Cisco UCS M シリーズ モジュラ サーバ

Cisco UCS M1414 コンピュート カートリッジ

データ シート





Cisco UCS M1414 コンピュート カートリッジ



Cisco UCS M シリーズ コンピュート カートリッジ


Cisco UCS® M シリーズ モジュラ サーバは、クラウドタイプのアプリケーションおよび多くのサーバが並列的に処理する環境で、サーバ・プロセッサの高密度化に適合するよう設計されています。独自設計のCisco UCS M4308 モジュラ シャーシにはシステム リンク テクノロジーが採用されており、電源、ファン、I/O、ローカル ディスクなどが統合・共有化されたインフラストラクチャ リソースとして Cisco UCS M1414 コンピュート カートリッジに提供されます。これらはすべて、Cisco UCS Manager によるステートレスなコンピューティング環境内で管理されます。

Cisco UCS M1414 コンピュート カートリッジ(図 1)は、Intel® Xeon® プロセッサ E3 1200 v3(最大 32 GB の DDR3 1600 MHz メモリ)、または E3-1200 v4 CPU(最大 64 GB の DDR3 1600 MHz メモリ)を搭載したシングル ソケット サーバです。M1414 カートリッジで対応する高クロック v3 CPU は、電子回路設計(EDA)、地震調査、DNA シークエンシングなどのグリッド アプリケーションに最適です。E3-1200 v4 CPU は、低コスト/低電力消費環境でグラフィック処理要件の高いワークロード向けに最適化されています。E3-1200 v4 プロセッサは、高解像度のビデオや複雑な 3D アプリケーションを高速かつ低コストで実行したいという需要の増加に対応します


図 1. Cisco UCS M1414 コンピュート カートリッジ

図 1.  Cisco UCS M1414 コンピュート カートリッジ

製品概要


Cisco UCS M1414 コンピュート カートリッジは、Cisco UCS M4308 モジュラ シャーシの前面から直接組み込みます。このシャーシには、最大 8 個の M1414 カートリッジを搭載できます。全カートリッジについて、システム構成とドメイン認識、および一元的な統合管理は、Cisco UCS 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトに組み込まれている Cisco UCS Manager で行います

M1414 カートリッジの構成は次のとおりです。

  • シングル ソケット サーバ Intel Xeon プロセッサ E3-1200 v3 CPU を使用するシングル ソケット サーバ
    • Intel Xeon プロセッサ E5-1231 v3(3.4 GHz、4 コア、8 MB キャッシュ、80W)
    • Intel Xeon プロセッサ E5-1241 v3(3.5 GHz、4 コア、8 MB キャッシュ、80W)
    • Intel Xeon プロセッサ E5-1271 v3(3.6 GHz、4 コア、8 MB キャッシュ、82W)
    • Intel Xeon プロセッサ E3-1281 v3(3.7 GHz、4 コア、8 MB キャッシュ、82W)
  • Intel Xeon プロセッサ E5-1200 v4 CPU を使用するシングル ソケット サーバ
    • Intel Xeon プロセッサ E3-1285L v4(3.4 GHz、4 コア、6 MB キャッシュ、65 W)
    • Intel Xeon プロセッサ E3-1285 v4(3.5 GHz、4 コア、6 MB キャッシュ、95 W)
  • 32 GB メモリ(4 X 8 GB UDIMM DDR3 1600 MHz)または 64 GB メモリ(4 X 16-GB UDIMM DDR3 1600 MHz)

Cisco UCS M4308 シャーシは、物理ケーブルで Cisco UCS 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトと接続しシステム化、管理構成にします。ファブリック インターコネクトは、Mシリーズシャーシとシャーシに搭載したコンピューティング カートリッジに対して、管理と通信のためのバックボーンとなります。1 組のファブリック インターコネクトには最大 20 個の M4308 シャーシおよびカートリッジを接続でき、1 つのシステム(ドメイン)として管理できます。

