Cisco SCE Virtual Service Control Engine

イントロダクション

可視性とトラフィック管理の向上

Cisco SCE Virtual Service Control Engine(vSCE)は、ネットワークの可視性を高め、効果的なトラフィック管理によってリソースの利用を最適化します。この仮想アプライアンスは、有線かモバイルかを問わず、政府/公共部門や企業のネットワーク アプリケーションに導入できます。また、テストや新サービスの試験用に使用することも可能です。

機能と特長

Cisco vSCE は、ハイパーバイザ ソフトウェア プラットフォームを使用して導入できます。また、Cisco SCE 8000 Service Control Engine との完全なソフトウェア互換性を維持しています。SCE 8000 で利用可能なすべてのソフトウェア関連機能は、vSCE でも利用できます。

次のようなメリットがあります。

シンプルな統合

Cisco vSCE は既存のネットワーク インフラストラクチャ、管理、プロビジョニング、運用、およびサポート システムと統合されます。その際、スタンドアロンの Cisco SCE 8000 と同様に、カスタム API や業界標準の管理プロトコル(RADIUS、Diameter、SOAP(Simple Object Access Protocol)、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)、IPDR(Internet Protocol Detail Record))を使用します。

柔軟な導入

vSCE は COTS(Commercial Off-The-Shelf)ハードウェア上に導入できるため、消費電力やスペース、設備投資を柔軟に削減することができます。また、vSCE と SCE のソフトウェア ソリューション コンポーネント(Subscriber Manager、Collection Manager)は、同一のサーバ ハードウェアにインストールできます。

優れた加入者管理

Virtual Cisco Subscriber Manager ミドルウェアは、単一または複数の vSCE プラットフォームに加入者情報を提供し、 加入者認識機能、加入者レポート、ポリシー適用機能を提供します。

収集管理の改善

Virtual Cisco Collection Manager は、複数の vSCE の 1 つから得た使用状況情報を照合し、データベースに格納する前に処理します。Web ベースの GUI レポート ツールである Insight は、そのデータをもとに、定義済みレポート テンプレートを使用して有用なレポートを作成します。

仕様の概要

機能 メリット
トラフィック処理
プログラミング可能なプロトコル検出
  • アプリケーション検出用の 2200 以上のシグニチャ
  • 新たなプロトコルに対応可能
  • 適応型ピアツーピア(P2P)認識
  • 非対称トラフィック分類のサポート
  • 難読化されたアプリケーション トラフィックをキャプチャするヒューリスティック シグニチャ
差別化されたサービス クラス(CoS) 以下に対応
  • Differentiated Services(DiffServ)
  • Type of Service(ToS)バイト
容量とパフォーマンス
最大スループット 最大 5 Gbps
同時処理可能な加入者数 最大 225,000 人
同時処理可能な双方向フロー数 最大 300 万フロー/秒
統合
統合 業界標準のアプリケーション プログラミング インターフェイス(API)により、以下と容易に統合できます。
  • プロビジョニング システム
  • オペレーション サポート システム(OSS)
  • 管理システム
  • 請求システム
管理 強力な管理機能:
  • GUI ベースのインターフェイスによるサービス管理
  • 設定、モニタリング、障害管理用のコマンドライン インターフェイス(CLI)および簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)インターフェイス
製品資料

お問い合わせ