Cisco WebEx Connect IM

Cisco UC Integration for Cisco WebEx Connect 7.1


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。


データ シート





Cisco UC Integration™ for Cisco WebEx Connect 7.1



Cisco Unified Communications は、固定およびモバイル ネットワーク上に音声、ビデオ、データ、およびモバイルのアプリケーションを連携させて、いつでもどこからでも容易にコラボレーションを実現するソリューションです。


製品の概要


Cisco UC Integration™ for Cisco WebEx Connect は、高機能な Cisco Unified Communications へ WebEx™ Connect から即座にアクセスできるようにする、導入の簡単なデスクトップ統合ソリューションです(図 1)。密接に連携することで、Cisco Unified Communications サービス(ソフトフォン、通話中制御、デスクフォン制御、電話のプレゼンス、ビデオ、Web 会議)を PC 上の WebEx Connect から直接利用でき、透過的な接続とコミュニケーションが可能になります。

このデスクトップ統合により、Cisco WebEx Collaboration Cloud の持つ迅速な導入や総所有コスト(TCO)に関する利点と、オンプレミス(自社運用)ネットワーク サービスの利点(帯域幅の管理や企業ポリシーの制御など)が組み合わされます。

図 1 Cisco UC Integration™ for Cisco WebEx Connect

図 1 Cisco UC Integration™ for Cisco WebEx Connect


Cisco UC Integration™ for Cisco WebEx Connect の利点


Cisco UC Integration™ for WebEx Connect を利用すると、共通の統合クライアント サービス フレームワークを活用して、次のことを実現できます。

  • 生産性の向上:社員、パートナー、取引先、およびお客様と、どこからでもすばやく連絡をとることができます。連動しているシスコ IP ソフトフォン機能でビジネスクラスのコミュニケーションを実現します。
  • コミュニケーションの効率化:電話のプレゼンス情報の表示、会社のボイスメールおよびコミュニケーション履歴へのアクセスが可能になり、デスクトップからクリック 1 つで机の上のCisco Unified IP Phone から電話をかけられます。
  • コラボレーションの強化:すべてのコールにおいて、必要に応じて参加者を追加することができ、電話会議にすばやく簡単に移行できます。
  • 複雑さの軽減:導入が容易なデスクトップ統合により、Cisco Unified Communications Manager の機能特性を直接デスクトップまで拡張します。

Cisco UC Integration™ for Cisco WebEx Connect の機能


Cisco UC Integration™ for WebEx Connect は直感的な設計で使いやすく、Cisco Unified Communications のさまざまな機能に簡単にアクセスできます(表 1 を参照)。

表 1 Cisco UC Integration™ for Cisco WebEx Connect の機能と利点

機能 利点
コール セットアップ
右クリックで連絡先リストまたはインスタント メッセージング(IM)のセッションから電話または Web 会議コールを発信 電話をかける相手のプレゼンスを確認してから、名刺の電話番号をクリックしてすばやく電話をかけられます。
ディレクトリ検索結果からの発信 アドレス帳で連絡先を検索するか、電話番号を入力して右クリックすることで電話をかけられます。
ダイヤル パッドから直接ダイヤル 使いやすいダイヤル パッド インターフェイスにより、生産性が向上します。
着信通知 着信アラートを受け取ることができます。アラートでは、応答するか、ボイスメールへコールを転送するかを選択できます。Cisco UC Integration™ for WebEx Connect に付属のソフトフォンを使用すると、ノート PC またはデスクトップ PC の使用場所にかかわらずコールに応答できます。
通話履歴表示 応答できなかったコール、発信および着信したコールを WebEx Connect から直接、参照できます。
コール転送 WebEx Connect を使用していない場合は、すべてのコールを携帯電話など別の番号に転送できます。
通話中の機能
会話情報 発信者名、ナンバー ディスプレイ、コール ステータス、および参加者に関する情報(プレゼンスおよび通話時間)など、現在の会話に関する情報を視覚的に確認できます。画面上の会話ウィンドウから直接、通話中制御機能に容易にアクセスできます。
コール制御 このソリューションでは、Cisco Unified Communications Manager の実証済みで信頼性の高いコール制御機能が利用できます。たとえば、Dual Tone Multi Frequency(DTMF; デュアル トーン多重周波数)、コール ウェイティング、ミュート、会議、リダイヤル、保留、解除、コールの音量調節機能などです。
統合型 IM 会話ウィンドウは IM ウィンドウに統合され、IM や音声コールへ簡単に移行できます。
動作モード
ソフトフォン モード(SIP ベース) デスクトップ PC またはノート PC で企業のネットワークにアクセスできる場所であれば、どこからでもコールの発着信が可能です。
デスクフォン制御(CTI ベース) オフィスに在席中、デスクトップ PC またはノート PC からデスクフォンを制御できます。
モード間のユーザ切り替え デスクフォン モードとソフトフォン モードを切り替えられます。
音声サポート
G.722、G.711、G.729a コーデック、および Internet Low Bitrate Codec(iLBC)音声コーデック 標準ベースの音声コーデックにより、エンタープライズクラスの品質を確保できます。
Secure Real-Time Transport Protocol(SRTP) 音声トラフィックでは SRTP が使用され、暗号化には Advanced Encryption Standard 128(AES-128)が使用されます。
プレゼンスと応答可能性
Cisco WebEx アプリケーションに基づいたプレゼンス WebEx Connect でコールの発着信を行うとプレゼンスのステータスが更新されるため、それを他の人が参照することによって、通話中であることが確認できます (Cisco Unified Presence Server は不要です)。
Do not disturb Do-not-disturb 機能は、Cisco WebEx Connect または Cisco Unified IP Phone から設定できます。
最近の電話アクティビティの表示 最近の発信コール、応答できなかったコール、および着信コールを表示して、新しいコールを開始するか、相手の連絡先カードを表示できます。
モビリティ機能
シングル ナンバー リーチ 使用しているデバイス(固定電話、携帯電話)にかかわらず、1 つの電話番号を使用できます。
内線のモビリティ オフィスを離れても、Cisco WebEx Connect を使用して別の IP 電話にログインできます。
ユーザおよびサポート ツール
コール統計(ソフトフォンのみ) 通話中の会話に関する詳細を表示できます(使用中の音声コーデック、パケット量、およびジッタ データなど)。
エラー レポート作成ツール トラブルシューティング用の診断情報を、必要に応じて簡単に作成できます。
その他の機能
ボイスメール メッセージ待機インジケータ(ソフトフォンのみ)およびボイスメール システムへのワンクリック アクセス ボイスメール システムに簡単にアクセスできます。新しいボイスメール メッセージが到着すると、アラートを受信します。


