Cisco Aironet 1250 シリーズ

Cisco Aironet 1250 シリーズ発注ガイド


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。

 

発注ガイド





Cisco Aironet 1250 シリーズ発注ガイド


Cisco® Aironet® 1250 シリーズは、IEEE 802.11n 標準に基づいたビジネスクラス アクセス ポイントで、ワイヤレス LAN の利用者が要求する汎用性、大容量、およびエンタープライズクラスの機能を備えています。Cisco Aironet 1250 シリーズは、2.4 GHz と 5 GHz の IEEE 802.11n 無線モジュールを選択できるモジュラ型のデュアル無線帯域アクセス ポイントです。Cisco Aironet 1250 シリーズは、工場、倉庫、大規模小売店舗など、厳しい要件を持つ RF 環境向けに設計されています。

Cisco Aironet 1250 シリーズは次の形態で発注できます。

  • 無線モジュールがプリインストールされたアクセス ポイント プラットフォーム:2.4 GHz および 5 GHz の無線モジュール、または 2.4 GHz の無線モジュールのみがプリインストールされた Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイント プラットフォームです。無線モジュールの組み合わせは製品番号によって異なります。
  • 個別のコンポーネント:アクセス ポイント プラットフォーム(無線モジュールなし)と無線モジュールは、スペアとして個別に発注できます。

無線モジュール プリインストール版

表 1 に、無線モジュールがプリインストールされたアクセス ポイントの製品番号を示します。各製品番号は、Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイント プラットフォームと、1 つまたは 2 つの無線モジュールの組み合わせにそれぞれ対応しています。これらの製品番号で発注されたアクセス ポイントは、Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイント プラットフォームに無線モジュールがプリインストールされた状態で出荷されます。

表 1 無線モジュールがプリインストールされた Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントの設定オプション

製品番号 説明 アクセス ポイント プラットフォーム 無線モジュール

AIR-AP1252AG-P-K9

AIR-LAP1252AG-P-K9

802.11a/g/n-d2.0 2.4/5-GHz モジュール付き分散管理型アクセス ポイント、6 × RP-TNC、日本 2 構成

802.11a/g/n-d2.0 2.4/5-GHz モジュール付き集中管理型アクセス ポイント、6 × RP-TNC、日本 2 構成

AIR-AP1250

AIR-RM1252A-P-K9

および

AIR-RM1252G-P-K9

AIR-AP1252G-P-K9

AIR-LAP1252G-P-K9

802.11g/n-d2.0 2.4-GHz モジュール付き分散管理型アクセス ポイント、6 × RP-TNC、日本 2 構成

802.11g/n-d2.0 2.4-GHz モジュール付き集中管理型アクセス ポイント、6 × RP-TNC、日本 2 構成

AIR-AP1250

AIR-RM1252G-

P-K9

無線モジュール プリインストール版の Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントには、次のものが同梱されています。

  • Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントと無線モジュール
  • マウント ハードウェア キット
    • マウント プレート、4 × 40 × 3/16 インチ ネジ 2 個、マウント プレート ラッチ(すべてアクセス ポイントに取り付け)
    • 吊り天井用 T レール クリップ、スペーサ(標準および埋め込み T レールに対応)、およびナット(各 2 個)
    • 8 × 18 × 3/4 インチ 金属製なべネジ(+)4 個
    • #8 プラスチック製ウォール アンカー 4 個
    • 10 × 24 ナット(マウント プレートのアース スタッド用)1 個
    • ケーブル タイ ラップ× 2
  • 製品のクイック スタート ガイド
  • 製品の安全についてのドキュメント(翻訳版)
  • シスコ製品登録カード

Cisco Aironet アクセス ポイントの以前のモデルとは異なり、Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントには、標準では外部 AC 電源装置と電源コードは付属していません。オプションの外部 AC 電源装置を使用できますが、AC 電源を使用してアクセス ポイントに電力を供給する場合のみ必要です。AIR-PWRINJ4 パワー インジェクタを使用してアクセス ポイントに電力を供給する場合も、外部 AC 電源装置は不要です。インジェクタには独自の AC 電源装置が組み込まれています。詳細については、「電源オプション」の項を参照してください。

標準で付属しているものに加えて、Cisco Configuration Tool でアクセス ポイントを発注する際に選択可能なオプションがいくつかあります。表 2 にそれらのオプションを示します。

表 2 無線モジュールがプリインストールされた Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントの設定オプション

設定オプション 選択肢 説明/注
2.4 GHz アンテナ オプション
  • なし 1
  • AIR-ANT2422DG-R
  • AIR-ANT2422DB-R
  • AIR-ANT2422DW-R
  • 2.4 GHz アンテナは付属しない
  • 2.4 GHz 2.2 dBi ストレート型ダイポール アンテナ RP-TNC(グレー)× 3
  • 2.4 GHz 2.2 dBi ダイポール アンテナ RP-TNC(ブラック)× 3
  • 2.4 GHz 2.2 dBi ダイポール アンテナ RP-TNC(ホワイト)× 3

