Downloads
Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-PLUS

データ シート


中堅企業および小規模ブランチ オフィス向けCisco® Catalyst® 4500シリーズ スーパーバイザ エンジン


Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusは、統合型ネットワークに必要とされる高度な制御を実現する復元力を備えています(図1)。

図1 Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plus

概要

Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusは、Cisco IOS®ソフトウェア ベースのスーパーバイザ エンジンで、柔軟でスケーラブルなLANソリューションに価値を求めるお客様のニーズに対応します。中小・中堅企業、教育機関、またはブランチ オフィスといったエンドユーザ接続用に最適なこのスーパーバイザ エンジンは、統合型データ⁄音声⁄映像ネットワークに対応した復元力と制御機能を備えています。

Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusは、レイヤ2~4のノンブロッキング インテリジェント サービスを提供し、統合型データ⁄音声⁄映像ネットワークに必要とされる復元力を持つマルチレイヤ スイッチング ソリューションを実現します。Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusは、最適な制御機能や復元力とともに、高度なQuality of Service(QoS;サービス品質)、総合的なセキュリティ、管理などのインテリジェント サービスのネットワーク全体への展開を可能にします。Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusは、Cisco Catalyst 4503、Catalyst 4506、およびCatalyst 4507Rシャーシと互換性があり、また既存のCisco Catalyst 4500シリーズ ライン カードとも互換性があるので、モジュラ型Cisco Catalyst 4500シリーズの展開を強化することができます(表1)。

表1 サポートされているSupervisor Engine Ⅱ-Plus用のシャーシ
  Cisco Catalyst 4503シャーシ Cisco Catalyst 4506シャーシ Cisco Catalyst 4507Rシャーシ Cisco Catalyst 4510Rシャーシ
Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plus(製品番号WS-X4013+) 28 Gbps、21 Mppsをサポート 64 Gbps、48 Mppsをサポート 64 Gbps、48 Mppsをサポート サポートなし

Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusの冗長性によるビジネス復元力の実現

Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusを搭載可能な、Cisco Catalyst 4507Rシャーシは、オプションで1+1の冗長スーパーバイザ エンジン構成にすることができ、これにより統合された復元力を実現します。一方のスーパーバイザ エンジンは、プライマリ スーパーバイザとして指定されてアクティブとなり、システムの通常の運用で使用されます。もう1つのスーパーバイザはスタンバイ状態のセカンダリ スーパーバイザとして機能し、プライマリ スーパーバイザの動作を監視します。

Stateful Switchover(SSO;ステートフル スイッチオーバー)のサポートによって、情報が2つのスーパーバイザ間で同期されているため、プライマリ スーパーバイザに障害が発生した場合は、1秒以内でただちにスタンバイ スーパーバイザに切り替わります。レイヤ2リンクはトランスペアレントに維持され、セッションの再ネゴシエーションは不要です。そのため、Voice over IP(VoIP)コールなどのビジネスクリティカルなアプリケーションの通信が廃棄されることはありません。

Cisco Catalyst 4507RでCisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusを使用した冗長性方式は、Supervisor Engine Ⅳと同様です。プライマリ スーパーバイザに障害が発生すると、セカンダリ スーパーバイザがシャーシの制御を引き継ぎます。このアルゴリズムによって、プライマリ スーパーバイザとセカンダリ スーパーバイザ間での制御が確実に行われます。いずれかのスーパーバイザ エンジンに障害が発生した場合は、アラートが生成され、ネットワーク監視ソフトウェアに送られます。スーパーバイザ エンジンのスイッチオーバーは、ソフトウェアによって、またはコンソールやSNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)を利用したユーザによって強制的に行うことができます。

