Cisco UCS C240 M4 ラック サーバ

イントロダクション

優れたパフォーマンスと拡張性

Cisco UCS C240 M4 ラック サーバは、ストレージと I/O 処理の負荷が高い IT インフラの処理サービスに対応可能な優れたパフォーマンスと拡張性、効率性を提供する、IT 基盤クラスのサーバです。ビッグデータ分析、仮想化、グラフィッ クを多用したアプリケーション、ベアメタルのアプリケーションなどに適しています。

Cisco UCS C240 M4 ラック サーバ

Cisco UCS C240 M4 ラック サーバ

大量データを処理するアプリケーションに世界トップレベルのパフォーマンスを提供します。(5:34 min)[英語]

機能と特長

大量データを処理するアプリケーションに対応可能なパフォーマンス

UCS C240 M4 ラック サーバは 2RU 筐体で優れた拡張性とパフォーマンスを、スタンドアロン環境、または UCS 管理下でシステム化できます。特長は、次のとおりです。

  • デュアル IntelR XeonR E5-2600 v3 プロセッサにより、ほぼすべての 2 ソケット アプリケーションに適合する優れたパフォーマンスを実現
  • 次世代の DDR4 メモリと 12 Gbps SAS のスループット
  • PCIe またはモジュラ LAN-on-motherboard(mLOM)フォーム ファクタで革新的な Cisco UCS 仮想インターフェイス カード(VIC)をサポート
  • 最新の NVIDIA グラフィック処理ユニット(GPU)のサポートにより、より多くの仮想ユーザに優れたグラフィック体験を提供

UCS C240 M4 サーバは、次のような高い信頼性、可用性、有用性(RAS)機能も提供します。

  • 工具不要の CPU 挿入
  • 使いやすいラッチ カバー
  • ホットスワップとホットプラグが可能なコンポーネント
  • 冗長性を備えた Cisco Flexible Flash SD カード

Cisco UCS C240 M4 サーバは、スタンドアロンとしても、Cisco Unified Computing System(UCS)の一部としても実装できます。Cisco UCS がコンピューティング、ネットワーキング、管理、仮想化、ストレージ アクセスを 1 つの統合型アーキテクチャにまとめて、ベアメタル環境と仮想環境の両方でのエンドツーエンドのサーバの可視化、管理、制御を可能にします。

Cisco UCS 環境に実装した場合、UCS C240 M4 は各種の標準規格に準拠したシスコ ユニファイド コンピューティングの革新的な機能を活用して、お客様の総所有コストを削減とビジネスの俊敏性の向上を実現します。

仕様一覧

項目 仕様
シャーシ 2 ラック ユニット(2RU)サーバ
プロセッサ Intel® Xeon® プロセッサ E5-2600 v3 製品ファミリ CPU X 1 または X 2
チップセット Intel C610 シリーズ
メモリ 最大 24 個の DDR4 デュアル インライン メモリ(DIMM)で、最高 2133 MHz のスピードを実現
PCIe スロット 最大 6 個の PCI Express(PCIe)Generation 3 スロット(フルハイトおよびフルレングス X 4、NCSI 対応および VIC 対応 X 4、GPU 対応 X 2)
ハード ドライブ 最大 24 台のスモール フォーム ファクタ(SFF)ドライブまたは 12 台のラージ フォーム ファクタ(LFF)ドライブと、2 台の内蔵 SATA ブート ドライブ(オプション)
組み込み NIC 1 Gbps Intel i350 ベース ギガビット イーサネット ポート X 2
mLOM mLOM スロットは 1 Gbps、10 Gbps、40 Gbps アダプタのいずれにも柔軟に対応
RAID コントローラ Cisco 12 Gb SAS モジュラ RAID コントローラは内蔵ドライブに対応
Cisco 9300-8E 12 Gb SAS HBA は外部ドライブに対応
組み込みソフトウェア RAID(エントリ RAID ソリューション)は最大 4 台の SATA ドライブに対応

関連リソース

お問い合わせ

 
カタログガイドブック
Cisco UCS C シリーズ 今日から始めるシスコ ラックマウント サーバ