Cisco TelePresence Content Server

Cisco TelePresence Content Server

データ シート





Cisco TelePresence Content Server



図 1 Cisco TelePresence Content Server

図 1 Cisco TelePresence Content Server


製品概要


Cisco TelePresence® Content Server(Content Server)を使用してビデオ会議を録画することにより、組織内で知識を共有し、コミュニケーションを強化することができます。ライブまたはオンデマンドで、プレゼンテーション、遠隔授業、企業内研修などをいつでもどこからでも閲覧できます。ライブまたは録画したコンテンツはどのコンピュータへも配信可能で、ポータブル機器にダウンロードしたり、iTunes U で共有したりすることもできます(図 1 および 2)。

図 2 Cisco TelePresence Content Server

図 2 Cisco TelePresence Content Server


機能と利点


表 1 に Cisco TelePresence Content Server の主要機能の概要を示します。

Cisco Media Experience Engine 3500(MXE 3500)と Cisco TelePresence Content Server を組み合わせると、ビデオを簡単かつパワフルに公開して、トレーニングや組織内のコミュニケーションなどに使用できます。

MXE 3500 は包括的なマルチメディア トランスコーディング機能を備え、VOD ファイルを任意のデバイスでの表示に最適なさまざまなフォーマットおよびビットレートに自動で変換します。また、ビデオを公開する前にグラフィックを追加して、シンプルかつ自動的にプロのようなビデオを作成できます。たとえば、画面下に発言者の名前や肩書きを帯状に表示させたり、企業のロゴを透かして表示させたりすることができます。MXE 3500 では、さまざまなフォーマットや速度のバージョンを作成する前に、録画したそれぞれのコールにバンパーと呼ばれる短い導入部や最後に「トレーラー」を追加できます。

表 1 Cisco TelePresence Content Server 機能の概要

機能 利点
デザインの特長
  • アプライアンスベースのアーキテクチャによる容易な設置と高い信頼性
  • 1 ラック ユニット(1 RU)にマウント可能
  • 使いやすい Web ベースの管理インターフェイスを内蔵
  • Web ベースのコンテンツ ライブラリを内蔵
  • さまざまなマルチベンダー製品との相互運用が可能
機能の特長
  • ライブおよびオンデマンドのストリーミング
  • ダイヤル イン、ダイヤル アウト機能を利用して予約コールおよび緊急コールに対応
  • 任意の H.323 または Session Initiation Protocol(SIP; セッション開始プロトコル)ビデオ会議ユニットからの映像と H.239 デュアル ストリームのプレゼンテーションを録画およびストリーミング
  • Cisco TelePresence Expressway テクノロジーを使用してどこからでもコンテンツを作成
  • Windows Media、Flash、QuickTime など、すべての主要なストリーミング フォーマットに対応
  • 主要な配信サーバおよび企業の Web ポータルに対応
  • 編集とライブラリ機能により簡単にコンテンツを作成および取得
  • PC、Mac、ポータブル機器へのコンテンツのダウンロードをサポート
性能の特長
  • 同時に 5 コールをサポート、最大 2 コールをライブ ストリーミング可能
  • ビデオ会議の最大帯域幅:2 Mbps
  • ライブおよびオンデマンド モードで映像とプレゼンテーションのストリーミングを同期
  • ユニキャストおよびマルチキャストのストリーミングをサポート
  • 内部および外部のストレージ機能
  • Lightweight Directory Access Protocol(LDAP; 軽量ディレクトリ アクセス プロトコル)により Active Directory 認証をサポート
  • コール設定およびアクセス権の管理
  • 最大 10 台の Content Server をクラスタリング
  • Content Server クラスタでの SQL Server 2008 のサポート
  • Content Server 間での会議のエクスポートおよびインポート


製品仕様


表 2 に Cisco TelePresence Content Server の物理仕様を示し、表 3 にビデオおよび音声の仕様を示します。また、表 4 にネットワーク、セキュリティ、管理の仕様を示します。

