Cisco 5500 シリーズ ワイヤレス コントローラ

Cisco 5520 ワイヤレス コントローラ

データ シート





Cisco 5520 ワイヤレス コントローラ



802.11ac Wave2 パフォーマンスのために最適化された Cisco® 5520 ワイヤレス コントローラは、優れた拡張性、豊富なサービス、回復力、柔軟性を備えたプラットフォームで、中規模から大規模なエンタープライズ キャンパスおよびブランチでの展開において次世代のワイヤレス ネットワークを可能にします。

製品の概要

Cisco 5520 ワイヤレス コントローラは、サービス プロバイダーの大規模な導入環境および大規模なキャンパス導入環境に一元化された制御、管理、トラブルシューティング機能を提供します。また、同じコントローラで複数の導入モードをサポートする柔軟性を備えています。たとえば、キャンパスでは Centralized モード、WAN で管理する小規模ブランチでは Cisco FlexConnectTM モード、フル イーサネット ケーブルが利用できない展開ではメッシュ(ブリッジ)モードなどです。このコントローラは、Cisco Unified Wireless Network のコンポーネントとして、Cisco Aironet® アクセス ポイントCisco PrimeTM Infrastructure、および Cisco Mobility Services Engine の間のリアルタイム通信を提供するとともに、他のシスコ コントローラとの相互運用も可能です。

図 1. Cisco 5520 ワイヤレス コントローラ

機能と利点

Cisco 5520 ワイヤレス コントローラは、802.11ac Wave2 のパフォーマンス、高度な拡張性、システム稼働時間において最適化されており、次をサポートします。

  • サブセカンド アクセス ポイントとクライアント フェールオーバーによる途切れのないアプリケーションの可用性。
  • Cisco Application Visibility and Control(AVC)を使用したアプリケーション トラフィックに対する高度な可視性。この技術には、Network Based Application Recognition 2(NBAR2)エンジン、Cisco のディープ パケット インスペクション(DPI)機能が含まれます。ネットワークの帯域幅を節約し、セキュリティを向上させるためにマーク付け、優先順位付け、およびブロックを行えます。お客様はオプションで、Cisco Prime Infrastructure、またはサードパーティの NetFlow コレクタにフローをエクスポートできます。
  • 組み込まれたワイヤレスの個人所有デバイス持ち込み(BYOD)ポリシー分類エンジン。ユーザ グループ ポリシーのクライアント デバイスやアプリケーションの分類が可能になります。
  • ゲスト アクセス、Bonjour、Chromecast サービスの一元化された展開。
  • Cisco TrustSec® テクノロジーによるソフトウェア定義のセグメンテーション。これにより、アクセス コントロール リスト(ACL)のメンテナンス、複雑度、オーバーヘッドが低減されます。
  • 統合された Cisco CleanAir® テクノロジー。業界唯一の自己修復および自己最適化ワイヤレス ネットワークを提供します。
  • シンプル化された GUI ウィザードによるクイック セットアップと直感的なダッシュボードによるモニタリングとトラブルシューティング。

