Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ

Cisco UCS B200 M2 ブレード サーバ

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。最新の UCS ブレードサーバ情報は Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ をご覧ください。

シンプル、電力効率、パフォーマンス、ブレード密度をバランスした標準的サーバ

インタラクティブ 3D モデルを見る:Unified Computing System

Cisco UCS B シリーズのモデル比較

Cisco UCS B200 M2 ブレード サーバは、一般・汎用的レベルの仮想化およびデータセンターでの標準的な処理サーバとして、簡易性、パフォーマンス、密度をバランスよく提供します。スループットと拡張性が非常に高いハーフ幅の 2 ソケット式ブレード サーバです。

UCS B200 M2 サーバは、定評のある UCS B200 M1 サーバを基盤としており、Cisco Unified Computing System のシステムに統合できます。インテルの最新の Xeon 5600 シリーズ マルチコア プロセッサをに対応し、より一層改善されたパフォーマンスと効率を実現します。

概要

  • アプリケーションのニーズに応じてサーバのパフォーマンスを調整する、最大 2 つの Intel Xeon 5600 シリーズ プロセッサ
  • メモリ容量および全体的な密度のバランスを調整する、最大 192 GB の DDR3 メモリ
  • オプションで 2 つの Small Form-Factor(SFF)Serial Attached SCSI(SAS)ハード ドライブまたは 15mm SATA Solid State Disk(SSD)ドライブを利用可能(LSI Logic 1064e コントローラおよび統合 RAID 搭載)

Cisco B シリーズ ブレード サーバに搭載可能なアダプタについて、詳しくはこちらを参照ください。

1 台の Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシに最大 8 台までの UCS B200 M2 ブレード サーバが格納できます。(Cisco Unified Computing System システム単位ごとに最大 320 台のサーバが管理可能)。

Cisco UCS のエネルギー消費効率情報は、「シスコのトップランナー基準に対する取り組み」ページよりご参照ください。

注目のコンテンツ

ソリューション概要:Cisco Unified Computing System
Cisco Unified Computing System は、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ アクセス、仮想化を 1 つのシステムに統合し、TCO を削減してビジネスの俊敏性を高めるように設計されています。

PDF ユニファイド コンピューティングの概要 (PDF - 736 KB) [英語]
Cisco Unified Computing System(Cisco UCS)は、データセンターの要件に対応する革新的なテクノロジーです。

Cisco Unified Computing の相互運用性ベンチマーク
Cisco Unified Computing はトップクラスのパフォーマンス ベンチマークを示します。受賞歴を誇り、お客様を成功に導きます。パフォーマンス ベンチマーク情報はこちらを参照ください。
Cisco Unified Computingは、主要なアプリケーション・仮想化・OSとの相互運用性を認定されたプラットフォームであり、データセンターの主要なシステム管理ツールとの相互運用も可能です。相互運用情報はこちらを参照ください。

製品資料

お問い合わせ