Cisco Aironet 1700 シリーズ アクセス ポイント

Cisco Aironet 1700 シリーズ アクセス ポイント データ シート

データ シート





Cisco Aironet 1700 シリーズ アクセス ポイント




製品概要


中小規模のエンタープライズ ネットワークを運用するなら、最新の Wi-Fi 規格 802.11ac に対応し、手頃な価格で導入できる Cisco® Aironet® 1700 アクセス ポイントがお勧めです。Aironet 1700 シリーズは、ワイヤレス ネットワークにおいて増大し続ける要求を満たし、802.11n 規格では成しえなかったパフォーマンスを実現します。また、主要な RF 管理機能が、これまでにないワイヤレス体験を提供します。

1700 シリーズは、802.11ac Wave 1 の標準機能に対応しており、理論上は最大 867 Mbps の接続速度を発揮します。スループットが増加するので、以下のような帯域幅要件の増大にも容易に対処できます。



  • より多くのワイヤレス クライアントがネットワークに関連付けられる
  • ユーザがより多くの帯域幅を必要とするマルチメディア アプリケーションを活用
  • モバイル ワーカーがより多くの Wi-Fi デバイスを使用

機能とメリット


Cisco Aironet の優れた RF 性能を継承した 1700 シリーズ アクセス ポイントには、クラス最高レベルの RF アーキテクチャを備えた特定用途向けの革新的なチップセットが採用されています。1700 は、シスコのフラッグシップ シリーズの一翼を担っており、802.11ac 対応の Aironet シリーズ アクセス ポイントは、堅牢なモビリティ体験を提供します。

表 1 に、1700 の AP 機能とその利点を示します。

表 1 主要機能と利点

機能 説明/利点
3x3 MIMO および 2 空間ストリームにより、802.11ac Wave 1 に対応 より大きな範囲で高いレートを提供し、競合する AP よりも多くの容量と信頼性を確保。802.11n のネットワークの最大 3 倍の帯域幅を実現
Cisco CleanAir® Express スペクトル インテリジェンス 20、40、および 80 MHz 幅のチャネルで、RF 干渉を検出し、基本的なスペクトル解析機能を提供して、業務運用を簡素化
AP 間のローミングの最適化 クライアント デバイスが、最速のデータ レートを使用できるカバー範囲で AP と関連付けられるようになる
Multiple Input, Multiple Output(MIMO)イコライゼーション 信号減衰の影響を低減し、アップリンクの性能と信頼性を向上


