Cisco UCS 6332-16UP ファブリック インターコネクト

イントロダクション


柔軟で拡張性の高いコンバージド インフラストラクチャ

Cisco UCS 6332-16UP 40 ポート ファブリック インターコネクトは、ネットワークおよびストレージに対して 1 つに統合されたシンプルなアクセスを提供します。 6332-16UP は Cisco Unified Computing System(Cisco UCS)の中核を成す製品であり、通常、冗長ペアで導入されます。

機能と特長

6332-16UP ファブリック インターコネクトは、Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ、C シリーズ ラック サーバ、5100 シリーズ ブレード サーバ シャーシの管理と通信の中心となります。 6332-16UP ファブリック インターコネクトに接続されているすべてのサーバは、可用性の高い単一のシステムの一部に統合されます。

Cisco UCS 6300 シリーズ ファブリック インターコネクトは、ユニファイド ファブリックをサポートしているため、ドメイン内のすべてのサーバに対して LAN および SAN 接続を提供します。

6332-16UP は、1 ラック ユニット(RU)で 40 個のポートを提供します。

  • 40 ギガビット イーサネット と Fibre Channel over Ethernet(FCoE) X 24 ポート
  • 1/10 Gbps および FCoE、または 4/8/16 Gbps ファイバ チャネル ユニファイド ポート X 16 ポート

強化された機能は以下のとおりです。

  • 帯域幅を最大 2.43 Tbps まで拡大
  • Cisco UCS Manager による集中管理
  • 効率的な冷却およびアクセスしやすいメンテナンス性:前面から背面のエアフロー、前面プラグ式の冗長構成の空調ファンおよび電源ユニット、背面にネットワークケーブル配線の構造

拡張性に優れたアーキテクチャ

Cisco ファブリック エクステンダ テクノロジーにより、管理の簡素化を維持しながら、単一の統合システムでブレードシャーシを最大 20 台まで接続・統合できます。 その結果、シャーシ専用の管理モジュールとブレードシャーシに組み込む スイッチを排除し、ケーブル接続を減らすことが可能です。

仮想マシンに最適化されたサービス

Cisco VM-FEX テクノロジーにより、物理と仮想環境の一貫した運用モデルと、これらの環境間での高い可視性が実現します。 このテクノロジーにより、仮想マシンをホスト間で移行させる際のセキュリティおよびネットワーク ポリシーの適用がシンプル化されます。

Cisco SingleConnect テクノロジー

SingleConnect テクノロジーは、データセンターのコンピューティングを接続、管理するための簡単、効率的かつインテリジェントな方法を提供します。 SingleConnect は、1 つの接続で以下を統合します。

  • ラック サーバとブレード サーバ
  • LAN、SAN、システムの管理
  • 物理サーバおよび仮想マシン

仕様一覧

製品 40 ポート ファブリック インターコネクト
フォーム ファクタ 1 RU
固定 10/40 ギガビット イーサネットおよび FCoE 拡張 Small Form-Factor Pluggable(SFP+)ポートの数 24 個の固定ポート
固定 1/10 ギガビット イーサネットおよび FCoE 4/8/16 Gbps ファイバ チャネル ポートの数 16
スループット 2.43 Tbps
ファン モジュール 2+2
VLAN をサポート 2000
MAC アドレス テーブル エントリ 32,000
電源装置 1+1 冗長電源(AC または DC)

お問い合わせ