Cisco UCS Manager

Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバの管理

ホワイト ペーパー





Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバの管理



概要


Cisco UCS™ Manager は統合された組み込みソフトとして、複数のブレード シャーシ、ラックマウント サーバ、および数千単位の仮想マシンにわたる Cisco Unified Computing System™(Cisco UCS)のすべてのソフトウェア コンポーネントとハードウェア コンポーネントの管理機能を提供します。Cisco UCS Manager では、Cisco UCS Manager のすべての機能や管理情報にアクセスできる直感的な GUI、コマンドライン インターフェイス(CLI)、および XML API を介して Cisco UCS 全体を 1 つのエンティティとして管理します。Cisco Integrated Management Controller(IMC)は、Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバと C シリーズ ラックマウント サーバ内の Baseboard Management Controller(BMC)であり、Cisco UCS Manager と緊密に統合されています。このドキュメントでは、このような統合に基づく業界最先端の機能について概要を示すとともに、Cisco UCS C シリーズ サーバを単独のサーバとして導入した場合のスタンドアロン モードで稼働する Cisco IMC の機能を解説します。

概要


現在の大多数の x86 アーキテクチャ サーバは、一般に BMC と呼ばれる管理機能を備えています。BMC は、通常はサーバのマザーボードやメインの回路基板に組み込まれていて、特殊なサービス プロセッサとファームウェアを備えています。BMC の仕事は、サーバ ハードウェアの物理的な状態をモニタすることです。

BMC の機能と標準は、IPMI(Intelligent Platform Management Interface)仕様に規定されています。Intel、Hewlett-Packard、Dell、および NEC が最初にこの仕様を共同で開発しました。この仕様は Intel 社の Web サイトで維持および公開され、BMC の機能がすべての x86 マネージド サーバ プラットフォームに一貫して実装されるように一役買っています。Intel は、同社のカスタマー リファレンス ボード(CRB)設計に BMC を搭載しています。CRB は、販売までの期間を短縮し、IPMI などの業界標準とのコンプライアンスを確保するために、Original Equipment Manufacturer(OEM)と Original Design Manufacturers(ODM)に提供されます。

シスコは、BMC を再構築して Cisco UCS Manager と緊密に統合できるようにし、BMC の基本機能に価値を付加しました。このように統合したことで、業界最先端の強力なユニファイド コンピューティング機能が実現し、サーバのプロビジョニングと変更管理にサービス プロファイルを使用できます。

課題:効率的でスケーラブルなサーバ管理


サーバの OEM と専門ソフトウェアのベンダーは、多様な管理ソリューションを提供しています。これらの製品では、同種と異種両方のベンダー環境でサーバ管理の統合が試みられています。競合している OEM は異なるハードウェア、ソフトウェア、ホスト エージェント、プラグインを組み合わせているため、複雑性が増しています。通常、このソフトウェアは、統合に対する設計方針を持たないそれぞれの部門が設計し、販売提供しています。シスコが最初から統合型システムとして一から設計した Cisco UCS を携えて、市場に参入した多くの要因のうちの 1 つが、このような市場のダイナミクスです。

Cisco UCS Manager と Cisco IMC


Cisco UCS Manager は、Cisco UCS 6000 シリーズのファブリック インターコネクト上で稼働します。Cisco UCS Manager は、Cisco UCS のサーバ、ネットワーキング、およびストレージ環境に対応したさまざまな強力な機能を提供します。機能には、サーバ、ネットワーキング、ストレージのリソースの共有プールからの迅速なシステムリソースの設定と提供、およびサービス プロファイルを利用した、モデルベース管理アプローチを実現する IT インフラストラクチャの迅速な拡張とプロビジョニングが含まれています。

サービス プロファイルを使用して、統合された 1 つの UCS 管理ドメインで、Cisco UCS ブレード サーバあるいはラックマウント サーバおよびそれらの I/O プロパティをプロビジョングし、管理します。サービス プロファイルはサーバ管理者、ネットワーク管理者、およびストレージ管理者など管理役割によって作成することができ、Cisco UCS 6100/6200 シリーズ ファブリック インターコネクトに情報として格納されます。これによりアプリケーション導入に必要なシステム基盤のポリシーが、サービス プロファイルに組み込まれます。ポリシーには、RAID レベル、BIOS 設定、ファームウェア リビジョンおよび設定、サーバ識別、アダプタ設定、VLAN および VSAN ネットワーク設定、ネットワーク QoS(Quality of Service)、データセンター コネクティビティなど、ハードウェア スタックの各レイヤの管理要素が定義され、自動的に整合性が管理されます。

サービス プロファイルには、テンプレート機能が用意されており、サービスやアプリケーション向けに一貫したポリシーを簡単に作成、提供できます。サービス プロファイルは論理サーバを定義したもので、プロファイルと物理サーバとの間には 1 対 1 の関係があるのに対し、サービス プロファイル テンプレートは複数サーバを定義するのにも使用できます。テンプレートを使用することで、数百単位のサーバに数千単位の仮想マシンを構成するような場合でも、1 台のサーバの構成のように簡単に構成、管理できます。この自動化によって、サーバやネットワークの個別設定に必要な手作業工数が減り、人的エラーの発生する可能性を低くします。さらに、一貫性が向上するとともに、サーバやネットワークの追加、入れ替えなどの展開に要する時間も短縮できます。