製品仕様


表 2 に、Cisco Aironet 1700 シリーズ アクセス ポイントの仕様を示します。

表 2 製品仕様

項目 仕様
部品番号 Cisco Aironet 1700i アクセス ポイント:屋内環境向け(内蔵アンテナ)
  • AIR-CAP1702I-x-K9:デュアルバンド コントローラベースの 802.11a/g/n/ac
  • AIR-CAP1702I-xK910:アクセス ポイント 10 台のエコパック(デュアルバンド 802.11a/g/n/ac)
Cisco Aironet 1700i アクセス ポイント(内部アンテナ)に対する Cisco SMARTnet® Service
  • CON-SNT-C172Ix:SMARTnet 8x5xNBD、1700i アクセス ポイント(デュアルバンド 802.11 a/g/n/ac)
  • CON-SNT-C172Ix10:SMARTnet 8x5xNBD、1700i アクセス ポイント <1>0 台のエコパック(デュアルバンド 802.11a/g/n/ac)
規制ドメイン:(x = 規制ドメイン)
お客様の国における使用認可をご確認ください。認可状況および特定の国に対応する規制ドメインを確認するには、
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/wireless/airo3500/prodlit/product_data_sheet0900aecd80537b6a.html を参照してください。
すべての規制ドメインで使用が認可されているわけではありません。使用が認可され次第、グローバル価格表に製品番号が記載されます。
Cisco ワイヤレス LAN サービス
ソフトウェア Cisco Unified Wireless Network ソフトウェア リリース 8.0 以降
サポートされるワイヤレス LAN コントローラ Cisco 2500 シリーズ ワイヤレス コントローラ、ISR G2 向け Cisco ワイヤレス コントローラ モジュール、Catalyst® 6500 シリーズ スイッチ向け Cisco ワイヤレス サービス モジュール 2(WiSM2)、Cisco 5500 シリーズ ワイヤレス コントローラ、Cisco Flex® 7500 シリーズ ワイヤレス コントローラ、Cisco 8500 シリーズ ワイヤレス コントローラ、Cisco 仮想ワイヤレス コントローラ、Cisco 5760 ワイヤレス LAN コントローラ、Cisco Catalyst 3850 シリーズ スイッチ、Cisco Catalyst 3650 シリーズ スイッチ
802.11n バージョン 2.0 および関連機能
  • 3x3 MIMO と 2 空間ストリーム
  • 最大比合成(MRC)
  • 802.11n および 802.11a/g ビームフォーミング
  • 20 MHz および 40 MHz チャネル
  • 最大 300 Mbps の PHY データ レート(40 MHz と 5 GHz)
  • パケット集約: A-MPDU(Tx/Rx)、A-MSDU(Tx/Rx)
  • 802.11 Dynamic Frequency Selection(DFS)
  • Cyclic Shift Diversity(CSD)のサポート
802.11ac Wave 1 機能
  • 3x3 MIMO と 2 空間ストリーム
  • MRC
  • 802.11ac 規格の明示的ビームフォーミング
  • 20、40、80 MHz チャネル
  • 最大 867 Mbps の PHY データ レート(5 GHz 内の 80 MHz)
  • パケット集約: A-MPDU(Tx/Rx)、A-MSDU(Tx/Rx)
  • 802.11 DFS
  • CSD のサポート
対応データ レート 802.11a:6、9、12、18、24、36、48、54 Mbps
802.11g:1、2、5.5、6、9、11、12、18、24、36、48、54 Mbps
802.11n データ レート(2.4 GHz):
MCS 指数1 GI2 = 800 ns GI = 400 ns  
20 MHz のレート(Mbps) 20 MHz のレート(Mbps)  
0 6.5 7.2  
1 13 14.4  
2 19.5 21.7  
3 26 28.9  
4 39 43.3  
5 52 57.8  
6 58.5 65  
7 65 72.2  
8 13 14.4  
9 26 28.9  
10 39 43.3  
11 52 57.8  
12 78 86.7  
13 104 115.6  
14 117 130  
15 130 144.4  
802.11ac データ レート(5 GHz):
MCS 指数3 空間ストリーム GI4 = 800 ns GI = 400 ns
  20 MHz のレート(Mbps) 40 MHz のレート(Mbps) 80 MHz のレート(Mbps) 20 MHz のレート(Mbps) 40 MHz のレート(Mbps) 80 MHz のレート(Mbps)
0 1 6.5 13.5 29.3 7.2 15 32.5
1 1 13 27 58.5 14.4 30 65
2 1 19.5 40.5 87.8 21.7 45 97.5
3 1 26 54 117 28.9 60 130
4 1 39 81 175.5 43.3 90 195
5 1 52 108 234 57.8 120 260
6 1 58.5 121.5 263.3 65 135 292.5
7 1 65 135 292.5 72.2 150 325
8 1 78 162 351 86.7 180 390
9 1 - 180 390 - 200 433.3
0 2 13 27 58.5 14.4 30 65
1 2 26 54 117 28.9 60 130
2 2 39 81 175.5 43.3 90 195
3 2 52 108 234 57.8 120 260
4 2 78 162 351 86.7 180 390
5 2 104 216 468 115.6 240 520
6 2 117 243 526.5 130 270 585
7 2 130 270 585 144.4 300 650
8 2 156 324 702 173.3 360 780
9 2 - 360 780 - 400 866.7
周波数帯および 20 MHz 動作チャネル A(A 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.462 GHz、11 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.500 〜 5.700 GHz、8 チャネル(5.600 〜 5.640 GHz を除く)
  • 5.745 〜 5.825 GHz、5 チャネル
C(C 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.745 〜 5.825 GHz、5 チャネル
D(D 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.462 GHz、11 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.745 〜 5.825 GHz、5 チャネル
