Cisco Aironet AP1200 シリーズ

Cisco Aironet 1200シリーズ アクセス ポイント データ シート

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。

目次

Cisco Aironet 1200シリーズ アクセス ポイント

製品概要

機能をカスタマイズできるモジュラ型設計と投資保護のためのアップグレード機能

スケーラブルで管理しやすいソリューションを実現するインテリジェント ネットワーキング機能

Cisco Structured Wireless-Aware Network

エンタープライズ クラスのセキュリティ ソリューション

将来を約束するネットワークへの投資の保護

設置オプションによる柔軟性の向上

カバレッジを最適化する独自の802.11a 5 GHzアンテナ設計

統合型管理ツールによる迅速な設定

大規模展開されたWLANの高度な管理

サービスとサポート

データ シート

Cisco Aironet 1200シリーズ アクセス ポイント


製品概要

Cisco Aironet® 1200シリーズIEEE 802.11 a/b/gアクセス ポイントは、ハイ パフォーマンスで安全な、高い管理性と柔軟性を持つ企業向け無線LAN(WLAN)の標準となります。Cisco Aironet 1200のモジュラ型設計は、2.4および5 GHz帯域で最大54 Mbpsの接続を実現するシングルまたはデュアル無線設定を可能にし、IEEE 802.11a、802.11b、および802.11g規格に完全に適合します。Cisco Aironet 1200シリーズには、数多くの設定およびアップグレード オプションがあり、異なる周波数とスループットが混在した環境でさまざまなクライアントをサポートします。シングル モード802.11aカバレッジ、シングル モード802.11gカバレッジ、デュアル モード802.11b/gカバレッジ、またはトリ モード802.11a/b/gカバレッジのいずれを設定しても、Cisco Aironet 1200は最大限の柔軟性と投資の保護を提供するため、ネットワーク管理者は、特定のアプリケーションに最適化された無線ネットワークを展開できます。

Cisco Aironet 1200は、使いやすく、親しまれているCisco IOS®ソフトウェアを利用しており、また、統合されたエンドツーエンドの有線および無線ネットワークを実現する包括的フレームワークである、Cisco Structured Wireless-Aware Network(SWAN)の重要なコンポーネントです。Cisco Aironet 1200シリーズは、お客様に最大限の自由度と柔軟性を提供し、無線アクセスが展開されている場所ならどこからでも、すべてのネットワーク リソースへ常時接続できるようになります。

機能をカスタマイズできるモジュラ型設計と投資保護のためのアップグレード機能

Cisco Aironet 1200シリーズは、特に現在および将来のネットワーク インフラストラクチャ投資を保護するために設計されています。802.11a無線は、重複しない4つの5 GHzチャネル上で最大54 Mbpsのデータ レートをサポートし、高いパフォーマンスと最大限のキャパシティおよびスケーラビリティを提供します。802.11g無線は、2.4 GHz帯域で最大54 Mbpsのデータ レートをサポートします。802.11g無線を使用する場合、アクセス ポイントは、高帯域幅用途向けに802.11gクライアントのみをサポートするように設定できますが、さらに投資を保護するため、802.11gクライアントと従来の802.11bクライアントの両方をサポートするように設定することも可能です。

Cisco Aironet 1200シリーズは柔軟性を備えており、お客様の要件やテクノロジーの発展に合わせて機能を変更できます。CardBusベースの802.11aアップグレード モジュールは、802.11bまたは802.11g用に設定されたCisco Aironet 1200シリーズ アクセス ポイントに簡単に取り付けることができます。Aironet 1200シリーズ アクセス ポイントに取り付けられた802.11b mini-PCI無線モジュールを、802.11gアップグレード モジュールで置き換えると、パフォーマンスを高めると同時に完全な下位互換性を確保できます。

図1

Cisco Aironet 1200は、802.11b/g、802.11a、または3つのテクノロジーすべてを単一のデバイス内でサポートするように設定できます。複数の802.11規格をサポートするクライアントは、すべてのネットワーク リソースへの信頼性の高いアクセスを常に維持しながら、アクセス ポイント間をローミングできます。

スケーラブルで管理しやすいソリューションを実現するインテリジェント ネットワーキング機能

Cisco Aironet 1200シリーズは、エンドツーエンドのインテリジェント ネットワーキングを無線アクセス ポイントに拡張します。シスコのCLI(コマンドライン インターフェイス)を使用すれば、お客様は、Cisco IOSソフトウェアで使用できる拡張機能を、簡単に一貫性を持って実装できます。お客様は、ご使用のシスコ製ルータおよびスイッチ用に社内開発したツールを使用して、ネットワークを管理し、標準化することができます。

Cisco Aironet 1200シリーズは企業への導入に最適であり、エンタープライズ クラスのVLAN(仮想LAN)、Quality of Service(QoS)、およびプロキシ モバイルIPをサポートしています。Cisco Aironet 1200シリーズは、シングル モードまたはデュアル モードでの稼働で最大16のVLANを管理できます(図2)。これによって、お客様はLANポリシーとサービス(セキュリティやQoSなど)をユーザごとに差別化できます。たとえば、企業では、異なるVLANを利用して社員のトラフィックをゲストのトラフィックから分離し、さらにそれらのトラフィック グループを優先度の高い音声トラフィックから分離することもできます。さまざまなセキュリティ機能を備えた無線クライアントに出入りするトラフィックは、さまざまなセキュリティ ポリシーを持つVLAN内に分離できます。たとえば、VLANを利用することによって、教育機関では教員や管理者のトラフィックを、同じインフラストラクチャ上を流れる学生のトラフィックから保護できます。VLANによる分割を実装すれば、WLANの管理性とセキュリティが向上します。

図2

屋内の無線VLANの配置

Cisco Aironet 1200シリーズはIEEE 802.1p QoSをサポートしているので、イーサネットで伝送されてアクセス ポイントに出入りするパケットについて、トラフィックに優先順位を付けることができます。音声やビデオのように遅延の影響を受けやすいトラフィックについては、データ トラフィックよりも高い優先順位を付けることで、ユーザ環境を向上させ、ネットワークの利用を最適化できます。ソフトウェアと無線ファームウェアをアップグレードすれば、IEEE 802.11eなど、将来のQoS規格にアップグレードできます。さらに、802.11b規格の携帯電話の音声に対する優先順位付け方式をサポートしているAironet 1200シリーズでは、高品質のWLANによる音声通話ソリューションが可能になります。

