Cisco Aironet 1130AG シリーズ

Cisco Aironet 1130AG IEEE 802.11a/b/gアクセス ポイント


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。

 

データ シート





Cisco Aironet 1130AG シリーズ IEEE 802.11a/b/g アクセス ポイント


オフィスなどの RF 環境に適したエンタープライズ クラスのアンテナ内蔵ロープロファイル アクセス ポイント

Cisco Aironet 1130AG IEEE 802.11a/b/g アクセス ポイント

製品概要

Cisco? Aironet? 1130AG シリーズ IEEE 802.11a/b/g アクセス ポイントは、オフィスでの使用を考慮した形状を備え、大容量、高度なセキュリティ、エンタープライズ クラスの Wireless LAN(WLAN; ワイヤレス LAN)アクセス機能を提供しながら、TCO(総所有コスト)を最小限に抑えます。このアクセスポイントでは、増加する WLAN のニーズを満たすために、高性能の IEEE 802.11a および 802.11g デュアル無線を使用することで、最大 108 Mbps の複合容量が可能になっています。ハードウェアでサポートされる Advanced Encryption Standard(AES; 高度暗号化規格)または Temporal Key Integrity Protocol(TKIP)暗号化により、IEEE 802.11i、Wi-Fi Protected Access 2(WPA2)、または WPA セキュリティの相互運用性が確実にサポートされています。Cisco Aironet 1130AG シリーズは、導入を容易にする無線およびネットワーク管理機能を使用し、オフィスなどの RF 環境で安定かつ予測可能な WLAN を提供する全方向性アンテナを内蔵しています。これにより、展開が簡素化され、低価格という優位性に加えて、設置するだけで利用でき管理が簡単という利点が加わります。Cisco Aironet 1130AG シリーズは、導入や継続的なメンテナンスにかかるコストの低いソリューションとなります。

Cisco Aironet 1130AG シリーズには、集中管理型および分散管理型の 2 つのバージョンが用意されています。集中管理型アクセス ポイントは、Lightweight Access Point Protocol(LWAPP)を使って、Cisco Wireless LAN Controller および Cisco Wireless Control System(WCS)と連動して動作します。LWAPP を使用する Cisco Aironet 1130AG シリーズは、最適な Cisco Wireless LAN Controller を自動的に検出し、手動での操作を行うことなく適切なポリシーおよび設定情報をダウンロードします。分散管理型アクセス ポイントは、Cisco IOS? ソフトウェア ベースで動作し、CiscoWorks Wireless Solution Engine(WLSE)との連動も可能です。分散管理型アクセス ポイントを CiscoWorks WLSE とともに使用すると、機能のコア セットが提供されるほか、現地でのアップグレードも可能となるため、要件の変化に合わせて Cisco Unified Wireless Network の利点を最大限に活用できます。

Cisco Aironet 1130AG シリーズは、オフィスなどの環境に最も適しています。アンテナが内蔵されているため、現在のオープン ワークスペース向けに設計された全方向性のカバレッジを提供します。また、多目的のマウント ブラケットにより、Cisco Aironet 1130AG アクセス ポイントを天井や壁に簡単に取り付けることができます。Cisco Aironet 1130AG シリーズ アクセス ポイントは、目立たないように設計されているため、見た目が美しく、ご使用の環境に溶け込みます。天井の内部や天井に取り付ければ、アクセスポイントを最大に隠すこともできます。Cisco Aironet 1130AG シリーズは UL 2043 規格に準拠しているため、自治体の消防基準を順守しながら天井裏のプレナム部にアクセス ポイントを設置できます。Cisco Aironet 1130AG シリーズは、低価格で提供されており、設置および操作が簡単にできるように最適化されているため、組織は総所有コストを削減できます。


導入のメリット

オフィスなどのオープン環境では、Cisco Aironet 1130AG シリーズ アクセス ポイントを天井に取り付けることで、施設内のどこでも常にネットワークに接続できます。校舎などの施設では、アクセス ポイントを各教室と廊下の天井に取り付けることで、どこにいても常にネットワークに接続し、ハイ アベイラビリティを実現できます。小売店のホットスポットや同様の小規模な施設など、天井への取り付けが難しい場所では、アクセス ポイントを壁に取り付けて、最小限の設置コストで完全なカバレッジを実現できます。


