Cisco Aironet 1550 シリーズ

Cisco Aironet 1550 シリーズ屋外用 アクセス ポイント 発注ガイド

データ シート





Cisco Aironet 1550 シリーズ屋外用 アクセス ポイント



Cisco® Aironet® 1550 シリーズは、多様なアプリケーションをサポートするように設計された屋外用アクセス ポイントです。特定の導入要件に合わせてご利用いただける、各種モデルとオプションのアクセサリが用意されています。システムを運用するためには、少なくとも次のコンポーネントが必要です。

  • アクセス ポイント
  • 電力
  • アンテナ:2.4 GHz、5 GHz、またはデュアルバンド
  • マウント ブラケット

導入環境によっては、次のアイテムが必要になります。1550 シリーズのオプション アイテムには、次のものがあります。

  • ファイバ モジュール
  • バッテリ

このガイドを、導入環境に必要なアイテムの特定にお使いください。アクセサリは、構成上のオプションとして注文することも、スペアとして注文することも可能です。製品 ID 末尾の等号(例:AIR-PWRINJ1500-2=)は、その部品がスペア用であることを意味します。

アクセス ポイントをシスコに返品される場合、取り付けたオプションの部品は、すべてお客様に取り外していただく必要があります。メッシュや、その他のネットワーキング機器のご注文に関して、さらにサポートが必要な場合は、シスコの担当者へお問い合わせください。

アクセス ポイント


Cisco Aironet 1550 シリーズには、複数のモデルが用意されています。

Cisco Aironet 1552E/1552EU 屋外用アクセス ポイント

Cisco Aironet 1552E/1552EU 屋外用アクセス ポイントは、IEEE 802.11a/n(5 GHz)および 802.11b/g/n(2.4 GHz)規格に準拠する、外部アンテナ ポート搭載の標準モデルのデュアル ラジオ システムです。

1552E は 3 つの外部アンテナ接続を装備し、3 本のデュアルバンド アンテナに対応します。1552EU は、5 GHz アンテナ用に 3 つ、2.4 GHz アンテナ用に 3 つ、合計 6 つの外部アンテナ接続を装備しています。

1552E および 1552EU のいずれもオプションとして、イーサネットおよび光ファイバ Small Form-factor Pluggable(SFP)バックホールと、バッテリ バックアップを設置できます。また、Power-over-Ethernet(PoE)出力ポートを備えており、ビデオ監視カメラに電力を供給できます。高度な柔軟性を備えた Cisco Aironet 1552E および 1552EU は、都市やキャンパスへの導入、ビデオ監視アプリケーション、採掘現場、データ オフロードに非常に適しています。

Cisco Aironet 1552C/1552CU 屋外用メッシュ アクセス ポイント

サービス プロバイダーによってすでにブロードバンド ケーブル ネットワークが構築されている場合は、Cisco Aironet 1552C/1552CU 屋外用メッシュ アクセス ポイントに内蔵のケーブル モデム インターフェイスと接続することで、シスコの次世代型屋外ワイヤレス メッシュによりネットワーク接続をシームレスに拡張できます。

1552C/1552CU アクセス ポイントは、電源およびバックホール機能を提供する DOCSIS 3.0/EuroDOCSIS 3.0(8 x 4 HFC)対応ケーブル モデルを備えたデュアルラジオ システムで、IEEE 802.11a/n(5 GHz)および 802.11b/g/n(2.4 GHz)規格準拠のデュアルバンド無線に対応しています。

1552C は内蔵型の 3 エレメント、デュアルバンド アンテナを装備し、サービス プロバイダーの高さ制限である 30 cm 以内に適合します。1552CU は、5 GHz アンテナ用に 3 つ、2.4 GHz アンテナ用に 3 つ、合計 6 つの外部アンテナ接続を装備しています。どちらのモデルも、3G/4G データ オフロード アプリケーションとパブリック Wi-Fi に最適です。