プロキシ モバイルIPを使用すれば、ユーザは複数のサブネットを移動する場合でもシームレスなネットワーク接続を維持できます。プロキシ モバイルIP機能は、リモート ネットワークのルータとユーザのホーム ネットワークとの間にトンネルを作成します。これによって、ユーザは、自分のホーム サブネット外に移動する場合でも、ホームIPアドレスを常に保持し、ホーム ネットワークのアプリケーションにアクセスできます。また、プロキシ モバイルIPは、サブネット ローミング機能をIEEE 802.11クライアント上で使用可能にすることによって、モバイルIP対応ネットワークを強化します。これによって、それらのデバイスでは専用のモバイルIPクライアント ソフトウェアが不要になり、コスト削減につながります。これらのプロキシ モバイルIP機能を使用すれば、IT専門家は、既存のIPアドレス指定方式を使用して、有線LANとの整合性を保ちながら低コストでWLANを設計でき、しかもユーザの機動性を維持できます。

Cisco Structured Wireless-Aware Network

Cisco Aironet 1200シリーズは、数百から数千のCisco Aironetアクセス ポイントをシスコのインフラストラクチャを使用して展開、運用、管理するための革新的で包括的なフレームワークである、Cisco SWANの重要なコンポーネントです。Cisco SWANは、「無線対応」機能をシスコのインフラストラクチャに導入することによって、お客様が有線LANに期待するものと同じレベルのセキュリティ、スケーラビリティ、および信頼性をWLANに提供します。

Aironet 1200シリーズの革新的機能を利用するために、現在、シスコ製クライアント アダプタだけでなく、主要なWLANクライアント サプライヤのさまざまなシスコ互換デバイスを使用できます。たとえば、Cisco SWANにWireless Domain Service(WDS)が導入されました。WDSは、WLANクライアントの機動性を強化し、WLANの展開および管理を簡略化するCisco IOSソフトウェア機能の集合です。これらのサービス(現在、アクセス ポイントとクライアント デバイスでサポートされており、2004年には特定のシスコ製LANスイッチおよびルータでもサポートされる予定)には、無線管理の集約、高速セキュア ローミング、およびWANリンク リモート サイトの耐障害性などが含まれます。WDSの無線管理の集約は、不正アクセス ポイント検出、干渉検知、およびサイト サーベイ サポートといったRadio Frequency(RF;無線周波)管理のサービスをサポートしています。

高速セキュア ローミングは、シスコ製およびシスコ互換クライアント デバイスと連携するCisco Aironet 1200シリーズによってサポートされます。高速セキュア ローミングによって、認証済みのクライアント デバイスは、再アソシエーション時の遅延を感じさせることなくアクセス ポイント間を安全にローミングできます。高速セキュア ローミングは、ワイヤレスVoice over IP(VoIP)、Enterprise Resource Planning(ERP)やCitrixベースのソリューションなど、遅延の影響を受けやすいアプリケーションをサポートしています(図3)。

図3

高速セキュア ローミング

Authentication, Authorization, Accounting(AAA;認証、許可、アカウンティング)サーバが使用できない場合、WANリンク リモート サイトの耐障害性によって、アクセス ポイントがローカルRADIUSサーバとして機能し、無線クライアントのIEEE 802.1X認証を実行できます。これにより、WANリンクやサーバに障害が発生した際にもリモート サイトへ耐障害性とバックアップの認証サービスが提供されるため、リモート サイトのユーザは非冗長型のWANリンクを使用している場合でも、ファイル サーバやプリンタのようなローカル リソースにアクセスできます(図4)。

図4

WANリンク リモート サイトの耐障害性

エンタープライズ クラスのセキュリティ ソリューション

WLANでは、セキュリティが主要な問題の1つです。Cisco Aironet 1200シリーズは、高い評価を受けているCisco Wireless Security Suiteを装備したスケーラブルで管理しやすいシステムによって、エンタープライズ ネットワークを保護します。ポートベースのネットワーク アクセス用のIEEE 802.1X規格に基づいて、Cisco Wireless Security Suiteは、Extensible Authentication Protocol(EAP)フレームワークをユーザ ベースの認証に利用します(図5)。このソリューションは、Wi-Fi Allianceの新しい相互運用可能な標準ベースのWLANセキュリティ規格であるWi-Fi Protected Access(WPA)もサポートしています。

Cisco Wireless Security Suiteは、各種クライアント デバイスと相互運用できます。Cisco Wireless Security Suiteは、あらゆるタイプの802.1X認証をサポートしています。これには、Cisco LEAP、Extensible Authentication Protocol-Transport Layer Security(EAP-TLS)のほか、Protected Extensible Authentication Protocol(PEAP)、EAP-Tunneled TLS(EAP-TTLS)、EAP-Subscriber Identity Module(EAP-SIM)のようにEAP-TLS上で動作するタイプが含まれます。 Cisco Secure Access Control Server(ACS)などの各種のRADIUSサーバから選択して、エンタープライズ クラスの中央集中型ユーザ管理に使用できます。この管理には、次のような機能が含まれます。

  • 強力な相互認証によって、正規のクライアントのみが、許可されたアクセス ポイントを経由して、正規の許可されたネットワークRADIUSサーバと交信するように保証
  • ユーザ単位、セッション単位のダイナミックな暗号キーを、設定可能な基準に基づいて自動的に更新し、伝送データのプライバシを保護
  • Message Integrity Check(MIC)、初期化ベクター ハッシングによるパケット単位のキー、およびブロードキャスト キー ローテーションなど、Temporal Key Integrity Protocol(TKIP)拡張機能によって暗号化を強化
  • 802.11gバージョンは、Advanced Encryption Standard(AES)サポートに対応
  • すべての認証要求についてRADIUSアカウンティング レコードを記録