表 2 製品仕様

製品の互換性
  • すべての標準ベースのエンドポイントから録画を開始可能
コンポーネント
  • シンプルな共通フォーマットを使用した完全一体型のストリーミング トータル ソリューション
録画機能
  • 事前定義済みのテンプレートに基づく録画オプション
  • Web ベースの内蔵テンプレート エディタを使用した柔軟な録画
  • 優れた柔軟性を実現するパーソナルおよびシステム レコーディング エイリアス機能
  • ライブ デュアル ストリームからのプレゼンテーションまたは映像の録画(H.264、H.239、DuoVideo)
  • H.323 エンドポイント、Multipoint Control Unit(MCU; マルチポイント コントロール ユニット)、ゲートウェイ、Session Initiation Protocol(SIP; セッション開始プロトコル)に対応
  • 最大 5 つの H.323 または SIP ビデオ コールを同時録画
  • メイン カメラと 2 番目の入力ソースでは最大 4 Mbps、最大 1080p の High-Definition(HD; 高解像度)解像度でコールの受信が可能
  • メイン映像または音声および H.264、H.239、DuoVideo を含むコールが可能
  • 録画されたコールは、ストリーミングおよびダウンロード可能なファイル フォーマット(Windows Media、Flash、MPEG4、RealMedia のフォーマットなど)にトランスコーディング
  • 全コールがディスクに直接録画され、コール終了後にオフラインでトランスコーディング
  • 録画開始カウントダウン(オプション)
  • 公開前に録画コンテンツを安全に操作するためのパーソナル サンドボックス
  • 録画完了時のコンテンツ オーナーへの自動電子メール通知(オプション)
  • Cisco TelePresence MCU コールの録画インジケータ
ライブおよびオンデマンドのストリーミング
  • 単一のフォーマットおよびサイズで(全 5 コールのうち)最大 2 コールをライブ ストリーミング可能
  • ネイティブの Windows Media Streaming Server を内蔵
  • Wowza Media Server をご用意いただくことで、コンテンツ サーバで Flash* コンテンツをストリーミング
  • Apple QuickTime Streaming Server または Darwin Streaming Server をご用意いただくことで、コンテンツ サーバで MPEG4 の QuickTime コンテンツをストリーミング
  • 外部ストリーミング サーバを使用せずに、プログレッシブ ダウンロード方式で Flash および QuickTime Media コンテンツを閲覧
ストリーミング
  • ライブ(ユニキャストおよびマルチキャスト)
  • オンデマンド(ユニキャスト)
  • 内蔵 Windows Media サーバにより Microsoft Windows Media のストリーミングをネイティブ サポート
  • 外部ストリーミング サーバに対応(Microsoft Windows Media Server、Wowza Media Server、Apple QuickTime Streaming Server)
ポータブル デバイス
  • Apple iPod および Microsoft Zune に対応
配信サーバ
  • Apple の Podcast Producer に対応
  • iTunes U に対応
コンテンツ ライブラリ
  • サムネール画像
  • ダウンロード オプション
  • Really Simple Syndication(RSS)フィード購読を使用しても、コンテンツ ライブラリへのアクセスが可能
  • 検索可能なコンテンツ ライブラリの Web インターフェイス
  • コンテンツの管理を容易にする会議カテゴリ
  • 録画出力、メディア アクセス、メタデータを事前設定可能
  • 録画へのリンクを共有することで簡単に録画を特定および共有可能
  • ライブおよび録画コンテンツをコンテンツ ビューアの Web インターフェイスから閲覧
  • インデックスを編集可能
  • コンテンツ エディタで会議をトリミングおよび結合
  • 主要な Web ブラウザに対応(Internet Explorer、Mozilla Firefox、Safari)
  • 状況依存ヘルプをインターフェイスに搭載
  • グラフィカルでシンプルなテンプレート エディタを使用して、新たな録画テンプレートを簡単に作成
  • 帯域幅の自動検知機能により、ユーザのインターネット接続に最適な閲覧環境を設定
  • 再生オプションを使用して、メディアに合った帯域幅オプションを手動で選択可能
コンテンツ ビューア
  • Windows Media Player、Adobe Flash、Microsoft Silverlight、QuickTime のプラグインに対応する直感的なコンテンツ ビューア
  • 複数の映像レイアウト
  • レイアウトの切り替え
  • 統合レイアウト
  • ピクチャインピクチャによる映像レイアウト
  • スタック レイアウト
  • メイン映像と完全に同期して、デュアル ストリームまたは静止画像コンテンツを表示
  • 映像、音声、コンテンツの完全同期
  • 録画したコンテンツの一時停止および検索機能
ストレージ
  • 大容量の内部ストレージ(500 GB ハード ディスク)
  • Network Attached Storage(NAS; ネットワーク接続ストレージ)を使用して外部ネットワーク ストレージに対応
言語サポート
  • 英語、フランス語、中国語、日本語
物理寸法 (高さ X 幅 X 奥行)
  • 4.4 X 43.0 X 50.8 cm (1.7 X 16.9 X 20 インチ)
  • 19 インチ ラックマウント可能、高さ 1 RU、ラック レールを含む
重量
  • 6.30 kg(13.89 ポンド)、パッケージとアクセサリの重量 2.9 kg(6.39 ポンド)、合計出荷重量 9.2 kg(20.28 ポンド)
電力
  • 100 〜 240 VAC、50 〜 60 Hz、最大 350 W
動作環境
  • 動作温度:10 〜 30 °C(50 〜 86 °F)
  • 相対湿度(RH):10 〜 90 %
  • 保管および輸送温度:20 〜 80 °C(-4 〜 140 °F)(結露しないこと)
認定および適合規格
  • EU 低電圧指令 2006/95/EC(欧州 - - EN60950-1)の CE 準拠宣言
  • 指令 89/336/EEC(EMC 指令)
  • 標準 EN 55022、クラス A
  • 標準 EN 55024
  • 標準 EN 61000-3-2/-3-3
  • UL 60950-1 および CAN/CSA C22.2 No. 60950-1-03 認証取得
  • FCC15B クラス A 準拠