高度なセキュリティ

Cisco Aironet 1130AG シリーズは National Institute of Standards and Technology(NIST; 国立標準技術研究所)FIPS 140-2 レベル 2 検証に合格しており、National Information Assurance Partnership(NIAP)Common Criteria プログラムの Information Assurance 検証にも申請中です。Cisco Aironet 1130AG シリーズは、802.11i、WPA、WPA2、および各種の Extensible Authentication Protocol(EAP)タイプをサポートしています。WPA および WPA2 は、相互運用可能な標準ベースの WLAN セキュリティに関する Wi-Fi Alliance 認定規格です。これらの認定規格は、IEEE 802.1X によるユーザベース認証、TKIP による WPA 暗号化、および AES による WPA2 暗号化をサポートしており、さまざまなベンダー製の Wi-Fi 認定 WLAN デバイスとの相互運用性を保証します。

Cisco Aironet 1130AG シリーズのハードウェア アクセラレーションによる AES 暗号化は、パフォーマンスを犠牲にすることなく、法規制に適合するエンタープライズ クラスの安全な暗号化を WLAN 上で実現します。また IEEE 802.1X 認証によって、権限のあるユーザに対してのみネットワークへのアクセスが許可されます。Cisco Aironet 1130AG シリーズでは、TKIP(RC4 暗号化アルゴリズム)を実行する WPA クライアント デバイスとの下位互換性もサポートされています。

LWAPP で動作する Cisco Aironet 1130AG シリーズ アクセス ポイントは、Cisco Unified Intrusion Detection System/Intrusion Prevention System(IDS; 侵入検知システム/IPS; 侵入防御システム)をサポートしています。これは、シスコの自己防衛型ネットワークの構成要素であるソフトウェア機能で、業界初の有線および無線の統合セキュリティ ソリューションです。Cisco Unified IDS/IPS では、無線エッジ、有線エッジ、WAN エッジ、およびデータセンターにおいて、セキュリティに対する包括的なアプローチを取り入れています。関連付けられているクライアントが Cisco Unified Wireless Network 経由で悪意のあるトラフィックを送信すると、シスコの有線 IDS デバイスが攻撃を検出し、Cisco Wireless LAN Controller に回避要求を送信します。これを受けて、Cisco Wireless LAN Controller はクライアント デバイスの関連付けを解除します。

分散管理型または集中管理型の Cisco Aironet 1130AG シリーズ アクセス ポイントは、無線ネットワーク インフラストラクチャによる 802.11 管理フレーム認証を提供する管理フレームを保護する機能をサポートしています。これにより、アクセス ポイントからスプーフィングされたフレームや、インフラストラクチャ アクセス ポイントを装った悪意のあるユーザをネットワークで検出できるようになります。アクセス ポイントが悪意のある攻撃を検出した場合、インシデントがアクセス ポイントによって生成され、Cisco Wireless LAN Controller、Cisco WCS、または CiscoWorks WLSE 上でレポートが収集されます。