予測可能なパフォーマンスおよびスケーラビリティ

Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusでは、レイヤ2~4トラフィックに対して48 Mppsの転送レートを備えた64 Gbpsのハードウェア スイッチング ファブリックを実現できます。スイッチングのパフォーマンスは、ルート エントリの数や有効になっている高度なレイヤ3およびレイヤ4サービスの数とは無関係です。Cisco Catalyst 4500シリーズは、高度なマルチキャスト サポートおよびハードウェアでのワイヤ スピードのスイッチングによってマルチメディア アプリケーション向けに最適化されています。Protocol Independent Multicast(PIM)およびSource-Specific Multicast(SSM)がサポートされているため、エンド ユーザはさらなるスケーラビリティを活用してマルチメディア アプリケーションをサポートできます。
また、Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-PlusではハードウェアでのIGMPスヌーピングもサポートされ、スイッチがマルチキャスト グループに対してホストを動的に追加および削除できるので、マルチメディア アプリケーションのパフォーマンスが向上し、ネットワーク トラフィックが減少します。

統合型Cisco IOSソフトウェア スイッチング ソリューション

Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusは、Cisco IOSソフトウェアをサポートしており、単一のネットワーク オペレーティング システムをルーテッドおよびスイッチド インフラストラクチャ全体に展開できるため、運用がしやすくなっています。

業界をリードするCisco IOSソフトウェアによって、スケーラビリティ、帯域幅管理、セキュリティ サービス、ネットワーク復元力、および管理性のための機能を、Cisco Catalyst 4500シリーズに組み込むことができます。Cisco IOSソフトウェアによって、投資は保護され、レイヤ2~4サービスは統一された1つのコンフィギュレーション ファイルおよびシステム イメージに統合されます。Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusは、起動時にデフォルトでレイヤ2スイッチングを行い、必要に応じて基本レイヤ3とレイヤ4のスイッチングおよびルーティング サービスを実行するように設定できます(拡張レイヤ3機能はサポートされていません)。

QoSと高度なトラフィック管理によるインテリジェント ネットワーク サービス

Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusは、ポート単位の優れたQoS機能を備えているため、ネットワーク トラフィックの最適な分類、優先順位付け、およびスケジューリングを実行し、大量の帯域幅を消費するマルチメディア アプリケーション、時間の影響を受けやすい(音声)アプリケーション、およびミッションクリティカルなアプリケーションを効率的に処理できます。Supervisor Engine Ⅱ-Plusでは着信パケットの分類、ポリシング、およびマーキングが可能なので、管理者は精密なQoSフィールドに基づいて各トラフィック フローを差別化し、ポリシーを実施できます。共有、シェーピング、および完全優先の設定によって、出力トラフィックのスケジューリングが決定されます。Cisco IOSソフトウェア リリース12.1(13)EW以降では、DBL(輻輳回避機能)もサポートされています。

QoS機能(DBLを含め)の詳細については、次のサイトにある『QoS Overview』(英語)を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps4324/prod_white_papers_list.html

包括的管理

Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusは、システムのすべての機能を管理するために単一のコンソール ポートと単一のIPアドレスを備えています。SNMP、Telnetクライアント、BOOTP、およびTrivial File Transfer Protocol(TFTP;簡易ファイル転送プロトコル)によって、リモート インバンド管理を実行できます。また、ターミナルまたはモデムをコンソール インターフェイスに接続することで、ローカルまたはリモート アウトバンドでの管理も利用できます。Cisco Catalyst 4500 Supervisor Engine Ⅱ-Plusには包括的な管理ツール セットが用意され、ネットワークで必要な可視性と制御が提供されます。Cisco Catalystスイッチの管理ツールには、CiscoWorksやCisco Network Assistantがあり、エンドツーエンドのデバイス、VLAN、トラフィック、およびポリシー管理を設定および管理できます。CiscoWorks LAN Management Solution(LMS)バンドルでは、CiscoWorks Resource Manager EssentialsやCiscoViewなどのツールが提供されます。これらのWebベースの管理ツールでは、自動インベントリ収集、ソフトウェア展開、ネットワーク変更のトラッキング、デバイスのアベイラビリティの確認、およびエラー条件の迅速な隔離といった、いくつかのサービスを利用できます。

