Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント

Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。

データ シート





Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント


Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントは、先進的な RF 機能を備え、WLAN のパフォーマンス、セキュリティ、信頼性、および管理性を最大限に高めることができ、さまざまな展開に利用できます。この製品によって、シスコはすべての企業環境に適した WLAN ソリューションを可能にしています。

図 1 Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント

図 1 Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント

Cisco® Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントは、Cisco Wireless LAN Controller および Wireless Control System 管理ツールとともに動作するように設計されています。Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントは、802.11a、802.11b、802.11g 準拠のデュアル帯域をサポートし、ダイナミックかつリアルタイムでの RF 管理を行うエア モニタリングの同時実行が可能です。また、Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントは、レイヤ 2 暗号化などの時間に敏感な機能をサポートしているため、シスコの WLAN で音声/ビデオ/データ アプリケーションを安全に提供できます(図 2)。

図 2 企業全体の RF インテリジェンス

図 2 企業全体の RF インテリジェンス
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon

Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントは、データ フォワーディングとエア モニタリングを同時に行うため、モニタリング専用のノードを追加する必要がなく、無線ネットワークの運用コストを削減できます。また、ネットワークの設計と展開が簡素化されるとともに、リアルタイム モニタリングの範囲が無線インフラストラクチャの隅々にまで拡張されるため、RF セキュリティを最大限に高めることができます(図 3)。

図 3 統合されたエア モニタリングとデータ サービス

図 3 統合されたエア モニタリングとデータ サービス


多様な展開オプション

Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントは、2.4 および 5 GHz の内蔵無線とセクタ アンテナを装備し、1020 および 1030 モデルには、オプションの外部アンテナを接続するための RP-TNC コネクタが付いています。Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントは、規制制限により 5 GHz での導入ができない場合でも、2.4 GHz のシングル帯域で使用できます。マルチモード 802.11 a/b/g アクセス ポイントを使用することで、柔軟な展開と投資保護が可能になります。また、すべてのモデルは UL 2043 に準拠しており、プレナム域での設置など、ほぼすべての建物での展開に対応しています。これらのデバイスは、IEEE 802.3af Power over Ethernet(PoE)および自動 MDI/MDIX をサポートし、標準ベースの無線 QoS(Quality of Service)を提供しているため、さらに柔軟な展開が可能です。また、Cisco Lightweight アクセス ポイントは、Lightweight Access Point Protocol(LWAPP)を使用して自動的に最適な Cisco Wireless LAN Controller を検出し、適切なポリシーおよび設定情報をダウンロードできるため、手動での操作が必要ありません。

Cisco Aironet 1000 シリーズには、802.11a、802.11b、802.11g 準拠の 2.4 および 5 GHz のデュアル帯域をサポートする、AP1010、AP1020、AP1030 の 3 種類のアクセス ポイント製品モデルがあります。また、規制制限により 5 GHz での導入ができない場合でも、802.11g および 802.11b をサポートする 2.4 GHz のシングル帯域で使用できます。すべてのモデルが Cisco Wireless LAN Controller および Wireless Control System 管理ツールと相互運用します。各モデルはさまざまなアプリケーションの構成例に合わせて最適化されます。

AP1010 は、2 つの統合セクタ アンテナを装備しています。AP1010 は、容易な展開および予測可能なカバレッジ パターンを実現するオフィスや、それに類似した環境向けに設計されています。

AP1020 は、統合セクタ アンテナと外部アンテナ用の RP-TNC コネクタの両方を装備しています。多様なシスコ製アンテナから選択することで、お客様はさまざまなカバレッジの形状とサイズを実現できます。AP1020 は、要求の厳しい RF 環境向けに設計されているため、柔軟な導入が可能です。

AP1030 は、統合セクタ アンテナと外部アンテナ用の RP-TNC コネクタ、および特定の各種アプリケーション用に設計されたソフトウェア機能の拡張セットを備えています。