表 1. 機能と利点

機能 利点
スケーラビリティとパフォーマンス
    802.11ac Wave 2 次世代ネットワークを可能にするために最適化されており、次をサポートします。
  • 20 Gbps スループット
  • 1500 アクセス ポイント
  • 20,000 クライアント
  • 4,096 個の VLAN
RF 管理
  • パフォーマンスの向上のためにシグナル干渉をプロアクティブに識別および軽減
  • システム全体に統合された Cisco CleanAir テクノロジーにより、コントローラのネットワーク パフォーマンスを低下させる電波干渉のリアルタイムな情報と履歴情報を提供
屋内および屋外のメッシュ アクセス ポイントによるマルチモード
  • 集中、分散、メッシュによる展開をサポートする多用途のコントローラ。ネットワークの異なる場所で使用でき、中規模のキャンパス、エンタープライズ、およびブランチの各ネットワークで最大の柔軟性を提供
  • コントロール、管理、クライアントのトラブルシューティングの一元化
  • WAN リンク障害時のシームレスなクライアント アクセス(ローカルデータスイッチング)
  • 高セキュリティのゲスト アクセス
  • 効率的なアクセス ポイントのアップグレード:アクセス ポイント イメージのダウンロードに利用できるように WAN リンク使用率を最適化
  • Cisco OfficeExtend テクノロジー。モバイルおよびリモート従業員のための企業ワイヤレス サービスをサポートし、OfficeExtend モード対応の屋内 Cisco Aironet アクセス ポイントへの安全な有線トンネルを提供
包括的なエンドツーエンド セキュリティ
  • リモート WAN リンクを通じたアクセス ポイントとコントローラ間のコントロール プレーンで、Control and Provisioning of Wireless Access Points(CAPWAP)に準拠した Datagram Transport Layer Security(DTLS)による暗号化を実現
  • 管理フレーム保護により、悪意のあるユーザを検出し、ネットワーク管理者に通知
  • Payment Card Industry(PCI)基準に準拠した不正検出
  • 不正なアクセス ポイントの検出と、サービス拒否攻撃からの保護
エンドツーエンド音声機能
耐障害性および高可用性
  • サブセカンド アクセス ポイントとクライアント フェールオーバーによる途切れのないアプリケーションの可用性
  • マルチ 1 ギガビット イーサネットまたは 10 ギガビット イーサネットの接続
  • ソリッド ステートのデバイスベースのストレージ:可動部分無し
  • オプションのホットスワップ可能な冗長電源。段階的なシステム ダウンタイムなし
  • システムの迅速な再起動によるシステム アップタイムの向上
シスコのエンタープライズ ワイヤレス メッシュ
  • アクセス ポイントは、有線ネットワークに接続せずに、動的にワイヤレス接続を確立
  • 一部の Cisco Aironet アクセス ポイントで提供されるエンタープライズ ワイヤレス メッシュは、倉庫、製造現場、ショッピング センターなど、有線による接続拡張が困難、または外観を損ないたくない場合に最適
WLAN Express 設定
  • シンプル化された GUI ウィザードによるクイック セットアップと直感的なダッシュボードによるモニタリングとトラブルシューティング。
高パフォーマンスなビデオ
  • Cisco VideoStream テクノロジーは、WLAN 全体でビデオ アプリケーションのデリバリを最適化します
IPv6 およびデュアル スタック クライアントのモビリティ、セキュリティ、管理
  • セキュアで信頼性の高いワイヤレス接続と、一貫したエンドユーザ エクスペリエンス
  • 既知の脅威に対するプロアクティブなブロックによってネットワーク可用性を向上
  • Cisco Prime Infrastructure から IPv6 の計画、トラブルシューティング、クライアント追跡が可能
環境への配慮
  • オフピーク時にアクセス ポイントの無線をオフにすることで、消費電力を節減可能

ライセンス

Cisco 5520 ワイヤレス コントローラは、より迅速な導入を可能にするright-to-use(エンド ユーザ ライセンス契約 [EULA] の同意あり)を提供、ビジネス ニーズの拡大に合わせてアクセス ポイント(最大 1500 台のアクセス ポイント)を柔軟に追加できます。

  • アクセス ポイントのキャパシティ ライセンスを必要に応じて追加可能
  • Right-to-use ライセンス(EULA の同意あり)でより迅速かつ容易なライセンス利用が可能

Cisco 5520 ワイヤレス コントローラは、リリース 8.2 以降、Cisco Smart Software ライセンスを使用してライセンスを有効にするオプションも提供しています。Cisco Smart Software ライセンスは、簡単にライセンスのモニタリングと使用ができるように設計されています。

  • 所有するライセンスと使用状況をリアルタイムで確認してライセンスを管理可能
  • ライセンス権限を 1 つのアカウントにプール。ライセンスは、ネットワークで必要なところに自由に移行可能

