Cisco ME 1200 シリーズ キャリア イーサネット アクセス デバイス

Cisco ME 1200 シリーズ キャリア イーサネット アクセス デバイス データ シート

データ シート





Cisco ME 1200 シリーズ キャリア イーサネット アクセス デバイス



Cisco® ME 1200 シリーズ キャリア イーサネット アクセス デバイス


シンプルに低コストで QoS を実現する。これは、Cisco® ME 1200 シリーズ キャリア イーサネット アクセス デバイスで得られる大きなメリットです。このギガビット イーサネット ポイントは、お客様の LAN とサービス プロバイダーのモバイル アプリケーションおよびクラウド アプリケーション間の境界を再定義します。これにより、ELINE や ELAN などのサービス向けに Metro Ethernet Forum(MEF)で定義された、高度なクロッキングと QoS を提供する標準ベースの境界点を実現します。Cisco ME 1200 シリーズは、「タッチレス」のネットワーク インターフェイス デバイス(NID)として導入できるように設計されています。ゼロタッチのプロビジョニングで導入が簡素化されます。ネットワーク内のタッチポイント数を最小限に抑えるため、一部の Cisco IOS® ソフトウェア プラットフォームでは NID を視覚化して表すコントローラが提供されています。また、Cisco ME 1200 はサービス プロバイダー向けの Cisco Evolved Programmable Network インフラストラクチャに完全統合されています。さらに、物理的な設置面積や二酸化炭素排出量が小さい Cisco ME 1200 は、そのエネルギー効率に優れた設計により、パフォーマンスや機能を低下させることなく、消費電力を 10 W 未満に抑えることができます。低コストで運用しやすい Cisco ME 1200 シリーズを利用すれば、ネットワークの境界点に何千ドルものコストをかけてマネージド サービス ルータやスイッチを導入する必要はありません。

 

図 1 Cisco ME 1200 シリーズ キャリア イーサネット アクセス デバイス

図 1 Cisco ME 1200 シリーズ キャリア イーサネット アクセス デバイス


Cisco ME1200 イーサネット アクセス デバイスは、次に示す固定構成の小型フォーム ファクタ(1 RU)です。

  • Cisco ME1200-4S-A:AC 電源装置、2 つの RJ45 ギガビット イーサネット インターフェイス、4 つのファイバ ギガビット イーサネット インターフェイス、および冗長バックアップ用 12 V 電源オプション。
  • Cisco ME1200-4S-D:DC 電源装置、2 つの RJ45 ギガビット イーサネット インターフェイス、4 つのギガビット イーサネット インターフェイス、冗長バックアップ用 12 V 電源オプション。

利点


タッチレス オペレーション

NID をタッチレスで簡単に操作するために、Cisco ME 1200 にはリモート操作用のコントローラが付属しています。このコントローラの機能は Cisco IOS に組み込まれ、まず Cisco ME 3600X および ME 3800X の次世代イーサネット アクセスおよびアグリゲーション プラットフォームで提供されます。このコントローラには、ホスト上の NID を一元管理して仮想化するという大きな利点があります。コントローラに付属するテンプレートにより、複数の NID デバイス間で設定をレプリケーションできます。設定にかかる時間が最小限で済むため、運用コスト(OpEx)を削減できます。Cisco ME 1200 の初期化は、ゼロタッチ プロビジョニングで完全に自動化できます。

小設置面積とエネルギー効率

Cisco ME 1200 は優れたエネルギー効率を目指して設計され、最大消費電力は 10 W ながら、キャリア イーサネット用途に求められるギガビット ライン レート パフォーマンスと低遅延を実現します。消費電力だけでなく発熱量を抑えられることから、ファンレスの運用が可能で過剰なノイズを排除できます。

QoS を強化したイーサネット サービス

Cisco ME 1200 は、ELINE、ELAN、EACCESS などのサービスをはじめ、MEF 2.0 サービスの開始に必要なあらゆる機能を備えています。これらのサービスに適切な QoS を保証するため、Cisco ME 1200 ではサービス単位やポート単位で高度なトラフィック分類と階層型 QoS を提供します。確実なサービス レベル契約(SLA)実施のため、入力トラフィック ポリシングと出力シェーピングにも対応しています。

