データ シート





Cisco CRS 16 スロット シングルシェルフ システム



Cisco® キャリア ルーティング システム(CRS)は、優れたパフォーマンス、最先端のサービス インテリジェンス、環境に配慮した設計、および長寿命のシステムを提供します。さらに、多次元的なエンジニアリングに基づいたチップセット アーキテクチャと、独自の自己回復機能を備えた分散オペレーティング システムである Cisco IOS® XR ソフトウェアを搭載しています。


従来のパケットベースのデータ通信は、次世代ネットワーク(NGN)上を多方向に行き交うビデオやおよびインタラクティブ メディアに替わりつつあります。新たなトラフィックの出現が、企業や個人ユーザにサービスを提供するパブリック ネットワークとプライベート ネットワークのアーキテクチャ基盤に過大な負荷を与えています。Cisco CRS は、メディア対応 Cisco Next Generation Network の一部となって、信頼性の高い運用を実現し、多数のシングルシャーシ フォーム ファクタから大容量のマルチシャーシ システムへの容易な拡張を可能にします。CRS-1、CRS-3、CRS-X のラインナップを揃える Cisco CRS は、下位互換性と上位互換性があるシステムで、投資保護を念頭に置き、拡張性、消費電力、冷却、ラックの設置スペースといったリソースの点で業界をリードする効率を発揮すると同時に、インテリジェントで包括的なサービス帯域幅を提供するように設計されています。

Cisco CRS 16 スロット シングルシェルフ システム(図 1)は、数多くの利点を提供します。

  • Cisco CRS ルータ ファミリ向けに設計されたチップセット アーキテクチャを搭載し、サービス パフォーマンスを低下させることなく、競合製品に勝る帯域幅を提供します。プラットフォーム全体で連動する複数の機能コンポーネントが統合された、多次元のエンジニアリングに基づく Cisco CRS チップセットを採用しています。
  • 常時動作を実行できるように設計された Cisco IOS XR ソフトウェアを採用しています。Cisco IOS XR ソフトウェアは、システムの拡張が可能なメモリ保護されたマイクロカーネルベースのアーキテクチャとコントロール プレーン配信を使用する唯一のモジュラ型、分散型インターネットワーク オペレーティング システムです。
  • ルータ プロセッサ、ライン カードなどの既存および将来の Cisco CRS ファミリ コンポーネントとの完全な互換性を備えています。
  • キャリアクラスの冗長構成により、スロットあたり 40 Gbps からや、可用性に応じてスロットあたり 140 Gbps からスロットあたり 400 Gbps へのインサービス アップグレード、およびシングルシャーシ システムからマルチシャーシ システムへのインサービス アップグレードをサポートします。
  • IP/マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ルーティング、IP 向け高密度波長分割多重(IPoDWDM)、セキュア ドメイン ルータ(SDR)によるネットワーク仮想化、ファブリック マルチキャスト レプリケーション、ファブリック Quality of Service(QoS)、Cisco NetFlow アカウンティング、および Carrier-Grade IPv6(CGv6)が含まれる統合テクノロジーにより、最低限の総所有コスト(TCO)で優れた Quality of Experience(QoE)を提供します。
  • スイッチ ファブリック カードと光ケーブルを使用して単一の論理システムを形成することによって、Back-to-Back システム機能による容量拡張や、2 つの Cisco CRS 16 スロット シャーシの直接接続にも対応しています。
図 1 Cisco CRS 16 スロット シングルシェルフ システム

図 1 Cisco CRS 16 スロット シングルシェルフ システム


製品仕様


Cisco CRS 16 スロット システムには、Cisco CRS-16/S と CRS-16/S-B の 2 種類のシャーシがあります。Cisco CRS-16/S と CRS-16/S-B の 2 つのシャーシの仕様を表 1 に示します。