  • Remote Edge Access Point(REAP)機能により、Wireless LAN Controller から AP1030 をリモートで展開し、ブランチ オフィスや小規模の小売店に合わせて最適化できます。AP1030 は、 AP1010 および 1020 と同じ LAN セキュリティ、パフォーマンス、RF 管理機能を提供し、T1、フレーム リレー、ATM、DSL、ISDN、スイッチド 56k など、ほとんどの標準的な WAN テクノロジーをサポートします。これらの機能により、SSID、セキュリティ パラメータ、およびソフトウェア ロードの一元的な管理が可能になり、統合された WLAN サービスを企業全体で利用できるようになります。
  • 無線バックホール機能は、イーサネットへのアクセスが不可能または非現実的な場所にアクセス ポイントが展開されている場合に最適です。AP1030 を使用すると、内蔵無線のいずれかを、有線アップリンクを持つ従来の(ルート)アクセス ポイントに直接関連付けられる無線アップリンクとして設定できます。無線バックホール機能は、工場、倉庫、航空機や飛行船の格納庫、および比較的小規模な屋外で展開する場合に最適です。
  • ポイントツーポイントおよびポイントツーマルチポイント ブリッジング機能がサポートされています。この機能を利用すると、Cisco 1030 アクセス ポイントの各イーサネット インターフェイスは有線ネットワークに接続されると同時に、2.4 または 5 GHz の RF インターフェイスがネットワークに無線で接続され、ネットワークは 1 つの管理ドメイン * に結合されます。最大 1.6 km(1 マイル)のオプションの外部アンテナ範囲により、AP1030 をケーブルや T-1 回線の代わりとして安価に利用でき、永続的または一時的にキャンパス施設を結合できます。

* 注: Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントを 2.4 GHz のシングル帯域で使用した場合には、ブリッジング機能をサポートしません。


導入のメリット

Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントのなかには、柔軟なカバレッジを必要とする企業環境および展開向けに設計されたモデルがあり、複数のアンテナ、範囲、および設置オプションが選択できます。たとえば、大学のキャンパスでは、Cisco Aironet 1010 Lightweight アクセス ポイントを使用して、教室に WLAN を配置できます。講堂や公共スペースで範囲を拡張したり、特殊なカバレッジ パターンに対応したりするには、Cisco Aironet 1020 Lightweight アクセス ポイントと高利得外部アンテナを導入します。

Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントは簡単にソフトウェア アップグレードができるため、多数のアクセス ポイントが存在する大規模な企業の WLAN 環境にも対応できます。ソフトウェアに変更があると、Cisco Wireless LAN Controller からすべてのアクセス ポイントに自動的に変更が適用されるため、アップグレードがスムーズかつコスト効率よく行われ、アクセス ポイントを手動で設定しなくても、新しい無線規格をサポートできます。この機能により、シスコの WLAN システム全体でソフトウェアの一貫性が自動的に確保されるため、ネットワーク全体の相互運用性が高まります。


機能と利点

表 1 に、Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの機能と利点を示します。

表 1 Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの機能と利点

機能 利点
標準ベースの LWAPP
  • Lightweight アクセス ポイントと Wireless LAN Controller の間でセキュアな通信が可能
  • 将来的にも有望な WLAN 投資
手動操作不要の設定と管理
  • 無線ネットワークの展開に必要なコストと時間を削減
  • 日常の操作を大幅に簡素化
エア モニタリングとデータ サービスの同時実行
  • 機器の要件を最小化
  • ネットワーク設計を簡素化
  • ネットワーク全体の完全なリアルタイム モニタリングによりセキュリティを向上
内部および外部アンテナ オプション
  • 柔軟な展開および再展開オプションを提供
セキュリティ
  • 既存および計画済みのセキュリティ ポリシーを使用
  • 侵入防御により、近接するビジネスまたは悪意のあるユーザの無線ネットワークへの侵入を防止
  • 不正なアクセス ポイントを検出して阻止
QoS
  • 領域のリソースを効率的に管理



まとめ

Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントは、企業での展開に適しています。802.11a および 802.11b/g 準拠のデュアル帯域と統合アンテナにより、最も要件の厳しいアプリケーションのパフォーマンス要件にも対応できる柔軟性を提供するだけでなく、相互運用可能な IEEE 802.11i セキュリティのサポートと容易な展開を可能にする、セキュリティおよび管理機能を備えています。Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントは、規制制限により 5 GHz での導入ができない場合でも、2.4 GHz のシングル帯域で使用できます。Cisco Aironet 1000 シリーズの Cisco Aironet 1010 は、アンテナを内蔵しているため、展開が容易です。Cisco Aironet 1020 は、さまざまなオプションの外部アンテナを接続できる RP-TNC アンテナ コネクタを装備しているため、多様なカバレッジに対応できます。Cisco Aironet 1030 は、センターの Cisco Wireless LAN Controller で制御するリモート サイトやリモート オフィスを連結するのに適したソリューションです。Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントは、セキュアでスケーラブルなエンタープライズ クラスの WLAN を企業環境で実現する、先進的なアクセス ポイントです。