注:追加のアンテナは、個別に発注できるスペアとして AP1250 で使用可能。次の「アンテナ」の項を参照

5 GHz アンテナ オプション

(5 GHz 無線付きの製品番号でのみ使用可能)

  • なし 1
  • AIR-ANT5135DG-R
  • AIR-ANT5135DB-R
  • AIR-ANT5135DW-R
  • 5 GHz アンテナは付属しない
  • 5 GHz 3.5 dBi ストレート型ダイポール アンテナ RP-TNC(グレー)× 3
  • 5 GHz 3.5 dBi ダイポール アンテナ RP-TNC(ブラック)× 3
  • 5 GHz 3.5 dBi ダイポール アンテナ RP-TNC(ホワイト)× 3

注:追加のアンテナは、個別に発注できるスペアとして AP1250 で使用可能。次の「アンテナ」の項を参照

電源オプション
  • AIR-PWRINJ4
  • AIR-PWR-SPLY1
  • AIR-NO-PWR-SUPPLY 1*
  • Cisco Aironet 1250 シリーズ用パワー インジェクタ
  • Cisco Aironet 1250 シリーズ用電源装置
  • 電源装置は付属しない
国別電源コード オプション
  • 選択なし
  • AIR-PWR-CORD-SW
  • AIR-PWR-CORD-SA
  • AIR-PWR-CORD-IS
  • AIR-PWR-CORD-DM
  • AIR-PWR-CORD-CH
  • AIR-PWR-CORD-AP
  • AIR-PWR-CORD-AR
  • AIR-PWR-CORD-AU
  • AIR-PWR-CORD-CE
  • AIR-PWR-CORD-IT
  • AIR-PWR-CORD-JP
  • AIR-PWR-CORD-NA 2
  • AIR-PWR-CORD-UK
  • AIR 回線コード(スイス)
  • AIR 回線コード(南アフリカ)
  • AIR 回線コード(イスラエル)
  • AIR 回線コード(デンマーク)
  • AIR 回線コード(主要各国)
  • AIR 回線コード(アジア太平洋)
  • AIR 回線コード(アルゼンチン/ウルグアイ)
  • AIR 回線コード(オーストラリア)
  • AIR 回線コード(中央ヨーロッパ)
  • AIR 回線コード(イタリア)
  • AIR 回線コード(日本)
  • AIR 回線コード(北米)
  • AIR 回線コード(イギリス)
AP1250 用 AIR ソフトウェア オプション
  • Autonomous
  • 統合(LWAPP)
新しいソフトウェア バージョンのリリースに応じて、ソフトウェア バージョン番号は変更される
コンソール ケーブル オプション
  • なし 1
  • AIR-CONCAB1200
  • コンソール ケーブルは付属しない
  • 1130AG、1200、1230AG、1240AG、1250 シリーズ用コンソール ケーブル

1 デフォルトの選択肢

2 -A 規制区域内では全 AP1250 製品のデフォルトの選択肢

設定可能なオプションは、アクセス ポイントに同梱されます。AP1250 シリーズにはその他のアンテナとアクセサリも用意されており、スペアとして個別に発注できます。


個別のコンポーネント

表 3 に、Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイント プラットフォームと無線モジュールのスペア製品番号を示します。スペア番号を Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントのオプションとして指定することはできません。

表 3 Cisco Aironet 1250 シリーズのスペア製品番号

製品番号 説明
AIR-AP1250= モジュラ型の分散管理型アクセス ポイント プラットフォーム(無線モジュールなし)、スペア
AIR-LAP1250= モジュラ型の集中管理型アクセス ポイント プラットフォーム(無線モジュールなし)、スペア
AIR-AP1250MNTGKIT= 1250 シリーズ天井、壁面マウント ブラケット キット、スペア
AIR-RM1252A-P-K9= 802.11a/n-2.0 5 GHz 無線モジュール、3 RP-TNC、スペア
AIR-RM1252G-P-K9= 802.11g/n-d2.0 2.4 GHz 無線モジュール、3 RP-TNC、FCC、スペア


規制区域

規制区域は、無線を使用する際に利用可能なチャネルおよび送信電力に関して同一または類似の規制が適用される国のグループを識別するために使用されます。Cisco Aironet 無線製品は出荷時に特定のチャネル セットおよび最大送信電力をサポートするように設定されており、製品番号の中のモデル番号に続く 1 文字がその設定を示しています(たとえば、AIR-LAP1252AG-P-K9 の場合、規制区域は「-P」で表されます)。無線モジュールがプリインストールされた Cisco Aironet 1250 シリーズまたはスペアの無線モジュールを発注する場合、お客様は特定の国に対応する規制区域を選択する必要があります。表 2 および表 3 に示すように、日本の規制区域は「-P」で表されます。

Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントは、世界中の多数の国で使用が認定されていますが、すべての国での使用が認可されているわけではありません。Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントの現在の国別の認可状況については、次の URL を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/wireless/ps5679/ps5861/
product_data_sheet0900aecd80537b6a_ps430_Products_Data_Sheet.html
[英語]
規制要件は頻繁に変更されるため、ご使用になる国に適用されるバージョンは、既存の Cisco Aironet 製品から変更されている可能性があります。