E(E 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.500 〜 5.700 GHz、8 チャネル(5.600 〜 5.640 GHz を除く)
F(F 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.745 〜 5.805 GHz、4 チャネル
H(H 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.180 〜 5.350 GHz、8 チャネル
  • 5.745 〜 5.825 GHz、5 チャネル
I(I 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
K(K 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.500 〜 5.620 GHz、7 チャネル
  • 5.745 〜 5.805 GHz、4 チャネル
N(N 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.462 GHz、11 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.745 〜 5.825 GHz、5 チャネル
Q(Q 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.500 〜 5.700 GHz、11 チャネル
R(R 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.660 〜 5.805 GHz、7 チャネル
S(S 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.500 〜 5.700 GHz、11 チャネル
  • 5.745 〜 5.825 GHz、5 チャネル
T(T 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.462 GHz、11 チャネル
  • 5.280 〜 5.320 GHz、3 チャネル
  • 5.500 〜 5.700 GHz、8 チャネル(5.600 〜 5.640 GHz を除く)
  • 5.745 〜 5.825 GHz、5 チャネル
Z(Z 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.462 GHz、11 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.500 〜 5.700 GHz、8 チャネル(5.600 〜 5.640 GHz を除く)
  • 5.745 〜 5.825 GHz、5 チャネル
注:お客様の国における使用認可をご確認ください。認可状況および特定の国に対応する規制ドメインを確認するには、
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/wireless/airo3500/prodlit/product_data_sheet0900aecd80537b6a.html を参照してください。
非オーバーラップ チャネルの最大数 2.4 GHz
  • 802.11b/g:
    • 20 MHz:3
  • 802.11n:
    • 20 MHz:3
5 GHz
  • 802.11a:
    • 20 MHz:24
  • 802.11n:
    • 20 MHz:24
    • 40 MHz:11
  • 802.11ac:
    • 20 MHz:24
    • 40 MHz:11
    • 80 MHz:5
注:数値は規制ドメインによって異なります。各規制ドメイン別の詳細については、製品マニュアルを参照してください。
受信感度
  • 802.11b(CCK)
    • -101 dBm(1 Mbps)
    • -99 dBm(2 Mbps)
    • -93 dBm(5.5 Mbps)
    • -90 dBm(11 Mbps)
  • 802.11g(非 HT20)
    • -93 dBm(6 Mbps)
    • -92 dBm(9 Mbps)
    • -92 dBm(12 Mbps)
    • -91 dBm(18 Mbps)
    • -88 dBm(24 Mbps)
    • -85 dBm(36 Mbps)
    • -80 dBm(48 Mbps)
    • -79 dBm(54 Mbps)
  • 802.11a(非 HT20)
    • -93 dBm(6 Mbps)
    • -92 dBm(9 Mbps)
    • -92 dBm(12 Mbps)
    • -91 dBm(18 Mbps)
    • -88 dBm(24 Mbps)
    • -85 dBm(36 Mbps)
    • -80 dBm(48 Mbps)
    • -79 dBm(54 Mbps)
2.4 GHz
  • 802.11n(HT20)
    • -93 dBm(MCS0)
    • -92 dBm(MCS1)
    • -90 dBm(MCS2)
    • -87 dBm(MCS3)
    • -84 dBm(MCS4)
    • -79 dBm(MCS5)
    • -78 dBm(MCS6)
    • -77 dBm(MCS7)
    • -92 dBm(MCS8)
    • -90 dBm(MCS9)
    • -88 dBm(MCS10)
    • -85 dBm(MCS11)
    • -82 dBm(MCS12)
    • -78 dBm(MCS13)
    • -76 dBm(MCS14)
    • -75 dBm(MCS15)
  5 GHz
  • 802.11n(HT20)
    • -93 dBm(MCS0)
    • -92 dBm(MCS1)
    • -90 dBm(MCS2)
    • -87 dBm(MCS3)
    • -84 dBm(MCS4)
    • -80 dBm(MCS5)
    • -78 dBm(MCS6)
    • -77 dBm(MCS7)
    • -92 dBm(MCS8)
    • -90 dBm(MCS9)
    • -88 dBm(MCS10)
    • -85 dBm(MCS11)
    • -82 dBm(MCS12)
    • -77 dBm(MCS13)
    • -76 dBm(MCS14)
    • -74 dBm(MCS15)
5 GHz
  • 802.11n(HT40)
    • -90 dBm(MCS0)
    • -88 dBm(MCS1)
    • -87 dBm(MCS2)
    • -84 dBm(MCS3)
    • -81 dBm(MCS4)
    • -76 dBm(MCS5)
    • -75 dBm(MCS6)
    • -74 dBm(MCS7)
    • -89 dBm(MCS8)
    • -87 dBm(MCS9)
    • -85 dBm(MCS10)
    • -82 dBm(MCS11)
    • -78 dBm(MCS12)
    • -74 dBm(MCS13)
