UCS C シリーズ ラックマウント サーバ

Cisco Integrated Management Controller(IMC)Supervisor

データ シート





Cisco Integrated Management Controller(IMC)Supervisor



製品概要


Cisco Integrated Management Controller(IMC)Supervisor は、複数の Cisco® スタンドアロン サーバ管理のコストを削減し、効率を向上させます。単独あるいは複数サイトに配置されている独立した Cisco UCS C シリーズ ラック サーバおよび E シリーズ サーバの集中管理を提供します。

IMC Supervisor が提供する情報および機能は次のとおりです。

  • プラットフォームのハードウェア構成情報と稼働状態
  • 各サーバの管理操作、仮想キーボード、ビデオ(コンソール)、およびマウス(vKVM)のリモート操作示
  • ファームウェア適用バージョンとその管理
  • Cisco Call Home(電子メール アラート通知)
  • 電源管理
  • ハードウェア プロファイルを使用したポリシーベースの設定(Advanced ライセンスが必要)

IMC Supervisor を利用すると、複数のラックサーバシステムに対して、システム構成情報、障害の報告など、管理対象のプラットフォームの状況を正確に把握できます。管理者が、システム毎や、サービス重要性によってサーバを編成、管理するように、管理対象のサーバをユーザ定義のグループに割り当てることができます。これらのグループ間およびグループ内で、管理の面でサーバ検索が可能になるよう、メタデータを各サーバに複数のタグとして割り当てることができます。管理者は、電源オン、電源オフ、仮想 KVM 起動など、個々のシステムごとに、基本的な管理作業を実行できます。また、都度の操作を必要としない(非インタラクティブな)ファームウェア更新などの対応を含め、複数プラットフォームに対しての作業をサポートしています。

最新情報

IMC Supervisor バージョン 1.1 から用意された Advanced ライセンス オプションでは、ポリシーベースのハードウェア プロファイルを使用して 1 つ以上のシステムを共通設定する機能を提供します。この機能を使用すると、ユーザはすでに稼動中のサーバからのポリシーを取り込む(インポート)ことができ、1 つ以上のサーバまたはサーバ グループのポリシーの更新、および IMC Supervisor が管理しているサーバ上のハードウェア プロファイルと呼ばれるポリシー グループの導入ができます。この機能により、複数システムにわたる初期設定の導入と設定更新の実装が効率的に行えます。

主な機能と利点


表 1 に、IMC Supervisor の主な機能を示します。

表 1. 主な基本機能(Basic ライセンス)

機能 説明
サーバプラットフォーム ハードウェアの構成、ログ情報
  • 各サーバに個別にログインしなくても、1 つのインターフェイスから複数サーバ(複数サイトにまたがる場合を含む)の構成関連情報を表示
  • システム、プロセッサ、メモリ、電源、PCI デバイス、仮想インターフェイス カード(VIC)、RAID コントローラ、障害発生状況、ログ ファイルに関するデータを提供
ハードウェアの稼働状態
  • 1 つのソフトウェアで複数のサーバシステムの障害ステータスを単一画面で表示し、あらかじめ用意された視認しやすいグラフと表の画面を使用して障害を特定できる
仮想 KVM 起動を含むリモートでのサーバ管理
  • 電源オン、電源オフ、仮想 vKVM 起動などのサーバ管理の操作
ファームウェア インベントリと管理
  • 都度の操作を必要としない(非インタラクティブ)な Host Update Utility ツール、およびIMC Supervisor 経由ですべてのサポート対象プラットフォームのファームウェアをシスコのサポートサイトからダウンロードする機能を使用した、複数サーバに対するファームウェアのダウンロード、管理、および更新
Call Home(電子メール アラート通知)
  • 管理対象のサーバから報告されるエラーを集約してメール通知により、ユーザへのプロアクティブなエラーの通知。複数のアラートに対応。サーバ グループおよびエラーの重大度によるエラーのフィルタリング
複数サーバの検出機能
  • IP 範囲、サブネット マスク範囲、コンマ区切り値(CSV)ファイル、IP アドレス リストなどの複数の検出方法により、1 つ以上のサーバを管理対象として、IMC Supervisor に簡単に追加可能
システム タギング
  • メタデータ タグを各システムに割り当てて、ユーザ定義の属性に基づいてシステムをフィルタリングおよびソートする機能
ロールベース アクセス コントロール(RBAC)
  • 複数の階層からなるアクセス権をユーザに付与し、対象範囲内でシステムを管理する機能

Advanced ライセンス


IMC Supervisor Advanced ライセンスにより、ポリシーベースのフレームワークと IMC XML API を使用してサーバの次の属性を設定できます。

  • IMC グローバル管理設定
    • ユーザ管理ポリシー
    • Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)設定ポリシー
    • Simple Network Management Protocol(SNMP)設定ポリシー
    • Network Time Protocol(NTP)ポリシー
    • IMC ネットワーク設定ポリシー
    • ネットワーク セキュリティ ポリシー
    • 仮想メディア(vMedia)ポリシー
  • IMC プラットフォーム設定
    • BIOS ポリシー
    • ブート順序ポリシー
    • 仮想インターフェイス カード(VIC)設定ポリシー
    • RAID 設定ポリシー
    • ディスク グループ ポリシー
    • IPMI(インテリジェント プラットフォーム管理インターフェイス)over LAN
    • Serial over LAN インターフェイス

