Cisco AS80 シリーズ Audio Processor

Cisco AS80 シリーズ Audio Processor データ シート


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。


データ シート





Cisco AS80 シリーズ Audio Processor



Cisco® AS80 シリーズ Audio Processor(Cisco AS80)は、プロフェッショナル仕様のマルチチャネル オーディオ ストリーミング エンコーダであり、ライブ ミュージックやスポーツのストリーミング、インターネット ラジオ、音声、および多言語放送などのアプリケーションに適した堅牢で管理の容易なソリューションを提供します。Cisco AS80 では、第 3 世代パートナーシップ プロジェクト(3GPP)デバイスや Apple® iOS デバイスを含む複数のデバイスへの配信をサポートしています。


高い評価を得ている Cisco AS シリーズ Media Processor プラットフォームを基盤とする Cisco AS80 は、お客様のオーディオ ストリーミング ニーズを満たす柔軟かつスケーラブルなマルチフォーマット ソリューションです。1 ラック ユニット(1RU)フォーム ファクタに 8 つのオーディオ チャネルを搭載した Cisco AS80 は、プロフェッショナル向けでありながらコスト効果に優れた効率的なライブ オーディオ ストリーミングを実現します。これは、複数チャネルのライブ オーディオをストリーミングする際の選択肢が、従来のようにカードごとにオーディオ チャネルが 1 つしかサポートされない PC アドイン カードだけに限定されなくなったことを意味します。Cisco AS80 なら、最大で 8 つの入力チャネルがサポートされ、チャネルごとに最大で 6 つのストリームを出力できるので、最大で合計 48 本の高品質マルチフォーマット ストリームを同時に出力できます。Cisco AS80 には、Cisco AS シリーズ Media Processor ポートフォリオに含まれている他の製品と同様、高い評価を得ている Web ベース ユーザ インターフェイスおよびプロフェッショナル仕様の管理/監視機能が搭載されています。

図 1 Cisco Media Processor と Cisco AS80 シリーズ Audio Processor

図 1 Cisco Media Processor と Cisco AS80 シリーズ Audio Processor
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


インフラストラクチャへの投資の保護


Cisco AS80 は、高パフォーマンスの業界標準ハードウェア上で稼働し、アップグレードの容易なソフトウェア ソリューションです。Cisco AS80 プラットフォームは、さらに、完全で導入の容易なソリューションならではの信頼性と堅牢性を備えています。Cisco AS80 をアップグレードして、新しいコーデックやストリーミング サーバに対応させることもできます。変更が必要になるたびにハードウェアを交換する必要はありません。

Cisco AS80 のオーディオ機能


Cisco AS80 は、堅牢性、フォーマットの柔軟性、管理性、および品質の高さを備えた Cisco AS シリーズ Media Processor ポートフォリオの利点を継承しており、高密度のマルチチャネル オーディオのサポートが追加されています。以下の機能があります。

  • iPhone® Audio-Only ストリーム出力のサポートと、静止画像のサポート
  • プリセット管理
  • 強化されたイベント ロギング
  • 4 つのデジタル AES(Advanced Encryption Standard)チャネルによる構成が可能
  • 入力チャネルごとに最大で 6 つの出力ストリームをサポートし、最大で 48 本の同時ストリームを出力可能
  • 同じ入力チャネルからの異なる出力フォーマットを組み合わせて使用することが可能
  • ほぼあらゆるタイプのメディア サーバおよびデバイスへのストリーミングが可能
  • Flash ストリームおよび Windows Media ストリームに対応した組み込みのコンテンツ配信ネットワーク(CDN)認証
  • 1 回限りのイベントや繰り返しのイベントのスケジューリング
  • シンプルな Web GUI か、または XML SOAP(Simple Object Access Protocol)メッセージングを通じてエンコーダを容易に管理可能
  • 省スペースの 1RU フォーム ファクタ
  • 出力ストリームのアーカイブが可能
Cisco Media Processor
サーバ デバイス
Windows Media Server PC
Windows モバイル フォン
スマートフォン
フィーチャ フォン
Flash Media Server PC
Flash Lite 3.0 が稼働する電話
スマートフォン
フィーチャ フォン
IIS、Apache iOS デバイス、Mac
Icecast/Shoutcast および Darwin/Real Media Server iOS デバイス
BlackBerry およびすべての MP3 デバイス
Darwin/Real Media Server スマートフォン
(Android と BlackBerry を含む)
フィーチャ フォン


Cisco AS80 Audio Processor の仕様


入力
  • モノラル アナログ XLR コネクタ x 8(ステレオ ペアとして構成可能)
または
  • デジタル ステレオ AES または EBU(European Broadcasting Union)コネクタ x 4
出力 モノラルまたはステレオ
出力ストリーム Windows Media
  • Windows Media Audio
  • Windows Media Audio Professional
Flash
  • AAC、HE AACv1、HE AACv2、および LC AAC
  • MP3 オーディオ
Icecast および Shoutcast
  • MP3 オーディオ
Darwin
  • AMR
  • AAC/HE AACv1/HE AACv2/C AAC
Microsoft Internet Information Server(IIS)または Apache
  • iPhone® Audio-Only 出力のサポート
出力:アーカイブ
  • ローカル ハード ドライブまたはネットワーク ドライブへのアーカイブ
オーディオ パラメータ オーディオ ゲイン レベル
  • 1 チャネルあたり +60 〜 -60 dB のソフトウェア ゲイン
  • ストリーミング中におけるゲインの動的調整
サンプル周波数
  • 8 〜 48 kHz(コーデック)に依存
THD およびノイズ
  • 0.002% 未満(1 kHz 時、サンプリング周波数 48kHz)
周波数応答
  • 0.25 db 未満(20 Hz 〜 20 kHz)
制御
  • リモート Web ベース GUI
  • LCD 前面パネル
  • カスタマイズ可能なエンコーディング テンプレート
  • ローカル ユーザ インターフェイス
  • XML SOAP(Simple Object Access Protocol)メッセージング
  • Simple Network Management Protocol Version 2(SNMPv2)
認定 安全性
  • UL 60950-1:2003
  • CAN/CSA-C22.2 no. 60950-1-03
EMC
  • FCC (CFR 47, Part 15) Class A
  • CE マーキング
物理仕様および電源仕様 寸法(高さ x 幅 x 奥行):4.37 x 43.18 x 46.25 cm(1.72 x 17.0 x 18.21 in.)(1RU)
電源:AC 100 〜 240 V 全範囲、225W(1RU)
接続:
  • 10/100/1000BASE-T Ethernet x 2
  • 10/100BASE-T Ethernet x 1
周囲温度:
  • 動作温度:0 〜 45°C(32 〜 113°F)
  • 周囲温度(非動作時):-10 〜 60°C(14 〜 140°F)
相対湿度
  • 非動作時:95% 未満(結露しないこと)

お問い合わせ