Cisco XR 12000 シリーズルータ

Cisco XR 12000および12000シリーズSPAインターフェイス プロセッサ-600

ダウンロード
Cisco XR 12000および12000シリーズSPAインターフェイス プロセッサ-600

データ シート


Cisco XR 12000および12000シリーズSPAインターフェイス プロセッサ-600


Cisco® I-Flexは、Shared Port Adapter(SPA;共有ポート アダプタ)とSPA Interface Processor(SIP;SPAインターフェイス プロセッサ)を組み合わせて、音声/映像/データ サービスの優先順位付けを可能にする拡張性を備えた設計になっています。シスコのルーティング プラットフォーム間で交換可能なモジュラ ポート アダプタによって、企業およびサービス プロバイダーのお客様は、スロットの経済効率を改善することができます。I-Flexは接続オプションを最大限に活用し、ラインレートのパフォーマンスを提供するプログラマブル インターフェイス プロセッサにより、高度なサービス インテリジェンスを提供します。I-Flexは、サービス提供の迅速化によって収益を高め、プレミアム サービスを提供するための豊富なQoS機能を備えており、総所有コストを効果的に削減します。このデータ シートでは、Cisco XR 12000および12000シリーズSPAインターフェイス プロセッサ-600(Cisco XR 12000/12000 SIP-600、図1参照)の仕様について説明します。

図1 Cisco XR 12000/12000シリーズSIP-600(ギガビット イーサネットSPA搭載)


製品概要

Cisco XR 12000/12000 SIP-600は、IP Services Engine(ISE;IPサービス エンジン)テクノロジーに基づくモジュラ型の高速10 Gbps SIPです。Cisco XR 12000/12000 SIP-600には、ルータ同士、またはルータとWebサーバ、ストレージ デバイス、ATM、イーサネット スイッチなどその他のネットワーキング デバイスを相互接続するために使用される共通のSPAが搭載されています。Cisco XR 12000/12000 SIP-600は、これまで2.5 Gbps ISEライン カードで使用可能だったすべての機能とサービスを強化し拡張しています。拡張された例として、10 GbpsのIPv6 ラインレート転送、スケーラブルなマルチキャストとマルチキャストQoS、それぞれが1つまたは複数のClass-of-Service(CoS;サービス クラス)キューに動的に関連付けられた、数千にもおよぶユーザ インターフェイスなどがあります。

Cisco XR 12000/12000 SIP-600には次のような特長があります。
  • 共通の10 Gbpsフォワーディングおよびキューイング エンジン - パフォーマンスを低下させることなく、パケットの分類、転送、キューイング、アカウンティングを処理します。Cisco XR 12000/12000 SIP-600には、入力側と出力側に1つずつ、つまり2つのフォワーディング エンジンが搭載されています。これによりユーザは、出力インターフェイスに適用されている機能やQoSポリシーから独立して、異なる機能とQoSポリシーを着信トラフィックに対して実装できるようになります。また、出力側フォワーディング エンジンがマルチキャストの複製を行うため、QoSが組み込まれた非常に拡張性の高いマルチキャストを提供できます。
  • モジュラ型のPhysical Layer Interface Module(PLIM;物理レイヤ インターフェイス モジュール)の前面で最大2つのSPAを収容 - 各SPAは、SPAコントローラに対して10 Gbpsの帯域幅を持っています。均等化帯域幅割り当てアルゴリズムが、使用可能な余剰の帯域幅をSPA間で共有しています(つまり、オーバーサブスクライブしたSPAがオーバーサブスクライブしていないSPA上でパケットを廃棄することはなく、あるSPAで未使用の帯域幅は、ほかのSPAが使用できます)。
    Cisco XR 12000/12000 SIP-600は、次に示す着脱可能なSPAとレイヤ2カプセル化の任意の組み合わせをサポートしています。OC-192とOC-48の組み合わせ、ギガビット イーサネット インターフェイスおよび10ギガビット イーサネット インターフェイス、PPP(ポイントツーポイント プロトコル)、High-Level Data Link Control(HDLC;ハイレベル データリンク制御)、フレーム リレー、Dynamic Packet Transport(DPT;ダイナミック パケット トランスポート)、Resilient Packet Ring(RPR)/802.17、およびVLAN。
  • SPAインターフェイスとレイヤ3フォワーディング エンジン間のユーザ トラフィック フローを適応させるSPAコントローラ - SPAコントローラは、最大256個の物理ポートを処理し、20 Gbpsのトラフィック バーストをパケットを廃棄せずに最長6ミリ秒で取り込むことのできる十分なバッファを備えています。SPAコントローラは、Deficit Round Robin(DRR)と完全優先方式の2レベルのプライオリティ キューイングをサポートしています。完全優先キューイングの設計には、オーバーサブスクライブした構成(持続着信トラフィック レートが20 Gbps)で、優先順位の低いパケットを先に廃棄することによって優先順位の高いトラフィックを保護する、という目的があります。

主な機能と利点

既存のネットワーク インフラへの新たな付加価値サービスの実装を望むサービス プロバイダーに役立つCisco XR 12000/12000 SIP-600の主な機能は、以下のとおりです。

