Cisco Jabber Video for TelePresence(Movi)

Cisco Jabber Video for TelePresence データ シート


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。

 

Cisco Jabber Video for TelePresence



Cisco TelePresence® ポートフォリオは、臨場感あふれるフェイスツーフェイスの体験をネットワーク経由で実現し、これまでにない形のコラボレーションを可能にします。最先端のテクノロジーと優れた設計によって実現した Cisco TelePresence ポートフォリオを利用すれば、離れた場所にいる参加者も全員が自分と同じ会議室にいるように感じられます。Cisco TelePresence ポートフォリオは、生産性の大幅な向上とビジネスを変革させる可能性を秘めています。多くの企業がすでにこのソリューションを採用しており、コスト管理、意思決定時間の短縮、顧客との親密度の向上、リソースの有効活用、製品の市場投入までの時間の短縮といった効果をあげています。


図 1 Cisco Jabber Video for TelePresence

図 1 Cisco Jabber Video for TelePresence


製品の概要


場所と時間を問わず、高解像度(HD)でテレプレゼンス品質のビデオのメリットを享受できます。以前は Cisco TelePresence Movi™ の製品名で呼ばれていた Cisco Jabber™ Video for TelePresence(Jabber Video)は、PC や Mac で動作するソフトクライアントです。本製品は、空港、ホテル、コーヒー ショップやホーム オフィスなど、働く場所に関係なく、高解像度のビデオ コミュニケーションを可能にします(図 1)。ユーザの場所を問わず、あらゆるビデオ コミュニティと接続が可能です。

製品の種類


Jabber Video は、お客様のニーズに合わせてオンプレミス型またはクラウド型をお選びいただけます。

  • オンプレミス型の導入:Jabber® Video Enterprise(旧称 Movi)をお客様のネットワークに導入することで、ユーザにビデオ モビリティが提供されるとともに、柔軟なユーザ管理と、ネットワーク アーキテクチャの要件に応じたポリシー設定が可能になります。
  • クラウドホスト型の選択:Jabber Video は一部の地域にて、Web ベースまたはサブスクリプション ベースのサービスとしてもご利用いただけます。日本ではサービス提供を実施しておりませんが、www.ciscojabbervideo.com より無償でデモ環境を提供いたします。

Jabber Video の直感的なユーザ インターフェイスにより、他のソフトクライアント ユーザや、デスクトップ ビデオ システム、会議室、さらにはイマーシブ テレプレゼンス環境の会議室にも素早く、簡単で信頼性の高い接続を可能にします。

機能と利点


表 1 に、Jabber Video の主な機能を示します。

表 1 Jabber Video の機能の概要

機能の概要 利点
デザインの特長
  • 電話帳、共有電話帳、プレゼンス ステータス* へ容易にアクセスできる、直感的なユーザ インターフェイス
  • アプリケーションとプレゼンテーションを遠端の標準準拠のデバイスと共有可能
  • 標準ベースの Session Initiation Protocol(SIP)エンドポイントと H.323 システム、およびテレプレゼンスとの相互運用が可能
  • 導入および管理が簡単
  • 数千ユーザまで拡張可能
機能の特長
  • 標準準拠のビデオやテレプレゼンスをモバイル ワーカーへ拡張
  • 意思決定の迅速化、専門知識の調整、統合チーム環境の構築
  • 高解像度ビデオ会議を、時間や場所を問わず開催
性能の特長
  • 30 フレーム/秒(fps)で最大 1080p の HD 解像度
  • PC または Mac からの卓越した音声品質
  • 業界最高レベルのアプライアンス グレードのアダプティブ エコー キャンセレーション
  • インテリジェントな帯域幅分散および動的な帯域幅適応機能によりネットワーク負荷を最適化
  • Cisco TelePresence Multiway の使用でアドホックなマルチパーティ コールの開始が可能
  • 遠端カメラ制御による他との最大限のコラボレーション
  • ClearPath パケット損失保護テクノロジーを利用した最適なエクスペリエンス
  • ICE のサポート


