Cisco UCS Manager

データセンターの統合

サーバ管理とワークロードの簡素化

Cisco UCS には、サーバ、ストレージ、ネットワーク資産の統合された組み込みの管理ソフトウェアがバンドルされており、データセンターの統合による利点を提供します。

サーバの統合

Cisco Unified Computing System(UCS)は、データセンターを統合してサーバの管理を簡素化できます。データセンターの統合によって物理サーバ、ネットワーク、ストレージ ユニットの数が減少し、所有資産およびエネルギーのコスト削減が促進されます。

サーバ アーキテクチャの統合

Cisco UCS はサーバの I/O アーキテクチャを 1 つの高速パイプに効率化、簡素化するので、データセンターの管理者はインフラストラクチャを簡素化でき、配線コスト、使用ポート数、ポート関連の管理コストが削減されます。

ワークロードの統合

仮想化によってワークロードを統合でき、少ないリソースでより多くの作業を実行できます。一方、従来のブレード システムは、スイッチング モジュールや管理モジュールが分散するため、台数に応じてこれらが増加、ラックの複雑性が負担となっています。Cisco UCS は拡張展開が容易なモデルベースの管理によって、手動によるコンポーネント統合よりも優れた運用方法を提供し、日常的な作業を省力化、自動化できます。