Cisco Catalyst 6800 シリーズ スイッチ

拡張可能な固定型 Cisco Catalyst 6880-X シリーズ アグリゲーション スイッチ

データ シート





拡張可能な固定型 Cisco Catalyst 6880-X シリーズ アグリゲーション スイッチ



製品の概要


ネットワーク トラフィックはこの数年で急増しており、この傾向は今後しばらく続くと思われます。2011 年に 100 億台であったネットワーク デバイス数は、2016 年までに 190 億台に達する見込みです。ビジネスの IP トラフィックは 2016 年には 13.1 エクサバイトに達すると予測されています1 。投資を保護しながら将来のトラフィックに対応するためには、今日のニーズを十分に満たす拡張性を備えたネットワークを構築する必要があります。

Cisco® Catalyst® 6880-X シリーズ スイッチ(図 1)は、Cisco Catalyst 6500 のクラス最高水準のフィーチャ セットを小型フォーム ファクタで提供する、拡張可能な固定型アグリゲーション スイッチです。優れたアグリゲーション プラットフォームが、Cisco Catalyst 6500 のフィーチャ セットによるトップクラスの拡張性と柔軟性を提供します。40G/100G 対応し、小・中規模のキャンパス バックボーンへの高度な 10G サービスの導入に最適なプラットフォームです。このユニークなプラットフォームは、10G のポート密度や、大きなテーブル サイズ(最大 2M FIB エントリ)を使用した MPLS/VPLS のフル機能に加え、15 年以上にわたって培ってきたクラス最高レベルの機能を備えています。L2/L3、仮想化、セキュリティ、マルチキャスト、IPV6、アプリケーションの可視性、シンプルな運用、リッチ メディア サービスなどの機能をすべて揃え、導入後すぐに利用できます。また、Cisco Catalyst 6500 Supervisor Engine 2T と同じアークテクチャが採用されているため、実績あるオペレーティング システム ソフトウェアによる安定した稼働が確保されます。

Cisco Catalyst 6800-X シリーズのシャーシは、N+1 の冗長ファンと 1+1 の電源冗長化、および仮想スイッチング システム(VSS)のサポートによる統合型の復元力を備え、ネットワーク ダウンタイムを短縮します。これにより、従業員の生産性と顧客満足度の向上、および利益の拡大が実現します。


Cisco Catalyst 6880-X の製品詳細


Cisco Catalyst 6880-X には、2 種類の基本シャーシ(標準の FIB/ACL/NetFlow テーブルを使用する C6880-X-LE と、大型の FIB/ACL/NetFlow テーブルを使用する C6880-X)と、オプションのポートカード(図 2)が用意され、ニーズに合わせてポート密度を柔軟に構成できます。基本シャーシには 16 個の 10G/1G ポートが搭載され、ポート カード 1 つでさらに 16 個の 10G/1G ポートを追加できます。16 ポートずつ追加して、1 台のシステムに最大 80 ポートを構成可能です。基本モジュールとポート カードのポート インターフェイスは、10 ギガビットと 1 ギガビットの両方のイーサネット速度をサポートしているので、最初は 1 ギガビット イーサネット SFP を導入し、ビジネスのニーズの変化に応じて、簡単に 10 ギガビット イーサネットにアップグレードできます。既存のシステム全体をアップグレードする必要はありません。ポート カードはホットスワップ可能です。