サービスを保証する高度な OAM

サービスの保証は、運用、管理、保守(OAM)を実行する豊富な機能によって達成されます。ハードウェアでパフォーマンス管理トラフィックにタイム スタンプを付けることで、高い精度が維持されます。Cisco ME 1200 は 1731 PM および 802.1ag 接続障害管理(CFM)標準に従った標準ベースの障害およびパフォーマンス管理機能を備えています。Cisco ME 1200 のサービス強化機能(RFC 2544 および Y.1564)はトラフィックの生成とリフレクションの両方に対応しています。この機能により、運用コストが大幅に削減され、コストのかかるトラック ロールを使わずにトラブルシューティングできます。

高度なタイミング サービス

Cisco ME 1200 はモバイル環境向けに同期イーサネット(SyncE)と IEEE 1588v2 のオーディナリ、透過、および境界クロック機能を提供します。最高精度を保証するため、このプラットフォームは OCXO(オーブンによって制御される水晶発振子)を搭載しています。

主な用途


キャリア イーサネット ビジネス サービス

Cisco ME 1200 は境界ポイントに導入することで、Cisco ME 3600X または ME 3800X に直接接続できます。コントローラでサービスを設定し、NID に配信できます。オペレータは、コントローラ上でプラットフォームとサービスのテンプレートを利用できます。光ファイバの利用を最適化するため、Cisco ME 1200 をデイジーチェーン接続、またはリング内に配置できます(図 2 参照)。G.8032 プロトコルはこの ME リングで実行されます。

図 2 Cisco ME 1200 の導入

図 2 Cisco ME 1200 の導入


クラウド ベース サービス

より高度なネットワーク サービスがクラウドやデータセンターに移行されるに従って、キャリア グレードのイーサネット、高度な QoS、パフォーマンス測定機能を備えた低ポート密度のデバイスが求められるようになりました。低遅延で OAM をハードウェアで実行する Cisco ME 1200 をお客様に近い場所に配置することでサービスを保証する一方、ネットワーク サービスは遠く離れたデータセンターで行われます。

図 3 クラウド ベース サービスの導入

図 3 クラウド ベース サービスの導入


モバイル バックホール

Cisco ME 1200 はスモール セルやマクロ セルのルータを補完してサービスを保証し、モバイル アプリケーションに要求されるキャリア グレードのトランスポートを提供します。

図 4 モバイル バックホールの導入

図 4 モバイル バックホールの導入


コンポーネントとオプション


ハードウェア

表 1 に、Cisco ME 1200 シリーズで使用できるハードウェア部品を示します。

表 1 Cisco ME 1200 ハードウェア コンポーネント

製品番号 説明
ME-1200-4S-A ME1200 イーサネット アクセス デバイス、AC 電源内蔵
ME1200-4S-D ME1200 イーサネット アクセス デバイス、DC 電源内蔵
ME1200-4S-A= ME1200 イーサネット アクセス デバイス、AC 電源内蔵(スペア)
ME1200-4S-D= ME1200 イーサネット アクセス デバイス、DC 電源内蔵(スペア)
PWR-ME12-ADP 冗長電源オプション用 AC 電源アダプタ
PWR-ME12-ADP= 冗長電源オプション用 AC 電源アダプタ(スペア)
ME1200-CBL-MNGT ケーブル管理ポート
ME1200-CBL-MNGT= ケーブル管理ポート(スペア)
RCKMNT-ME12-19IN ラックマウント用 19 インチ ブラケット
RCKMNT-ME12-19IN= ラックマウント用 19 インチ ブラケット(スペア)
RCKMNT-ME12-23IN ラックマウント用 23 インチ ブラケット
RCKMNT-ME12-23IN= ラックマウント用 23 インチ ブラケット(スペア)
RCKMNT-ME12-ETSI ラックマウント用 ETSI ブラケット
RCKMNT-ME12-ETSI= ラックマウント用 ETSI ブラケット(スペア)
RCKMNT-ME12-WALL 壁面マウント用ブラケット
RCKMNT-ME12-WALL= 壁面マウント用ブラケット(スペア)


ソフトウェア

表 2 に、Cisco ME 1200 シリーズで使用できるソフトウェア部品を示します。

表 2 Cisco ME 1200 ソフトウェア コンポーネント

製品番号 説明
ME-1200-OS-1542SN ME1200 オペレーティング ソフトウェア リリース 15.4.2SN イメージ
ME-1200-OS-1542SN= ME1200 オペレーティング ソフトウェア リリース 15.4.2SN イメージ(スペア)
ME1200-RTU-1588BC ME1200 1588 境界クロック(BC)使用権
ME1200-RTU-1588BC= ME1200 1588 境界クロック(BC)使用権(スペア)


