Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバ

Cisco UCS C210 M2 汎用ラックマウント サーバ

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバ をご覧ください。

経済的で高密度の内部ストレージ

UCS C シリーズ ラックマウント サーバを比較

Cisco UCS C210 M2 サーバは、ストレージ集約型の負荷に対応するため、パフォーマンス、密度、効率をバランスよく実現する、汎用 2 ソケット、2 ラック ユニット(RU)ラックマウント サーバです。システムは、ネットワーク ファイル サーバおよびアプライアンス、ストレージ サーバ、データベース サーバ、コンテンツ配信サーバなど、さまざまな用途に対応できるように構築されています。

定評のある Cisco UCS C210 M1 を基盤とする Cisco UCS C210 M2 サーバは、最新の Intel Xeon 5600 シリーズ マルチコア プロセッサを使用して、Cisco Unified Computing System の機能を拡張し、より優れたパフォーマンスと効率性を実現します。

特長

  • 最大 2 基の Intel Xeon 5500 または 5600 シリーズ マルチコア プロセッサ
  • 最大 192 GB の業界標準 DDR3 メイン メモリ
  • 最大 16 の内蔵小型フォーム ファクタ(SFF)、SAS または SATA ディスク ドライブによって、総容量を 16 TB まで拡張可能
  • 最大 4 つの SATA ドライブで組み込みの RAID 0 および 1 をサポート。オプションのメザニン カードを使用して最大 4 つの SAS ドライブまたは SATA ドライブで RAID 0 および 1 をサポート。オプションの LSI MegaRAID コントローラを最大 2 つ使用して最大 16 の SAS ドライブまたは SATA ドライブで RAID 0、1、5、6、10、50、60 をサポート
  • フルハイトの PCIe スロット 5 個:フルハイト、フルレングスの x8 PCIe スロット 2 個、フルハイト、ハーフレングスの x8 PCI カード スロット 3 個、すべて x16 コネクタを搭載

UCS C シリーズ ラックマウント サーバのネットワーク アダプタ オプションを比較

Cisco UCS のエネルギー消費効率情報は、「シスコのトップランナー基準に対する取り組み」ページよりご参照ください。

注目のコンテンツ

Cisco Unified Computing の相互運用性ベンチマーク
Cisco Unified Computing はトップクラスのパフォーマンス ベンチマークを示します。受賞歴を誇り、お客様を成功に導きます。パフォーマンス ベンチマーク情報はこちらを参照ください。
Cisco Unified Computingは、主要なアプリケーション・仮想化・OSとの相互運用性を認定されたプラットフォームであり、データセンターの主要なシステム管理ツールとの相互運用も可能です。相互運用情報はこちらを参照ください。

UCS 事例
金融、製造、小売、交通、公共など各業種で、実際にUCSを用いてどのようにデータセンターのコスト削減やアプリケーション仮想化、クラウドサービスの展開を実現したのかの事例を紹介します。

Cisco IT での DC 事例
シスコのデータセンターでは、業務基幹アプリケーション用に UCS を大規模導入、仮想マシンは 100% UCS 上で稼働しています。災害対策、環境対策に優れたデータセンターの実現と戦略について、その実例を紹介します。

Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバの管理(PDF - 689 KB)
包括的で柔軟性に優れた標準ベースの管理能力について詳しく説明しています。

概要:シスコ ユニファイド コンピューティング システム(PDF - 3.68 MB)[英語]
シスコ ユニファイド コンピューティング システムは、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ アクセス、および仮想化を 1 つの緊密なシステムに統合し、総所有コスト(TCO)を削減して、ビジネスの俊敏性を高めることを目的として設計されています。

製品資料

お問い合わせ

Cisco UCS C シリーズ 今日から始めるシスコ ラックマウント サーバ