図 1 4 つのポート カードを搭載した Cisco Catalyst 6880-X シリーズ シャーシ

図 1 4 つのポート カードを搭載した Cisco Catalyst 6880-X シリーズ シャーシ


図 2 16 ポートの拡張用ポート カード

図 2 16 ポートの拡張用ポート カード


Cisco Catalyst 6880-X シリーズの主な機能と利点は次のとおりです。

  • プラットフォームの拡張性:ポート カードあたり、最大 220 Gbps のスロット容量。スイッチング容量は最大 2 Tbps で、VSS テクノロジーを使用すれば 2 倍の 4 Tbps までサポートされます。
  • セキュリティ:IEEE 802.1AE MACsec 暗号化とロールベースの ACL を可能にする Cisco TrustSec(CTS)や、DoS 攻撃を防止するコントロール プレーン ポリシング(CoPP)のほか、企業を保護し、エンドツーエンド セキュリティを管理する Cisco ISE をサポートします。
  • 仮想化:L2/L3 VPN、フル MPLS、EVN、VRF 対応の NAT NetFlow アプリケーション、v4/v6 の GRE、VPLS による L2 拡張など、包括的な仮想化機能によって、ユーザ グループをセグメントに分離し、ユーザ グループによって異なるセキュリティや QoS のポリシー要件に対応します。
  • Application Visibility and Control(AVC):Flexible NetFlow や Sampled NetFlow などの拡張機能をサポートし、インテリジェントでスケーラブルなアプリケーション モニタリングを可能にします。
  • シンプルな運用:Instant Access Client を Cisco Catalyst 6880-X のリモート ラインカードとして機能させる Catalyst Instant Access* や、アクセス スイッチのゼロタッチ導入を可能にする Smart Install Director をサポートしています。
  • 高可用性:2 台の Cisco Catalyst 6880-X シリーズ スイッチを組み合わせて 1 つの VSS を構築できます。VSS のメリットは、高可用性だけありません。管理ポイントを一元化したり、First Hop Routing Protocol(FHRP)を不要にしたり、スパニングツリー プロトコル(STP)に依存しないリンク障害の復旧を可能することで、運用を簡素化します。

* Catalyst Instant Access のサポートは 15.1(2)SY2 以降のリリースのみ。

製品仕様


システム仕様

表 1 に、Cisco Catalyst 6880-X シリーズ スイッチのシステム仕様を示します。

表 1. Cisco Catalyst 6880-X シリーズのシステム仕様

項目 仕様
ポート カード スロットの数 4
スイッチング容量 最大 2 Tbps
パフォーマンス シャーシのサポート容量はポート カード スロットあたり最大 220 Gbps
10G ポートを 16 個備えたポート カードと基本モジュールを組み合わせて 80 Gbps をサポート
シャーシあたりの最大ポート密度 最大 80 個の 10 ギガビット イーサネット ポート
最大 80 個の 1 ギガビット イーサネット ポート
最大 20 個の 40 ギガビット イーサネット ポート
最大ポート密度(VSS) 最大 158 個の 10 ギガビット イーサネット ポート
最大 158 個の 1 ギガビット イーサネット ポート
最大 38 個の 40 ギガビット イーサネット ポート
電源の互換性 AC:3000 W、DC:3000 W
モジュールの互換性 システムのソフトウェア リリースに対応するすべてのモジュール
信頼性とアベイラビリティ
活性挿抜(OIR) 冗長構成の電源およびポート カードで OIR をサポート
物理寸法(高さ X 幅 X 奥行)
インチ 8.5 X 17.36 X 23
センチ 21.6 X 44.1 X 58.4
ラック ユニット(RU) 4.85
重量
電源 2 つとファン トレイを搭載したシャーシ 29.03 kg(64 ポンド)
電源 2 つ、ファン トレイ、4 つのポート カードを搭載したシャーシ 39.92 kg(88 ポンド)
入力電圧 100 〜 240 VAC
-48 〜 -60 V DC
安全性 UL 60950 第 2 版
CAN/CSA-C22.2 No. 60950 第 2 版
EN 60950 第 2 版
IEC 60950 第 2 版
AS/NZS 60950
EMC FCC Part 15(CFR 47)Class A
VCCI Class A
EN55022 Class A
CISPR 22 Class A
CE マーキング
AS/NZS 3548 Class A
ETS300 386
EN55024
EN61000-6-1
EN50082-1
NEBS/ETSI GR-1089-Core NEBS Level 3
ETS 300 019 Storage Class 1.1
ETS 300 019 Transportation Class 2.3
ETS 300 019 Stationary Use Class 3.1
ATIS Pb free and Energy efficiency ATIS-0600020.2010 Pb Free circuit packs
ATIS-0600015-2009 General Energy Efficiency Requirements(TEER)
ATIS-0600015.03-2009 Switch and Router Energy Efficiency
ATIS-0600015.01-2009 Server Energy Efficiency
VZ.TPR.9205 Verizon Energy Efficiency Requirements for Telecommunication Equipment(TEEER)
ネットワーク管理 ETHERLIKE-MIB(RFC 1643)
IP-MIB および IP-FORWARD-MIB for IPv6
IF-MIB(RFC 1573)
Bridge MIB(RFC 1493)
CISCO-STACK-MIB
CISCO-VTP-MIB
CISCO-CDP-MIB
RMON MIB(RFC 1757)
CISCO-PAGP-MIB
CISCO-STP-EXTENSIONS-MIB
CISCO-VLAN-BRIDGE-MIB
CISCO-VLAN-MEMBERSHIP-MIB
ENTITY-MIB(RFC 2037)
HC-RMON
RFC1213-MIB(MIB-II)
SMON-MIB
動作環境
動作温度 0 〜 40 °C(32 〜 104 °F)
保管温度 -20 〜 65 °C(-4 〜 149 °F)
温度遷移 0.5 °C/分(高温から低温へ)
0.33 °C/分(低温から高温へ)
相対湿度 動作時の周囲湿度(結露しないこと):5 〜 90 %
非動作時および保管時の周囲湿度(結露しないこと):5 〜 95 %
動作高度 動作認定済み:0 〜 2000 m(0 〜 6500 フィート)
設計および動作試験済み:-60 〜 3000 m(-200 〜 10,000 フィート)