Cisco Aironet 1552I 屋外用アクセス ポイント

Cisco Aironet 1552I 屋外用アクセス ポイントは、1550 シリーズの中でも省スペース型の軽量モデルです。小型で洗練された外観は周辺環境に溶け込むデザインです。小容量の電源でエネルギー効率に優れています。1552I には、PoE 出力ポート、ファイバ SFP ポートがありません。

Cisco Aironet 1552H 屋外用アクセス ポイント

このアクセス ポイントは、石油やガスの精製所、化学プラント、採掘現場、製造工場などの危険な環境向けに設計されています。Cisco Aironet 1552H 屋外用アクセス ポイントは、危険な環境向けの Class 1、Div 2/Zone 2 認定を受けています。このモデルに対しても、1552E と同様のオプションが提供されますが、バッテリ バックアップ機能は選択できません。

表 1 に、1550 シリーズの各種アクセス ポイント モデルの製品 ID を示します。

表 1 Cisco Aironet 1550 シリーズ屋外用アクセス ポイントのモデル

製品 ID 説明
AIR-CAP1552E-x-K9 802.11n 屋外用メッシュ アクセス ポイント、外部デュアルバンド アンテナ
AIR-CAP1552EU-x-K9 802.11n 屋外用メッシュ アクセス ポイント、外部シングル バンド アンテナ
AIR-CAP1552C-x-K9 802.11n 屋外用ケーブル モデム搭載メッシュ アクセス ポイント、内蔵アンテナ
AIR-CAP1552CU-x-K9 802.11n 屋外用ケーブル モデム搭載メッシュ アクセス ポイント、外部シングル バンド アンテナ
AIR-CAP1552I-x-K9 802.11n 屋外用アクセス ポイント、デュアルバンドの内蔵アンテナ
AIR-CAP1552H-x-K9 802.11n 危険な環境向け屋外用メッシュ アクセス ポイント


表 1 の「x」は規制区域を表します。規制区域については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/wireless/airo3500/prodlit/product_data_sheet0900aecd80537b6a.html で確認してください。お客様の国の規制区域が、アクセス ポイントのモデルの規制区域と一致しない場合があります。すべてのモデルをすべての国でご利用いただけるわけではありません。

次のアイテムは、すべてのモデルに含まれています。

  • アクセス ポイント
  • アース ラグ
  • DC 端子ブロック
  • ケーブルの浸水防止用液密アダプタ 3 個
  • アンテナ接続用シール剤
  • マウント ブラケット用焼付防止剤

電力


表 2 に各モデルの電源オプションを示します。

表 2 Cisco Aironet 1550 シリーズの電源オプション

製品 ID AC DC PoE
AIR-CAP1552E-x-K9 100 〜 480 VAC 12 VDC 対応
AIR-CAP1552EU-x-K9 100 〜 480 VAC 12 VDC 対応
AIR-CAP1552C-x-K9 45 〜 90 V 準方形波 12 VDC  
AIR-CAP1552CU-x-K9 45 〜 90 V 準方形波 12 VDC  
AIR-CAP1552I-x-K9 100 〜 277 VAC 12 VDC  
AIR-CAP1552H-x-K9 100 〜 240 VAC 12 VDC 対応


AC 電力

1552E、1552EU、および 1552I アクセス ポイントは、3 ピンのネジ式 AC 電源コネクタです。表 3 に、AC 電源使用時に選択できる電源コードを示します。

表 3 AC 電源のコード オプション

製品 ID 説明
AIR-CORD-R3P-40NA= 電源コード、北米用プラグ付き 12.2 m(40 フィート)
AIR-CORD-R3P-40UE= 電源コード、ヨーロッパ用非終端 12.2 m(40 フィート)
AIR-PWR-ST-LT-R3P= 電源コード、街路灯電源タップ 1.2 m(4 フィート)


