Cisco 7600 シリーズ インターネット ルータ

Cisco 7600シリーズ ルータ

ダウンロード
Cisco 7600シリーズ ルータ

Q & A


Cisco 7600シリーズ ルータ


Q. Cisco® 7600シリーズ ルータとは何ですか。これはネットワークのどこに導入するのですか。

A. Cisco 7600シリーズは、業界唯一のエッジ ルータで、サービス プロバイダー エッジおよび企業の各種WAN/MAN(メトロポリタン エリア ネットワーク)アプリケーション向けに、堅牢かつ高性能なIP/Multiprotocol Label Switching(MPLS;マルチプロトコル ラベル スイッチング)機能を提供します。Cisco 7600は、広範にわたるインターフェイスを搭載し、画期的なアダプティブ ネットワーク処理テクノロジーを使用しており、統合イーサネット機能および専用回線アグリゲーション機能において業界をリードしています。

Cisco 7600シリーズは、既存のCisco 7500シリーズを進化させた製品です。そのため、Cisco 7500シリーズを導入しているお客様は、既存のCisco 7200/7500シリーズ ポート アダプタ用のCisco IOS®機能とFlexWANサポートを利用できます。Cisco 7600は、マルチギガビットの容量をスロット単位で可能にし、各種のフォーム ファクタと高度なOSM(オプティカル サービス モジュール)を搭載することで、ハイ パフォーマンスなサービスを提供します。これらの独自の機能により、通信事業者や一般企業は、ネットワーク エッジでの業務効率を向上させながら、投資回収率を最大限に高めることができます。

Cisco 7600シリーズIP/MPLSアプリケーション

  • メトロ イーサネット アグリケーション
  • 専用回線アグリゲーション(高速および低速)
  • WANアグリゲーション
  • 本社のコア ルーティング
  • 加入者のエッジ アグリゲーション

Cisco 7600シリーズの特長

  • 最大256 Gbpsのスイッチ ファブリック容量
  • 最大30 Mppsのフォワーディング パフォーマンス
  • NEBS準拠シャーシ:3スロット、6スロット、9スロット、13スロット
  • インターフェイス幅:DS0(OC-48/STM-16 WANに対応)、10 Mbps(10 Gbpsイーサネットに対応)
  • FlexWANモジュール搭載のCisco 7200/7500ポート アダプタをサポート
  • MPLS VPN、Any Transport over MPLS(AToM)、Class-Based Weighted Fair Queuing(CBWFQ;クラス ベース均等化キューイング)、Low Latency Queuing(LLQ;低遅延キューイング)、Weighted Random Early Detection(WRED;重み付きランダム早期検出)、階層型トラフィック シェーピングを含む包括的なIP/MPLS機能

Q. Cisco 7600シリーズのスロット数はどれくらいですか。

A. Cisco 7600シリーズには、次の5種類のシャーシがあります。

  • 13スロット シャーシ(水平ラインカード スロット、左右方向のエアフロー、19 ラック ユニット[RU]、ラックあたり2シャーシ)
  • 9スロット シャーシ(垂直ラインカード スロット、前後方向のエアフロー、21 RU、ラックあたり2シャーシ)
  • 6スロット シャーシ(水平ラインカード スロット、左右方向のエアフロー、7 RU、ラックあたり6シャーシ)
  • 4スロットシャーシ(水平ラインカード、スロット、左右方向のエアフロー、5RU、ラックあたり8シャーシ)
  • 3スロット シャーシ(水平ラインカード スロット、左右方向のエアフロー、4 RU、ラックあたり10シャーシ)

Q. Cisco 7600シリーズのパフォーマンスはどのようなものですか。

A. Cisco 7600シリーズは、高性能のApplication Specific Integrated Circuit(ASIC;特定用途向けIC)と、最大30 Mppsでトラフィックを転送するアダプティブ ネットワーク プロセッサをベースにしています。

Q. Cisco 7600シリーズはどのようなインターフェイスを搭載できますか。

A. Cisco 7600シリーズは、もっとも多くのWAN、MAN、およびLANインターフェイスをサポートする機器の1つです。これらのインターフェイスには、ポート アダプタ搭載のFlexWANモジュール、OSM、およびイーサネット モジュールなどがあります。インターフェイスは、DS-0(OC-48/STM-16 WANに対応)から10 Mbps(10 Gbpsイーサネットに対応)まで、多岐にわたっています。