高度なセキュリティ

Cisco Catalyst 4500 Supervisor Engine Ⅱ-Plusは、ユーザ認証用として802.1X、Terminal Access Controller Access Control System Plus(TACACS+)、およびRemote Authentication Dial-In User Service(RADIUS)をサポートしています。さらに、安全なリモート アクセスとネットワーク管理用に、Secure Shell(SSH Version 1およびVersion 2)プロトコルとSNMPv3もサポートしています。Supervisor Engine Ⅱ-Plusは、ネットワーク トラフィック セキュリティ機能を豊富に備えているため、セキュリティ ポリシーの定義に使用するアクセス リストに基づいてハードウェア ベースのフィルタリングを実行できます。パケットは、送信元および宛先IPアドレス、またはTCP/UDPポートに基づいてフィルタリングでき、ユーザによるネットワークの機密部分へのアクセスを制限できます。これは、Man-In-The-Middle(MITM)攻撃やIPスプーフィングの防止に役立ちます。Access Control List(ACL;アクセス制御リスト)ルックアップはすべてハードウェアで実行されるため、ネットワークでACLベースのセキュリティを有効にしても、ワイヤ スピードでの転送およびルーティングのパフォーマンスに影響はありません。

DAIのサポート

悪意のあるユーザによって同じVLANに属する他のホストのAddress Resolution Protocol(ARP)テーブルを簡単に壊されてしまうことを防ぐために、Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusは、Dynamic ARP Inspection(DAI)をサポートしています。通常の攻撃では悪意のあるユーザは、自分のMAC(メディア アクセス制御)アドレスとデフォルト ゲートウェイのIPアドレスが入ったgratuitous ARP応答パケットをサブネット上の他のホストに送信します。こうしたARPの損傷は、さまざまなMITM攻撃を招くため、ネットワークのセキュリティの脅威となります。DAIでは、信頼性のないポート上のすべてのARP要求とARP応答を代行受信します。代行受信された各パケットは、IPアドレスとMACアドレスの組み合わせが適切かどうかが確認されます。DAIは、同じVLAN上の他のポートへ不正なARP応答を中継しないことにより、MITM攻撃を防止します。このソリューションでは、エンド ユーザまたはホストの設定を変更する必要はありません。

Supervisor EngineⅡ-PlusとSupervisor Engine IV、V-10GEとのアプリケーションの比較

Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusは、中小・中堅企業、教育機関、またはブランチ オフィスのLANアクセスに最適です。拡張ルーティング(Interior Gateway Routing Protocol [IGRP]、Enhanced IGRP [EIGRP]、Open Shortest Path First [OSPF]、Intermediate System-to-Intermediate System [IS-IS]、およびBorder Gateway Protocol [BGP])、NetFlowサービス、またはハイ パフォーマンスとスケーラビリティが必要な場合は、Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine IVまたはV-10Gの導入を検討してください。これらのスーパーバイザ エンジンは、企業で高密度なLAN、中堅企業ブランチ オフィスのバックボーン、またはレイヤ3ディストリビューション ポイントに最適です。Supervisor Engine V-10GEは、高密度アプリケーション用のイーサネットを備え、最大136 Gbpsに拡張できます。Supervisor Engine ⅣおよびV-10GEは、拡張レイヤ3と4のサービスとルーティング(IGRP、EIGRP、OSPF、IS-IS、BGP)により、ノンブロッキング レイヤ2~4スイッチングを実行し、統合型データ/音声/映像ネットワークに必要とされる復元力に優れたインテリジェント マルチレイヤ スイッチング ソリューションを実現します(表2)。