表 1 Cisco CRS-16/S および CRS-16/S-B 製品仕様

  CRS-16/S-B CRS CRS-16/S CRS
項目 説明 説明
互換性 Cisco CRS ファミリのすべての現行モジュラ サービス カード(MSC)、フォワーディング プロセッサ、物理層インターフェイス モジュール(PLIM)、ルート プロセッサ、およびファブリック カードと互換性あり Cisco CRS ファミリのすべての現行モジュラ サービス カード(MSC)、フォワーディング プロセッサ、インターフェイス モジュール(PLIM)、ルート プロセッサ、およびファブリック カードと互換性あり
Back-to-Back機能 あり あり
マルチシャーシ機能 あり あり
ソフトウェアの互換性 Cisco IOS XR ソフトウェア リリース 4.0.3 以降 Cisco IOS XR ソフトウェア リリース 4.0.0 以降
* レガシーの Cisco CRS シャーシの場合は Cisco IOS XR ソフトウェア リリース 3.1 以降
プロトコル Cisco Discovery Protocol
  • IPv4 および IPv6 アドレッシング
  • Internet Control Message Protocol(ICMP)
  • レイヤ 3 ルーティング プロトコル(Border Gateway Protocol Version 4(BGPv4)、Open Shortest Path First Version 2(OSPFv2)、OSPFv3、Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)プロトコルなど)
マルチキャスト フォワーディング(発信元ベース分散ツリーと共有分散ツリー、および次のプロトコルをサポート):
  • Protocol Independent Multicast Sparse Mode(PIM-SM)
  • 双方向 PIM(Bidir-PIM)
  • PIM Source-Specific Mode(PIM SSM)
  • Automatic Route Processing(AutoRP)
  • Internet Group Management Protocol(IGMP)バージョン 1、2、3
  • Multiprotocol BGP(MBGP)
  • Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)
マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)
  • MPLS ラベル配布プロトコル(LDP)
  • リソース予約プロトコル(RSVP)
  • DiffServ 対応トラフィック エンジニアリング(TE)
MPLS トラフィック エンジニアリング コントロール プレーン(RFC 2702 および 2430)
Route Policy Language(RPL)
管理:
  • 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)
  • プログラマチック インターフェイス(XML)
セキュリティ
  • Message Digest Algorithm(MD5)
  • IP Security(IPsec)プロトコル
  • Secure Shell Protocol Version 2(SSHv2)
  • Secure FTP(SFTP)
  • Secure Sockets Layer(SSL)
  • Packet over SONET/SDH(PoS)
  • RFC 1619/2615、SONET/SDH 上でのポイントツーポイント プロトコル(PPP)
  • RFC 1662、ハイレベル データ リンク制御(HDLC)に類似したフレーム構成の PPP
  • RFC 2615、SONET/SDH 上での PPP
  • HDLC
Cisco Discovery Protocol
  • IPv4 および IPv6 アドレッシング
  • Internet Control Message Protocol(ICMP)
  • レイヤ 3 ルーティング プロトコル(Border Gateway Protocol Version 4(BGPv4)、Open Shortest Path First Version 2(OSPFv2)、OSPFv3、Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)プロトコルなど)
マルチキャスト フォワーディング(発信元ベース分散ツリーと共有分散ツリー、および次のプロトコルをサポート):
  • Protocol Independent Multicast Sparse Mode(PIM-SM)
  • 双方向 PIM(Bidir-PIM)
  • PIM Source-Specific Mode(PIM SSM)
  • Automatic Route Processing(AutoRP)
  • Internet Group Management Protocol(IGMP)バージョン 1、2、3
  • Multiprotocol BGP(MBGP)
  • Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)
マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)
  • MPLS ラベル配布プロトコル(LDP)
  • リソース予約プロトコル(RSVP)
  • DiffServ 対応トラフィック エンジニアリング(TE)
MPLS トラフィック エンジニアリング コントロール プレーン(RFC 2702 および 2430)
Route Policy Language(RPL)
管理:
  • 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)
  • プログラマチック インターフェイス(XML)
セキュリティ:
  • Message Digest Algorithm(MD5)
  • IP Security(IPsec)プロトコル
  • Secure Shell Protocol Version 2(SSHv2)
  • Secure FTP(SFTP)
  • Secure Sockets Layer(SSL)
  • Packet over SONET/SDH(PoS)
  • RFC 1619/2615、SONET/SDH 上でのポイントツーポイント プロトコル(PPP)
  • RFC 1662、ハイレベル データ リンク制御(HDLC)に類似したフレーム構成の PPP
  • RFC 2615、SONET/SDH 上での PPP
  • HDLC
コンポーネント 各 Cisco CRS 拡張 16 スロット ライン カード シャーシには、次のコンポーネントが含まれています。
  • ルート プロセッサ X 2
  • ファン コントローラ X 2
  • ファブリック カード X 8
  • 電源装置(DC または AC)X 2
  • アラーム カード X 2
  • ファン トレイ X 2
  • ファン フィルタ X 1
  • ライン カード
各 Cisco CRS 16 スロット ライン カード シャーシには、次のコンポーネントが含まれています。
  • ルート プロセッサ X 2
  • ファン コントローラ X 2
  • ファブリック カード X 8
  • 電源装置(DC または AC)X 2
  • アラーム カード X 2
  • ファン トレイ X 2
  • ファン フィルタ X 1
  • ライン カード
ライン カード、ポート、スロット
  • 1 ポート OC-768c/STM-256c Packet over SONET(PoS)
  • 4 ポート OC-192c/STM-64c PoS/ダイナミック パケット トランスポート(DPT)
  • 16 ポート OC-48c/STM-16 PoS/DPT
  • 8 ポート 10 ギガビット イーサネット(GE)
  • 4 ポート 10 GE
  • 42 ポート 1 GE
  • 1 ポート OC-768c/STM-256c Tunable WDMPoS
  • 4 ポート 10GE tunable WDMPHY
  • 14 ポート 10GE LAN/WAN PHY
  • 20 ポート 10GE LAN/WAN PHY
  • 1 ポート 100 ギガビット イーサネット インターフェイス モジュール
  • Cisco CRS-1-SIP-800 キャリア カード
  • 2 および 4 ポート OC-3c/STM-1c PoS Shared Port Adapter(SPA)
  • 1 ポート、2 ポート、4 ポート OC-48c/STM-16c PoS/RPR SPA
  • 1 ポート OC-192c/STM-64c PoS/RPR SPA
  • 1 ポート 10GE SPA
  • 2 ポートおよび 4 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA
  • 2 ポート、4 ポート、8 ポート OC-12c/STM-4 PoS SPA
  • 2 ポート、5 ポート、8 ポート、10 ポート GE SPA
  • 1 ポート 10 GE LAN/WAN-PHY SPA
  • 20 ポート GE フレキシブル インターフェイス モジュール
  • 2 ポート 10GE WAN/LAN-PHY フレキシブル インターフェイス モジュール
  • フレキシブル SPA および 6 ポート 10GE PLIM
  • 2 ポート 40GE LAN/OTN インターフェイス モジュール
  • 4 ポート 40GE LAN/OTN インターフェイス モジュール
  • 1 ポート 100 ギガビット イーサネット コヒーレント DWDM インターフェイス モジュール
  • 10 ギガビット イーサネット インターフェイス モジュール X 40
  • 4 ポート 100GE LAN/OTN インターフェイス モジュール
  • 1 ポート OC-768c/STM-256c Packet over SONET(PoS)
  • 4 ポート OC-192c/STM-64c PoS/ダイナミック パケット トランスポート(DPT)
  • 16 ポート OC-48c/STM-16 PoS/DPT
  • 8 ポート 10 ギガビット イーサネット(GE)
  • 4 ポート 10 GE
  • 42 ポート 1 GE
  • 1 ポート OC-768c/STM-256c Tunable WDMPoS
  • 4 ポート 10GE tunable WDMPHY