表 2 に基本システムの拡張性に関する情報を示します。

表 2. 基本システムの拡張性

属性 C6880-X-LE C6880-X
MAC エントリ 128 K 128 K
ルート 256 K(IPv4)
128 K(IPv6)
2048 K(IPv4)
1024 K(IPv6)
ACL エントリ QoS/セキュリティ用に 64K の共有 QoS/セキュリティ用に 256K の共有
NetFlow エントリ 512 K(モジュール スロットあたり)
システムあたり最大 2.5 M
1024 K(モジュール スロットあたり)
システムあたり最大 5 M
マルチキャスト ルート 128 K(IPv4)
128 K(IPv6)
128 K(IPv4)
128 K(IPv6)
IPv4 ルーティング ハードウェア
最大 300 Mpps**
ハードウェア
最大 300 Mpps**
IPv6 ルーティング ハードウェア
最大 150 Mpps**
ハードウェア
最大 150 Mpps**
L2 ブリッジング ハードウェア
最大 300 Mpps**
ハードウェア
最大 300 Mpps**
ジャンボ フレーム サポート 最大 9216 バイト
(ブリッジングおよびルーティングされたパケット)
最大 9216 バイト
(ブリッジングおよびルーティングされたパケット)
VLAN 4000 4000
ブリッジ ドメイン 16 K 16 K
MPLS ハードウェア(300 Mpps で最大 8192 VRF**) ハードウェア(300 Mpps で最大 8192 VRF**)
論理インターフェイス 128 K 128 K
EtherChannel ハッシュ 8 ビット 8 ビット
VPLS ハードウェア(最大 150 Mpps**) ハードウェア(最大 150 Mpps**)
GRE ハードウェア(最大 150 Mpps**) ハードウェア(最大 150 Mpps**)
NAT ハードウェア アシスト ハードウェア アシスト
オンボード メモリ 2 GB 4 GB
入力バッファ 2:1 モードで 10G ごとに 1.25MB
1:1 モードで 10G ごとに 2.5MB
(Port ASIC ごとに10MB)
2:1 モードで 10G ごとに 1.25MB
1:1 モードで 10G ごとに 2.5MB
(Port ASIC ごとに10MB)
出力バッファ 2:1 モードで 10G ごとに 24MB
1:1 モードで 10G ごとに 48MB
(MUX FPGA ごとに192MB)
2:1 モードで 10G ごとに 24MB
1:1 モードで 10G ごとに 48MB
(MUX FPGA ごとに192MB)
オーバーサブスクリプション ベース モジュールおよびポート カードのオーバーサブスクリプション モード(デフォルト)では 2:1 で 16P 10G
ベース モジュールおよびポート カードのパフォーマンス モード(構成可能)では 2:1 で 8P 10G