1552H モデルは、内部端子ブロックに個別に有線接続する必要があります。

AIR-CORD-R3P-40UE= はアクセス ポイントの一端に接続し、もう一端は終端されません。お客様の設置に適したプラグが必要です。

AC 電源を使用しない場合(PoE や 12 VDC を使用してアクセス ポイントに電源を供給する場合など)、未使用のコネクタは必ずカバーしてください。カバーはパワー インジェクタに付属しており、Remke から注文する(http://www.remke.com にアクセスし、部品番号 75-0086 で検索してください)ことも可能です。

Power over Ethernet(PoE)

イーサネットからアクセス ポイントに電力を供給する場合、イーサネットに接続されたデバイスには、アクセス ポイントから 802.3af PoE が供給されません。Power over Ethernet を使用する場合は、表 4 に示すパワー インジェクタを使用してください。

表 4 Power over Ethernet 用パワー インジェクタ

製品 ID 説明
AIR-PWRINJ1500-2= 1520/1550 シリーズのパワー インジェクタ


上記以外のパワー インジェクタや Power over Ethernet 用スイッチを 1550 シリーズ アクセス ポイントで使用しないでください。1550 シリーズの使用が許可されるのは、AIR-PWRINJ1500-2= を使用する場合に限られます。また、パワー インジェクタ用の電源コード(国別)を指定する必要もあります。

AIR-PWRINJ1500-2= は屋内専用です。電力サージ保護が内蔵されていますが、場合によっては、建物のエントリ ポイントにサージ保護装置を取り付ける必要もあります。地域の電気関連規制を確認してください。

1550 シリーズ アクセス ポイントは、標準の RJ-45 イーサネット コネクタを使用します。1550 シリーズ対応のイーサネット ケーブルはシスコから提供されません。屋外定格のカテゴリ 5 以上のイーサネット ケーブル、およびシールド付き RJ-45 コネクタをお近くの販売店でお求めください。ケーブルのエントリ ポイントを雨から保護するための液密アダプタが、アクセス ポイントに付属しています。

Power over Cable(PoC)

1522C および 1552CU は、F コネクタから同軸ケーブルを経由して、CATV 設備電源システムによって電力を供給されます。ケーブル設備電源システムは 1552C/CU に組み込まれているため、別途注文の必要はありません。

DC 電源

Cisco Aironet 1550 シリーズのすべてのアクセス ポイントは、外部 12 VDC 電源からの 50 ワット以上の電力に対応します。アクセス ポイントに端子ブロックが備わっているのはこのためで、接続用に耐候性の液密アダプタが付属しています。DC 電源を使用する場合は、コネクタの正しい組み立て方法については『ハードウェア インストレーション ガイド』を参照してください。

1550 シリーズは冗長電源を使用して設置することができます。複数の電源を使用できる場合、アクセスポイントは次の優先順位に従って電源を使用します。

  1. AC 電源または Power over Cable
  2. DC 電源
  3. Power over Ethernet(PoE)
  4. バッテリ

バッテリ

Cisco Aironet 1550 シリーズ アクセス ポイントでは、停電時にバックアップ電源用のリチウム充電池を使用することができます(表 5)。このバッテリは、一般的なトラフィック量(50 % デューティ サイクル)で約 1 〜 2 時間にわたり電力を供給できます。実際のバッテリ稼働時間は、トラフィック量、温度、補助デバイスで Power over Ethernet を使用するかどうかなど、いくつかの要因に左右されます。バッテリを使用できるのは、1552E および 1552EU モデルに限られます。バッテリは、ご注文時、お客様の設置時、現場での交換時にアクセス ポイントに設定することができます。

表 5 Cisco Aironet 1550 シリーズ対応バッテリ

製品 ID 説明
AIR-1520-BATT-6AH 1520/1550 シリーズ バッテリ バックアップ ユニット


アンテナ


Cisco Aironet 1550 シリーズ アクセス ポイントは、2.4 GHz バンドと 5 GHz バンドを使用した無線動作に対応します。どちらの無線も 2 つの伝送ストリームと 3 つの受信ストリームの機能があり、最大比合成(MRC)に対応できます。これにより、最大 3 本のアンテナで受信されるマルチパス信号を活用して信号品質を高めます。