製品仕様

表 2.製品仕様

項目 仕様
ワイヤレス IEEE 802.11a、802.11b、802.11g、802.11d、WMM/802.11e、802.11h、802.11n、802.11k、802.11r、802.11u、802.11w、802.11ac Wave1 および Wave2
有線/スイッチング/ルーティング IEEE 802.11a、802.11b、802.11g、802.11d、WMM/802.11e、802.11h、802.11n、802.11k、802.11r、802.11u、802.11w、802.11ac Wave1 および Wave2
Data Request For Comments(RFC)
  • RFC 768 UDP
  • RFC 791 IP
  • RFC 2460 IPv6
  • RFC 792 ICMP
  • RFC 793 TCP
  • RFC 826 ARP
  • RFC 1122 インターネット ホストの要件
  • RFC 1519 CIDR
  • RFC 1542 BOOTP
  • RFC 2131 DHCP
  • RFC 5415 CAPWAP プロトコル 仕様
  • RFC 5416 802.11 向け CAPWAP バインディング
セキュリティ規格
  • Wi-Fi Protected Access(WPA)
  • IEEE 802.11i(WPA2、RSN)
  • RFC 1321 MD5 Message Digest アルゴリズム
  • RFC 1851 ESP トリプル DES 変換
  • RFC 2104 HMAC:メッセージ認証用の鍵付きハッシュ
  • RFC 2246 TLS プロトコル バージョン 1.0
  • RFC 2401 インターネット プロトコルのためのセキュリティ アーキテクチャ
  • RFC 2403 ESP および AH における HMAC-MD5-96
  • RFC 2404 ESP および AH における HMAC-SHA-1-96
  • RFC 2405 明示的 IV を伴う ESP DES-CBC 暗号アルゴリズム
  • RFC 2407 ISAKMP の解釈
  • RFC 2408 ISAKMP
  • RFC 2409 IKE
  • RFC 2451 ESP CBC モード暗号アルゴリズム
  • RFC 3280 Internet X.509 PKI 証明書および CRL プロファイル
  • RFC 4347 データグラム トランスポート層セキュリティ
  • RFC 5426 TLS プロトコル バージョン 1.2
暗号化
  • WEP および TKIP-MIC:RC4 40、104、および 128 ビット(静的キーと共有キーの両方)
  • AES:CBC、CCM、CCMP
  • DES:DES-CBC、3DES
  • SSL および TLS:RC4 128 ビットと、RSA 1024 ビットおよび 2048 ビット
  • DTLS:AES-CBC
  • IPSec:DES-CBC、3DES、AES-CBC
  • 802.1AE MACsec 暗号化
認証、許可、およびアカウンティング(AAA)
  • IEEE 802.1X
  • RFC 2548 Microsoft ベンダー固有の RADIUS 属性
  • RFC 2716 PPP EAP-TLS
  • RFC 2865 RADIUS 認証
  • RFC 2866 RADIUS アカウンティング
  • RFC 2869 RADIUS 拡張
  • RFC 2867 RADIUS トンネル アカウンティング
  • RFC 3576 RADIUS の動的許可拡張機能
  • RFC 5176 RADIUS への動的許可拡張機能
  • RFC 3579 EAP の RADIUS サポート
  • RFC 3580 IEEE 802.1X RADIUS ガイドライン
  • RFC 3748 Extensible Authentication Protocol(EAP)
  • Web ベース認証
  • 管理ユーザのための TACACS サポート
管理
  • 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)v1、v2c、v3
  • RFC 854 Telnet
  • RFC 1155 TCP/IP ベースのインターネットの管理情報
  • RFC 1156 MIB
  • RFC 1157 SNMP
  • RFC 1213 SNMP MIB II
  • RFC 1350 TFTP
  • RFC 1643 イーサネット MIB
  • RFC 2030 SNTP
  • RFC 2616 HTTP
  • RFC 2665 Ethernet-Like インターフェイス タイプ MIB
  • RFC 2674 トラフィック クラス、マルチキャスト フィルタリング、および仮想拡張機能を使用したブリッジのマネージド オブジェクトの定義
  • RFC 2819 RMON MIB
  • RFC 2863 インターフェイス グループ MIB
  • RFC 3164 Syslog
  • RFC 3414 SNMPv3 のユーザベース セキュリティ モデル(USM)
  • RFC 3418 SNMP MIB
  • RFC 3636 IEEE 802.3 MAU のマネージド オブジェクトの定義
  • シスコのプライベート MIB
管理インターフェイス
  • Web ベース:HTTP/HTTPS
  • コマンドライン インターフェイス:Telnet、Secure Shell (SSH)プロトコル、シリアル ポート
  • Cisco Prime Infrastructure
インターフェイスおよびインジケータ
  • 10 ギガビット イーサネット インターフェイス x 2 または 1 ギガビット イーサネット インターフェイス x 2
  • Small Form-Factor Pluggable Plus(SFP+)オプション(Cisco SFP+ のみサポート、S クラス光モジュール含む)
  • Small Form-Factor Pluggable(SFP)オプション(Cisco SFP のみサポート、S クラス光モジュール含む)
  • サービス ポート x 1:1 ギガビット イーサネット ポート(RJ-45)
  • 冗長性ポート x 1:1 ギガビット イーサネット ポート(RJ-45)
  • Cisco Integrated Management Controller ポート x 1:10/100/1000 イーサネット(RJ-45)
  • コンソール ポート x 1:シリアル ポート(RJ-45)
  • LED インジケータ:ネットワーク リンク、診断
寸法
  • 寸法(WxDxH):48.2 x 78.7 x 4.32 cm (18.98 x 30.98 x 1.70 インチ)ハンドルを含む
  • 重量:13.6 kg(30 lb)電源 x 1
環境条件 温度:
  • アプライアンス動作環境:5° 〜 35°C(41° 〜 95°F )、最大温度は海抜 305m(1000 ft)ごとに 1.0°C 下げる
  • アプライアンス非動作環境:-40° 〜 65°C(-40° 〜 149°F)
湿度:
  • アプライアンス動作環境:10% 〜 90%、28°C(82°F)結露なし
  • アプライアンス非動作環境:5% 〜 93% で 28°C(82°F)
高度:
  • アプライアンス動作環境:0 〜 3000m (0 〜 10,000 ft)
  • アプライアンス非動作環境:0 〜 12,192m (0 〜 40,000 ft)
電源入力:
  • AC 入力周波数範囲:47 〜 63 Hz
  • 入力電圧範囲:
    • 最小: 90 VAC
    • 最大: 264 VAC
    • 最大電力:190 W
  • 入力 kiloVolt-Amperes(kVA)、概算値:
    • 最小:0.090 kVA
    • 最大:0.700 kVA
  • 熱放散:650 BTU/時
  • 音声レベル測定:
    • A 特性 ISO7779 LpAm(dBA)、25°C(77°F)で動作:49.3
適合認定 CE マーキング(指令 2004/108/EC および 2006/95/EC)
安全性:
  • UL 60950-1 第 2 版
  • CAN/CSA-C22 2 No. 60950-1 第 2 版
  • EN 60950-1 第 2 版
  • IEC 60950-1 第 2 版
  • AS/NZS 60950-1
  • GB4943 2001
EMC - エミッション:
  • 47CFR Part 15(CFR 47)クラス A
  • AS/NZS CISPR22 クラス A
  • EN55022 クラス A
  • ICES003 クラス A VCCI クラス A
  • EN61000-3-2 EN61000-3-3 KN22 クラス A
  • CNS13438 クラス A
EMC - イミュニティ:
  • EN55024
  • CISPR24
  • EN300386
  • KN24


