Cisco MDS 9700 シリーズ マルチレイヤ ディレクタ

イントロダクション

ストレージ ネットワークの基準を塗り替える

Cisco MDS 9700 シリーズ スイッチは高いパフォーマンスを特長としており、現在使用されている SAN ディレクタと比べて、帯域幅が 3 倍以上にも拡大しています。将来必要となるミッション クリティカルなアプリケーション、膨大なデータ量、クラウド環境にも十分に適応できます。また、フォールトトレラント設計とマルチプロトコルの柔軟性を兼ね備え、ノンストップ稼働をサポートするとともに、選択の自由度が高くなっています。

ビデオ データ シート

ビデオ データ シート

Cisco MDS 9706 の概要をご覧いただけます。(4:43 min)[英語]

ビデオ データ シート

ビデオ データ シート

Cisco MDS 9710 の概要をご覧いただけます。(3:31 min)[英語]

データ シートを読む

機能と特長

Cisco MDS 9700 シリーズ マルチレイヤ ディレクタは、大規模な仮想化データセンターのストレージ環境に求められる厳しい要件に対応できる製品です。可用性、拡張性、柔軟性、セキュリティ、管理の容易さはいずれも、これまでにない高いレベルで実現できます。また、新しいテクノロジーを透過的に導入できます。

Cisco MDS 9700 シリーズ マルチレイヤ ディレクタの特長

  • 圧倒的な SAN パフォーマンス
  • 高可用性:ファブリック カード、スーパーバイザ、電源装置を含め、コンポーネントの完全冗長構成が可能
  • 業界をリードする高い拡張性
  • インテリジェント ネットワーク機能:仮想 SAN テクノロジー、ACL、インテリジェント フレーム処理、ファブリック全体の QoS など

仕様一覧

シャーシの構成

  • MDS 9710:10 スロット シャーシ(8 個のラインカード スロットおよび最大 8 個の電源装置)
  • MDS 9706:6 スロット シャーシ(4 個のラインカード スロットおよび最大 4 個の電源装置)
  • いずれのモデルにも、スーパーバイザ スロットが 2 個、クロスバー スイッチング ファブリック スロットが 6 個、ファン トレイが 3 個あります。

パフォーマンスと拡張性

  • ファイバ チャネル スイッチングの帯域幅は最大 24 Tbps
  • 2/4/8 Gbps、4/8/16 Gbps、または 10 Gbps のラインレート自動検知型ファイバ チャネル(オプションとして
  • 10 Gbps のラインレート FCoE にすることも可能)

シャーシあたりのポート数

2/4/8/10/16 Gbps ファイバ チャネル ポートまたは 10 Gbps FCoE ポートを最大 384 個

ラックあたりのポート数

2/4/8 Gbps、4/8/16 Gbps、または 10 Gbps のファイバ チャネル ポートあるいは 10 Gbps FCoE ポートを最大 1152 個

ストレージの進化

ストレージの進化

SAN のパフォーマンス、信頼性、柔軟性を新たな水準に進化させます。

関連リソース

モデル比較
モデル間の機能比較、およびシリーズ間の機能比較はこちらをご覧ください。

モデル

製品資料

お問い合わせ