1552C および 1552I モデルは、内蔵の無指向性アンテナ(2.4 GHz のゲインは 2 dBi、5 GHz のゲインは 4 dBi)を装備しているため、アンテナの注文は不要です。それ以外の 1550 モデルについては、表 6 に 1550 シリーズで使用できるアンテナ、アンテナの部品番号、ゲイン、その他の情報を示しています。

表 6 Cisco Aironet 1550 シリーズ対応アンテナ

製品 ID 周波数帯域 ゲイン タイプ 対応するアクセス ポイントと必要な数量
AIR-ANT2547V-N 2.4/5 GHz 4/7 dBi 無指向性 1552E(3)
1552H(3)
AIR-ANT2588P3M-N= 2.4/5 GHz 8/8 dBi 指向性 1552E(1)
AIR-ANT2420V-N 2.4 GHz 2 dBi 無指向性 1552EU(3)
1552CU(3)
AIR-ANT2450V-N 2.4 GHz 5 dBi 無指向性 1552EU(3)
1552CU(3)
AIR-ANT2480V-N 2.4 GHz 8 dBi 無指向性 1552EU(3)
1552CU(3)
AIR-ANT2413P2M-N= 2.4 GHz 13 dBi 指向性 1552EU(1)
1552CU(1)
AIR-ANT5140V-N 5 GHz 4 dBi 無指向性 1552EU(3)
1552CU(3)
AIR-ANT5180V-N 5 GHz 8 dBi 無指向性 1552EU(3)
1552CU(3)
AIR-ANT5114P2M-N= 5 GHz 14 dBi 指向性 1552EU(1)
1552CU(1)


アンテナの詳細な仕様については、『Cisco Aironet のアンテナおよびアクセサリ ガイド』を参照してください。

アクセス ポイントには、風雨からアンテナ接続を保護するための成形性シール剤が付属しています。正しい設置方法は、設置ガイドを参照してください。

マウント ブラケット


Cisco Aironet 1550 シリーズ屋外用アクセス ポイントは、支柱や CATV 設備ストランドに取り付けることができます(表 7)。支柱 マウント ブラケットは、アクセス ポイントに付属していません。ストランド マウント ブラケットは、1552C および 1552CU モデルで使用します。オプションとしてアクセス ポイントと併せて注文することも、スペアとして別途注文することもできます。

表 7 Cisco Aironet 1550 シリーズ対応マウント ブラケット

製品 ID 説明
AIR-ACCPMK1550= 1550 支柱マウント ブラケット キット
AIR-ACCSMK1550 1550 ストランド マウント ブラケット キット


支柱マウント キットは、水平から垂直の範囲内で柱の角度に合わせて調整が可能です。支柱マウント キットを使用して、壁などの平らな表面にアクセス ポイントを取り付けることもできます。マウント ブラケットとアクセス ポイントの融着を防止するための焼付防止剤が、アクセス ポイントに付属しています。支柱マウント キットには、直径が 40.6 cm(16 インチ)までの支柱に対応する 2 つのステンレス スチール製結束ストラップと留め金が付属しています。それよりも大きな支柱については、お近くの販売店までお問い合わせください。バンドは、表 8 に示す工具を使用して固定できます。

表 8 Cisco Aironet 1550 シリーズ対応バンド設置用工具

製品 ID 説明
AIR-BAND-INST-TL= バンド設置用工具


支柱マウント キットには、高ゲインの指向性アンテナ(AIR-ANT2413P2M-N= または AIR-ANT5114P2M-N=)が付属しています。これらのアンテナをアクセス ポイントの支柱マウント ブラケットまたはストランド マウント ブラケットに直接取り付ける場合は、アンテナごとにアンテナ ブラケット マウント キットが必要になります(表 9)。