図5

Cisco Wireless Security Suiteは802.1Xアーキテクチャに基づくエンタープライズ クラスのセキュリティ システム

将来を約束するネットワークへの投資の保護

大容量のストレージとシスコ管理ツールのサポートによって、Cisco Aironet 1200シリーズは、リリースに応じてファームウェアをアップグレードし、新しい機能を発揮するためのキャパシティと手段を提供します。Cisco Aironet 1200シリーズには、Cisco IOSファームウェアの初期ロードに必要な量の2倍を超えるストレージと、IS専門家が中央集中的かつ自動的に、ファームウェアを企業全体に広がるリモート アクセス ポイントでアップグレードするためのツールが装備されています。その他の投資保護として、Cisco Aironet 1200シリーズには、ラップトップ セキュリティ ケーブルまたは標準パッドロックのいずれかを使用してデバイスを固定する統合型の取り付けシステムが標準装備されています(図6)。2.4 GHzソリューションの高い信頼性によっても、Cisco Aironet 1200シリーズは企業にとって賢明な投資となります。このソリューションは、現場で実証済みの高い信頼性を実現でき、Cisco Aironetの第5世代2.4 GHz無線を特徴としています。5 GHz無線は、キャパシティとパフォーマンスを最大限に引き上げ、使用可能な4つのチャネルすべてで最大54 Mbpsのデータ レートを実現するとともに、多数のユーザに対応して無線ネットワークを拡張することを可能にします。Cisco Aironet 1200シリーズを使用すれば、802.11aネットワーク クライアントについて1つの無線を動作させると同時に、802.11bまたは802.11b/gクライアントについて別の無線を維持することによって、単一のアクセス ポイントでキャパシティを追加して新しいユーザをサポートできます。冗長ホットスタンバイ機能によって、万一の障害発生時にはバックアップ アクセス ポイントが提供されるため、ネットワーク全体の信頼性が向上します。

図6

Cisco Aironet 1200シリーズのマウント ブラケット

設置オプションによる柔軟性の向上

WLANの普及に伴って、企業はますます多様な施設、場所、配置でアクセス ポイントを導入しています。Cisco Aironet 1200シリーズは、こうした事情を念頭に置いて設計されています。広い動作温度範囲を持ち、アルミニウム鋳造ケースに収められたこのデバイスは、工場や倉庫に設置するために必要な耐久性を備えているだけでなく、企業に必要な美観を損なうこともありません。イーサネット経由のインライン電源とローカル電源の両方をサポートしているため、電力供給のオプションが最大限に広がります。このアクセス ポイントと統合型の取り付けシステムは、壁、天井、およびつり天井の上(プレナム定格の金属ケースを使用)に設置できるように設計されています。3つの無線(802.11a、802.11b、および802.11g)すべてで、さまざまに送信電力設定を変更してカバレッジ エリアのサイズを調整できます。そのため、業界で最も広い帯域幅である2.4 GHzおよび統合型5 GHzアンテナと組み合わせることで、セル サイズやカバレッジ パターンで優れた柔軟性を実現できます。

カバレッジを最適化する独自の802.11a 5 GHzアンテナ設計

展開の柔軟性を高めるため、802.11a無線モジュールには、全方向アンテナとパッチ アンテナの両方を内蔵した連接型アンテナ パドルが装備されています(図7)。天井、デスクトップ、または他の水平面に設置した場合、全方向アンテナによって最適なカバレッジ パターンと最大限の範囲が得られます。壁面に設置した場合、パッチ アンテナによって、無線エネルギーを壁から部屋全体に均一に放射する半球形のカバレッジ パターンが得られます (図 8)。全方向アンテナとパッチ アンテナはどちらも多様性を提供し、オフィスや他の屋内環境などの高マルチパス環境でも最大限の信頼性を実現します。シスコは、こうした柔軟性と信頼性を持つ5 GHzアンテナを提供し、すべての設置シナリオに適応します。

図7

802.11a 無線モジュールに装備された統合型の全方向パッチ アンテナ

図8

革新的なアンテナ設計によって、設置方向ごとに2つのカバレッジ パターンを実現

統合型管理ツールによる迅速な設定

有線ネットワークで使用できる管理ツールと管理機能の多くが、無線ネットワーク上でも使用できるので、Cisco Aironet 1200シリーズでは、WLANの管理が簡略になります(図9)。Aironet 1200シリーズは、Cisco IOSソフトウェアのCLIによるネットワーク管理をサポートしています。これはIT専門家には馴染み深いものであり、そのスキルを生かすことができます。またSNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)、Telnet、およびWebブラウザをサポートしており、トラブルシューティング、モニタリング、ソフトウェアのダウンロード、イベント ロギングなどに役立ちます。

図9

Aironet 1200シリーズ管理システムのExpress Setup画面では、アクセス ポイントの基本設定に必要なすべての設定値が指定可能

大規模展開されたWLANの高度な管理

Cisco SWANのコンポーネントであるCiscoWorks Wireless LAN Solution Engine(WLSE)は、Cisco Aironetアクセス ポイントと無線ブリッジの管理ツールとして利用できます。CiscoWorks WLSEは、すぐに使用できるスケーラブルな中央集中型の管理プラットフォームであり、数百から数千のCisco Aironetアクセス ポイントと無線ブリッジを管理できます。CiscoWorks WLSEの詳細については、次のURLを参照してください。http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/product/hs/netmgt/cw2000/wlse/prod_literature.shtml

表1にCisco Aironet 1200シリーズ製品の機能と利点、表2に製品仕様、表3に製品のシステム要件を示します。

表1 製品の機能と利点
機能
利点
シングル モード、デュアル モード、トリ モード動作に対応したモジュラ型のデュアル無線プラットフォーム

簡単に設定できるWLANアクセス ポイント プラットフォームによって、柔軟性と投資の保護を実現します。帯域幅の要件と予算に合わせて、さまざまな速度とキャパシティ要件に対応できます。

シングル構成では、Cisco Aironet 1200には802.11b、802.11g、または802.11a無線が必要です。単一の802.11g無線によって展開する場合、アクセス ポイントは、ネットワーク パフォーマンスを最適化するために802.11gクライアントのみをサポートするように設定できます。完全な下位互換性を実現するために、アクセス ポイントは、802.11gクライアントと従来の802.11bクライアントを同時にサポートするように設定できます。

802.11a/b/gネットワークのトリ モード サポートには、デュアル無線構成が必要です。同じアクセス ポイントに802.11gおよび802.11a無線を展開すれば、単一のデバイスで最大限のチャネル数と最大限のデータ レートを実現できます。