FlexWANモジュール
FlexWANモジュールは、Cisco 7200および7500シリーズ ポート アダプタをサポートしています。Cisco 7600シリーズは、この広範にわたるWANポート アダプタを利用して、銅線からチャネライズドT1/E1、T3/E3~T1/E1、T3/E3、OC-3/STM-1 ATM~OC-3/STM-1 POSおよびチャネライズドSTM-1まで、各種のインターフェイスをサポートしています。

OSM
多数のインターフェイスの1つとして、OSMが追加されています。OSMは、OC-3/STM-1 POS、OC-12/STM-4 POS、OC-48/STM-16 POS、OC-48/STM-16 Dynamic Packet Transport(DPT;ダイナミック パケット トランスポート)、OC-12/STM-4 ATM、チャネライズドOC-12/STM-4(DS3に対応)、チャネライズドOC-12/STM-4 (DS0に対応)、チャネライズドT3といったインターフェイスをサポートするライン カードです。

イーサネット モジュール
Cisco Catalyst® 6500シリーズ スイッチの各種のイーサネット インターフェイスを使用することで、さまざまなハイ パフォーマンス イーサネット機能が実装できます。Cisco 7600シリーズは、10 MB、100 MB、1 GB、および10 GBイーサネット モジュールをサポートしています。

Q. Cisco 7600シリーズのOSMとはどのようなものですか。

A. Cisco 7600シリーズのOSMはCisco 7600シリーズ用のライン カードで、WANインターフェイス、高速IPサービス アプリケーション用Parallel eXpress Forwarding(PXF)IPサービス プロセッサ、および大容量パケット バッファを備えています。各POSおよびATM OSMには、同一ライン カード上の高速WANインターフェイスのほかに、GBIC(ギガビット インターフェイス コンバータ)ベースのスイッチド ギガビット イーサネットの追加ポートを4つ搭載しています。各OSMは、256 GbpsのSwitch Fabric Module(SFM;スイッチ ファブリック モジュール)(冗長クロスバー ファブリックとの二重接続)に対して全二重(8 Gbps)で接続し、最大6 Mppsの分散IPサービス アプリケーションを提供します。これにより、IPサービスの有効時には高速のスループットを実現します。

使用できるOSMは、次のとおりです。

  • 2ポート ギガビット イーサネット(GBICベース)搭載4ポート ギガビット イーサネットWAN
  • 4ポート ギガビット イーサネット搭載2ポートOC-12c/STM-4c ATM(MM [マルチモード]、Single-Mode Intermediate reach [SMI;シングルモード中距離])
  • 4ポート ギガビット イーサネット搭載4/8/16ポートOC-3c/STM-1c POS(MM、SMI、Single-Mode Long reach [SML;シングルモード長距離])
  • 4ポート ギガビット イーサネット搭載2/4ポートOC-12c/STM-4c POS(MM、SMI、およびSML)
  • 4ポート ギガビット イーサネット搭載1ポートOC-48c/STM-16c POS(Single Mode-Short reach [SMS;シングル モード短距離]、SMI、SML)
  • 4ポート ギガビット イーサネット搭載2ポートOC-48c/STM-16c POS/DPT(MM、SMI、SML)
  • 4ポート ギガビット イーサネット搭載1ポート チャネライズドOC-12/STM-4 POS(DS3/E3 [SMI]に対応)
  • 4ポート ギガビット イーサネット搭載1ポート チャネライズドOC-12/STM-4 POS(DS0 [SMI]に対応)
  • 12ポート チャネライズドT3(DS0に対応)

Q. Cisco 7600シリーズでは、どのような拡張OSMをサポートしていますか。

A. 拡張OSMは、Cisco 7600シリーズ向けの次世代オプティカル サービス モジュールを構成するPOS、DPT、ATM、チャネライズド インターフェイスを含むオプティカル スピードのネットワーク インターフェイスの全ファミリをサポートしています。拡張OSMは、今までのOSMのすべての利点を備えているほか、次の利点も提供します。