注: デスクトップ アプリケーションの互換性については、リリース ノートを参照してください。

システム要件


推奨される最小要件は、Cisco UC Integration™ for Cisco WebEx Connect が実行されているシステムで、基盤となるオペレーティング システム イメージには含まれない他のアプリケーションおよびサービスが実行されていないことを前提としています。アプリケーションのパフォーマンスに影響を与える PC 上で同時に稼働している他のアプリケーションとともに、適切に動作できるシステム構成(特に CPU の速度や RAM の状態)となっているかを判断できるよう、PC にインストールされている他のアプリケーションについて把握しておく必要があります。

表 2 に、システム要件を示します。

表 2 システム要件

プラットフォーム 説明
Cisco Unified Communications Manager
  • Cisco Unified Communications Manager 6.1:6.1(4) 以降
  • Cisco Unified Communications Manager 7.0:7.0(2a)SU1 以降
  • Cisco Unified Communications Manager 7.1:7.1(2) 以降
注:Cisco Unified IP Phone と組み合わせて使用する場合は、1 デバイス ライセンス ユニットを使用するために Cisco UC Integration ™ for Cisco WebEx Connect と Cisco Unified Communications Manager 6.1(4) 以降とを併せて使用する必要があります。
クライアント ソフトウェア Cisco WebEx Connect C6.1
オペレーティング システム Microsoft Windows Operating System:XP SP3(32 ビット)または Vista SP1(Ultimate、Enterprise、または Business 32 ビット)
デスクトップ PC およびノート PC の最小推奨要件 CPU 速度:1.8 GHz(デュアル コア)、1 GB の RAM(Windows Vista の場合は 2 GB の RAM を推奨)


発注情報


表 3 に、Cisco UC Integration™ for Cisco WebEx Connect の発注情報を示します。

この製品は、Cisco Unified Workspace Licensing の一部です。これを使用してこの製品にライセンスを設定することをお勧めします。詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/workspace_licensing/ を参照してください。

表 3 Cisco UC Integration™ for Cisco WebEx Connect の発注情報

製品名 製品番号
Cisco UC Integration™ for Cisco WebEx Connect UCICONNECT-7.1-K9
Cisco UC Integration™ for Cisco WebEx Connect(電子配布) L-UCICONNECT-71-K9


Cisco Unified Communications の製品番号および価格に関するその他の詳細については、『Cisco Unified Communications アプリケーション発注ガイド』を参照してください。

シスコ製品の購入方法については、「購入案内」および表 3 を参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには Cisco Software Center にアクセスしてください。

Cisco Unified Communications サービス


Cisco Unified Communications サービスを使用すると、安全で復元力のある Cisco Unified Communications ソリューションの導入に伴うコストの削減および生産性の向上を促進できます。シスコまたは認定パートナーによって提供されるサービス ポートフォリオは、固定およびモバイル ネットワーク上の音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションを統合する実証済みの手法に基づいています。シスコ独自のサービス ライフサイクル アプローチによって、テクノロジー エクスペリエンスをより良いものにし、ビジネスの優位性を促進することができます。

関連情報


Cisco Unified Communications Integration™ for Cisco WebEx Connect の詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/webex/ を参照してください。

お問い合わせ