5 GHzの統合型アンテナ

独自の連接型アンテナ パドルに、高ゲインの全方向アンテナと半球形のパッチ アンテナが内蔵され、2つのカバレッジ パターンを実現します。

2.4 GHzおよび5 GHzダイバーシティ アンテナ

2.4 GHzおよび5 GHz無線用のダイバーシティ アンテナは、オフィス、倉庫、その他の屋内設置などの高マルチパス環境で最適なパフォーマンスを保証します。

Cisco IOSソフトウェア

インテリジェント ネットワーク サービスをサポートするエンドツーエンドのソリューションを提供します。均一のアプリケーションとサービスによって、予測可能な安定したネットワーク動作を実現します。

VLAN(仮想LAN)のサポート

ユーザ グループを最大16に分割できるため、ユーザごとのセキュリティやQoSなどのLANポリシーおよびサービスを差別化することによって、システムの柔軟性を高められます。

ダウンストリームQoSのサポート

異なるアプリケーション要件について、802.1pタグに基づいてトラフィックに優先順位を付けることによって、音声およびビデオのユーザ環境を向上させます。

プロキシ モバイルIP

サブネット間のシームレスなローミングを提供し、802.11無線を経由した音声通信の機動性を強化します。

Cisco SWAN

数百から数千のCisco Aironetアクセス ポイントをシスコのインフラストラクチャを使用して展開、運用、および管理するためのシスコの包括的フレームワークです。このフレームワークは、「無線対応」機能をシスコのインフラストラクチャに導入することによって、お客様が有線LANに期待するものと同じレベルのセキュリティ、スケーラビリティ、および信頼性をWLANに拡張するものです。

WDS

Cisco SWANのコンポーネントであるWDSは、WLANクライアントの機動性を強化し、WLANの展開および管理を簡略化するCisco IOSソフトウェア機能の集合です。WDSは、無線管理の集約、高速セキュア ローミング、およびWANリンク リモート サイトの耐障害性などを提供します。

高速セキュア ローミング

認証済みのクライアント デバイスは、再アソシエーション時の遅延を感じさせることなくアクセス ポイント間を安全にローミングできます。VoIP、ERP、およびCitrixなど、遅延の影響を受けやすいアプリケーションのサポートを提供します。

WANリンク リモート サイトの耐障害性

AAAサーバを使用できない場合、アクセス ポイントがローカルのRADIUSサーバとして機能し、無線クライアントのIEEE 802.1X認証を実行できます。WANリンクやサーバに障害が発生した場合にリモート サイトの耐障害性とバックアップの認証サービスを提供します。

クライアントARPキャッシング

Cisco Aironetアクセス ポイントが、IEEE 802.11 Cisco Aironet、シスコ互換の拡張機器、およびほとんどのWi-Fi認定無線クライアント デバイスに代わってAddress Resolution Protocol(ARP)要求に応答できるようにします。これによって、無線クライアント デバイスが省電力またはアイドル モードのままでもIPアドレスの解決が可能となり、バッテリーの寿命を延長できます。

SSIDごとのRADIUSサーバ

アクセス ポイントの複数SSID機能を利用することによって、SSIDごとにRADIUSサーバの指定を可能にします。空港などの複数テナント環境で、各テナントがユーザ認証のために別個のRADIUSサーバを必要とする場合に便利です。

2.4 GHz外部アンテナ接続用の2つのRP-TNC

高マルチパス環境における信頼性を向上させるために、2.4 GHz無線に多様性がサポートされています。Reverse-Polarity Threaded Navel Connector(RP-TNC)は、Cisco Aironetのオプション アンテナと互換性があるため、WLAN の設計者は、特定の展開シナリオ用に無線カバレッジをカスタマイズできます。

8 MBフラッシュ メモリ

将来のファームウェア アップグレード用に8 MBのメモリを装備しており、新しい802.11規格や高度な機能に対応できます。

CiscoWorks Resource Essentials(RME)でのCisco Discovery Protocol(CDP)とSoftware Image Manager(SWIM)のサポート

企業全体のリモート アクセス ポイントのファームウェアを中央集中的かつ自動的にアップグレードできます。

データ レート11 Mbpsで最大30 mWの送信電力と-85 dBmの受信感度を持つ802.11b mini-PCI無線

2.4 GHz無線は、優れた無線性能と業界をリードする通信範囲を提供します。アクセス ポイントの範囲が拡大するほど、必要なアクセス ポイント数は減少し、総システム コストの削減につながります。

データ レート54 Mbpsで最大30 mWの送信電力と-72 dBmの受信感度を持つ802.11g mini-PCI無線

2.4 GHzの802.11g無線は、54 Mbpsのスループットを実現して高密度、高帯域幅の要求に対応します。従来の802.11b機器を同時にサポートするように設定することもできます。Cisco Aironet 1100および1200シリーズのアクセス ポイントを使用しているお客様は、簡単に低コストで802.11b無線を802.11g無線にアップグレードし、ハイ パフォーマンスの54 Mbps接続を実現できます。

UNII 1帯域での最大40 mWの送信電力と、データ レート54 Mbpsで-68 dBm(標準)の受信感度を提供する802.11a 無線モジュール

5 GHz無線の優れた設計は、UNII 1帯域内の重複しない4つのチャネルを通じて、業界をリードするパフォーマンスと受信感度、および最大限のキャパシティを実現します。

イーサネット経由のインライン電源とローカル電源のサポート(図10、11、12を参照)

設置のコストを削減し、複雑さを軽減するために、Cisco Aironet 1200シリーズはイーサネット ケーブルを経由して電力を供給できるので、リモート アクセス ポイントの設置場所に高価なAC電源を配線する必要はなくなります。無線の設定に応じて、Cisco 1200シリーズには、シスコのインライン電源対応スイッチ、マルチポート ミッドスパン パワー パネル、またはシングルポート パワー インジェクタから電力を供給できます。AC電源が設置場所で利用できる場合、Cisco Aironet 1200シリーズの電源装置は、電気コンセントにプラグ接続できます。

美しいアルミニウム鋳造ケース、Underwriters Laboratory(UL;保険会社研究所)2043の認定、および幅広い動作温度(-20~55° Cまたは-4~131° F)

