スイッチ

Cisco Catalyst SmartOperations

総所有コストを削減

Cisco Catalyst SmartOperations ツールキットのさまざまな利点を説明します。

コストを削減しながら運用を簡素化する

Cisco Catalyst SmartOperations には、ネットワークの計画、導入、監視、トラブルシューティングに役立つテクノロジーと機能が統合されています。

SmartOperations は、Cisco Catalyst テクノロジーや Cisco IOS ソフトウェアの機能と連動し、生産性の向上、コストの削減、ダウンタイムの短縮、ユーザ エクスペリエンスの強化に貢献します。これらのテクノロジーのほとんどは基本的な Cisco IOS ソフトウェア フィーチャ セットに含まれています。

SmartOperations ツールキットは次の機能で構成されています。

計画

  • Flexible NetFlow は、詳細なネットワーク トラフィックの統計情報を提供し、インテリジェントな容量計画やアップグレード計画を可能にします。
  • IP SLA を使用すると、音声、ビデオ、仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)など、新しいサービスの導入準備状況を評価できます。

導入

  • Smart Install [英語] は、スイッチの新規導入や交換時にネットワークを通じて自動的にイメージをインストールし設定できるようにするゼロタッチ導入ソリューションです。
  • Auto Smartports [英語] は、デバイスのタイプに応じて自動的にスイッチ ポートを設定します。
  • AutoQoS は、QoS の設定を作成し適用するプロセスを簡素化します。

モニタリング

  • Flexible NetFlow は、詳細な統計情報を提供することで、トップ トーカーの特定や異常パターンの診断に役立ちます。
  • IP SLA は、ジッタや遅延などのネットワーク パフォーマンスの指標を監視し、音声、ビデオ、リアルタイム アプリケーションの品質保証を支援します。
  • Embedded Event Manager は、ネットワーク イベントを検出し、コマンドの実行や電子メールの送信などのアクションを自動的に実行できるスクリプティング システムです。

トラブルシューティング

  • Smart Call Home [英語] は、ネットワーク ステータスを Cisco Technical Assistance Center(TAC)に伝え、予防的なサービス介入を可能にします。
  • Generic Online Diagnostics(GOLD)は、診断テストの実行によってハードウェア障害の兆候を検出します。これにより、ネットワーク管理者はネットワークの停止を未然に防止できます。
  • Mediatrace [英語] は、ネットワークを通過する音声、ビデオ、およびその他のリアルタイム トラフィックの監視機能を提供し、パフォーマンスを低下させるボトルネックの特定に役立ちます。
  • Encapsulated Remote SPAN(ERSPAN)は、スイッチ ポートまたは VLAN 上のトラフィックをキャプチャして、レイヤ 3 ルーテッド ネットワークを通じて送信し、リモートでの分析や診断を可能にします。
  • Protocol Analyzer は、Wireshark のオープン ソース パケット キャプチャ プラットフォームを使用して、インターフェイス上のトラフィックを収集し解釈します。これにより高度なプロトコル分析やデバッグが可能になります。
  • Time Domain Reflectometer(TDR)[英語] は、スイッチ ハードウェアを使用してイーサネット ケーブルの完全性、長さ、接続状態を試験し、配線問題の迅速なデバッグを可能にします。

利点

Catalyst SmartOperations は次の利点を提供します。

  • 精度の高い計画によってオーバープロビジョニングを回避できます。
  • プロビジョニングと導入が自動化されるため、作業時間が短縮されます。
  • 高度な診断と詳細なアプリケーション可視化機能によってネットワークを効果的に監視できます。
  • ネットワーク問題のトラブルシューティングを迅速に実行し、解決できます。

Cisco Catalyst SmartOperations

このビデオをご覧になるには、Adobe Flash Player(JavaScript 有効)の最新バージョンが必要です。

Flash Player のダウンロード

お問い合わせ