ポリシー フレームワークは以下をサポートしています。

  • 既存サーバの設定情報を取り出し、1 つ以上のポリシーとして作成
  • 1 つ以上のサーバへの単一ポリシーの同時導入
  • 1 つ以上のサーバへのプロファイル(複数のポリシー)の同時導入

表 2. IMC Supervisor ライセンス バージョンの比較

機能 Basic Advanced
ハードウェアのヘルス ステータス(モニタリング) X X
プラットフォーム ハードウェアのインベントリ X X
vKVM Launcher を使用したプラットフォーム管理 X X
ファームウェアのインベントリと管理 X X
Call Home(電子メール アラート通知) X X
プラットフォームのグループ化とタギング X X
グループの検出 X X
ポリシーのインポート X
ポリシー導入(単一サーバ/グループ) X
ハードウェア プロファイル導入(単一サーバ/グループ) X

上記の表 2 に、IMC Supervisor の Basic バージョンと Advanced バージョンの比較を示します。Advanced バージョンは Basic バージョンのすべての機能を備え、さらに、ポリシーのインポートと導入機能およびハードウェア プロファイルによる設定を提供します。

システムの最小要件


表 3 に、システムの最小要件の概略を示します。

表 3. システムの最小要件

要素 サポートされる最小要件
仮想 CPU(vCPU) 4 基の vCPU
メモリ 8 GB
ハード ディスク 100 GB


IMC Supervisor は、次のプラットフォームをサポートしています。

  • Cisco UCS C シリーズ ラック サーバ:ファームウェア バージョン 1.5(4) 以降
    • Cisco UCS C220 M3
    • Cisco UCS C240 M3
    • Cisco UCS C220 M4
    • Cisco UCS C240 M4
    • Cisco UCS C460 M4
    • Cisco UCS C22 M3
    • Cisco UCS C24 M3
    • Cisco UCS C420 M3
    • Cisco UCS C3160
  • Cisco UCS E シリーズ サーバ:ファームウェア バージョン 2.3.1 以降
    • Cisco UCS EN120E M2
    • Cisco UCS EN120S M2
    • Cisco UCS E140S M2
    • Cisco UCS E160D M2
    • Cisco UCS E180D M2
    • Cisco UCS E140S M1
    • Cisco UCS E140D M1
    • Cisco UCS E160D M1
    • Cisco UCS E140DP M1
    • Cisco UCS E160DP M1

発注情報


IIMC Supervisor のライセンスおよび保守サービス体系は以下のようになります。

  • ソフトウエア基本ライセンス
  • ソフトウエア利用条件の同意書
  • 1 つもしくは複数のサーバ数に応じたライセンス(最大 1000 台まで)
  • オプション:保守サポート契約(1 ドメインあたり最大 1000 台まで)

ライセンス体系は以下のようになります。

  • IMC Supervisor のライセンス
    • 利用条件の同意書:CIMC-SUP-TERM
    • 基本ライセンス:CIMC-SUP-BASE-K9 または CIMC-SUP-BASE-K9=
  • Basic サーバ ライセンス(最大 1000 台まで)
    • 最大 25 台までの管理対象サーバのライセンス:CIMC-SUP-B25 または CIMC-SUP-B25=
    • 最大 100 台までの管理対象サーバのライセンス:CIMC-SUP-B01 または CIMC-SUP-B01=
    • 最大 250 台までの管理対象サーバのライセンス:CIMC-SUP-B02 または CIMC-SUP-B02=
    • 最大 1000 台までの管理対象サーバのライセンス:CIMC-SUP-B10 または CIMC-SUP-B10=
  • Advanced サーバ ライセンス(最大 1000 台まで)
    • 最大 25 台までの管理対象サーバのライセンス:CIMC-SUP-A25 または CIMC-SUP-A25=
    • 最大 100 台までの管理対象サーバのライセンス:CIMC-SUP-A01 または CIMC-SUP-A01=
    • 最大 250 台までの管理対象サーバのライセンス:CIMC-SUP-A02 または CIMC-SUP-A02=
    • 最大 1000 台までの管理対象サーバのライセンス:CIMC-SUP-A10 または CIMC-SUP-A10=

注: 25 台のサーバ パックおよび Advanced 機能は IMC Supervisor バージョン 1.1 から利用可能です。

  • IMC Supervisor の保守サポート(オプション)
    • 最大 25 台までの管理対象サーバのライセンスに対応:CON-SAU-CIMCSB25
    • 最大 100 台までの管理対象サーバのライセンスに対応:CON-SAU-SUPB01
    • 最大 250 台までの管理対象サーバのライセンスに対応:CON-SAU-SUPB02
    • 最大 1000 台までの管理対象サーバのライセンスに対応:CON-SAU-SUPB10

Cisco Capital


目標の達成を支援するファイナンス

シスコ キャピタルは、お客様が目標の達成と競争力の維持に必要なテクノロジーを導入できるよう支援します。CapEx の削減をサポートし、成長を加速させ、投資金額と ROI を最適化します。シスコ キャピタル ファイナンス プログラムにより、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、および補完的なサードパーティ製機器を柔軟に購入することができます。支払いが統一されるため、予想外の支払いが発生することもありません。Cisco Capital は 100 ヵ国以上でサービスを利用できます。詳細はこちらをご覧ください

関連情報