機能および利点

表 1 に、Cisco Aironet 1130AG シリーズ アクセス ポイントの機能と利点を示します。

表 1 Cisco Aironet 1130AG シリーズ アクセス ポイントの機能と利点

機能 利点
802.11a および 802.11g デュアル無線
  • 1 台のデバイスで最大 108 Mbps(業界最高レベル)の容量を提供しながら、従来の 802.11b クライアントとの下位互換性を確保
15 の非オーバーラップ チャネルをサポート
  • 近接するアクセス ポイントへの干渉の可能性が低く、展開が簡素化
  • 伝送エラーが少ないため、スループットが向上
業界最高レベルの無線設計
  • 長距離でも安定した信号を送信
  • 一貫したカバレッジを実現するためにマルチパス伝播の影響を軽減
可変送信電力設定
  • アクセス ポイント カバレッジをさまざまな要件に合わせて変更
  • 低い dBm 設定により、高密度の展開でも近接したアクセス ポイントをサポート
内蔵アンテナ
  • 完全なシステムは、外部アンテナを使用しなくてもそのまま展開可能
  • オフィスなどの無線周波数環境で全方向性のカバレッジを実現する設計
ハードウェア ベースの AES 暗号化
  • パフォーマンスを低下させることなく高度なセキュリティを実現
Cisco Unified IDS/IPS
  • シスコの自己防衛型ネットワークの構成要素である統合型ソフトウェア機能で、業界初の有線および無線の統合セキュリティ ソリューション。信頼性のあるクライアントが悪意のある動作を行うと、有線 IDS が攻撃を検出し、Cisco Wireless LAN Controller に回避要求を送信。これを受けて、Cisco Wireless LAN Controller がクライアント デバイスの関連付けを解除
管理フレーム保護
  • 無線ネットワーク インフラストラクチャによる 802.11 管理フレーム認証を提供する機能。これにより、アクセス ポイントからスプーフィングされたフレームや、インフラストラクチャ アクセス ポイントを装った悪意のあるユーザのネットワークによる検出が可能。アクセス ポイントが悪意のある攻撃を検出した場合、インシデントがアクセス ポイントによって生成され、Cisco Wireless LAN Controller、Cisco WCS、または CiscoWorks WLSE 上でレポートが収集される
IEEE 802.11i 準拠、WPA2 認定、WPA 認定
  • 他社製の WLAN クライアント デバイスとの相互運用性を備えたセキュリティを実現
ロー プロファイル設計
  • 目立たない設計により環境に適合
  • 通常の運用中で作業を必要としない場合は、LED は「目立たず」、気にならない
多目的かつロック可能なマウント ブラケット
  • 壁、天井、およびつり天井のレールに簡単に取り付け可能
  • 標準の南京錠で盗難防止
インライン パワー サポート(IEEE 802.3af および Cisco Inline Power)
  • AC 電源の代わりとして使用可能
  • イーサネット ケーブルで電源を供給することで展開を簡素化
  • 802.3af に適合した電源との互換性



まとめ

Cisco Aironet 1130AG シリーズは、オフィスなどの環境に最適なエンタープライズ アクセス ポイントを提供します。これらのアクセス ポイントは、2 つの高性能な無線を使用しているため、802.11a と 802.11g 標準の両方を同時にサポートし、成長する WLAN に 108 Mbps の容量を提供します。Cisco Aironet 1130AG シリーズは、AES 暗号化ハードウェアが組み込まれているため、802.11i セキュリティ標準と互換性があり、WPA2 で認証されています。これにより、ネットワークに最も強力なセキュリティを装備しながら、他社の製品との相互運用性も維持します。全方向性のカバレッジで、邪魔にならない形状のダイバーシティ アンテナなどの設計上の特長と、低価格により、総所有コストの削減を実現します。

オフィス環境では、Cisco Aironet 1130AG シリーズは、大容量で高度なセキュリティのエンタープライズ WLAN を実現する適切な価格のソリューションです。


製品仕様

表 2 に、Cisco Aironet 1130AG アクセス ポイントの製品仕様を示します。

表 2 Cisco Aironet 1130AG アクセス ポイントの製品仕様

項目 仕様
製品番号
  • AIR-AP1131AG-P-K9(Cisco IOS ソフトウェア)
  • AIR-LAP1131AG-P-K9(Cisco Unified Wireless Network ソフトウェア)

注: Cisco Aironet 1130AG シリーズを、Cisco IOS ソフトウェアと同時に注文し、LWAPP を使用して Cisco Unified Wireless Network ソフトウェアとともに分散管理型アクセス ポイントとして動作させることができます。集中管理型アクセス ポイントとして動作させる場合は、WLAN コントローラが必要です。

本製品は Japan2(TELEC)対応機種です。各国における使用認可について確認する必要があります。認可状況を確認したり、特定の国に対応する規制区域を確認したりするには、http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/wireless/ps5679/ps5861/
product_data_sheet0900aecd80537b6a_ps430_Products_Data_Sheet.html
[英語] を参照してください。

すべての規制区域が認定済みというわけではありません。規制区域が認定されると、その製品番号がグローバル プライスリストに記載されます。

ソフトウェア
  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.3(8)JA 以降(分散管理型)
  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.3(11)JX 以降(集中管理型)
  • Cisco Unified Wireless Network ソフトウェア リリース 4.0 以降
サポートされるデータ レート
  • 802.11a:6、9、12、18、24、36、48、54 Mbps
  • 802.11g:1、2、5.5、6、9、11、12、18、24、36、48、54 Mbps
ネットワーク規格 IEEE 802.11a/b/g
アップリンク 自動検知式 802.3 10/100BASE-T イーサネット
周波数帯域および動作チャネル

日本(TELEC)

  • 2.412 ~ 2.472 GHz、13 チャネル Orthogonal Frequency Division Multiplexing(OFDM)
  • 2.412 ~ 2.484 GHz、13 チャネル Complementary Code Keying(CCK)
  • 5.15 ~ 5.25 GHz、4 チャネル