表 1 は、Cisco UCS M1414 コンピュート カートリッジの機能と利点をまとめたものです。

表 1. 機能と利点

機能 利点
2 RU シャーシで最大 8 台の M1414 サーバ、RUサイズで見れば、1 つのラックシステムに最大 160 台のサーバを搭載可能 高クロック プロセッサとグラフィック機能の組み合わせが必要なアプリケーションを導入しているデータセンターでは、業界屈指のCisco UCS M シリーズによる高密度サーバを使用することでスペース・コストが大幅に削減されます。
定評のある Cisco UCS Manager による、サーバ、ネットワーク、ストレージの統合管理 Cisco UCS Manager は、1 つの管理インターフェイスで、Cisco UCS ドメインに含まれるすべてのハードウェアおよびソフトウェア コンポーネント、ストレージアクセスを設定・管理できます。UCS Manager では、Cisco SingleConnect テクノロジー を利用してネットワーク、ストレージ、管理トラフィックを統合することで、最大 20 台の M シリーズ シャーシの管理が可能です。Cisco UCS Central ソフトウェアを利用すると、複数のドメインに属する数千台のサーバを集中管理できます。
Cisco UCS サービス プロファイルに基づくポリシー ベースのプロビジョニングと管理 Cisco UCS サービス プロファイルによりサーバ導入の時間・工数が大幅に改革され、その柔軟なステートレス コンピューティング環境により TCO を削減とビジネスの俊敏性を向上させることができます。
モジュラ型シャーシ M シリーズでは、フィールド交換可能ユニット(FRU)のほとんどすべてがツールレス、ホットスワップ対応で取り替えることができるため、ダウンタイムを限りなくゼロにすることができます。
サーバ レベルでの節電 M シリーズはサーバローカル リソースを最大限共有化することで、1 ワットあたりのパフォーマンスを最適化します。


主な機能


表 2 は、Cisco UCS M1414 コンピュート カートリッジの主な機能をまとめたものです。

表 2. 主な機能

サーバあたりのプロセッサ数 Intel Xeon プロセッサ E3-1200 v3 X 1 基 または
Intel Xeon プロセッサ E3-1200 v4 X 1 基
サーバおよびシャーシあたりのメモリ Cisco UCS M1414 カートリッジあたり 32 GB または 64 GB メモリ搭載可能、Cisco UCS M4308 シャーシあたり 最大 256 GB メモリ容量
コンピュート カートリッジあたりのサーバ Cisco UCS M1414 カートリッジあたりシングル ソケット サーバ 1 台搭載
1 シャーシあたりのコンピュート カートリッジ数 各 Cisco UCS M4308 シャーシに、前面からアクセス可能な 8 台の独立した Cisco UCS M1414 カートリッジ
1 シャーシあたりのディスク ドライブ数 480 GB SATA から 6.40 TB SAS まで拡張可能な SSD ドライブ X 4 基(Cisco UCS M4308 シャーシに組み込み)
1 シャーシあたりの I/O 40 Gbps スループット X 2(Cisco UCS M4308 シャーシに組み込み)
シャーシあたりの電力 1400 W 電源ユニット X 2 基(冗長化)(Cisco UCS M4308 シャーシに組み込み)
管理 Cisco UCS Manager


Cisco Capital

目標達成を支援するファイナンス

Cisco Capital は、お客様が目標の達成と競争力の維持に必要なテクノロジーを導入できるよう支援します。CapEx の削減をサポートし、成長を加速させ、投資金額と ROI を最適化します。Cisco Capital ファイナンス プログラムにより、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、および関連するサードパーティ製機器を柔軟に購入することができます。また、それらの購入を 1 つにまとめた計画的なお支払い方法をご用意しています。Cisco Capitalは 100 ヵ国以上でサービスを利用できます。詳細はこちら


関連情報


Cisco UCS M シリーズ モジュラ サーバ