ストレージ ネットワーキング

ストレージ ネットワーキングの利点

競争力に優れた環境に最適な機能

ストレージのコストはサーバのコストに比べて急速に拡大しています。ビジネスには、全体の消費電力を抑えつつ、コスト効率と応答性に優れた高効率なストレージ エリア ネットワーク(SAN)が必要です。今日の環境では、データ復元に関する法的規制に準拠する必要があり、さらに、重要な情報に対する 24 時間アクセスが必須です。

シスコの SAN は以下の機能を備えます。

  • マルチプロトコル ストレージ ネットワーキング:FC、FICON、FCoE、iSCSI、FCIP などの多様なプロトコルを統合することで、総所有コスト(TCO)を抑え、俊敏性を向上させることができます。
  • OS と管理ツールの統合:運用コストを削減し、運用の簡素化、シームレスな相互運用性、および機能の一貫性を実現します。
  • エンタープライズクラスのストレージ接続:大幅に仮想化されたワークロードをサポートし、可用性、拡張性、パフォーマンスが向上します。
  • サービス指向の SAN:プロトコル、速度、ベンダー、場所に関係なく、あらゆるネットワーク サービスをあらゆるデバイスに提供します。

Cisco MDS 9000:優れた柔軟性、俊敏性、コスト効率

Cisco MDS 9000 スイッチを使用すると、物理リソースの最適化、エネルギー使用量などの運用コストの削減、および設備投資の削減により、TCO を低減することができます。

業界トップクラスの高度な機能を備えた Cisco MDS 9000 スイッチは、インテリジェントなマルチレイヤ サービスのホスティングに対応するプラットフォームとして業界をリードし続けています。以下のようなビジネス ニーズに対応します。

  • SAN 統合
  • ストレージ暗号化
  • 障害回復
  • データ モビリティ
  • SAN セキュリティ
  • レプリケーション

さらに、MDS 9000 製品ファミリは、サーバ ストレージとファブリックの仮想化を簡素化して、データセンター向けのエンドツーエンドの仮想化ソリューションを提供します。

SAN は、Cisco Data Center Business Advantage アーキテクチャの中核です。ネットワーキング プラットフォームとして、IT 部門での総所有コストの低減、耐障害性の強化、および俊敏性の向上を支援します。

トラフィックの統合とパフォーマンスの向上

シニア副社長の John McCool が MDS を使用したユニファイド ファブリック アーキテクチャについて説明します。
シスコのシニア副社長 John McCool による
ユニファイド ファブリック アーキテクチャの説明をご覧ください。(ビデオ - 2:47 min)[英語]


機能 Cisco MDS 9148 他のベンダー製のスイッチ シスコのスイッチの利点
仮想ファブリックのサポート 追加コストなし 制限付き(エントリレベルのスイッチでは不可)
  • コスト節約(必要な SAN スイッチの数を削減)
スイッチ間の接続と SAN 拡張 追加コストなし オプションのライセンス料金
  • 追加コストが不要な拡張性とビジネスの継続性
  • 2 つのスイッチの接続および SAN 拡張のための追加コストが不要
リンクの高可用性 追加コストなし オプションのライセンス料金
  • 中断の低減(シスコ スイッチの追加コストは不要)
冗長電源 追加コストなし エントリレベルのスイッチでは不可
  • 高可用性(シスコは高可用性を損なわない唯一のベンダーです)
ファブリックの管理とモニタリング 追加コストなし オプションのライセンス料金
  • ネットワークの管理とモニタリングのためのファブリック ビュー アクセス

トラフィックの統合とパフォーマンスの向上

この動画を視聴するには、最新バージョンの Adobe Flash Player(JavaScript 対応)が必要です。

Flash Player を入手する

Miercom のテスト ラボで Cisco MDS 9500 がトップを記録

シスコの MDS 9509 および 9513 は Miercom から「最高評価」の認定を受けました。

レポートを読む(PDF - 378 KB)[英語]