  • 14 ポート 10GE LAN/WAN PHY
  • 20 ポート 10GE LAN/WAN PHY
  • 1 ポート 100 ギガビット イーサネット インターフェイス モジュール
  • Cisco CRS-1-SIP-800 キャリア カード
  • 2 および 4 ポート OC-3c/STM-1c PoS Shared Port Adapter(SPA)
  • 1 ポート、2 ポート、4 ポート OC-48c/STM-16c PoS/RPR SPA
  • 1 ポート OC-192c/STM-64c PoS/RPR SPA
  • 1 ポート 10GE SPA
  • 2 ポートおよび 4 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA
  • 2 ポート、4 ポート、8 ポート OC-12c/STM-4 PoS SPA
  • 2 ポート、5 ポート、8 ポート、10 ポート GE SPA
  • 1 ポート 10 GE LAN/WAN-PHY SPA
  • 20 ポート GE フレキシブル インターフェイス モジュール
  • 2 ポート 10GE WAN/LAN-PHY フレキシブル インターフェイス モジュール
  • フレキシブル SPA および 6 ポート 10GE PLIM
  • 2 ポート 40GE LAN/OTN インターフェイス モジュール
  • 4 ポート 40GE LAN/OTN インターフェイス モジュール
  • 1 ポート 100 ギガビット イーサネット コヒーレント DWDM インターフェイス モジュール 6 ポート 10GE PLIM
  • 10 ギガビット イーサネット インターフェイス モジュール X 40
  • 4 ポート 100GE LAN/OTN インターフェイス モジュール
ファブリック カード CRS-16-FC/S
CRS-16-140FC/S
CRS-16-FC140/M
CRS-16-FC400/S
CRS-16-FC400/M
CRS-16-FC/S
CRS-16-140FC/S
CRS-16-FC140/M
CRS-16-FC400/S
CRS-16-FC400/M
*注:レガシー シャーシの場合、CRS-16-FC400/S および CRS-16-FC400/M を使用しても 200 G に限定されます。
接続 PoS、WDM、DPT、T3/E3、100 GE、10 GE、1 GE PoS、WDM、DPT、T3/E3、100 GE、10 GE、1 GE
機能 IP 機能:
  • IPv4 ユニキャスト サービス
  • IPv6 ユニキャスト サービス
  • IPv4/IPv6 ECMP
  • IPv4/IPv6 ロード バランシング
フォワーディング機能:
  • アクセス コントロール リスト(ACL/xACL)
  • Modular QoS CLI(MQC)を使用した Quality of Service およびサービス クラス(QoS/CoS)
  • IP パケットの分類およびマーキング
  • キューイング(入力および出力の両方向)
  • ポリシング(入力および出力の両方向)
  • 診断およびネットワーク管理のサポート
オプティカル機能:
  • ラインレート 42.8 Gbps ±4.6 ppm
  • デュプレックス LC 前面プレート光コネクタ
  • 調整可能な C バンドのレーザー
  • 設定可能な Tx 光強度(-19 〜 +1 dBm)
  • Tx および Rx 光強度モニタリング
  • 光強度モニタリング精度 ±2 dB
IPv4 マルチキャスト機能:
  • マルチキャスト リバース パス転送(RPF)
  • マルチキャスト ノンストップ フォワーディング(NSF)
  • マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)
MPLS 機能:
  • MPLS フォワーディング
  • MPLS ロード バランシング
  • UNI
  • LMP
セキュリティ機能:
  • 制御パケットのポリシング
  • コントロール プレーンのダイナミックな保護
  • GTSM RFC 3682(従来の BTSH)
IP 機能:
  • IPv4 ユニキャスト サービス
  • IPv6 ユニキャスト サービス
  • IPv4/IPv6 ECMP
  • IPv4/IPv6 ロード バランシング
フォワーディング機能:
  • アクセス コントロール リスト(ACL/xACL)
  • Modular QoS CLI(MQC)を使用した Quality of Service およびサービス クラス(QoS/CoS)
  • IP パケットの分類およびマーキング
  • キューイング(入力および出力の両方向)
  • ポリシング(入力および出力の両方向)
  • 診断およびネットワーク管理のサポート
オプティカル機能:
  • ラインレート 42.8 Gbps ±4.6 ppm
  • デュプレックス LC 前面プレート光コネクタ
  • 調整可能な C バンドのレーザー
  • 設定可能な Tx 光強度(-19 〜 +1 dBm)
  • Tx および Rx 光強度モニタリング
  • 光強度モニタリング精度 ±2 dB
IPv4 マルチキャスト機能:
  • マルチキャスト リバース パス転送(RPF)
  • マルチキャスト ノンストップ フォワーディング(NSF)
  • マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)
MPLS 機能:
  • MPLS フォワーディング
  • MPLS ロード バランシング
  • UNI
  • LMP
セキュリティ機能:
  • 制御パケットのポリシング
  • コントロール プレーンのダイナミックな保護
  • GTSM RFC 3682(従来の BTSH)
信頼性とアベイラビリティ システムの冗長性:
  • 1:1 の電源シェルフ冗長性
  • 1:1 のファン トレイ冗長性
  • 1:1 のファン コントローラ冗長性
  • 1:1 のアラーム カード冗長性
  • 1:1 のルート プロセッサ冗長性
  • 1:8 のファブリック カード冗長性
ソフトウェア機能:
  • グレースフル リスタートを使用した NSF:IS-IS、OSPF、BGP、LDP、RSVP
  • SONET 自動保護スイッチング(APS)(1:1)
  • ライン カードの活性挿抜(OIR)のサポート
  • ファブリック カードの OIR のサポート
  • リソース不足管理
  • プロセス再起動機能
  • MPLS 高速再ルーティング(FRR)
ホットスタンバイ ルータ プロトコルおよび仮想ルータ冗長プロトコル(HSRP/VRRP)
システムの冗長性:
  • 1:1 の電源シェルフ冗長性
  • 1:1 のファン トレイ冗長性
  • 1:1 のファン コントローラ冗長性
  • 1:1 のアラーム カード冗長性
  • 1:1 のルート プロセッサ冗長性
  • 1:8 のファブリック カード冗長性
ソフトウェア機能:
  • グレースフル リスタートを使用した NSF:IS-IS、OSPF、BGP、LDP、RSVP
  • SONET 自動保護スイッチング(APS)(1:1)
  • ライン カードの活性挿抜(OIR)のサポート
  • ファブリック カードの OIR のサポート
  • リソース不足管理
  • プロセス再起動機能
  • MPLS 高速再ルーティング(FRR)
ホットスタンバイ ルータ プロトコルおよび仮想ルータ冗長プロトコル(HSRP/VRRP)
MIB SNMP フレームワークのサポート:
  • SNMPv1
  • SNMPv2c
  • SNMPv3
  • MIB II(インターフェイス拡張機能を含む)(RFC 1213)
  • SNMP-FRAMEWORK-MIB
  • SNMP-TARGET-MIB
  • SNMP-NOTIFICATION-MIB
  • SNMP-USM-MIB
  • SNMP-VACM-MIB
システム管理:
  • CISCO-BULK-FILE-MIB
  • CISCO-CONFIG-COPY-MIB
  • CISCO-CONFIG-MAN-MIB
  • CISCO-FLASH-MIB
  • CISCO-MEMORY-POOL-MIB
  • Cisco FTP クライアント MIB
  • Cisco Process MIB
  • Cisco Syslog MIB
  • CISCO-SYSTEM-MIB
  • CISCO-CDP-MIB
  • IF-MIB(RFC 2233/RFC 2863)
Quality of Service(QoS):
  • MQC-MIB(シスコ クラスベース QoS MIB)
  • CISCO-PING-MIB
ファブリック:
  • CISCO-Fabric-HFR-MIB
  • CISCO-Fabric-Mcast-MIB
  • CISCO-Fabric-Mcast-Appl-MIB
ルーティング プロトコル:
  • BGP4-MIB バージョン 1
  • OSPFv1-MIB(RFC 1253)
  • CISCO-IETF-IP-FORWARDING-MIB
  • IP-MIB(従来の RFC 2011-MIB)
  • TCP-MIB(RFC 2012)
  • UDP-MIB
  • CISCO-HSRP-EXT-MIB
  • CISCO-HSRP-MIB
トラップ:
  • RFC 1157
  • 認証
  • リンクアップ
  • リンクダウン
  • コールドスタート
  • ウォームスタート
SNMP フレームワークのサポート:
  • SNMPv1
  • SNMPv2c
  • SNMPv3
  • MIB II(インターフェイス拡張機能を含む)(RFC 1213)
  • SNMP-FRAMEWORK-MIB
  • SNMP-TARGET-MIB
  • SNMP-NOTIFICATION-MIB
  • SNMP-USM-MIB
  • SNMP-VACM-MIB
システム管理:
  • CISCO-BULK-FILE-MIB
  • CISCO-CONFIG-COPY-MIB
  • CISCO-CONFIG-MAN-MIB
  • CISCO-FLASH-MIB
  • CISCO-MEMORY-POOL-MIB
  • Cisco FTP クライアント MIB
  • Cisco Process MIB
  • Cisco Syslog MIB
  • CISCO-SYSTEM-MIB
  • CISCO-CDP-MIB
  • IF-MIB(RFC 2233/RFC 2863)
Quality of Service(QoS):
  • MQC-MIB(シスコ クラスベース QoS MIB)
