Cisco ME 4600 シリーズ マルチサービス オプティカル アクセス プラットフォーム

イントロダクション

将来必要になる帯域幅を今すぐ準備

Cisco ME 4600 シリーズ マルチサービス オプティカル アクセス プラットフォームは、信頼性の高いモジュール型のオプティカル ライン ターミナル(OLT)と柔軟性の高いオプティカル ネットワーク ターミナル/ユニット(ONT/ONU)で構成されています。Cisco ME 4600 シリーズは、個人宅、ビルディング、道路脇、セル、企業への光ファイバの引き込みなど、ポイントツーポイントまたはポイントツーマルチポイントの多様なトポロジ シナリオをサポートします。

機能と特長

固定ネットワークでもモバイル ネットワークでもデータ トラフィックが爆発的に増加しつつある現在、データ トラフィックの効果的な管理は、すべてのサービス プロバイダーにとって大きな課題となっています。帯域幅の需要増に対応するため、サービス プロバイダーはユーザ敷地内への光ファイバの引き込み(FTTP)など、コスト効果が高く導入や管理が簡単なソリューションを模索しています。

Cisco ME 4600 シリーズは、集約サービスの規模を簡単に拡大できるので、事業者はエンドユーザへのサービスと卸売サービスのどちらにも対応できます。また、このシリーズには、FTTP テクノロジーに利用できる最新の機能も組み込まれています。

ME 4600 シリーズ OLT を使用することで、事業者は次世代光アクセス ネットワークを導入し、利益を高めることができます。これらの製品によって企業および個人住宅向けの高付加価値マルチメディア サービスを提供することは、コストの削減と収益ストリームの増大につながります。

ME 4600 シリーズの主な機能は、次のとおりです。

スイッチング容量

スロットあたり最大 8.6 Tbps のスイッチング容量と最大 120 Gbps のスイッチン容量を実現。これらのレートにより、事業者は次世代のパッシブ光ネットワーク(PON)テクノロジーの導入時に OLT のシャーシを交換せずに済むため、長期的な設備投資費(CapEx)が削減されます。

ポート密度

13 ラック ユニット(RU)に最大 256 個のギガビット PON(GPON)ポートまたは 768 個のギガビット イーサネット ポートを収容できるので、シャーシあたりの ONT 数が増えます。

サービス重視のプロビジョニング

ME 4600 シリーズは、管理インターフェイス(CLI、WebUI、ENS Agora-NG)を使用することで、高速インターネット アクセス、音声、ビデオ/TV サービスのプロビジョニングが非常にシンプルかつ簡単になります。また、事業者は下位の GPON レイヤ機能を担う必要がなくなるため、管理コストや実装時間も軽減されます。

エンドツーエンド ソリューション

ME 4600 シリーズは、シスコの他のネットワーク アグリゲーション、エッジ、およびコア製品と連動するので、導入リスクや運用コストを軽減できます。

Prime Carrier との統合

ME 4600 シリーズを Cisco Prime Management ソリューションと統合すると、ネットワークの要素やネットワーク全体を統一的に管理する手段や包括的な機能セットを提供できます。

関連リソース


モデル比較
この製品シリーズのモデル間の類似点と相違点についてはこちらをご覧ください。

製品資料

お問い合わせ