製品仕様


表 2 に、Jabber Video の製品仕様を示します。

表 2 製品仕様

仕様 説明
帯域幅
  • 24 kbps 〜 8 Mbps の帯域幅をサポート
ビデオ規格
  • H.264
  • H.263+
  • H.263
ビデオ機能
  • 遠端
  • セルフビュー
  • 最大 1080p 30 fps のエンコードおよびデコード
  • アプリケーションまたはデスクトップ全体を選択し、Binary Floor Control Protocol(BFCP)および H.239 を使用してコンテンツやプレゼンテーションを標準準拠の遠端デバイスと共有
  • モバイル環境を含む最適化されていないネットワーク状況における ClearPath パケット損失保護
ビデオ解像度およびフレーム レート 利用可能な解像度は、ビデオ ソース、使用可能な帯域幅およびコンピュータの処理能力に応じて異なります。
ネイティブ NTSC:
  • 400p(528 X 400 ピクセル)
  • 4SIF(704 X 480 ピクセル)
  • SIF(352 X 240 ピクセル)
ネイティブ PAL:
  • 448p(576 X 448 ピクセル)
  • 4CIF(704 X 576 ピクセル)
  • CIF(352 X 288 ピクセル)
  • QCIF(256 X 144 ピクセル)
  • SQCIF(128 X 96 ピクセル)
ネイティブ PC 解像度:
  • XGA(1024 X 768 ピクセル)
  • VGA(640 X 480 ピクセル)
  • QVGA(256 X 144 ピクセル)
ワイド解像度:
  • w1080p(1920 X 1080 ピクセル)
  • w720p(1280 X 720 ピクセル)
  • w576p(1024 X 576 ピクセル)
  • w448p(768 X 448 ピクセル)
  • w288p(512 X 288 ピクセル)
音声規格
  • MPEG4 AAC-LD、48 kHz、64 kbps
  • G.722.1、24 kbps
  • G.722.1、32 kbps
  • G.711 a-law
  • G.711 mu-law
音声機能
  • 48 kHz ワイドバンド音声サブシステム(適合グレードのアダプティブ アコースティック エコー キャンセレーション)
  • 認識を最適化したパケット損失補償
  • 音声ミュート
  • スピーカ音量
  • スピーカ ミュート
  • Dual Tone MultiFrequency(DTMF)(インバンドおよびアウトオブバンド)
プライバシー機能
  • 音声ミュート
  • ビデオ ミュート
コンテンツ共有
  • H.239(Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)H.323 インターワーキング使用)
  • H.264、H.263+、H.263 でエンコードされた BFCP Content Channel による幅広い相互運用性
  • オープン アプリケーションからのコンテンツ ソースの選択による、目的のアプリケーションのみの共有
  • デスクトップ全体の共有
ユーザ インターフェイス
  • 音声およびビデオ デバイスの選択と調整を支援する簡単なセットアップ。利用可能なリソースをテストしてビデオの発信品質を予測
  • 電話帳/プレゼンスおよびビデオ コール用の個別ウィンドウ
  • アドレス帳検索(Cisco TelePresence Management Suite ディレクトリおよび電話帳から)
  • 連絡先のプレゼンス情報表示
  • ビデオ ミュート切り替え
  • 音声ミュート切り替え
  • セルフビューの切り替え
  • 通話中のピクチャ イン ピクチャ(PiP)によるセルフビュー
  • コンテンツ受信中の PiP による遠端ビデオの表示
  • 柔軟なレイアウト制御および配置(ダブルクリックによるメイン画面と PiP の切り替え)
  • 画面全体にわたって移動可能な PiP
  • Microsoft PowerPoint プレゼンテーション モードでの自動プレゼンテーション共有オプション
  • 起動時にセルフビューをオンにするスイッチ
  • お気に入り機能
  • 最近使用したコール(日時と通話時間表示)
  • 不在着信通知
  • ネットワーク品質インジケータ
  • コール ステータス ダイアログ
  • DTMF キーパッド
  • 帯域幅設定制御
  • 解像度設定制御
  • 起動時の自動開始
  • 開始時の自動サインイン
  • 常に手前に表示するモード
  • システム トレイに最小化
  • 呼出音の選択
  • ビデオおよび音声デバイスの選択
  • ビジー/通話中の呼出音の無効化
  • Cisco TelePresence Multiway* によるアドホックなマルチパーティ コールの発信
  • 遠端カメラ制御による遠端制御
  • プロビジョニング作業全体を通した柔軟な帯域幅管理(管理者による制御)
ファイアウォールの横断
  • Cisco TelePresence Video Communication Server Expressway™ によるファイアウォールの横断の有効化
内蔵暗号化機能
  • 高度暗号化規格(AES)
  • トランスポート レイヤ セキュリティ(TLS)
IP ネットワーク機能
  • Uniform Resource Identifier(URI)ダイヤリング
  • ICE のサポート
  • Cisco VCS を使用した E.164 エイリアス ダイヤリングのサポート
  • アダプティブ ジッター処理
  • 初回通話を適切な開始ポイントで実行するための帯域幅のプロービング
  • 通話中をとおして変化するネットワーク状況に対応するための帯域幅最適化管理機能
  • 帯域幅履歴ログを活用した最適なレートでのコール開始が可能
  • Domain Name System(DNS)ルックアップによるクラスタリングおよびロード バランシングのプロビジョニング
サポートされているプロトコル
  • SIP
  • H.323(VCS インターワーキングを介して)
  • TCP/IP
  • TLS
  • Real-Time Transport Protocol(RTP)/Real-Time Control Protocol(RTCP)
  • DTMF(インバンドおよびアウトオブバンド)
  • BFCP
  • H.239(VCS H.323 インターワーキング)
  • H.281(FECC)
  • ICE
ディレクトリ サービス
  • Cisco TelePresence Management Suite からの電話帳
  • プロビジョニング ディレクトリ電話帳
  • Active Directory(軽量ディレクトリ アクセス プロトコル(LDAP))の統合
  • クライアントの My contacts
  • 最近使用したコール(日時表示)
  • 不在着信表示
シスコ ネットワーク インフラストラクチャ要件
  • Cisco TelePresence Management Suite バージョン 12.6 以降
  • Cisco TelePresence Video Communication Server バージョン X5.2 以降
PC 要件
  • 送受信するビデオ解像度に応じた CPU:
    • SSE3 以上対応のプロセッサ(Pentium 4 Prescott など)を推奨。ビジネス品質の HD ビデオには、Cisco TelePresence PrecisionHD™ USB カメラおよび 2 GHz Core 2 Duo 以上のプロセッサの使用を推奨
    • VGA 30 fps エンコードは、Intel Atom(1.6 GHz)と同等のローエンド CPU で可能
  • オペレーティング システム:
    • Windows XP SP2 以降
    • Windows Vista SP1 以降
    • Windows 7
  • Web カメラ
  • グラフィックおよびサウンド
    • OpenGL バージョン 1.2 以降
    • 標準サウンド カード(全二重方式、16 ビット以上)
Mac 要件
  • Intel x86 プロセッサ搭載の Macintosh コンピュータ
  • Mac OS X 10.6 以降
  • 最適なエクスペリエンスの実現には、コアあたり 2 MB レイヤ 2 キャッシュ搭載の Core2Duo(2 GHz)を推奨
カメラ要件
  • すべての Windows 互換 Web カメラをサポートする設計
  • 最適なビジネス品質ビデオ エクスペリエンスの実現には、Cisco TelePresence PrecisionHD USB カメラを推奨
認定および互換性 表 2 製品仕様