製品デザインは企業に必要な美観を備えており、その堅牢性によって工場、倉庫、および屋外(NEMA格納ラック内)への展開に対応できます。動作温度範囲が広く、当該地域の消防規則で設定されたプレナム定格要件についてUL 2043認定を取得しているため、つり天井の上などの空間にも設置できます。

多目的のマウント ブラケット

多目的のマウント ブラケットは柔軟性が高く、サイト固有の要件に対応する数多くの配置オプションを提供します。

アクセス ポイントと無線のための2種類のロック メカニズム

WLANが公共エリアに広がるとともに、盗難への対策が必要になっています。組み込まれたロック メカニズムによって、さらに投資の保護を実現できます。


図10

802.11a無線(シングルまたはデュアル無線)を装備している場合、Cisco Aironet 1200シリーズは、オプションのインライン パワー インジェクタまたはCisco Catalyst® 3550シリーズ スイッチによって、イーサネット経由で電力供給が可能

図11

802.11bまたは802.11g無線を装備している場合、Cisco Aironet 1200シリーズは、Cisco Catalyst 3550-24 PWRスイッチ、またはインライン電源を搭載したCatalyst 4500または6500シリーズ スイッチを使用して、イーサネット経由で電力供給が可能

図12

802.11bまたは802.11g無線を装備している場合、Cisco Catalystインライン電源パッチ パネルを使用すれば、イーサネット経由でアクセス ポイントに電力供給が可能

表2 製品仕様

 
802.11a無線を装備した場合
802.11g無線を装備している場合
注:特に断りのない限り、このカラムの802.11g仕様は、802.11b無線にも適用されます。
802.11aおよび802.11g無線を両方装備している場合
注:特に断りのない限り、このカラムの802.11g仕様は、802.11b無線にも適用されます。
ポート番号

構成可能:

  • Cisco IOSソフトウェア:AIR-AP1210およびAIR-RM20A-J-K9
  • VxWorksソフトウェア:AIR-AP1200およびAIR-RM20A-J-K9

事前設定済み:

  • Cisco IOSソフトウェア:
    AIR-AP1230A-J-K9
  • VxWorksソフトウェア:
    AIR-AP1220A-J-K9

各国における使用認可については、お客様でご確認ください。認可状況を確認したり、特定の国に対応する規制区域を確認したりするには、http://www.cisco.com/
go/aironet/compliance
を参照してください。すべての規制区域が承認されているわけではありません。

構成可能:

  • Cisco IOSソフトウェア:AIR-AP1210およびAIR-MP21G-J-K9

事前設定済み:

  • Cisco IOSソフトウェア:
    AIR-AP1231G-J-K9

各国における使用認可については、お客様でご確認ください。認可状況を確認したり、特定の国に対応する規制区域を確認したりするには、http://www.cisco.com/en/
US/prod/collateral/wireless/
ps5679/ps5861/product_data
_sheet0900aecd80537b6a_ps430
_Products_Data_Sheet.html
[英語]
を参照してください。すべての規制区域が承認されているわけではありません。

構成可能:

  • Cisco IOSソフトウェア:
    AIR-AP1210、AIR-RM20A-J-K9およびAIR-MP21G-J-K9

事前設定済み:

  • Cisco IOSソフトウェア:
    AIR-AP1231G-J-K9および
    AIR-RM20A-J-K9

各国における使用認可については、お客様でご確認ください。認可状況を確認したり、特定の国に対応する規制区域を確認したりするには、http://www.cisco.com/
go/aironet/compliance
を参照してください。すべての規制区域が承認されているわけではありません。

無線モジュールの形状

CardBus(32ビット)

mini-PCI(32ビット)

  • 802.11a:CardBus(32ビット)
  • 802.11bまたは802.11g:mini-PCI(32ビット)
サポートされているデータ レート

6、9、12、18、24、36、48、54 Mbps

  • 802.11b:1、2、5.5、11 Mbps
  • 802.11g:1、2、5.5、6、9、11、12、18、24、36、48、54 Mbps
  • 802.11a:6、9、12、18、24、36、48、54 Mbps
  • 802.11g:1、2、5.5、6、9、11、12、18、24、36、48、54 Mbps
ネットワーク規格
  • IEEE 802.11a
  • IEEE 802.11bまたはIEEE 802.11g
  • IEEE 802.11a

  • IEEE 802.11bまたはIEEE 802.11g

アップリンク
  • 自動検知式802.3 10/100BASE-Tイーサネット
  • 自動検知式802.3 10/100BASE-Tイーサネット
  • 自動検知式802.3 10/100BASE-Tイーサネット
周波数帯域
  • 802.11a:

―   5.15~5.25 GHz(TELEC)

  • 802.11b:

―   2.400~2.497 GHz(TELEC)

  • 802.11g:

―   2.400~2.484 GHz(TELEC)

  • 802.11a:

―   5.15~5.25 GHz(TELEC)

  • 802.11b:

―   2.400~2.497 GHz(TELEC)

  • 802.11g:

―   2.400~2.484 GHz(TELEC)



ネットワーク アーキテクチャ タイプ

インフラストラクチャ、スター型トポロジー

インフラストラクチャ、スター型トポロジー

インフラストラクチャ、スター型トポロジー

無線メディア
  • Orthogonal Frequency Division Multiplexing(OFDM)
  • 802.11g:OFDMおよびDirect Sequence Spread Spectrum(DSSS)

  • 802.11b:DSSS
  • 802.11a:OFDM
  • 802.11bまたは802.11g:DSSS、OFDM
メディア アクセス プロトコル
  • Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance(CSMA/CA;キャリア検知多重アクセス/衝突回避)
  • CSMA/CA
  • CSMA/CA
モジュレーション
  • OFDM:
  • BPSK @ 6および9 Mbps
  • QPSK @ 12および18 Mbps

  • 16-QAM @ 24および36 Mbps

  • 64-QAM @ 48および54 Mbps
  • DSSS:
  • OFDM:

―   BPSK @ 6および9 Mbps

―   QPSK @ 12および18 Mbps

―   16-QAM @ 24および36 Mbps

―   64-QAM @ 48および54 Mbps

  • DSSS:

―   DBPSK @ 1 Mbps

―   DQPSK @ 2 Mbps

―   CCK @ 5.5および11 Mbps

  • OFDM:

―   BPSK @ 6および9 Mbps

―   QPSK @ 12および18 Mbps

―   16-QAM @ 24および36 Mbps

―   64-QAM @ 48および54 Mbps

  • DSSS:

―   DBPSK @ 1 Mbps

―   DQPSK @ 2 Mbps

―   CCK @ 5.5および11 Mbps

動作チャネル
  • 5 GHz帯域:4

  • 2.4 GHz帯域:

―   802.11b:14

―   802.11g:13

  • 5 GHz帯域:4
  • 2.4 GHz帯域:

―   802.11b:14

―   802.11g:13

非オーバーラップ チャネル
  • 4
  • 3(802.11b モードでは、4)
  • 7または8
受信感度
  • 6 Mbps:-85 dBm
  • 9 Mbps:-84 dBm
  • 12 Mbps:-82 dBm
  • 18 Mbps:-80 dBm
  • 24 Mbps:-77 dBm
  • 36 Mbps:-73 dBm
  • 48 Mbps:-69 dBm
  • 54 Mbps:-68 dBm
  • 802.11b

―   1 Mbps:-94 dBm

―   2 Mbps:-91 dBm

―   5.5 Mbps:-89 dBm

―   11 Mbps:-85 dBm

  • 802.11g

―   1 Mbps:-95 dBm

―   2 Mbps:-91 dBm

―   5.5 Mbps:-89 dBm

―   6 Mbps:-90 dBm

―   9 Mbps:-84 dBm

―   11 Mbps:-88 dBm

―   12 Mbps:-82 dBm

―   18 Mbps:-80 dBm

―   24 Mbps:-77 dBm

―   36 Mbps:-73 dBm

―   48 Mbps:-72 dBm

―   54 Mbps:-72 dBm

  • 802.11a

―   6 Mbps:-85 dBm

―   9 Mbps:-84 dBm

―   12 Mbps:-82 dBm

―   18 Mbps:-80 dBm

―   24 Mbps:-77 dBm

―   36 Mbps:-73 dBm

―   48 Mbps:-69 dBm

―   54 Mbps:-68 dBm

  • 802.11b

―   1 Mbps:-94 dBm

―   2 Mbps:-91 dBm

―   5.5 Mbps:-89 dBm

―   11 Mbps:-85 dBm

  • 802.11g

―   1 Mbps:-95 dBm

―   2 Mbps:-91 dBm

―   5.5 Mbps:-89 dBm

―   6 Mbps:-90 dBm

―   9 Mbps:-84 dBm

―   11 Mbps:-88 dBm

―   12 Mbps:-82 dBm

―   18 Mbps:-80 dBm

―   24 Mbps:-77 dBm

―   36 Mbps:-73 dBm

―   48 Mbps:-72 dBm

―   54 Mbps:-72 dBm

使用可能な送信電力設定

802.11a:

  • 40 mW(16 dBm)
  • 20 mW(13 dBm)
  • 10 mW(10 dBm)
  • 5 mW(7 dBm)

最大電力の設定値は各国の規制に応じて異なります。

802.11b:

  • 30 mW(15 dBm)
  • 20 mW(13 dBm)
  • 10 mW(10 dBm)
  • 5 mW(7 dBm)
  • 1 mW(0 dBm)

最大電力の設定値は各国の規制に応じて異なります。

802.11g:

  • 30 mW(15 dBm)
  • 20 mW(13 dBm)
  • 10 mW(10 dBm)
  • 5 mW(7 dBm)
  • 1 mW(0 dBm)

802.11a:

  • 40 mW(16 dBm)

  • 20 mW(13 dBm)
  • 10 mW(10 dBm)
  • 5 mW(7 dBm)

最大電力の設定値は各国の規制に応じて異なります。

802.11g:

  • CCK:

―   30 mW(15 dBm)

―   20 mW(13 dBm)

―   10 mW(10 dBm)

―   5 mW(7 dBm)

―   1 mW(0 dBm)

最大電力の設定値は各国の規制に応じて異なります。

  • OFDM:

―   30 mW(15 dBm)

―   20 mW(13 dBm)

―   10 mW(10 dBm)

―   5 mW(7 dBm)

―   1 mW(0 dBm)

通信範囲

屋内:オープンなオフィス環境における距離

802.11a(40 mWでゲイン6 dBiのパッチ アンテナを使用)

  • 13 m @ 54 Mbps
  • 15 m @ 48 Mbps
  • 19 m @ 36 Mbps
  • 26 m @ 24 Mbps
  • 33 m @ 18 Mbps
  • 39 m @ 12 Mbps
  • 45 m @ 9 Mbps
  • 50 m @ 6 Mbps

屋内:オープンなオフィス環境における距離

802.11g(30 mWでゲイン2.2 dBiのダイバーシティ ダイポール アンテナを使用)

  • 27 m @ 54 Mbps
  • 29 m @ 48 Mbps
  • 30 m @ 36 Mbps
  • 42 m @ 24 Mbps
  • 54 m @ 18 Mbps
  • 64 m @ 12 Mbps
  • 76 m @ 9 Mbps
  • 91 m @ 6 Mbps

屋外:

802.11g(30 mWでゲイン2.2 dBiのダイバーシティ ダイポール アンテナを使用)

  • 76 m @ 54 Mbps
  • 183 m @ 18 Mbps
  • 396 m @ 6 Mbps

屋内:オープンなオフィス環境における距離

802.11b(30 mWでゲイン2.2 dBiのダイバーシティ ダイポール アンテナを使用)

  • 40 m @ 11 Mbps
  • 107 m @ 1 Mbps

屋外:

802.11b(100 mWでゲイン2.2 dBiのダイバーシティ ダイポール アンテナを使用)

  • 244 m @ 11 Mbps

  • 610 m @ 1 Mbps

範囲と実際のスループットは、さまざまな環境要因によって変化するため、個々のパフォーマンスは異なる場合もあります。

適合規格

規格:

  • 安全性:

―   UL 1950

―   CSA 22.2 No. 950-95

―   IEC 60950

―   EN 60950

  • 無線の認可:

―   FCC Part 15.401-15.407

―   RSS-210(カナダ)

―   EN 301.893(欧州)