アンテナ

Cisco Aironet 1250 シリーズの各無線モジュールには外部アンテナが必要です。外部アンテナは、オプションとして、またはスペアとして個別に発注する必要があります。各無線モジュールに必要なアンテナ数は、製品番号の説明に記載されています(6 RP-TNC など)。

表 4 に、Cisco Aironet 1250 シリーズと同時に発注可能となったアンテナを紹介します。これ以外の使用可能なアンテナについては「Cisco Aironet 2.4 GHz および 5 GHz アンテナおよびアクセサリ」を参照してください。Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントは、Cisco Aironet アンテナを使用した場合の運用のみが認定されています。規制に確実に準拠するために、Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントには Cisco Aironet アンテナを使用してください。

表 4 Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイント アンテナのスペア製品番号

製品番号 製品の説明
AIR-ANT2430V-R= 2.4 GHz 3 dBi トリプル全方向性アンテナ 3 RP-TNC、スペア
AIR-ANT5140V-R= 5 GHz 4 dBi トリプル全方向性アンテナ 3 RP-TNC、スペア
AIR-ANT2422DG-R= 2.4 GHz 2.2 dBi ストレート型ダイポール アンテナ RP-TNC × 1(グレー、スペア)
AIR-ANT5135DG-R= 5 GHz 3.5 dBi ストレート型ダイポール アンテナ RP-TNC × 1(グレー、スペア)

アンテナ オプションの詳細については、次の URL を参照してください。
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/wireless/airoa/


電源オプション

Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントは、Power over Ethernet(PoE)対応のイーサネット スイッチまたはパワー インジェクタから受電することも、ローカル電源から受電することもできます。

注意:RM1252 無線モジュールを搭載した場合、802.3af 標準を使って Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントに給電するためには、12.95 W 以上の電力が必要です。シスコのイーサネット スイッチのなかには、2 つの RM1252 無線モジュールを搭載した Cisco Aironet 1250 シリーズにも十分な電力を供給できるものがあります。詳しくは、Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントのデータシートを参照してください。

注意:以前のモデルのアクセス ポイントと異なり、Cisco Aironet 1250 シリーズには標準で電源装置は付属していません。電源装置が必要な場合は、アクセス ポイントの発注時にオプションとして発注するか、スペアとして発注してください。

Power over Ethernet(PoE)対応のイーサネット スイッチを使用していない場合は、パワー インジェクタまたは電源装置をオプションとして、あるいはスペアとして発注してください。パワー インジェクタまたは電源装置をオプションとして発注した場合、アクセス ポイントに同梱されて配送されます。表 5 に示すように、電源オプションはスペアとして個別に発注することもできます。

表 5 Cisco Aironet 1250 シリーズの電源をスペアとして発注する場合の製品番号

製品番号 説明
AIR-PWRINJ4= Cisco Aironet 1250 用パワー インジェクタ、スペア
AIR-PWR-SPLY1= Cisco Aironet 1250 用電源、スペア

次の電源オプションはサポートされていません。

  • Cisco PoE(6 W)
  • Cisco PoE(13 W)
  • シスコ ミッドスパン
  • AIR-PWR-A
  • PWRINJ-FIB
  • PWRINJ3
  • AIR-PWRINJ1500

ソフトウェア

Cisco Aironet 1250 シリーズは、Cisco IOS® ソフトウェアとともに発注した場合は Autonomous アクセス ポイントとして動作し、Lightweight Access Point Protocol(LWAPP)ソフトウェアとともに発注した場合は Cisco Unified Wireless Network の一部として動作します。すべてのモビリティ サービスを利用するには、Cisco Aironet 1250 シリーズを LWAPP とともに展開し、WLAN コントローラと共に使用する必要があります。


コンソール ケーブル

Cisco Aironet 1250 シリーズは、コンソール ポートを使用して設定およびモニタリングを行うことができます。デフォルトでは、アクセス ポイントにはコンソール ケーブルは付属していません。無線モジュールがプリインストールされたアクセス ポイントを発注する場合、コンソール ケーブルはオプションとして発注できます。コンソール ケーブルをアクセス ポイントのオプションとして発注した場合、アクセス ポイントに同梱されます。コンソール ケーブルは、スペアとして個別に発注することもできます(表 6)。

表 6 Cisco Aironet 1250 シリーズのコンソール ケーブルの製品番号

製品番号 製品の説明
AIR-CONCAB1200= Cisco Aironet 1130AG、1200、1230、1240、および 1250 シリーズ コンソール ケーブル


マウント ブラケット

Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントには、マウント ブラケットとハードウェアが付属しています。スペアのブラケットが必要な場合は、個別に購入できます(表 7)。

表 7 Cisco Aironet 1250 シリーズ アクセス ポイントのマウント ブラケットの製品番号

製品番号 製品の説明
AIR-AP1250MNTGKIT= AP1250 アクセス ポイント天井/壁面マウント ブラケット キット、スペア