Supervisor Engine 32 PISA

イントロダクション

Cisco Catalyst 6500 Supervisor Engine 32 Programmable Intelligent Services Accelerator(PISA)は、マルチギガビット速度のディープ パケット インスペクション機能をシスコの主力商品であるスイッチング プラットフォームに組み込みます。このスーパーバイザ エンジンは、エンタープライズ キャンパス アクセスと WAN ルーティングのための運用管理機能、新しいレベルのアプリケーション インテリジェンス、統合化セキュリティなどを提供するサービスに対するハードウェア アクセラレーションを可能にします。

この製品には、PISA テクノロジーのほかにも Cisco Catalyst 6500 Supervisor Engine 32 のすべての機能が組み込まれています。また同製品には、アップリンクが異なる 2 種類のハードウェア構成があります。1つは、8 ポートの Small Form-Factor Pluggable(SFP)ベースの ギガビット イーサネット アップリンクを提供するもの、もう 1 つは 2 ポートの XENPAK ベースの 10 ギガビット イーサネット アップリンクを提供するものです。

  • ハードウェアによって高速化される Stateful Application Intelligence(SAI)機能は 100 以上の異なるプロトコルを自動認識し、アプリケーション配信に対するネットワーク トラフィックをプロアクティブに最適化します。
  • ハードウェアによって高速化される Flexible Packet Matching(FPM)機能は、注意すべきワームやウイルスおよび Day Zero 攻撃から保護します。
  • SAI および FPM はそれぞれ、Cisco Quality-of-Service Policy Manager 4.0 および Cisco Security Manager 3.1 などのネットワーク管理ソフトウェアを使用して中央管理ノードから管理します。
  • Policy Feature Card 3B(PFC3B)は、Cisco Catalyst 6500 シリーズ Supervisor Engine 720 と同等の高度なサービスをアクセス レイヤに拡張します。Supervisor Engine 32 と Supervisor Engine 720 を組み合わせることにより、エンドツーエンドでの Cisco Catalyst 6500 ソリューションが実現し、機能の一貫性を利用してネットワークの運用および管理を簡素化しようと考えているお客様に理想的な環境を提供できます。
  • ハードウェア ベースのレート リミッタ、ポート ベースのアクセス リスト、およびその他の認証と攻撃防御機能のサポートによる、業界最先端の統合セキュリティによって、ネットワーク アベイラビリティおよびコミュニケーションの完全性を実現します。
  • 高速なレイヤ 2 ステートフル スイッチオーバー(SSO)、ゲートウェイ ロードバランシング プロトコル、および Generic Online Diagnostics(GOLD)を使用したネットワーク機器障害のプロアクティブな検出および防止機能のサポートにより、ビジネスの継続性を保証します。


お問い合わせ