―   ARIB STD-T71(日本)

―   AS 4268.2(オーストラリア)

  • EMIおよびノイズ耐性(Class B):

―   FCC Part 15.107および15.109

―   ICES-003(カナダ)

―   VCCI(日本)

―   EN 301.489-1および-17(欧州)

  • セキュリティ:

―   802.1XおよびTKIP

―   WPA

  • その他:

―   IEEE 802.11a

―   FCC Bulletin OET-65C

―   RSS-102

規格:

  • 安全性:

―   UL 1950

―   CSA 22.2 No. 950-95

―   IEC 60950

―   EN 60950

  • 無線の認可:

―   FCC Part 15.247

―   RSS-210(カナダ)

―   EN 300.328(欧州)

―   ARIB-STD 33(日本)

―   ARIB-STD 66(日本)

―   AS/NZS 3548(オーストラリアおよびニュージーランド)

  • EMIおよびノイズ耐性(Class B):

―   FCC Part 15.107および15.109

―   ICES-003(カナダ)

―   VCCI(日本)

―   EN 301.489-1および-17(欧州)

  • セキュリティ:

―   802.1XおよびTKIP

―   WPA

―   AES対応(802.11gバージョン)

  • その他:

―   IEEE 802.11bまたはIEEE 802.11g

―   FCC Bulletin OET-65C

―   RSS-102

規格:

  • 安全性:

―   UL 1950

―   CSA 22.2 No. 950-95

―   IEC 60950

―   EN 60950

  • 無線の認可:

―   FCC Part 15.401-15.407

―   RSS-210(カナダ)

―   EN 301.893(欧州)

―   ARIB STD-T71(日本)

―   AS 4268.2(オーストラリア)

―   FCC Part 15.247

―   RSS-210(カナダ)

―   EN 300.328(欧州)

―   ARIB-STD 33(日本)

―   ARIB-STD 66(日本)

―   AS/NZS 3548(オーストラリアおよびニュージーランド)

  • EMIおよびノイズ耐性(Class B):

―   FCC Part 15.107および15.109

―   ICES-003(カナダ)

―   VCCI(日本)

―   EN 301.489-1および-17(欧州)

  • セキュリティ:

―   802.1XおよびTKIP

―   WPA

―   AES対応(802.11gバージョン)

  • その他:

―   IEEE 802.11a

―   IEEE 802.11g

―   FCC Bulletin OET-65C

―   RSS-102

SNMPへの準拠
  • MIB1 IおよびMIB II

  • MIB IおよびMIB II

  • MIB IおよびMIB II

アンテナ
  • 統合型6 dBiダイバーシティ パッチ(水平ビーム幅55度、垂直ビーム幅55度)、5 dBiダイバーシティ全方向(水平ビーム幅360度、垂直ビーム幅40度)

2つのRP-TNCコネクタ

  • 以下は、802.11b承認済み
    AIR-ANT1728
    AIR-ANT1729
    AIR-ANT2012
    AIR-ANT2506
    AIR-ANT3213
    AIR-ANT4941
    AIR-ANT5959
  • 以下は、802.11g承認済み
    AIR-ANT1728
    AIR-ANT1729
    AIR-ANT2012
    AIR-ANT2506
    AIR-ANT3213
    AIR-ANT4941
    AIR-ANT5959

5 GHz:

  • 統合型6 dBiダイバーシティ パッチ(水平ビーム幅55度、垂直ビーム幅55度)、5 dBiダイバーシティ全方向(水平ビーム幅360度、垂直ビーム幅40度)

2.4 GHz:

  • 2つのRP-TNCコネクタ
  • 以下は、802.11b承認済み
    AIR-ANT1728
    AIR-ANT1729
    AIR-ANT2012
    AIR-ANT2506
    AIR-ANT3213
    AIR-ANT4941
    AIR-ANT5959
  • 以下は、802.11g承認済み
    AIR-ANT1728
    AIR-ANT1729
    AIR-ANT2012
    AIR-ANT2506
    AIR-ANT3213
    AIR-ANT4941
    AIR-ANT5959
セキュリティ アーキテクチャ クライアント認証

Cisco Wireless Security Suiteには、次の機能が含まれます。

  • 認証:

―   802.1Xのサポート(LEAP、PEAP、EAP-TLS、EAP-TTLS、およびEAP-SIMなど)によって、相互認証、およびユーザ単位、セッション単位の暗号キーを動的に生成

―   MACアドレスおよび標準802.11認証メカニズム

  • 暗号化:

―   40ビットおよび128ビットの静的および動的なIEEE 802.11 WEPキーをサポート

―   TKIP暗号化拡張機能:WPA TKIPまたはCisco TKIPによるキー ハッシング(パケット単位のキーイング)、MIC、およびブロードキャスト キー ローテーション

Cisco Wireless Security Suiteには、次の機能が含まれます。

  • 認証:

―   802.1Xのサポート(LEAP、PEAP、EAP-TLS、EAP-TTLS、およびEAP-SIMなど)によって、相互認証、およびユーザ単位、セッション単位の暗号キーを動的に生成

―   MACアドレスおよび標準802.11認証メカニズム

  • 暗号化:

―   40ビットおよび128ビットの静的および動的なIEEE 802.11 WEPキーをサポート

―   TKIP暗号化拡張機能:WPA TKIPまたはCisco TKIPによるキー ハッシング(パケット単位のキーイング)、MIC、およびブロードキャスト キー ローテーション

―   AES対応で2004年に完全サポート(802.11gバージョン)

Cisco Wireless Security Suiteには、次の機能が含まれます。

  • 認証:

―   802.1Xのサポート(LEAP、PEAP、EAP-TLS、EAP-TTLS、およびEAP-SIMなど)によって、相互認証、およびユーザ単位、セッション単位の暗号キーを動的に生成

―   MACアドレスおよび標準802.11認証メカニズム

  • 暗号化:

―   40ビットおよび128ビットの静的および動的なIEEE 802.11 WEPキーをサポート

―   TKIP暗号化拡張機能:WPA TKIPまたはCisco TKIPによるキー ハッシング(パケット単位のキーイング)、MIC、およびブロードキャスト キー ローテーション

―   AES対応で2004年に完全サポート(802.11gバージョン)

