Cisco Transcode Manager

イントロダクション

トランスコーディング ワークフローの自動化

Cisco Transcode Manager(旧称 Inlet Armada)は、ファイル作成プロセス全体を自動化して、従来のアプローチで必要になっていた手動ステップの多くを排除する革新的なワークフロー管理システムです。

Cisco Transcode Manager のマルチフォーマット、マルチ CPU の高出力アーキテクチャは、大容量エンコーディング環境に理想的です。アーキテクチャ単独でワークフロー全体を管理することも、既存の資産管理ツールと組み合わせて使用することもできます。

Cisco Transcode Manager システムは、ServerAnalysisEncode、および Post-Encode の 4 つの個別にライセンス供与されるノードで構成されます。このようなモジュラ アプローチが採用されているため、特定のワークフローに適したメディア処理システムを容易に設計できます。

テクノロジー上のメリット

Cisco Transcode Manager は以下のメリットを提供します。

  • Apple HTTP アダプティブ ビットレート(ABR)フォーマットに対する完全な自動化サポート(適切なパッケージングおよびインデックス ファイルの作成を含む)
  • 自動化されたエンコーディングの決定に使用するソースおよび出力ファイルの統合分析
  • すべての代表的な配信フォーマット(H.264/AVC、MPEG-2、VC-1、および VP6 を含む)へのトランスコーディング
  • 高度な設定を通じて最高の画質への微調整が可能
  • 毎日数千個のファイル(何時間分にもわたるコンテンツ)を生成できる信頼性

ビジネス上の利点

Cisco Transcode Manager を組織に導入することで以下のことを実現できます。

  • 取得からデリバリまでのエンドツーエンドのワークフローを合理化して運用コスト(OpEx)を削減
  • レポーティング ツールを使用して、完了した作業の追跡、顧客への請求、問題の特定、トレンドの追跡を効率化

お問い合わせ