* 使用可能な機能は、導入する Jabber Video のバージョン(エンタープライズ バージョンまたはクラウド ホステッド バーション)によって異なります。

発注情報


Jabber Video Enterprise の購入方法については、表 3 をご参照のうえ、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。

表 3 Jabber Video Enterprise の発注情報

製品名 製品番号
Jabber Video Enterprise の発注要件
Cisco TelePresence Management Server CTI-TMS-APL-K9
L-TMS-APL-PAK このマスター PAK からまず始めて、下記の提供されているオプションの一覧を確認してください。
Cisco Jabber Video for TelePresence Enterprise の発注オプション
Jabber Video Enterprise 25 ユーザ ライセンス L-MOVI-25
Jabber Video Enterprise 100 ユーザ ライセンス L-MOVI-100
Jabber Video Enterprise 500 ユーザ ライセンス L-MOVI-500
Jabber Video Enterprise 2000 ユーザ ライセンス L-MOVI-2000


サービスとサポート


シスコとパートナーは、インテリジェントでパーソナライズされたサービスとサポートの幅広いポートフォリオを提供しており、ビジネスの俊敏性とネットワーク アベイラビリティを向上させ、Cisco TelePresence に対する投資の価値を最大限に引き出すお手伝いをします。これらのサービス ポートフォリオは、いつでも、どこでもビジネスのコラボレーションを可能にするネットワーク ベースのコラボレーション プラットフォームをとおして、ビジネスの変革を促進します。これらのサービスの詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/telepresenceservices/ を参照してください。

関連情報


Cisco Jabber Video for TelePresence の詳細については、
http://www.cisco.com/jp/go/telepresence/ をご覧いただくか、最寄りのシスコの代理店またはシスコ認定パートナーまでお問い合わせください。仕様は予定であり、予告なく変更される場合があります。