ステータスLED
  • トップ パネル上の3つのインジケータは、アソシエーションの状態、動作状態、エラー/警告、ファームウェアのアップグレード、設定、ネットワーク/モデム、および無線の状態を示します。
  • トップ パネル上の3つのインジケータは、アソシエーションの状態、動作状態、エラー/警告、ファームウェアのアップグレード、設定、ネットワーク/モデム、および無線の状態を示します。
  • トップ パネル上の3つのインジケータは、アソシエーションの状態、動作状態、エラー/警告、ファームウェアのアップグレード、設定、ネットワーク/モデム、および無線の状態を示します。
ソフトウェア イメージ ネットワークおよびインベントリ サポート
  • CiscoWorks RME2、CiscoWorks SWIM3

  • CiscoWorks RME、CiscoWorks SWIM
  • CiscoWorks RME、CiscoWorks SWIM
リモート設定のサポート
  • BOOTP、DHCP4、Telnet、HTTP、FTP5、TFTP6、およびSNMP

  • BOOTP、DHCP、Telnet、HTTP、FTP、TFTP、およびSNMP
  • BOOTP、DHCP、Telnet、HTTP、FTP、TFTP、およびSNMP
ローカル設定
  • 直接コンソール ポート(RJ-45インターフェイス)
  • 直接コンソール ポート(RJ-45インターフェイス)
  • 直接コンソール ポート(RJ-45インターフェイス)
寸法
  • 幅16.67 cm(6.562インチ)、奥行18.37 cm(7.232インチ)、高さ4.22 cm(1.660インチ)
  • マウント ブラケットを含めると、高さは1.31 cm(0.517インチ)増加
  • 幅16.67 cm(6.562インチ)、奥行18.37 cm(7.232インチ)、高さ4.22 cm(1.660インチ)
  • マウント ブラケットを含めると、高さは1.31 cm(0.517インチ)増加
  • 幅16.67 cm(6.562インチ)、奥行18.37 cm(7.232インチ)、高さ4.22 cm(1.660インチ)
  • マウント ブラケットを含めると、高さは1.31 cm(0.517インチ)増加
重量
  • 737 g(26オンス)、マウント ブラケットを含めると181 g(6.4オンス)増加
  • 724 g(25.6オンス)、マウント ブラケットを含めると181 g(6.4オンス)増加
  • 783 g(27.6オンス)、マウント ブラケットを含めると181 g(6.4オンス)増加
環境仕様
  • 温度 -20~50°C(-4~122°F)、湿度 10~90%(結露しないこと)
  • 温度 -20~55°C(-4~131°F)、湿度 10~90%(結露しないこと)
  • 温度 -20~50°C(-4~122°F)、湿度 10~90%(結露しないこと)
プロセッサ
  • IBM PowerPC405 200 MHz
  • IBM PowerPC405 200 MHz
  • IBM PowerPC405 200 MHz
システム メモリ
  • 16 MB RAM

  • 8 MBフラッシュ
  • 16 MB RAM
  • 8 MBフラッシュ
  • 16 MB RAM
  • 8 MBフラッシュ
入力電源の要件
  • 90~240 VAC ±10%(電源装置)
  • 48 VDC ±10%
  • 90~240 VAC ±10%(電源装置)
  • 48 VDC ±10%
  • 90~240 VAC ±10%(電源装置)
  • 48 VDC ±10%
消費電力
  • 8 W、RMS
  • 6 W、RMS
  • 11 W、RMS
保証
  • 1年
  • 1年
  • 1年
Wi-Fi認定


1.   Management Information Base(MIB;管理情報ベース)

2.   CiscoWorks Resource Manager Essentials

3.   Software Image Manager

4.   Dynamic Host Configuration Protocol

5.   FTP(ファイル転送プロトコル)

6.   Trivial File Transfer Protocol(TFTP;簡易ファイル転送プロトコル)

表3 製品のシステム要件

機能
システム要件
標準802.1Xに準拠したユーザ レベル認証と動的暗号キーの生成

次のRADIUSサーバのいずれか:

  • Cisco Secure Access Control Serverバージョン3.0以上
  • Cisco Access Registrarバージョン3.0以上
  • Funk Software Steel-Belted RADIUS Serverバージョン3.0以上
  • Interlink Networks RADシリーズRADIUSサーバ バージョン5.1以上
CiscoWorks RME/SWIM
  • CiscoWorks LAN Management System(LMS)またはRouted WAN Management Solution(RWAN)
イーサネットを経由したライン電源のサポート(2.4 GHz無線のみ)
  • Cisco AIR-PWRINJ3= Aironet 1100および1200シリーズ パワー インジェクタ
  • Cisco AIR-PWRINJ-FIB= Aironetパワー インジェクタ メディア コンバータ
  • Cisco Catalyst 3550-24 PWRスイッチ
  • インライン電源を搭載したCisco Catalyst 4500および6500シリーズ スイッチ
  • Cisco WS-PWR-PANELミッドスパン パワー パッチ パネル
イーサネットを経由したライン電源のサポート(5 GHzおよび2.4 GHz無線)
  • Cisco AIR-PWRINJ3= Aironet 1100および1200シリーズ パワー インジェクタ
  • Cisco AIR-PWRINJ-FIB= Aironetパワー インジェクタ メディア コンバータ
  • Cisco Catalyst 3550-24 PWRスイッチ
イーサネットを経由したライン電源のサポート(5 GHz無線のみ)
  • Cisco AIR-PWRINJ3= Aironet 1100および1200シリーズ パワー インジェクタ
  • Cisco AIR-PWRINJ-FIB= Aironetパワー インジェクタ メディア コンバータ
  • Cisco Catalyst 3550-24 PWRスイッチ

サービスとサポート

シスコは、お客様の事業を促進するサービス プログラムを幅広く提供しています。その革新的サービス プログラムは、人材、プロセス、ツール、およびパートナーを独自に組み合わせて提供され、お客様に高く評価されています。シスコのサービスは、お客様のネットワーク投資の保護、ネットワーク運用の最適化に役立ち、ネットワークの高度化とビジネスの強化をもたらす新しいアプリケーションに備えてネットワークを整備します。シスコのサービスの詳細については、Cisco Technical Support ServicesまたはCisco Advanced Servicesを参照してください。