製品仕様

表 2 に、Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの製品仕様を示します。

表 2 Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの製品仕様

項目 仕様
サポートされるデータ レート
  • 802.11a:6、9、12、18、24、36、48、54 Mbps
  • 802.11b:1、2、5.5、11 Mbps
  • 802.11g:1、2、5.5、6、9、11、12、18、24、36、48、54 Mbps
アップリンク
  • Carrier-Sense Multiple Access/Collision Avoidance(CSMA/CA; 搬送波感知多重アクセス/衝突回避)
周波数帯域および動作チャネル
  • 802.11a:5.15 ~ 5.25 GHz、5.25 ~ 5.35 GHz、5.47 ~ 5.725 GHz 、5.725 ~ 5.825 GHz
  • 802.11b:2.412 ~ 2.472 GHz
  • 802.11g:2.412 ~ 2.484 GHz
非オーバーラップ チャネル
  • 802.11a:AIR-AP10x0-J-K9 では最大 4、AIR-AP10x0-P-K9 では最大 8
  • 802.11b/g:最大 3
  • 各国の規制認可による
無線変調
  • 802.11a:Orthogonal Frequency Division Multiplexing(OFDM)
  • 802.11b:Direct sequence spread spectrum(DSSS)
  • 802.11g:DSSS および OFDM
受信感度(標準) 802.11a:
  • -73 dBm(54 Mbps 時)
  • -75 dBm(48 Mbps 時)
  • -80 dBm(36 Mbps 時)
  • -83 dBm(24 Mbps 時)
  • -87 dBm(18 Mbps 時)
  • -89 dBm(12 Mbps 時)
  • -90 dBm(9 Mbps 時)
  • -91 dBm(6 Mbps 時)
802.11b:
  • -75 dBm(11 Mbps 時)
  • -91 dBm(5.5 Mbps 時)
  • -92 dBm(2 Mbps 時)
  • -94 dBm(1 Mbps 時)
802.11g:
  • -73 dBm(54 Mbps 時)
  • -75 dBm(48 Mbps 時)
  • -80 dBm(36 Mbps 時)
  • -84 dBm(24 Mbps 時)
  • -87 dBm(18 Mbps 時)
  • -90 dBm(12 Mbps 時)
  • -89 dBm(11 Mbps 時)
  • -91 dBm(9 Mbps 時)
  • -91 dBm(6 Mbps 時)
  • -91 dBm(5.5 Mbps 時)
  • -92 dBm(2 Mbps 時)
  • -94 dBm(1 Mbps 時)
使用可能な送信電力設定
  • 100、50、25、12.5、6.25%
  • 802.11a:50 mW(17 dBm)伝導性
  • 802.11b:100 mW(20 dBm)伝導性
  • 802.11g:100 mW(20 dBm)伝導性
  • 最大電力設定は、チャネルおよび各国の規格によって異なる
アンテナ コネクタ
  • AIR-AP1010-J-K9 および AIR-AP1010-P-K9:なし
  • AIR-AP1020-J-K9、AIR-AP1020-P-K9、AIR-AP1030-J-K9 および AIR-AP1030-P-K9:
    • 802.11a:RP-TNC オス コネクタ× 1
    • 802.11b/g:RP-TNC オス コネクタ× 2
統合アンテナ
  • 1000 シリーズ
    • 802.11a/b/g:180 度セクタ アンテナ× 2
    • 2.4 GHz:ゲイン 5.5 dBi
    • 5 GHz:ゲイン 6 dBi
適合規格 安全性
  • UL 60950、Third Edition
  • UL 2043
  • EN 50385:2002
  • RSS102
  • FCC OET 65
電気安全性
  • UL 60950-1:2003、First Edition
  • CSA C22.2 No. 60950-1-03
無線の認可
  • 米国:FCC Part 15 Subpart C および E
  • EN 300 328 V1.4.1
  • EN 301 893 V1.2.3
  • カナダ:RSS-210
  • 欧州:EN 301.893、EN 300.328
  • 日本:ARIB STD-33A/STD-T66、ARIB STD T-71
  • EN 60601-1-2 EMC 要件(Medical Directive 93/42/EEC)
EMI および感受性(クラス A)
  • 米国:FCC Part 15.107 および 15.109
  • カナダ:ICES-003
  • 日本:VCCI
  • 欧州:EN 55022、EN 55024、EN 301.489-1 および -17
EMC(電磁適合性)
  • EN 60601-1-2: 1993 クラス B
  • EN 301 489-17 V1.2.1、EN 301 489-1 V1.4.1
  • クラス B デジタル デバイス用 FCC ルールの Part 15 の Subpart B
  • カナダ ICES 003 1997 クラス B
  • VCCI クラス B
  • EN 55022:1994、クラス B、1995 年 Amendment A1 により変更、1997 年 Amendment A2 により変更
電源装置の安全性
  • AIR-PWR-1000=
  • AIR-PWRINJ-1000AF=
  • 米国、EU、世界各地:UL リスト、TUV/GS マーク、CE マーク、CB 方式、USL/CSL per UL60950
  • 日本 PSE
その他の標準
  • イーサネット IEEE 802.3/IEEE 802.3u
  • IEEE 802.3af PoE
インターフェイスおよびインジケータ
  • ネットワーク:10/100 Mbps イーサネット(RJ-45 リンク、アクティビティ)
  • その他のインジケータ:電源、アラーム
寸法(高さ×幅×奥行)
  • 1000 シリーズ
    • 24.4 × 14.5 × 4.1 cm(9.6 × 5.7 × 1.6 インチ)
重量
  • アクセス ポイントと天井クリップ:0.6 kg(1.3 ポンド)
  • オプションの壁面ブラケット キットを使用したアクセス ポイント:1 kg(2.2 ポンド)
環境仕様
  • 動作時:0 ~ 50°C(32 ~ 122°F)
  • 動作湿度:10 ~ 95%(結露しないこと)
  • 保管時:-25 ~ 70°C(-13 ~ 158°F)
  • 保管湿度:最大 95%
電力
  • 48 VDC、250 mA、10 W
  • PoE(IEEE 802.3af)
  • AC 電源装置(AIR-PWR-1000=)(オプション)
保証
  • 1 年
Wi-Fi 認証
  • 802.11a/b/g
  • Wi-Fi Protected Access(WPA)および WPA 2(個人、企業)



