Cisco Catalyst Blade Switch 3000 シリーズ

次世代のブレード サーバ環境の構築

Brochure





次世代のブレード サーバ環境の構築


新しい収益機会の創出、コスト削減、サービス レベルの向上を目指して、あらゆる企業が IT への投資を続けています。しかし、このような投資を続けることによって、電源供給、冷却、ラック スペース、ケーブル管理といった設備に対する懸念も増加しています。特にサーバ インフラストラクチャの領域においては、これが大きな問題となっています。アプリケーションの使用が急増したために、データセンターのなかのサーバ スプロール(サーバの無秩序な増加)を招いているからです。

このような問題に対処するために、サーバ スプロール対策としてブレード サーバを導入している企業もあります。この戦略は成功し、ブレード サーバは企業全体のサーバ戦略において重要な役割を果たすようになりました。ブレード サーバが中心的な役割を担うようになったため、アベイラビリティ、パフォーマンス、エンドツーエンド ネットワーク サービスといったエンタープライズ クラスのネットワーキングがブレード サーバとっても重要となっています。

図 1 最大 8 台のスイッチを単一の仮想スイッチとして扱うことができる VBS(Virtual Blade Switch)

図 1 最大 8 台のスイッチを単一の仮想スイッチとして扱うことができる VBS(Virtual Blade Switch)

Cisco Catalyst® Blade Switch 3100 シリーズは、ブレード サーバ環境のための次世代ネットワーキング ソリューションです。市場をリードするシスコのハードウェアおよび Cisco IOS® ソフトウェアを基盤とする Cisco Catalyst Blade Switch 3100 シリーズは、ブレード サーバ ベースのアプリケーション インフラストラクチャに対する厳しい要求を満たすために特別に設計された、革新的なテクノロジーを取り入れています。具体的には、接続のスケーラビリティ、パフォーマンス、復元力を高めることによって、新しい役割を担うブレード サーバをサポートする設計になっています。同時に、サーバ インフラストラクチャの複雑さの緩和と TCO(総所有コスト)削減という継続的な取り組みをサポートします。サーバ チームの観点からは、企業のアプリケーション環境をサポートするサーバ インフラストラクチャの能力を高める機能が実装されたことになります。

Cisco Catalyst Blade Switch 3100 シリーズには、シスコ独自のテクノロジー「Virtual Blade Switch(VBS; 仮想ブレード スイッチ)」が採用されています。これは、サーバ仮想化テクノロジーと同様に、同じラック内のそれぞれ独立した物理スイッチをまとめて 1 つの論理スイッチとして扱うスイッチ仮想化テクノロジーです。スイッチの利用効率とパフォーマンスが向上し、復元力が高まると共に、運用と管理が単純になります。

サポートされるサーバに対する VBS の利点のいくつかを次に示します。

  • データセンターの設計と運用が大幅に単純化されるため、インフラストラクチャの複雑さが緩和され、ネットワークの復元力が高まり、ブレード スイッチング環境の運用管理性が向上します。たとえば、VBS は単一のネットワーク デバイスと見なされるので、ネットワーク トポロジは大幅に単純化され、短時間での展開、堅牢なネットワーク、および迅速なトラブルシューティングと問題解決が可能になります。
  • 最大 160 Gbps というアップストリーム速度が示すように、VBS のパフォーマンスは非常に優れています。同時に、サーバあたりの使用可能帯域幅を VBS によって倍増させることができます。これらの機能によって、サーバおよびアプリケーションのパフォーマンス要件に応じた非常に柔軟なサーバ管理が可能になります。
  • VBS はアップストリーム接続とサーバ接続の両方に対してリンク仮想化を活用するようになっており、使用可能帯域幅と冗長性が向上します。物理リンクの障害が発生しても、ネットワークの再コンバージを行うことなく VBS の復旧が可能であり、セッション ドロップ防止に役立ちます。
  • 他の Cisco Catalyst 製品と同じ Cisco IOS ソフトウェア インターフェイス、MIB、および管理ツールが VBS でも使用されるため、ネットワーク運用チームによる運用と管理の作業が単純化されます。接続されたサーバが完全に Quality Of Service(QoS)やセキュリティ ポリシーといったエンドツーエンド ネットワーク サービスの対象となっている状態の維持に役立ち、法規制への準拠についても有用です。
  • Cisco Catalyst Blade Switch 3100 シリーズでは、ギガビット イーサネット スイッチと 10 ギガビット イーサネット スイッチを混在させることができるため、コスト効果の高い、段階的な移行が可能です。サーバ ニーズに応じてスイッチの処理容量を少しずつアップグレードすることができます。

スイッチング要件を満たすために多くの企業がシスコを選択する理由は、Cisco Catalyst Blade Switch 3100 シリーズにも表れています。Cisco Catalyst の実績に基づく技術革新を取り入れた Cisco Catalyst Blade Switch 3100 シリーズは、今日のブレード サーバ環境特有の要求に応えます。

お問い合わせ