* 1 K=1024

** フル搭載のシステムが必要

表 3 にポート カードの拡張性に関する情報を示します。

表 3. ポート カードの拡張性

属性 C6880-X-LE-16P10G C6880-X-16P10G
ルート 256 K(IPv4)
128 K(IPv6)
2048 K(IPv4)
1024 K(IPv6)
ACL エントリ QoS/セキュリティ用に 64K の共有 QoS/セキュリティ用に 256K の共有
NetFlow エントリ 512 K(モジュール スロットあたり)
システムあたり最大 2.5 M
1024 K(モジュール スロットあたり)
システムあたり最大 5 M
マルチキャスト ルート 128 K(IPv4)
128 K(IPv6)
128 K(IPv4)
128 K(IPv6)


* 1 K=1024

表 4 に QoS 機能と拡張性に関する情報を示します。

表 4. QoS 機能と拡張性

機能 C6880-X-LE C6880-X
レイヤ 3 の分類およびマーキング用アクセス制御エントリ(ACE) QoS/セキュリティ用に 64K の共有 QoS/セキュリティ用に 256K の共有
集約トラフィックのレート制限ポリサー 16,348 16,348
フローベースのレート制限方式(レート数) 送信元アドレスごと、宛先アドレスごと、またはフルフロー; 64 レート 送信元アドレスごと、宛先アドレスごと、またはフルフロー; 64 レート
レイヤ 2 のレート リミッタ 20 入力/6 出力 20 入力/6 出力
ポート単位または VLAN 単位のきめ細かい MAC ACL 機能 Yes Yes
分散ポリサー Yes Yes
共有 uFlow ポリサー Yes Yes
出力 uFlow ポリサー Yes Yes
パケット ポリサーまたはバイト ポリサー Yes Yes
Per port per VLAN Yes Yes
COS および DSCP ベースのキュー マッピング Yes Yes
Deficit Weighted Round Robin Scheduler(DWRR)および Weighted Random Early Detection Scheduler(WRED) Yes Yes
送受信キュー 1p7q4t 1p7q4t


表 5 にセキュリティ機能と拡張性に関する情報を示します。

表 5. セキュリティ機能と拡張性

機能 C6880-X-LE C6880-X
ポート セキュリティ Yes Yes
IEEE 802.1x および 802.1x 拡張機能 Yes Yes
VLAN およびルータ ACL とポート ACL Yes Yes
ACE との 1:1 のマスク値 Yes Yes
セキュリティ ACL エントリ QoS/セキュリティ用に 64K の共有 QoS/セキュリティ用に 256K の共有
CPU レート リミッタ(DoS 攻撃対策) 57 57
uRPF チェック(IPv4/IPv6) 最大 16 最大 16
固有の ACL を設定できるインターフェイスの数 16 K 16 K
RPF インターフェイス 16 16
プライベート VLAN Yes Yes
IP の MAC ACL Yes Yes
レイヤ 2 およびレイヤ 3 Cisco TrustSec(セキュリティ グループ タギングおよび SGACL(セキュリティ グループ アクセス コントロール リスト)) Yes Yes
ハードウェアでの IEEE 802.1ae(MACsec)レイヤ 2 暗号化 Yes Yes
PPS または BPS による CPU HW レート リミッタ Yes Yes
マルチキャストのコントロール プレーン ポリシング(CoPP) L2 および L3 のサポート L2 および L3 のサポート
例外用 CoPP(MTU、TTL) Yes Yes
CoPP 例外 NetFlow サポート Yes Yes
ACL ラベル 16 K 16 K
ポート ACL 8 K 8 K
ACL 試行 Yes Yes
ヒットレス ACL 変更 Yes Yes