  • CISCO-PING-MIB
シャーシ:
  • ENTITY-MIB(RFC 2737)
  • CISCO-entity-asset-MIB
  • CISCO-entity-sensor-MIB
  • CISCO-FRU-MIB(Cisco-Entity-FRU-Control-MIB)
ファブリック:
  • CISCO-Fabric-HFR-MIB
  • CISCO-Fabric-Mcast-MIB
  • CISCO-Fabric-Mcast-Appl-MIB
ルーティング プロトコル:
  • BGP4-MIB バージョン 1
  • OSPFv1-MIB(RFC 1253)
  • CISCO-IETF-IP-FORWARDING-MIB
  • IP-MIB(従来の RFC 2011-MIB)
  • TCP-MIB(RFC 2012)
  • UDP-MIB
  • CISCO-HSRP-EXT-MIB
  • CISCO-HSRP-MIB
トラップ:
  • RFC 1157
  • 認証
  • リンクアップ
  • リンクダウン
  • コールドスタート
  • ウォームスタート
ネットワーク管理
  • 拡張コマンドライン インターフェイス(CLI)
  • Extensible Markup Language(XML)インターフェイス
  • Cisco Craft Works Interface(CWI)
  • 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)および MIB のサポート
  • Cisco Active Network Abstraction(ANA)
  • 拡張コマンドライン インターフェイス(CLI)
  • Extensible Markup Language(XML)インターフェイス
  • Cisco Craft Works Interface(CWI)
  • 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)および MIB のサポート
  • Cisco Active Network Abstraction(ANA)
プログラマチックインターフェイス
  • XML スキーマのサポート
  • XML スキーマのサポート
寸法 シャーシの高さ:
  • 213.36 cm (84 インチ)
シャーシの幅:
  • 59.944 cm (23.6 インチ)
シャーシの奥行:
  • 91 cm (36 インチ)
  • 100.844 cm (39.718 インチ)、ケーブル管理システムと前面カバーを含む
重量:
  • 組み込みのラックとファン トレイが搭載されただけの出荷時のシャーシ:380 kg(839 ポンド)
  • 出荷時のシャーシに、電源シェルフ(電源モジュールは未搭載)と組み込みのラックが含まれた状態:411 kg(908 ポンド)
  • すべてのカード スロット、電源シェルフ、付属品が使用され、組み込みのラックも含めたフル構成のシャーシ:678 kg(1495 ポンド)
シャーシの高さ:
  • 213.36 cm (84 インチ)
シャーシの幅:
  • 59.944 cm (23.6 インチ)
シャーシの奥行:
  • 91 cm (36 インチ)
  • 100.844 cm (39.718 インチ)、ケーブル管理システムと前面カバーを含む
重量:
  • 組み込みのラックとファン トレイが搭載されただけの出荷時のシャーシ:425 kg(939 ポンド)
  • 出荷時のシャーシに、電源シェルフ(電源モジュールは未搭載)と組み込みのラックが含まれた状態:457 kg(1008 ポンド)
  • すべてのカード スロット、電源シェルフ、付属品が使用され、組み込みのラックも含めたフル構成のシャーシ:723 kg(1595 ポンド)
電力
  • シャーシ電源装置の最大出力容量:16.8 kW(両方の DC 電源装置の場合)および 18 kW(AC 電源装置の場合)
  • シャーシ電源装置の最大出力容量:16.8 kW(両方の DC 電源装置の場合)および 18 kW(AC 電源装置の場合)
環境条件 保管温度:-40 〜 70 °C(-40 〜 158 °F)
動作温度:
  • 通常:5 〜 40 °C(41 〜 104 °F)
  • 短時間:-5 〜 50 °C(23 〜 122 °F)
相対湿度:
  • 通常:5 〜 85 %
  • 短時間:5 〜 90 %、ただし、乾燥した空気 1 kg あたりに含まれる水分が 0.024 kg を超えないこと
  • 短時間とは、連続 96 時間以下、1 年に合計 15 日以下を指します (つまり、1 年間の合計で 360 時間以内、その 1 年間の発生回数は 15 回まで)。
保管温度:-40 〜 70 °C(-40 〜 158 °F)
動作温度:
  • 通常:5 〜 40 °C(41 〜 104 °F)
  • 短時間:-5 〜 50 °C(23 〜 122 °F)
相対湿度:
  • 通常:5 〜 85 %
  • 短時間:5 〜 90 %、ただし、乾燥した空気 1 kg あたりに含まれる水分が 0.024 kg を超えないこと
  • 「短期」とは、システムの 1 回の連続稼働時間が 96 時間以下で、1 年間の合計稼働日数が 15 日以下の期間を指します(1 年間の合計稼働時間は 360 時間。ただし、稼働回数は 15 回以下)。


