製品番号が記載されます。

Cisco Wireless LAN サービス

シスコおよびパートナー各社は、テクノロジーへの投資をより早く最大限にご活用いただけるように、カスタマイズされたインテリジェントなサービスを提供しています。ネットワークに対する深い専門知識と広範にわたるパートナー エコシステムに支えられた Cisco ワイヤレス LAN サービスを利用することで、リッチ メディア コラボレーションに対応できる堅牢かつ拡張性の高いモビリティ ネットワークを導入できます。また、Cisco Unified Wireless Network を基盤とした有線および無線のネットワーク インフラストラクチャの統合により、運用効率を高めることも可能です。シスコはパートナー企業と連携し、専門知識に基づくサービスの計画、構築、運用を通じて、お客様が高度なモビリティ サービスに迅速に移行し、導入後もアーキテクチャの最適なパフォーマンス、信頼性、セキュリティを維持できるように支援します。詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/wireless/services.html を参照してください。

Cisco Wireless LAN サービス

   AS-WLAN-CNSLTCisco Wireless LAN Network Planning and Design Service [英語]

   AS-WLAN-CNSLTCisco Wireless LAN 802.11n Migration Service [英語]

   AS-WLAN-CNSLTCisco Wireless LAN Performance and Security Assessment Service [英語]

保証に関する情報

Cisco Aironet 1810 シリーズ OfficeExtend アクセス ポイントには、制限付きライフタイム保証が付属します。この保証は、製品を最初に購入したエンドユーザが所有または使用し続ける限り、ハードウェアに対する包括的な保証を提供するというものです。この保証には、10 日間の代替品先行手配が含まれます。また、ソフトウェア メディアについては、90 日間、障害が発生しないことを保証します。詳細については、http://www.cisco.com/go/warranty/ [英語] を参照してください。

保証については、Cisco.com 製品保証 [英語] のページを参照してください。

Cisco Capital

目標の達成に役立つファイナンス

Cisco Capital®では、目標を達成し、競争力を維持するために必要なテクノロジーの取得を支援します。CapEx の削減をサポートし、成功を加速させ、投資金額と ROI を最適化します。Cisco Capital ファイナンス プログラムは、お客様がハードウェア、ソフトウェア、サービス、および補完的なサードパーティ製機器を柔軟に取得できるようにします。また、それらの購入を 1 つにまとめた計画的なお支払い方法をご用意しています。Cisco Capital 100 ヵ国以上でサービスを利用できます。詳細はこちら


関連情報

Cisco Aironet 1810 シリーズ OfficeExtend アクセス ポイントの詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/wireless/airo1810/index.html をご覧ください。