Cisco IMC は、各サーバに関する重要な情報を Cisco UCS Manager に伝達します(図 1)。Cisco IMC は、多数の診断サービスとヘルス モニタ サービスを提供して、Cisco UCS による包括的な管理環境の実現に貢献します。

図 1 Cisco UCS C シリーズ サーバにおけるハード ディスク ドライブ(HDD)のヘルス モニタ

図 1 Cisco UCS C シリーズ サーバにおけるハード ディスク ドライブ(HDD)のヘルス モニタ


Cisco IMC に搭載されている診断とヘルス モニタの機能は、次のとおりです。

  • SNMP(Simple Network Management Protocol)
  • XML API イベント サブスクリプションと設定可能なアラート
  • システム イベント ログ
  • 監査ログ
  • 現場交換可能ユニット(FRU)、HDD の障害、デュアル インライン メモリ モジュール(DIMM)の障害、ネットワーク インターフェイス カード(NIC)MAC アドレス、CPU、および温度障害
  • 設定可能なアラートとしきい値
  • ウォッチドッグ タイマー
  • RAID 構成とモニタリング
  • HDD と DIMM に関する故障の予測分析
  • 統合型ネットワーク アダプタ(CNA)
  • Intel の信頼性、可用性、有用性(RAS)
  • Network Time Protocol(NTP)
  • グラフィカルおよびコマンドライン クライアント

図 2 に、Cisco UCS C シリーズ構成におけるデータ パスと管理パスを個別に示します。Cisco IMC は、Cisco Nexus® スイッチを経由して、Cisco UCS Manager を実行する Cisco UCS 6100 および 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトへの専用接続を提供しています。Cisco UCS C シリーズ サーバとの接続は図 2 上では各 2 本になっていますが、最新のサーバ構成では、各 1 本のケーブルだけで接続できるようになっています。

図 2 Cisco UCS C シリーズ構成による個別の管理パスとデータ パス

図 2 Cisco UCS C シリーズ構成による個別の管理パスとデータ パス


Cisco UCS C シリーズ サーバのスタンドアロン モードでの Cisco IMC


Cisco UCS C シリーズ サーバは、一般的な x86 ラック サーバのようにスタンドアロン環境で導入することがあります。そのような導入の場合、サーバは Cisco UCS ファブリック インターコネクト、Cisco UCS ファブリック エクステンダ、Cisco UCS Manager など、Cisco UCS の他のコンポーネントと統合されません。

Cisco UCS C シリーズ サーバをスタンドアロン モードで稼働すると、管理者が Web ベース グラフィカル ユーザ インターフェイスやセキュア シェル(SSH)ベース コマンドライン インターフェイス(CLI)から Cisco IMC を業界標準の BMC として 使用し、サーバを設定、管理、モニタできます。Cisco IMC は Cisco UCS Manager の代わりではなく、リモートのキーボード、ビデオ、マウス(KVM)などのサーバの機能、電源のオン/オフ、システム モニタリング用の標準 SNMP トラップを手動で制御するツールを管理者に提供します。Cisco UCS C シリーズ サーバでの Cisco IMC の通信は、データ ポートから分離されたネットワーク ポートに制限されています。

Cisco IMC では、管理者が次のサーバ管理タスクを実行できます。

  • サーバの電源オン、電源オフ、電源の再投入、リセット、およびシャットダウン
  • ロケータ LED の切り替え
  • サーバ ブート順序の設定
  • サーバ プロパティとセンサーの表示
  • リモート プレゼンスの管理
  • ローカル ユーザ アカウントの作成と管理、および Active Directory を経由した認証の有効化
  • NIC プロパティ、IPv4、VLAN、ネットワーク セキュリティなどのネットワーク関連の設定
  • HTTP、SSH、IPMI Over LAN などの通信サービスの設定
  • 証明書の管理
  • プラットフォーム イベント フィルタの設定
  • Cisco IMC ファームウェア
  • 障害、アラーム、およびサーバ ステータスの監視

Cisco IMC は、各 Cisco UCS B シリーズ サーバと C シリーズ サーバに付属しており、利用にあたりお客様に追加コストはかかりません。

まとめ


Cisco UCS Manager は、Cisco UCS 用の統合された組み込みマネージャです。UCS サーバリソースに対してサービス プロファイルとジャストインタイムのプロビジョニングを使用して、ポリシーベースの管理アプローチを実現します。Cisco UCS Manager による管理の一元化は、総所有コスト(TCO)の削減と Cisco UCS 操作の高速化に貢献する大きな特長の 1 つです。Cisco IMC は、IPMI に準拠した業界標準の BMC です。Cisco IMC を Cisco UCS Manager と併用すると、サーバの診断と管理の多様な機能を Cisco UCS 管理環境のフィーチャ セットに提供します。Cisco IMC をスタンドアロンの Cisco UCS C シリーズ サーバで BMC として使用すると、管理者はサーバを Web インターフェイスを通して管理およびモニタできます。Cisco IMC は、業界最先端のツールとインターフェイスとの統合用に多くのオプションを提供するとともに、従来の環境やユニファイド コンピューティング環境を高信頼性で効率的に運用して企業ワークロードの厳しい要求に応えるためのさまざまな機能を備えています。

関連情報