表2 Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plus、IV、V-10GEの比較
  Supervisor Engine Ⅱ-Plus Supervisor Engine IV Supervisor Engine V-10GE
レイヤ2~4のパフォーマンス 48 Mppsおよび64 Gbps 48 Mppsおよび64 Gbps 102 Mppsおよび136 Gbps
マルチレイヤ スイッチング 基本レイヤ2~4サービス 拡張レイヤ2~4サービスとルーティング 拡張レイヤ2~4サービスとルーティング
IGRP、EIGRP、OSPF、IS-IS、BGP 未対応 対応 対応
CPU(MHz) 266 333 800
NetFlowのサポート なし あり 新機能に統合
IP Forwarding Information Base(FIB)エントリ 32,000(転送Ternary Content Addressable Memory [TCAM]×1のみ) 128,000(転送TCAM×4) 128,000(転送TCAM×1)
DBL(輻輳回避QoS機能) あり あり あり
QoS共有 ノンブロッキング ギガビット イーサネットのみ ノンブロッキング ギガビット イーサネットのみ すべてのポート
ブロードキャスト抑制 ソフトウェア* ソフトウェア* ハードウェア**
マルチキャスト抑制 なし なし あり
802.1Q-in-802.1Q(QinQ) パススルー パススルー ハードウェア内
アクティブ冗長スーパーバイザ エンジンのアップリンク 2 2 10ギガビット イーサネット アップリンク×2、またはギガビット イーサネット アップリンク×4
Synchronous Dynamic RAM(SDRAM) 256 MB 512 MB 512 MB
オンボード フラッシュ メモリ 32 MB 64 MB 64 MB
アクティブVLAN 2,000 4,000 4,000
マルチキャスト エントリ 12,000(レイヤ3)
16,000(レイヤ2)
12,000(レイヤ3)
16,000(レイヤ2)
128,000
STPインスタンス 15,000 3,000 3,000
Switch Virtual Interface(SVI) 1,000 4,000 4,000
起動設定 オンボード フラッシュ メモリ NVRAM(512 KB) NVRAM(512 KB)
IGMPスヌーピング あり(8,000) あり(16,000) あり(16,000)
ACE 8,000 64,000 64,000
ポリサー 512出力、512入力 1,024出力、1,024入力 8,000出力、8,000入力
*ノンブロッキング ギガビット イーサネット ポートのハードウェア パフォーマンス、および他のすべてのポートのソフトウェア パフォーマンス
**すべてのポートのハードウェア パフォーマンス

Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusの機能概要

レイヤ2機能 レイヤ3機能 高度なQoSとトラフィック管理 予測可能なパフォーマンス 包括的管理 高度なセキュリティ ソフトウェア要件
必要なソフトウェアの最小バージョンは次のとおりです。 ハードウェア要件

技術仕様

Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusのパフォーマンスおよびスイッチングの仕様 トラフィックと輻輳の管理 スイッチ アーキテクチャの仕様 管理 業界標準 サポート対象のライン カードおよびモジュール

ソフトウェア要件

Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusは、Cisco IOSソフトウェアでのみサポートされています。必要なソフトウェアの最低バージョンは、Cisco IOSソフトウェア リリース12.1(19)EW以降です。

インジケータおよびポートの仕様 環境条件 表3 Cisco CatalystシリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusの適合規格の詳細
仕様 規格
適合規格
  • CEマーキング
安全性
  • UL 60950
  • CAN/CSA-C22.2 No. 60950
  • EN 60950
  • IEC 60950
  • TS 001
  • AS/NZS 3260
EMC
  • FCC Part 15(CFR 47)クラスA
  • ICES-003クラスA
  • EN55022クラスA
  • CISPR22クラスA
  • AS/NZS 3548クラスA
  • VCCIクラスA
  • EN 55022
  • EN 55024
  • EN 61000-6-1
  • EN 50082-1
  • EN 61000-3-2
  • EN 61000-3-3
  • ETS 300 386
EMC、安全性、および環境に関する業界標準
  • GR-63-Core Network Equipment Building Standards (NEBS)Level 3
  • GR-1089-Core Level 3
  • ETS 300 019 Storageクラス1.1
  • ETS 300 019 Transportationクラス2.3(審査中)
  • ETS 300 019 Stationary Useクラス3.1
  • ETS 300 386