システム容量


表 2 に、Cisco CRS 16 スロット シングルシェルフ システムのシステム容量を示します。

表 2 Cisco CRS 16 スロット シングルシェルフ システムのシステム容量

インターフェイス スロットの数 スロットあたり最大容量 合計容量
16 400 Gbps/スロット(入力)+ 400 Gbps/スロット(出力) 12.8 Tbps/シングルシェルフ システム


発注情報


シスコ製品の購入方法については、「購入案内」および表 3 を参照してください。

表 3 発注情報

製品番号 製品名
CRS-16/S Cisco CRS 16 スロット シングルシェルフ システム
CRS-16/S-B Cisco CRS 16 スロット拡張シングルシェルフ システム


シスコのサービス


シスコのサービスは、ネットワーク、アプリケーション、およびそれらの利用者の連携を強化します。

ネットワークは今、人、情報、アイデアのより高度な統合を必要とする世界において、戦略的プラットフォームとなっています。製品とサービスを組み合わせて、ビジネスのニーズと機会に即したソリューションを形成すれば、ネットワークはより効果的に機能するようになります。

ネットワーク ライフサイクルの各段階に必要なアクティビティが定義されたシスコ独自のライフサイクル アプローチにより、優れたサービスが確実に提供されます。シスコと優れたパートナーのネットワーク、そしてお客様の力を結合するコラボレーティブなサービス提供により、シスコは高品質の成果を達成します。

関連情報


Cisco CRS 16 スロット シングルシェルフ システム、Cisco CRS、およびその他のインターフェイスの詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/crs/ を参照するか、最寄りの代理店にお問い合わせください。

Cisco CRS マルチシャーシ システムの詳細については、Cisco CRS マルチシャーシ システム データ シート を参照してください。