発注情報

表 3 に、Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの発注情報を示します。シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」を参照してください。

表 3 Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの製品番号

製品番号 製品名
AIR-AP1010-J-K9 Cisco Aironet 1000 シリーズ 802.11a/b/g アクセス ポイント、アンテナ内蔵、日本設定
AIR-AP1020-J-K9 Cisco Aironet 1000 シリーズ 802.11a/b/g アクセス ポイント、アンテナ内蔵、RP-TNC コネクタ付き、日本設定
AIR-AP1030-J-K9 Cisco Aironet 1000 シリーズ 802.11a/b/g リモート エッジ アクセス ポイント、アンテナ内蔵、RP-TNC コネクタ付き、日本設定
AIR-AP1010-P-K9 Cisco Aironet 1000 シリーズ 802.11a/b/g アクセス ポイント、アンテナ内蔵、日本 2 設定
AIR-AP1020-P-K9 Cisco Aironet 1000 シリーズ 802.11a/b/g アクセス ポイント、アンテナ内蔵、RP-TNC コネクタ付き、日本 2 設定
AIR-AP1030-P-K9 Cisco Aironet 1000 シリーズ 802.11a/b/g リモート エッジ アクセス ポイント、アンテナ内蔵、RP-TNC コネクタ付き、日本 2 設定
AIR-PWR-1000= Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント用電源装置
AIR-ACC-WBRKT1000= Cisco Aironet 1000 シリーズ壁面マウント ブラケット キット
AIR-ACC-CEBZL1000= Cisco Aironet 1000 シリーズ天井マウント ベゼル キット
AIR-PWRINJ-1000AF= Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイント用 802.3af パワー インジェクタ


注:

  1. PoE を使用していないアクセス ポイントを導入しているお客様は、電源装置(AIR-PWR-1000=)または Cisco 802.3af パワー インジェクタ(AIR-PWRINJ-1000AF=)と、対応する電源コードを別途発注する必要があります。
  2. 天井タイル レール マウント用の T-BAR は、1000 シリーズに付属しています。その他の方法で設置する場合は、壁面マウント キットまたは天井マウント ベゼル キットを別途発注する必要があります。
  3. Cisco Aironet 1020 および 1030 モデル Lightweight アクセス ポイント用の外部アンテナは、オプションとして別途販売されています。

サービスおよびサポート

シスコは、お客様がそのネットワーク サービスを最大限に活用するため、各種サービス プログラムを用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツールをそれぞれに組み合わせて提供され、お客様から高い評価を受けています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化しネットワーク インテリジェンスの強化や事業拡張を進めていただくためにシスコのサービスを是非お役立てください。サービスについての詳細は、以下の URL を参照してください。


関連情報

Cisco Aironet 1000 シリーズ Lightweight アクセス ポイントの詳細については、以下の URL を参照してください。
http://www.cisco.com/jp/product/hs/wireless/1000lap/

Cisco Lightweight Wireless LAN ソフトウェア リリースの詳細については、以下の URL を参照してください。
http://www.cisco.com/jp/go/wireless/

Cisco Unified Wireless Network の詳細については、以下の URL を参照してください。
http://www.cisco.com/jp/go/unifiedwireless/

お問い合わせ