保証に関する情報

保証については、Cisco.com の「製品保証」[英語] ページを参照してください。

Cisco 5520 ワイヤレス コントローラには次の保証が含まれます。

  • 3 年間の部品保証
  • 10 営業日 AR:シスコまたはその代理店では、RMA 要求の受領から 10 営業日以内に交換部品を出荷するよう、商業上合理的な努力をします。実際の配送期間は、お客様の所在地域によって異なります。

この保証には、90 日間のソフトウェア保証、および BIOS、ファームウェア、ドライバの継続的ダウンロードも含まれます。


購入方法

購入の際の製品番号を、表 3 に示します。シスコ製品の購入方法については、購入案内ページを参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには、Cisco Software Center にアクセスしてください。

表 3. 購入方法

製品名 製品番号 SMARTnet 8x5xNBD
Cisco 5520 ワイヤレス コントローラ AIR-CT5520-K9 CON-SNT-AIRT5520
Cisco 5520 ワイヤレス コントローラ(50 アクセス ポイント ) AIR-CT5520-50-K9 CON-SNT-AIRT5550
Cisco 5520 ワイヤレス コントローラ アップグレード SKU LIC-CT5520-UPG
Cisco 5520 ワイヤレス コントローラ 1 アクセス ポイント追加ライセンス LIC-CT5520-1A CON-SNT-LICT5520
Cisco 5520 ワイヤレス コントローラ DTLS ライセンス LIC-CT5520-DTLS-K9
Cisco ワイヤレス コントローラ 5520 および 8540 用スペア SSD AIR-SD240G0KS2-EV=
スペア ファン:Cisco 5520 ワイヤレス コントローラ AIR-FAN-C220M4=
レール マウント キット UCSC-RAILB-M4=


シスコ サービス

アセスメント サービスで次世代のワイヤレス ネットワークに備えてください。投資要件を特定することによって実装コストと導入遅延を低減するのに役立ちます。当社のサービスにより、新しいソリューションを運用チームがサポートしやすくなります。

Cisco SMARTnet® サービスを活用することで、ビジネスのサポート コストを削減できます。柔軟なハードウェア カバレッジ、Cisco エンジニアへの常時アクセス、さらには幅広いリソース、ツール、トレーニングによって、ダウンタイムを削減できます。

Cisco Capital

目標達成を支援する融資

CCisco Capital は、お客様が目標の達成と競争力の維持に必要なテクノロジーを導入できるよう支援します。CapEx の削減をサポートし、成長を加速させ、投資金額と ROI を最適化します。Cisco Capital ファイナンス プログラムを利用すると、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、補完的なサードパーティ製機器を柔軟に取得することができます。また、それらの購入を 1 つにまとめた計画的なお支払い方法をご用意しています。シスコ キャピタルは 100 ヵ国以上でサービスを利用できます。 詳細はこちら


関連情報

Cisco 5520 ワイヤレス コントローラの詳細については、次を参照してください。

http://www.cisco.com/jp/go/5520wc