  • 任意のインターフェイス(または、サブインターフェイス)、フレーム リレー接続、またはVLANに対する4096個の入力シェイプド キューの動的割り当て
  • 入力側キューイング:2048個のユニキャストModified DRR(MDRR)キュー、16個のハイプライオリティ キュー、8個のマルチキャスト キュー、および2個のファブリック プライオリティ キュー
  • 出力側キューイング:4096個のインターフェイス間で動的に共有される8192個のMDRRキュー、階層型シェーピング(インターフェイス、キュー)
  • IPv4、IPv6、Multiprotocol Label Switching(MPLS;マルチプロトコル ラベル スイッチング)、MPLS VPNユニキャストおよびマルチキャストの多くのルート数サポート:最大100万のIPv4/MPLSルート エントリ、または512,000のIPv6ルート エントリ
  • VLAN単位/送信元MACアドレスおよび宛先MACアドレスでのフィルタリング、トランキング、アカウンティング、QoS、VLAN QoSの適合、Hot Standby Router Protocol(HSRP)/Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP)、階層型の速度制限とポリシング、ダイナミック キューイング、およびトラフィック シェーピング
  • 入力および出力に対応するNetFlowバージョン8(完全版)をハードウェアで実装
  • 入力および出力に対応するNetFlowバージョン5、8、9(サンプル版)をハードウェアで実装
  • Building Integrated Timing Supply(BITS)
  • SPAの活性挿抜 (Online Insertion and Removal; OIR)(SPAの活性挿抜はその他のSPAインターフェイス上のトラフィックには影響しない)
  • Multirouter Automatic Protection Switching(MR-APS;マルチルータ自動保護スイッチング)
  • MPLS経由のレイヤ3 VPN(RFC2547)およびIP経由のレイヤ3 VPN(MPLS-VPNs over IP)
  • MPLS経由のレイヤ2 VPN(Any Transport over MPLS[AToM])およびIP Layer 2 Tunneling Protocol Version 3(L2TPv3;レイヤ2トンネリング プロトコル バージョン3)経由のレイヤ2 VPN

製品仕様

表1に、Cisco XR 12000/12000 SIP-600の製品仕様を示します。

表1 製品仕様

機能 説明
シャーシの互換性 Cisco XR 12000および12000シリーズ
ソフトウェアの互換性 Cisco IOS®ソフトウェア リリース12.0(31)S以上
サポートされるSPA Cisco 1ポートOC-192c/STM-64c POS/RPR SPA(スロットあたり2ポート)
Cisco 1ポート10 ギガビット イーサネットSPA(スロットあたり2ポート)
Cisco 5または10ポート ギガビット イーサネットSPA(スロットあたり最大20ポート)
ポート密度 シングルハイトSPA×2、ダブルハイトSPA×2、またはそれらの組み合わせ
メモリ ルート メモリ:1 G
パケット メモリ:256 MB(入力)、256 MB(出力)
ネットワーク管理 Cisco IOSソフトウェアCLI(コマンドライン インターフェイス)
SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)
物理的な寸法 1つのライン カード スロットを占有
  • 重量:5.534 kg(12.2ポンド)(SPA未搭載時)
    6.895 kg(15.2ポンド)(SPA×2構成時)
  • 高さ:4.572 cm(1.8インチ)
  • 奥行:52.388 cm(20.625インチ)
  • 幅:40.64 cm(16インチ)
電力 240 W(SPA×2構成時)
環境条件 保管温度:-40~70°C(-40~158°F)
動作温度:
  • 通常時:5~40°C(41~104°F)
  • 短期間:-5~50°C(23~122°F)
相対湿度:
  • 通常時:5~85%
  • 短期間:5~90%(ただし、乾燥した空気1 kgあたりの水分が0.024 kgを超えないこと)
安全基準 UL/CSA/IEC/EN 60950-1
AS/NZS 60950
EMI(電磁波干渉) FCC Class A
ICES 003 Class A
AS/NZS 3548 Class A
CISPR 22(EN55022)Class A
VCCI Class A
耐性(基準規格) IEC/EN-61000-4-2:静電破壊耐性(15 kV気中、8 kV接触)
IEC/EN-61000-4-3:放射耐性(10 V/m)
ETSIおよびEN EN300 386:Telecommunications Network Equipment (EMC)
EN55022:Information Technology Equipment (放射)
EN55024:Information Technology Equipment (耐性)
EN50082-1/EN-61000-6-1:一般的なイミュニティ標準
Network Equipment Building Standard(NEBS) この製品は、次の要件を満たすように設計されています(認定は進行中)。
  • SR-3580:NEBS基準レベル(レベル3)
  • GR-1089-CORE:NEBS EMCおよび安全規格
  • GR-63-CORE:NEBS物理保護


発注情報

発注する際は、下記のURLより「シスコ製品のご購入方法」をご覧いただくか、表2を参照してください。http://www.cisco.com/jp/product/how_to_order.shtml

表2. 発注情報

製品名 製品番号
Cisco XR 12000/12000シリーズSPAインターフェイス プロセッサ-600 12000-SIP-600
Cisco XR 12000/12000シリーズSPAインターフェイス プロセッサ-600、スペア 12000-SIP-600=


サービスおよびサポート

シスコは、お客様の成功を確かなものにするため、さまざまな新しいサービス プログラムを用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツール、パートナーをそれぞれに組み合わせて提供され、お客様から高い評価を受けています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化しネットワーク インテリジェンスの強化や事業拡張を進めていただくためにシスコのサービスを是非お役立てください。サービスについての詳細は、以下のURLを参照してください。
テクニカルサポート サービス
サービス プログラム



お問い合わせ