    • -73 dBm(MCS14)
    • -71 dBm(MCS15)
  802.11ac 受信感度
802.11ac(非 HT80)
  • -86 dBm(6 Mbps)
  • -74 dBm(54 Mbps)
MCS 指数5 空間ストリーム  
  VHT20 VHT40 VHT80 VTH20-STBC VHT40-STBC VHT80-STBC
0 1 -92 dBm -89 dBm -85 dBm -92 dBm -89 dBm -85 dBm
8 1 -73 dBm     -73 dBm    
9 1   -68 dBm -65 dBm   -68 dBm -65 dBm
0 2 -91 dBm -87 dBm -84 dBm      
8 2 -71 dBm          
9 2   -66 dBm -62 dBm      
最大送信出力 2.4 GHz
  • 802.11b
    • 22 dBm(アンテナ 3 本)
  • 802.11g
    • 22 dBm(アンテナ 3 本)
  • 802.11n(HT20)
    • 22 dBm(アンテナ 3 本)
5 GHz
  • 802.11a
    • 22 dBm(アンテナ 3 本)
  • 802.11n(HT20)
    • 22 dBm(アンテナ 3 本)
  • 802.11n(HT40)
    • 22 dBm(アンテナ 3 本)
  • 802.11ac
    • HT80 以外:22 dBm(アンテナ 3 本)
    • VHT20:22 dBm(アンテナ 3 本)
    • VHT40:22 dBm(アンテナ 3 本)
    • VHT80:22 dBm(アンテナ 3 本)
    • VHT20-STBC:22 dBm(アンテナ 3 本)
    • VHT40-STBC:22 dBm(アンテナ 3 本)
    • VHT80-STBC:22 dBm(アンテナ 3 本)
注:最大出力設定は、チャネルおよび各国の規制によって異なります。個別の詳細については、製品マニュアルを参照してください。
利用可能な送信出力設定 2.4 GHz
  • 22 dBm(160 mW)
  • 19 dBm(80 mW)
  • 10 dBm(10 mW)
  • 7 dBm(5 mW)
  • 4 dBm(2.5 mW)
  • 2 dBm(1.25 mW)
5 GHz
  • 22 dBm(160 mW)
  • 19 dBm(80 mW)
  • 16 dBm(40 mW)
  • 13 dBm(20 mW)
  • 10 dBm(10 mW)
  • 7 dBm(5 mW)
  • 4 dBm(2.5 mW)
  • 1 dBm(1.25 mW)
注:最大出力設定は、チャネルおよび各国の規制によって異なります。個別の詳細については、製品マニュアルを参照してください。
内蔵アンテナ
  • 2.4 GHz、ゲイン 4 dBi、内蔵オムニ型、水平ビーム幅 360 度
  • 5 GHz、ゲイン 4 dBi、内蔵オムニ型、水平ビーム幅 360 度
インターフェイス
  • 2 X 10/100/1000BASE-T 自動検知(RJ-45)
  • 管理コンソール ポート(RJ-45)
インジケータ
  • ステータス LED はブートローダ ステータス、アソシエーション ステータス、動作ステータス、ブートローダ警告、ブートローダ エラーを表示
寸法(幅 X 奥行 X 高さ)
  • アクセス ポイント(取り付けブラケットを除く):22.1 X 22.1 X 5.1 cm (8.69 X 8.69 X 1.99 インチ)
重量
  • 1.0 kg(2.2 ポンド)
環境 Cisco Aironet 1702i
  • 非動作(保管)温度:-30 〜 70 °C(-22 〜 158 °F)
  • 非動作(保管)時の高度テスト:25 °C、4,572 m(15,000 フィート)
  • 動作温度:0 〜 40 °C(32 〜 104 °F)
  • 動作湿度:10 〜 90 %(結露しないこと)
  • 動作高度テスト:40 °C、3,000 m(9,843 フィート)
システム メモリ
  • 512 MB DRAM
  • 64 MB フラッシュ メモリ
入力電力要件
  • AP1700:44 〜 57 VDC
  • 電源およびパワー インジェクタ:100 〜 240 VAC、50 〜 60 Hz
消費電力
  • AP1700:15 W
電源オプション
  • 802.3at PoE+
  • 拡張 PoE
  • Cisco AP1700 パワー インジェクタ(AIR-PWRINJ5=)
  • Cisco AP1700 ローカル電源装置(AIR-PWR-B=)
保証 制限付きライフタイム ハードウェア保証
適合規格
    • UL 60950-1
    • CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1
    • UL 2043
    • IEC 60950-1
    • EN 60950-1
    • EN 50155
  • 無線の認可:
    • FCC Part 15.247、15.407
    • RSS-210(カナダ)
    • EN 300.328、EN 301.893(欧州)
    • ARIB-STD 66(日本)
    • ARIB-STD T71(日本)
    • EMI および耐障害性(クラス B)
    • FCC Part 15.107 および 15.109
    • ICES-003(カナダ)
    • VCCI(日本)
    • EN 301.489-1 および -17(欧州)
    • Medical 指令(93/42/EEC)に関する EN 60601-1-2 EMC 要件
  • IEEE 標準:
    • IEEE 802.11a/b/g、802.11n、802.11h、802.11d
    • IEEE 802.11ac ドラフト 5
  • セキュリティ:
    • 802.11i、Wi-Fi Protected Access 2(WPA2)、WPA
    • 802.1X
    • Advanced Encryption Standards(AES)、Temporal Key Integrity Protocol(TKIP)
  • 拡張認証プロトコル(EAP)の種類:
    • EAP-Transport Layer Security(TLS)
    • EAP-Tunneled TLS(TTLS)または Microsoft Challenge Handshake Authentication Protocol Version 2(MSCHAPv2)
    • Protected EAP(PEAP)v0 または EAP-MSCHAPv2
    • EAP-Flexible Authentication via Secure Tunneling(FAST)
    • PEAP v1 または EAP-GTC(汎用トークン カード)
    • EAP-Subscriber Identity Module(SIM)
  • マルチメディア
    • Wi-Fi マルチメディア(WMM)
  • その他:
    • FCC Bulletin OET-65C
    • RSS-102