日本 - P(TELEC 2 [日本 2] Cnfg)

  • 2.412 ~ 2.472 GHz、13 チャネル OFDM
  • 5.15 ~ 5.35 GHz、8 チャネル
非オーバーラップ チャネル 802.11a:最大 19 802.11b/g: 3
受信感度(標準)

802.11a:

6 Mbps:-87 dBm

9 Mbps:-86 dBm

12 Mbps:-85 dBm

18 Mbps:-84 dBm

24 Mbps:-80 dBm

36 Mbps:-78 dBm

48 Mbps:-73 dBm

54 Mbps:-71 dBm

802.11g:

1 Mbps:-93 dBm

2 Mbps:-91 dBm

5.5 Mbps:-88 dBm

6 Mbps:-86 dBm

9 Mbps:-85 dBm

11 Mbps:-85 dBm

12 Mbps:-84 dBm

18 Mbps:-83 dBm

24 Mbps:-79 dBm

36 Mbps:-77 dBm

48 Mbps:-72 dBm

54 Mbps:-70 dBm

使用可能な送信電力設定(最大電力設定はチャネル、および各国の規制によって異なります)

802.11a:

OFDM:

17 dBm(50 mW)

15 dBm(30 mW)

14 dBm(25 mW)

11 dBm(12 mW)

8 dBm(6 mW)

5 dBm(3 mW)

2 mW(2 dBm)

-1 dBm(1 mW)

802.11b:

CCK:

20 dBm(100 mW)

17 dBm(50 mW)

14 dBm(25 mW)

11 dBm(12 mW)

8 dBm(6 mW)

5 dBm(3 mW)

2 dBm(2 mW)

-1 dBm(1 mW)

802.11g:

OFDM:

17 dBm(50 mW)

14 dBm(25 mW)

11 dBm(12 mW)

8 dBm(6 mW)

5 dBm(3 mW)

2 dBm(2 mW)

-1 dBm(1 mW)

範囲 屋内(見通しのよいオフィス環境での距離): 屋外:

802.11a:

24 m(80 フィート)@ 54 Mbps

45 m(150 フィート)@ 48 Mbps

60 m(200 フィート)@ 36 Mbps

69 m(225 フィート)@ 24 Mbps

76 m(250 フィート)@ 18 Mbps

84 m(275 フィート)@ 12 Mbps

91 m(300 フィート)@ 9 Mbps

100 m(325 フィート)@ 6 Mbps

802.11g:

30 m(100 フィート)@ 54 Mbps

53 m(175 フィート)@ 48 Mbps

76 m(250 フィート)@ 36 Mbps

84 m(275 フィート)@ 24 Mbps

100 m(325 フィート)@ 18 Mbps

107 m(350 フィート)@ 12 Mbps

110 m(360 フィート)@ 11 Mbps

114 m(375 フィート)@ 9 Mbps

122 m(400 フィート)@ 6 Mbps

128 m(420 フィート)@ 5.5 Mbps

134 m(440 フィート)@ 2 Mbps

137 m(450 フィート)@ 1 Mbps

802.11a:

30 m(100 フィート)@ 54 Mbps

91 m(300 フィート)@ 48 Mbps

130 m(425 フィート)@ 36 Mbps

152 m(500 フィート)@ 24 Mbps

168 m(550 フィート)@ 18 Mbps

183 m(600 フィート)@ 12 Mbps

190 m(625 フィート)@ 9 Mbps

198 m(650 フィート)@ 6 Mbps

802.11g:

37 m(120 フィート)@ 54 Mbps

107 m(350 フィート)@ 48 Mbps

168 m(550 フィート)@ 36 Mbps

198 m(650 フィート)@ 24 Mbps

229 m(750 フィート)@ 18 Mbps

244 m(800 フィート)@ 12 Mbps

250 m(820 フィート)@ 11 Mbps

267 m(875 フィート)@ 9 Mbps

274 m(900 フィート)@ 6 Mbps

277 m(910 フィート)@ 5.5 Mbps

287 m(940 フィート)@ 2 Mbps

290 m(950 フィート)@ 1 Mbps

範囲と実際のスループットはさまざまな環境要因により変化するため、個々のパフォーマンスは異なる可能性があります。
適合規格

標準

安全性

  • UL 60950-1
  • CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1
  • UL 2043
  • IEC 60950-1
  • EN 60950-1
  • NIST FIPS 140-2 レベル 2 検証