主な機能


表 3 に、Cisco ME 1200 イーサネット アクセス デバイスの機能を示します。

表 3 Cisco ME 1200 イーサネット アクセス デバイスの機能

機能
イーサネット サービス
  • 以下を行うための EVC:
    • 802.1q
    • 802.1ad
    • 選択的 QinQ
    • 内部および外部 VLAN の分類
  • IEEE ブリッジング
  • 802.1s(MSTP)、802.1w(RSTP)
  • 802.3ad リンク アグリゲーション バンドル
  • 802.3x フロー制御
  • ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)クライアント
  • Link Layer Discovery Protocol(LLDP)
  • L2 プロトコル ピアリング、フォワーディング、トンネリング
  • ジャンボ フレーム サポート(10,000 バイト)
  • インターフェイスごとに設定可能な MTU
  • 802.1ab(LLDP)
  • Link Layer Discovery Protocol-MED(LLDP-MED)
  • VLAN 単位で MAC ラーニングを設定可能
QoS
  • IEEE 802.1p QoS
  • IP Precedence タイプ オブ サービス(ToS)
  • DiffServ コード ポイント(DSCP)
  • 2 レベルの入力階層型 QoS ポリシング
  • 優先キューイング
  • 2 段階、3 つのカラー(2R3C)でのポリシー管理
  • キューごとの出力シェーピング
  • 出力ポリシング
  • 3 レベルの階層型 QoS(HQoS)
  • サービス クラス(CoS)、VLAN ID、DSCP、IP Precedence に基づく分類
  • QoS 入出力統計
  • レイヤ 2 QoS ACL
  • IPv4 での ACL QoS
  • IPv6 QoS
OAM
  • IEEE 802.1ag 接続障害管理(CFM)
  • IEEE 802.3ah Link OAM
  • Y.1731 障害管理(AIS、RDI、LCK)
  • Y.1731 パフォーマンス管理(LM、DM)
  • Y.1731 PM のハードウェア タイム スタンプの取得
  • MAC スワップと QoS によるイーサネット ループバック
  • RFC2544 のサポート
  • 電力損失時の Dying Gasp メッセージ
セキュリティ
  • 認証、許可、アカウンティング(AAA)、TACACS+、および RADIUS
  • Secure Shell(SSH)プロトコル バージョン 2
  • レイヤ 2-4 ACL
  • ブロードキャスト/ユニキャスト/マルチキャストのストーム制御
  • コントロール プレーン ポリシング
  • DHCP オプション 82 挿入
  • スタティック アクセス ポート
  • EVC の MAC セキュリティ
  • ダイナミック ARP インスペクション
  • BPDU ガード、BPDU フィルタリング、ループガード
  • ポート セキュリティ
  • MAC アドレス変更通知
可用性
  • G.8032
  • G.8031
  • IEEE 802.1s MSTP
クロッキング
  • ITU-T 同期イーサネット(SyncE)
  • SyncE SSM
  • G.8264(ESMC)
  • IEEE 1588-2008 オーディナリ クロック、透過トラック、境界クロック
  • IEEE 1588-2008 ベスト マスター クロック アルゴリズム(BMCA)
  • NTP
管理性
  • ゼロタッチ プロビジョニング(ZTP)
  • Syslog
  • SNMP v1、v2、v3(暗号化、非暗号化)
  • DHCPv4 クライアント
  • DHCP サーバ
  • RMON
  • SSL
  • 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)
  • SSH、Telnet


製品仕様


表 4、表 5、表 6 は、Cisco ME 1200 イーサネット アクセス デバイスの製品、電源、および環境仕様の一覧です。表 7 に、安全性と適合規格の情報を示します。