表 6 に MPLS と仮想化の機能に関する情報を示します。

表 6. MPLS と仮想化の機能

機能 C6880-X-LE C6880-X
VSS Yes Yes
ラベル インポジション/ディスポジション(MPLS-PE)、スワッピング(MPLS P) Yes Yes
Label Distribution Protocol(LDP; ラベル配布プロトコル) Yes Yes
MPLS VPN Yes Yes
VRF-Lite Yes Yes
EVN Yes Yes
試験用(EXP)ビットを使用した QoS メカニズム Yes Yes
MPLS-RSVP-TE Yes Yes
MPLS ディファレンシエーテッド サービス(diffserv)対応トラフィック エンジニアリング(MPLS-DS-TE) Yes Yes
MPLS traceroute Yes Yes
EoMPLS Yes Yes
EoMPLS トンネル 16 K 16 K
IPv4-in-IPv6 および IPv6-in-IPv6 トンネリング Yes Yes
IPv6-in-IPV4 トンネリング(ISATAP、6to4、GRE) Yes Yes
均一モード、ショート パイプ モード、およびパイプ モードのトンネリングでの QoS のサポート Yes Yes
HW でのネイティブ VPLS Yes Yes
マルチポイント GRE 上のネイティブ L2 Yes Yes
VRF 対応の動作コンテキスト Yes Yes
VPN NetFlow サポート Yes Yes
VPN 対応 NAT Yes Yes
VRF-Lite 拡張性 サブインターフェイス単位の VLAN 再利用 サブインターフェイス単位の VLAN 再利用
VPN インターフェイスごとの統計情報 Yes Yes


表 7 に NetFlow とマルチキャストの機能に関する情報を示します。

表 7. NetFlow とマルチキャストの機能

機能 C6880-X-LE C6880-X
ハードウェアベース NetFlow サポート Yes Yes
Flexible Netflow Yes Yes
サンプル NetFlow Yes Yes
入力/出力 NetFlow Yes Yes
ハードウェアベース入力および出力のレプリケーション Yes Yes
ハードウェアベース IGMPv3 スヌーピング Yes Yes
ハードウェアベース IPv6 MLDv2 スヌーピング Yes Yes
ハードウェアベース PIM レジスタ Yes Yes
Label Switched Multicast(LSM) Yes Yes


表 8 に、Cisco Catalyst 6880-X 基本システムとポート カードでサポートされるオプティカル モジュールに関する情報を示します。

表 8. Cisco Catalyst 6880-X 基本システムおよびポート カード対応のプラグ可能光ファイバ

カテゴリ オプティカル モジュール
10G SFP+ モジュール SFP-10G-SR
SFP-10G-LRM
SFP-10G-LR
SFP-10G-ER
SFP-10G-ZR*
DWDM-SFP10G(すべて 40 波長)
10G SFP+ Twinax 銅ケーブル SFP-H10GB-CU1M
SFP-H10GB-CU3M
SFP-H10GB-CU5M
SFP-H10GB-CU7M
SFP-H10GB-CU10M
1G SFP モジュール GLC-SX-MM
GLC-SX-MMD
GLC-LH-SM
GLC-LH-SMD
GLC-EX-SMD
GLC-ZX-SM
GLC-ZX-SMD
GLC-BX-D
GLC-BX-U
1000BASE-T SFP モジュール GLC-T(サポート 10/100/1000Mbps)
100BASE-FX SFP モジュール GLC-GE-100FX**


* 基本システムおよび各ポート カードでは、2x8 の SFP ケージで最大 8 つの SFP-10G-ZR モジュールをサポート。温度要件を満たすため、SFP-10G-ZR モジュールは、基本システムまたはポート カードのポート 1 〜 4 またはポート 13 〜 16(外側の 2 列)に装着する。フル搭載した Catalyst 6880-X システムでは、40 の SFP-10G-ZR モジュールをサポート可能。