無線の認可

  • FCC Part 15.247、15.407
  • RSS-210(カナダ)
  • EN 300.328、EN 301.893(欧州)
  • ARIB-STD 33(日本)
  • ARIB-STD 66(日本)
  • ARIB-STD T71(日本)
  • AS/NZS 4268.2003(オーストラリアおよびニュージーランド)

EMI および耐障害性(クラス B)

  • FCC Part 15.107 および 15.109
  • ICES-003(カナダ)
  • VCCI(日本)
  • EN 301.489-1 および -17(欧州)

セキュリティ

  • 802.11i、WPA2、WPA
  • 802.1X
  • AES、TKIP
  • FIPS 140-2 事前検証リスト
  • Common Criteria(Cisco IOS ソフトウェア実行時)

その他

  • IEEE 802.11g および IEEE 802.11a
  • FCC Bulletin OET-65C
  • RSS-102
アンテナ
  • 2.4 GHz
    • ゲイン 3.0 dBi
    • 水平ビーム幅 360 度
  • 5 GHz
    • ゲイン 4.5 dBi
    • 水平ビーム幅 360 度
セキュリティ

認証

セキュリティ標準

  • WPA
  • WPA2(802.11i)
  • Cisco TKIP
  • Cisco Message Integrity Check(MIC)
  • IEEE 802.11 WEP キー(40 ビットおよび 128 ビット)

802.1X EAP タイプ:

  • EAP-Flexible Authentication via Secure Tunneling(EAP-FAST)
  • Protected EAP-Generic Token Card(PEAP-GTC)
  • PEAP-Microsoft Challenge Authentication Protocol Version 2(PEAP-MSCHAP)
  • EAP-Transport Layer Security(EAP-TLS)
  • EAP-Tunneled TLS(EAP-TTLS)
  • EAP-Subscriber Identity Module(EAP-SIM)
  • Cisco LEAP

暗号化

  • AES-CCMP 暗号化(WPA2)
  • TKIP(WPA)
  • Cisco TKIP
  • WPA TKIP
  • IEEE 802.11 WEP キー(40 ビットおよび 128 ビット)
ステータス LED

外部:

  • ステータス LED は、動作ステータス、アソシエーション ステータス、エラー/警告状況、ブート シーケンス、およびメンテナンス ステータスを表示

内部:

  • イーサネット LED は、イーサネット上のアクティビティ ステータスを表示
  • 無線 LED は、無線上のアクティビティ ステータスを表示
寸法(高さ×幅×奥行) 19.1 × 19.1 × 3.3 cm(7.5 × 7.5 × 1.3 インチ)
重量 0.67 kg(1.5 ポンド)
環境仕様
  • 0 ~ 40°C(32 ~ 104°F)
  • 湿度 10 ~ 90%(結露しないこと)
システム メモリ
  • 32 MB RAM
  • 16 MB のフラッシュ
入力電力要件
  • 100 ~ 240 VAC、50 ~ 60 Hz(電源装置)
  • 36 ~ 57 VDC(デバイス)
消費電力 最大 12.2 W
保証 1 年
Wi-Fi 認定



システム要件

表 3 に、Cisco Aironet 1130AG アクセス ポイントのシステム要件を示します。

表 3 Cisco Aironet 1130AG アクセス ポイントのシステム要件

利用するアクセス 説明
ブラウザ Web ブラウザ管理 GUI を使用するには、Internet Explorer バージョン 6.0 以降、または Netscape Navigator バージョン 7.0 以降が稼働するコンピュータが必要
Power over Ethernet(PoE) シスコ インライン パワーまたは IEEE 802.3af に適合した Power Sourcing Equipment(PSE)、48 VDC で少なくとも 12.2 W を供給



サービスおよびサポート

シスコは、お客様がそのネットワーク サービスを最大限に活用するため、各種サービス プログラムを用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツールをそれぞれに組み合わせて提供され、お客様から高い評価を受けています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化しネットワーク インテリジェンスの強化や事業拡張を進めていただくためにシスコのサービスを是非お役立てください。サービスについての詳細は、以下の URL を参照してください。


関連情報

Cisco Aironet 1130AG シリーズの詳細については、次の URL を参照してください。
http://www.cisco.com/jp/go/wireless