表 4 Cisco ME 1200 シリーズのシステム仕様

説明 Cisco ME 1200 シリーズ仕様
寸法(高さ X 幅 X 奥行) 44 X 269 X 180 mm
(1.75 X 10.6 X 7.1 インチ)
重量 ME1200-4S-A
ME1200-4S-S:1.410 kg
ラック マウント 19 インチ ラックマウント キット
23 インチ ラックマウント キット(オプション)
ETSI ラック マウント キット(オプション)
壁面マウント
コネクタおよびケーブル 10/100/1000 ポート
  • 10/100/1000 BASE-TX ポート:RJ-45 コネクタ、4 ペア カテゴリ 5 Unshielded Twisted pair(UTP; シールドなしツイスト ペア)ケーブル
SFP ポート
  • 10/100/1000BASE-T SFP ベース ポート:RJ-45 コネクタ、4 ペア カテゴリ 5 UTP ケーブル
  • 100BASE-FX および -LX:デュプレックス LC レセプタクル ファイバ コネクタ(マルチモードおよびシングルモード)
  • 100BASE-BX:シングルファイバ LC レセプタクル コネクタ(シングルモード ファイバ)
  • 100BASE-EX:100 Mb ポート用 SFP モジュール、波長 1310 nm、40 km 以上のシングルモード ファイバ
  • 100BASE-ZX:100 Mb ポート用 SFP モジュール、波長 1550 nm、80 km 以上のシングルモード ファイバ
  • 1000BASE-BX:シングルファイバ LC レセプタクル コネクタ(シングルモード ファイバ)
  • 1000BASE-SX、-LX/LH、-ZX および CWDM/DWDM:デュプレックス LC レセプタクル ファイバ コネクタ(マルチモードおよびシングルモード ファイバ)
  • 管理コンソール ポート:PC 接続用 RJ-45-to-DB9 ケーブル
インジケータ ポートごとのステータス LED:リンク完全性、ポート無効化、アクティビティの表示
ゼロタッチ プロビジョニング(ZTP)ステータス LED


表 5 電力仕様

説明 Cisco ME 1200 シリーズ仕様
電力消費 ME1200-4S-A
ME1200-4S-D
AC 入力電圧および周波数 100 〜 240 VAC、50 〜 60 Hz
DC 入力電圧 20.5 V 〜 72 VDC


表 6 環境仕様

説明 Cisco ME 1200 シリーズ
動作温度1 -40 〜 +65 °C
保管環境 -40 〜 75 °C
相対湿度 5 〜 90 %


表 7 安全規格と適合規格

タイプ 規格
安全性
  • UL/CSA 60950-1
  • IEC/EN 60950-1
  • AS/NZS 609501
排出規格
  • FCC 47CFR15、クラス A
  • EN55022、クラス A
  • CISPR 22、クラス A
  • AS/NZS CISPR 22、クラス A
  • ICES 003、クラス A
  • VCCI、クラス A
  • CNS-13438 クラス A
NEBS
  • GR-1089-CORE、NEBS EMC および安全性
  • GR-63-CORE、NEBS 物理保護


保証に関する情報


保証については、Cisco.com の製品保証のページを参照してください。

サービスとサポート


シスコは、お客様の成功を支援する幅広いサービス プログラムを用意しています。これらのプログラムは、スタッフ、プロセス、ツール、パートナーを独自に組み合わせたかたちで提供され、お客様から高い評価を受けています。シスコのサービスは、ネットワーク インテリジェンスおよびビジネスの能力を高めるためのネットワーク投資の保護、ネットワーク運用の最適化、および新しいアプリケーションのためのネットワークの準備を支援します。シスコ サービスの詳細については、シスコ テクニカル サポート サービスまたはシスコ アドバンスド サービスを参照してください。

シスコは、お客様の総所有コストを最小限に抑えられるよう、努力を続けています。シスコは、さまざまなテクニカル サポート サービスのポートフォリオを通じて、シスコ製品の効果的な運用、高可用性の維持、最新のシステム ソフトウェア活用のための支援を提供しています。表 8 に記載されているサービスおよびサポート プログラムは、シスコ キャリア イーサネット スイッチング サービスおよびサポート ソリューションの一部として利用できます。これらのプログラムはシスコから直接、またはリセラーを通じて提供されています。

表 8 サービスとサポート

アドバンスド サービス 機能 利点
Cisco Total Implementation Solutions(TIS)(シスコより直接提供)
Cisco Packaged TIS(リセラーを通じて提供)
  • プロジェクト管理
  • サイト調査、設定、および導入作業
  • インストール、テキスト化、カットオーバー
  • トレーニング
  • 大規模な移行、追加、および変更
  • 設計レビューおよび製品のステージング
  • 人的資源の補充
  • ニーズに合った機能性の確保
  • リスクの緩和
Cisco SP Base Support および Service Provider-Based Onsite Support(シスコより直接提供)
Cisco Packaged Service Provider-Based Support(リセラーを通じて提供)
  • ソフトウェア アップデートに 24 時間アクセス可能
  • テクニカル リポジトリに Web アクセス可能
  • Cisco Technical Assistance Center(TAC)による電話サポート
  • ハードウェア部品のアドバンス リプレースメント
  • 問題の予防または迅速な解決を促進
  • シスコの専門知識とノウハウを駆使し、総所有コスト削減を実現
  • ネットワーク ダウンタイムの最小化