  • 強化されたMPLS/VPN Virtual Route/Forwarding(VRF)により、レイヤ3構成のMPLSで、システムあたり最小511から最大1023までをサポート
  • WREDのサポートにより、既存のQuality of Service(QoS;サービス品質)機能を強化
  • 大容量キュー バッファにより、大量のトラフィック シェーピング キューをサポート。拡張OSMにより、PXFネットワーク プロセッサあたり最小8000のQoSキューをサポート
  • レイヤ2 AToMネットワーク アグリゲーション機能の将来的なサポートにより、フレームリレーやMPLSコア ネットワーク上のATMといった従来のレイヤ2サービスをサポートしながら、RFC 2547準拠のMPLS VPNを使用したレイヤ3サービスも同時にサポート

Q. Cisco 7600シリーズのチャネライズドOSMとはどのようなものですか。

A. チャネライズドOSMは、サービス プロバイダーおよび大企業が高速専用回線を単一の光ファイバ リンクまたは銅線リンクに統合できるようにするためのメカニズムを提供します。これらのOSMでは、その種類に応じて、OC-12/STM-4回路をDS3またはDS0にチャネライズすることができます。また、チャネライズドT3 OSMは、銅線のT3チャネライゼーションをDS0に提供します。シスコでは、Cisco 7600シリーズの高速チャネライズド光ファイバ接続用として、チャネライズドOC-12/STM-4(DS3に対応)、チャネライズドOC-12/STM-4(DS0に対応)、チャネライズドT3(DS0に対応)の3つのオプションを提供しています。

Q. Cisco 7600シリーズのFlexWANモジュールで現在サポートされているのはどのポート アダプタですか。

A. Cisco 7600シリーズのFlexWANモジュールでは、次のポート アダプタが使用できます。

  • T1/E1: PA-4T+、PA-8T-V35、PA-8T-232、PA-8T-X21、PA-MC-4T1、PA-MC-8T1、PA-MC-8E1/120
  • T3/E3およびSTM-1:PA-T3、PA-T3+、PA-E3、PA-2T3、PA-2T3+、PA-2E3、PA-MC-T3、PA-MC-E3、PA-MC-2T3+、PA-MC-STM-1
  • HSSI: PA-H、PA-2H
  • ATM: PA-A3-T3、PA-A3-E3、PA-A3-OC3MM、PA-A3-OC3SMI、PA-A3-OC3SML、PA-A3-8E1IMA、PA-A3-8T1IMA
  • POS: PA-POS-OC3MM、PA-POS-OC3SMI、PA-POS-OC3SML

Q. Cisco 7600シリーズのOSM用PXFとはどのようなものですか。

A. PXFとは、Parallel eXpress Forwardingの略語で、各OSM(ライン カードあたり最大2つ)で使用するアダプティブ ネットワーク プロセッサを示す用語です。これらのプロセッサは、IPサービス アプリケーションを最大6 Mppsで提供します。

Q. Cisco 7600シリーズでは、どのような機能にハードウェア アクセラレーションが提供されていますか。

A. Cisco 7600シリーズでは、2つのアクセラレーション パスのうちの1つでさまざまな機能をサポートします。1番めのパスは、Policy Feature Card(PFC;ポリシー フィーチャ カード)セットです。PFCは、30 Mppsでのポリシング、マーキング、分類、およびAccess Control List(ACL;アクセス制御リスト)などの機能を使用して、IPv4のユニキャストおよびマルチキャスト トラフィックをサポートします。

2番めのハードウェア アクセラレーテッド フォワーディング パスは、各ライン カードにあるPXFプロセッサ セットです。各PFXセットは、最大6 Mppsでトラフィックを転送できます。特定のカードのインターフェイスに応じて、任意のライン カード1つに最大2つのPXFプロセッサを装着できます。

このプロセッサ セットでサポートされている機能には、AToMとも呼ばれているレイヤ2 VPN、レイヤ3 MPLS VPN(RFC 2547準拠)、およびCBWFQ、LLQ、WRED、トラフィック シェーピングなどのQoS機能があります。