* Flash Player 9 Update 3 以降が必要

表 3 ビデオおよび音声の仕様

帯域幅
  • H.323 および SIP 最大 4 Mbps
ビデオ規格
  • H.261
  • H.263
  • H.263+
  • H.264
ライブ ビデオ解像度
  • QCIF(176 X 144 ピクセル)
  • CIF(352 X 288 ピクセル)
  • VGA(640 X 480 ピクセル)
  • 4CIF(704 X 576)
  • SVGA(800 X 600)
  • XGA(1024 X 768)
  • 448p(576 X 448)
  • w288p(512 X 288)
  • w448p(768 X 448)
  • w576p(1024 X 576)
  • 720p(1280 X 720):H.264 のみをサポート
音声規格
  • G.711
  • G.722
  • G.722.1
  • AAC-LD
フレーム レート
  • 1 秒あたり最大 60 フレーム(プレミアム高解像度オプションが必要)


表 4 ネットワーク、セキュリティ、管理の仕様

システム管理とスケジューリング
  • シリアル ポートの管理コンソールによる容易な設定
  • 内蔵 Web サーバによる一括管理
  • Application Programming Interface(API; アプリケーション プログラミング インターフェイス)によるカスタム インテグレーション
  • Cisco TelePresence Management Suite を使用して、スケジュール済み会議をワンクリックで録画
  • Microsoft Outlook または IBM Lotus Notes を使用して、スケジュール済み会議の録画に対して音声のみの出力を簡単に追加
  • Cisco TelePresence Management Suite を使用して、ディスクの空き容量などの Content Server の状況を監視
  • 自社のネットワーク ルールに合わせて、ストリーミング帯域幅の上限設定が可能(管理者機能)
ネットワーク インターフェイス
  • イーサネット(10/100/1000 Mbps)X 2(1 つは将来的な使用のため)
ファイアウォールの横断
  • Cisco TelePresence Expressway テクノロジー
  • 自動 Network Address Translation(NAT; ネットワーク アドレス変換)
  • H.460.18
  • H.460.19 ファイアウォールの横断
Quality of Service(QoS)
  • ダイナミック ジッタ バッファ
  • パケット損失補償
セキュリティ機能
  • Secure HTTP(HTTPS)経由の安全な管理
  • LDAP と Active Directory の統合によるアクセス
  • パスワードで保護された会議
  • コンテンツ ライブラリの全アイテムに完全な Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)を設定


保証に関する情報


保証については、Cisco.com の製品保証 [英語] のページを参照してください。

発注情報


シスコ製品の購入方法については、「購入案内」および表 5 を参照していただくか、シスコの営業担当者にお問い合わせください。ソフトウェアをダウンロードするには、「ソフトウェア ダウンロード」にアクセスしてください。

表 5 発注情報

製品名 製品番号
Cisco TelePresence Content Server CTI-TCS-5RP-K9
発注オプション:
クラスタリング オプション LIC-TCS-CLUSTER
プレミアム高解像度オプション LIC-TCS-PRO
プレミアム高解像度バンドル CTI-TCS-PROBUN-K9


シスコのサービス


シスコとパートナーは、インテリジェントでパーソナライズされたサービスとサポートの幅広いポートフォリオを提供しており、ビジネスの俊敏性とネットワーク アベイラビリティを向上して、Cisco TelePresence に対する投資の価値を最大限に引き出すお手伝いをします。これらのサービス ポートフォリオは、いつでも、どこでもビジネスのコラボレーションを可能にするネットワーク ベースのコラボレーション プラットフォームをとおして、ビジネスの変革を促進します。これらのサービスの詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/telepresenceservices/ を参照してください。

関連情報


Cisco TelePresence Content Server の詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/telepresence/ をご覧いただくか、最寄りのシスコの代理店またはシスコの認定パートナーまでお問い合わせください。仕様は予定であり、予告なく変更される場合があります。

お問い合わせ