制限付きライフタイム ハードウェア保証


Cisco Aironet 1700 シリーズ アクセス ポイントには、制限付きライフタイム保証が付属します。この保証は、製品を最初に購入したエンド ユーザが所有または使用し続ける限り、ハードウェアに対する包括的な保証を提供するというものです。この保証には、10 日以内の代替品先行手配が含まれます。また、ソフトウェア メディアについては、90 日間、障害が発生しないことを保証します。詳細については、http://www.cisco.com/go/warranty [英語] を参照してください。

Cisco ワイヤレス LAN サービス


シスコおよびパートナー各社は、テクノロジーへの投資をより早く最大限にご活用いただけるように、カスタマイズされたインテリジェントなサービスを提供しています。ネットワークに関する深い専門知識と幅広いパートナー エコシステムに支えられた Cisco ワイヤレス LAN サービスによって、リッチ メディア コラボレーションを可能にする堅牢かつ拡張性の高いモビリティ ネットワークを導入できます。また、Cisco Unified Wireless Network を基盤とした有線および無線のネットワーク インフラストラクチャの統合により、運用効率を高めることも可能です。シスコはパートナー企業と連携し、専門知識に基づくサービスの計画、構築、運用を通じて、お客様が高度なモビリティ サービスに迅速に移行できるように支援します。また導入後のアーキテクチャのパフォーマンス、信頼性、セキュリティの継続的な最適化をサポートします。詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/wireless/services.html を参照してください。

ライセンス情報


シスコ製品の購入方法については、シスコ発注ホームページを参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには、Cisco Software Center にアクセスしてください。

表 3 ライセンス情報

製品名/説明 製品番号
Cisco Aironet 1702i アクセス ポイント:デュアルバンド、コントローラベースの 802.11a/g/n/ac(個別) AIR-CAP1702I-x-K9
Cisco Aironet 1702i アクセス ポイント:デュアルバンド、コントローラベースの 802.11a/g/n/ac エコパック(10 台) AIR-CAP1702I-xK910


詳細情報


Cisco Aironet 1700 シリーズの詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/wireless/ を参照するか、最寄りの代理店にお問い合わせください。


1 MCS 指数:変調および符号化方式(MCS)指数は、空間ストリーム数、変調、符号化レート、およびデータ レート値を決定します。
2 GI:シンボル間のガード インターバル(GI)により、レシーバはマルチパス遅延の影響を抑制することができます。
3 MCS 指数:変調および符号化方式(MCS)指数は、空間ストリーム数、変調、符号化レート、およびデータ レート値を決定します。
4 GI:シンボル間のガード インターバル(GI)により、レシーバはマルチパス遅延の影響を抑制することができます。
5 MCS 指数:変調および符号化方式(MCS)指数は、空間ストリーム数、変調、符号化レート、およびデータ レート値を決定します。