** GLC-GE-100FX のサポートは、15.1(2)SY2 以降のリリースのみ。

表 9 に、ソフトウェア パッケージに関する情報を示します。

表 9. ソフトウェア パッケージ

項目 C6880-X-LE C6880-X
ソフトウェア ライセンス
  • IP Services
  • Advanced Enterprise Services
  • IP Services
  • Advanced Enterprise Services
ソフトウェアの互換性 15.1(2)SY1 以降のリリース* 15.1(2)SY1 以降のリリース*


* ポート カードのサポートは、15.1(2)SY2 以降のリリースのみ。

購入方法


表 8 に、Cisco Catalyst 6880-X シリーズ シャーシの発注情報を示します。購入方法については、「購入案内」を参照してください。

表 10. 購入方法

製品説明 製品番号
Cisco Catalyst 6880-X シャーシ(標準テーブル) C6880-X-LE
Cisco Catalyst 6880-X シャーシ(XL テーブル) C6880-X
Cisco Catalyst 6880-X マルチ レート ポート カード(標準テーブル) C6880-X-LE-16P10G
Cisco Catalyst 6880-X マルチ レート ポート カード(XL テーブル) C6880-X-16P10G
Cisco Catalyst 6880-X 3KW AC 電源装置 C6880-X-3KW-AC
Cisco Catalyst 6880-X 3KW DC 電源装置 C6880-X-3KW-DC
Cisco Catalyst 6880-X ファン トレイ C6880-X-FAN
温度要件を満たすために必須の 6880-X 対応エア ダム セット C6880-X-NEBS-PAK


保証範囲とテクニカル サービスのオプション


Cisco Catalyst 6880-X システムには、シスコによる 90 日間の保証が付いています。デバイス保証に Cisco SMARTnet® サービスなどのテクニカル サービスの契約を追加すると、Cisco Technical Assistance Center(TAC)へのアクセスが可能になり、重要な業務ニーズを満たす多様なハードウェア交換オプション、ライセンス対象のオペレーティング システム ソフトウェアのアップデート、Cisco.com の豊富なナリッジ ベースとサポート ツールへの登録アクセスも提供されます。

シスコの保証の詳細については、http://www.cisco.com/go/warranty/ をご覧ください。

シスコ テクニカル サービス(表 9)については、
http://www.cisco.com/web/JP/services/portfolio/product-technical-support/index.html を参照してください。

表 11. Cisco Catalyst 6880-X シリーズ スイッチのシスコ テクニカル サービス

テクニカル サービス
Cisco SMARTnet サービス
  • 24 時間体制の Cisco Technical Assistance Center(TAC)へのグローバル アクセス
  • Cisco.com の豊富なリソース、コミュニティ、ツールへの無制限のアクセス
  • 翌営業日対応、8 X 5 X 4、24 X 7 X 4、および 24 X 7 X 2 対応の代替品先行手配3 およびオンサイト部品交換と取り付け
  • ライセンス対象フィーチャ セット内のオペレーティング システム ソフトウェアの継続的なアップデート4
  • Smart Call Home 対応デバイスでの予防的な診断およびリアルタイムのアラート
Cisco Focused Technical Support サービス
次の 3 レベルのハイタッチ サービスをご利用いただけます。
  • Cisco High-Touch Operations Management Service
  • Cisco High-Touch Technical Support Service
  • Cisco High-Touch Engineering Service
すべてのネットワーク機器について、有効な Cisco SMARTnet 契約または SP Base 契約が必要


3 代替品先行手配は、さまざまなサービス レベルの組み合わせで利用できます。たとえば、8 X 5 X NBD は、一般的な 8 時間の営業時間中に、週 5 日間(対象地域内の一般的な営業日)、翌営業日(NBD)の配送を予定して発送が開始されることを意味します。NBD が利用できない場合は、同日発送が提供されます。制約事項については、各サービスの詳細な説明をお読みください。

4 シスコのオペレーティング システム アップデートには、ライセンス対象のフィーチャ セット内のメンテナンス リリース、マイナー アップデート、およびメジャー アップデートが含まれます。

詳細情報


Cisco Catalyst 6880-X シリーズ スイッチの詳細については、
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/index.html を参照してください。



1Cisco VNI による予測:http://www.cisco.com/jp/go/vni