表 9 Cisco Aironet 1550 シリーズの指向性アンテナ用アンテナ マウント キット

製品 ID 説明
AIR-ACCAMK-1= 指向性アンテナ マウント キット


ネットワーク接続


Cisco Aironet 1550 シリーズ アクセス ポイントは、ワイヤレス ネットワーク接続、有線でのイーサネット、ファイバ、ケーブル モデム接続が可能です。

ワイヤレス

ワイヤレス バックホール上の別のアクセス ポイントを介してネットワークに接続するアクセス ポイントがメッシュ アクセス ポイント(MAP)です。バックホールの無線が組み込まれており、MAP のための有線接続は不要です。メッシュ ノードのゲートウェイとしての機能も果たすアクセス ポイントを、ルート アクセス ポイント(RAP)といいます。RAP は、イーサネット、ファイバ、またはケーブル モデムの有線接続を介してネットワークに接続します。アクセス ポイントには、浸水防止用の液密アダプタが付属しています。

イーサネット

1550 シリーズは、シールド付き RJ-45 コネクタとカテゴリ 5 以上のケーブルを使用して、10/100/1000 ギガビット イーサネットをサポートします。屋外定格のケーブルおよびシールド付きコネクタについては、お近くの販売店でご確認ください。

ファイバ

1550 シリーズでは、温度定格の Small Form-factor Pluggable(SFP)モジュールを使用することもできます。オプションで、アクセス ポイント内部の余分なファイバを巻き取るための、光ファイバ巻き取りリール設置キットも用意されています(表 10)。

表 10 Cisco Aironet 1550 シリーズ対応光ファイバ SPF

製品 ID 説明
GLC-SX-MM-RGD= 1000BaseSX マルチモード Rugged SFP モジュール
GLC-LX-SM-RGD= 1000BaseLX シングモード Rugged SFP モジュール
AIR-1520-FIB-REEL= 光ファイバ巻き取りリール設置キット


注: 光ファイバ SFP はアクセス ポイント内に設置する必要があります。詳細な設置手順については、『ハードウェア インストレーション ガイド』を参照してください。

ケーブル モデム

1552C および 1552CU モデルは、ケーブル ヘッドエンドに接続する DOCSIS/EuroDOCSIS 3.0 ケーブル モデムに対応しています。

表 11 は、各モデルで選択可能なバックホール オプションのまとめです。

表 11 Cisco Aironet 1550 シリーズ対応のネットワーク接続タイプ

製品 ID ワイヤレス(MAP) イーサネット ファイバ ケーブル
AIR-CAP1552E-x-K9 対応 対応 対応  
AIR-CAP1552EU-x-K9 対応 対応 対応  
AIR-CAP1552C-x-K9 対応     対応
AIR-CAP1552CU-x-K9 対応     対応
AIR-CAP1552I-x-K9 対応 対応    
AIR-CAP1552H-x-K9 対応 対応 対応  


その他の要件およびリソース


ソフトウェア リリースに関する要件

1550 シリーズに最小限必要なソフトウェア リリースを、表 12 に示します。

表 12 最小限必要なソフトウェア リリース

製品 ID 最小限必要なソフトウェア リリース
AIR-CAP1552E-x-K9 7.0.116.0 以降
AIR-CAP1552EU-x-K9 7.3.101.0 以降
AIR-CAP1552C-x-K9 7.0.116.0 以降
AIR-CAP1552CU-x-K9 7.3.101.0 以降
AIR-CAP1552I-x-K9 7.0.116.0 以降
AIR-CAP1552H-x-K9 7.0.116.0 以降


注: 最新のリリースには、アクセス ポイントで使用できる追加機能があります。最新リリースで使用できる機能の詳細については、該当するリリース ノートを参照してください。

Cisco Technology Developer Program

Cisco Technology Developer Partner Program のパートナーを通じて関連ソリューションの情報を入手することができます。詳細については、http://www.cisco.com/go/ctdp/ を参照してください。

発注情報


シスコ製品のご注文については、シスコ Web サイトの「購入案内」(http://www.cisco.com/jp/go/ordering/)を参照してください。