表4に、Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusの発注情報を示します。

表4 Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusの発注情報
製品番号 説明
WS-X4013+(=) Cisco Catalyst 4500Supervisor Engine Ⅱ-Plus、ギガビット イーサネット×2、コンソールRJ-45(Cisco IOSソフトウェア ベース)
WS-X4013+/2 Cisco Catalyst 4500冗長Supervisor Engine Ⅱ-Plus、ギガビット イーサネット×2、コンソールRJ-45(Cisco IOSソフトウェア ベース)
S4KL3-12119EW Cisco IOSソフトウェア(Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-PlusおよびIV用)、基本レイヤ3ソフトウェア イメージ(RIP、スタティック ルート、IPX、AppleTalk)
S4KL3K2-12119EW Cisco IOSソフトウェア(Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plus用)、基本レイヤ3ソフトウェア イメージ、Triple Digital Encryption Standard(3DES)(RIP、スタティック ルート、IPX、AppleTalk)
MEM-C4K-FLD64M Cisco IOSソフトウェア(Cisco Catalyst 4500ベース スーパーバイザ用)、コンパクト フラッシュ メモリ、64 MBオプション
MEM-C4K-FLD128M Cisco IOSソフトウェア(Cisco Catalyst 4500ベース スーパーバイザ用)、コンパクト フラッシュ メモリ、128 MBオプション

保証

Cisco Catalyst 4500シリーズSupervisor Engine Ⅱ-Plusの保証期間は90日間です。これには、Return Materials Authorization(RMA)を受領してから10日間のハードウェア交換期間が含まれています。

シスコ テクニカル サポート サービス

シスコ テクニカル サポート サービスは、ご使用のシスコシステムズ製品で効率的な動作、優れたアベイラビリティ、最新のシステム ソフトウェアの活用を保証し、ネットワーク サービスの効率的な管理と運用コストの抑制を支援します。

シスコ テクニカル サポート サービスでは、シスコの保証ポリシーで提供されるサービスの範囲を超える大きな利益が得られます。Cisco SMARTnet®サービス契約で提供されるサービスで、保証によりカバーされていないものは、次のとおりです(表5も参照)。

表5 テクニカル サポート サービス―コンポーネント
サービス機能の概要 利点または優位性
ソフトウェア サポート ソフトウェア サポートでは、ライセンス済みの機能セットに対するメンテナンスとマイナーおよびメジャー アップデートが提供されます。Cisco IOSソフトウェアの新しいメンテナンス リリース、パッチ、またはアップデートをダウンロードすれば、シスコ デバイスをより有効に長く活用できます。メジャー ソフトウェア アップデートによって、次のように装置の寿命を延長し、アプリケーション テクノロジーの投資を最大限に活用することが可能です。
  • 新機能の追加(多くの場合、新しいハードウェア投資は必要ありません)
  • 現行機能のパフォーマンスの向上
  • ネットワークまたはアプリケーションのアベイラビリティ、信頼性、および安定性の強化
TACのサポート 1000名を超える高度に訓練されたカスタマー サポート エンジニア、390名のCCIE®エキスパート、および13,000名のR&Dエンジニアへのアクセスによって、TACはデータ/音声/映像コミュニケーション ネットワーキング技術に関する高度な知識を提供し、お客様の社内スタッフを支援します。高度なコール ルーティング システムによって、コールは必要なスキルを持った技術スタッフへと転送されます。TACは1日24時間、1年365日ご利用いただけます。
Cisco.com 高く評価されているこのWebサイトでは、製品と技術に関する幅広いオンライン情報、対話式のネットワーク管理とトラブルシューティング ツール、およびスタッフのスキルアップと生産性の向上を通じてお客様のコスト削減に役立つ知識移転リソースなどに24時間アクセス可能です。
アドバンス ハードウェア交換 アドバンス交換およびオンサイト フィールド エンジニア オプションでは、交換ハードウェアとハードウェアを設置するためのフィールド リソースが迅速に提供されるため、ネットワークのダウンタイムが発生するリスクを最小限に抑えることができます。

シスコ テクニカル サポート サービスついて詳しくは、製品を購入された代理店にお問い合わせいただくか、または次のサイトにあるシスコ テクニカル サポート サービスの説明をご覧ください。
http://www.cisco.com/jp/go/tac/

Cisco Catalyst 4500シリーズのライン カード、シャーシ、および他のスーパーバイザ エンジンの詳細については、次のサイトでCisco Catalyst 4500シリーズのデータ シートをご覧ください。
http://www.cisco.com/jp/product/hs/switches/cat4500/