Q. Cisco 7600シリーズでは、DPTまたはResilient Packet Ring(RPR)ソリューションは利用できますか。

A. OC-48/STM-16 POS/DPT OSMが利用できます。OSMにより、ギガビット イーサネットの4つのポートを使用して、同一カード上でOC-48/STM-16 POSの2つのポートまたは1つのOC-48/STM-16 DPTノードを利用できます。さらに、POSモードまたはDPTモード構成では、ソフトウェアを選択できます。

Q. Cisco 7600シリーズの機能は、Cisco 7500シリーズの機能と同等ですか。

A. 現在のCisco 7600シリーズでは、Cisco 7500シリーズのポート アダプタのサポートなど、Cisco 7500シリーズの重要な機能の大半が利用できます。高度なQoS機能およびハイ アベイラビリティ機能も、今後リリースされるハードウェアおよびソフトウェアで利用できるようになります。

Q. Cisco 7600シリーズのMPLS機能はどのようなものですか。

A. Cisco 7600シリーズは、Label Edge Router(LER;ラベル エッジ ルータ)およびLabel Switch Router(LSR;ラベル スイッチ ルータ)機能を搭載したEthernet over MPLS(EoMPLS)、Basic MPLSおよびMPLS VPNをサポートしています。次世代フォワーディング エンジンが2003年に発表されるまで、MPLS機能には、OSMおよびFlexWANモジュール ユニットのいずれかまたは両方が必要です。次世代フォワーディング エンジンでは、MPLSはハードウェア フォワーディングASICでネイティブにサポートされ、インターフェイスの制限がなくなるため、Cisco 7600シリーズはさらに費用効果に優れたソリューションとなります。

Q. Cisco 7600シリーズのEoMPLSとはどのようなものですか。

A. EoMPLSは、MPLSコアにまたがるイーサネット フレームのレイヤ2トランスポートです。これは、イーサネット フレームのトランスポートを定義したInternet Engineering Task Force(IETF)の「draft-martini-l2circuit-trans-mpls-10」を実装したものです。

この機能は、一般にAToMと呼ばれるレイヤ2トランスポート メカニズム セットの一部です。現在、VLANモードとポート モード(VCタイプ4および5)の両方が、Cisco 7600シリーズでサポートされています。

Q. Cisco 7600シリーズでは、IPv6はサポートされていますか。

A. Cisco 7600シリーズは、2003年にハードウェア アクセラレーテッドIPv6をサポートし、Cisco 7600シリーズ向け次世代フォワーディング エンジンを導入する予定です。

Q. Cisco 7600シリーズでは、POS OSMでAutomatic Protection Switching(APS;自動保護スイッチング)をサポートしていますか。

A. はい。SONET 1+1 APSは、OC-3/STM-1、OC-12/STM-4、OC-48/STM-16を含む、すべてのPOS OSMでサポートされています。サポートされている構成には、1つのライン カードのポート間のAPS、同じシャーシにある別々のライン カードのポート間のAPS、別々のシャーシにあるポート間のAPSがあります。OC-12 ATMライン カードでは現在APSはサポートされていません。

Q. Cisco 7600シリーズは、Network-Based Application Recognition(NBAR)をサポートしていますか。

A. はい。NBARは、FlexWANモジュールで、Cisco IOSソフトウェア リリース12.1(8a)Eからサポートされています。

Q. Cisco 7600シリーズでは、いくつのルートが同時にサポートされますか。

A. Unicast Reverse Path Forwarding(uRPF)チェックが有効でない場合は、256,000のIPルートが同時にサポートされます。

Q. Cisco 7600シリーズには、サービス プロビジョニングおよびサービスレベル モニタリング用に、どのような管理機能が用意されていますか。

A. Cisco 7600シリーズには、主にIPサービスWANエッジ アグリゲーション プラットフォームとして、適切なプロビジョニングおよびモニタリング ツールが用意されています。Cisco 7600シリーズでは、サービス プロビジョニングの自動化および簡略化用の加入者プロビジョニング ツールであるCisco Element Management Framework(CEMF)、Cisco VPN Solution Center、およびCiscoWorks Service Management Solutionに対する十分なテストが実施されています。