Cisco 7600 シリーズ インターネット ルータ

Cisco 7600シリーズ/Cisco Catalyst 6500シリーズ拡張FlexWANモジュール

ダウンロード
Cisco 7600シリーズ/Catalyst 6500シリーズ拡張FlexWANモジュール

データ シート


Cisco 7600シリーズ/Catalyst 6500シリーズ拡張FlexWANモジュール


Cisco® 7600シリーズ/Catalyst® 6500シリーズ拡張FlexWANモジュール(拡張FlexWAN)は、高性能かつインテリジェントなMetropolitan-Area Network(MAN;メトロポリタン エリア ネットワーク)サービスおよびWANサービスを可能にする製品です。企業およびサービス プロバイダーはCisco 7000シリーズに共通の各種ポート アダプタを活用することによって、WANの集約や接続の選択肢を広げるとともに、シスコの拡張FlexWANモジュールによってスケーラビリティ、パフォーマンス、および多彩なQuality of Service(QoS;サービス品質)機能を強化できます。

図1
Cisco 7600シリーズ/Catalyst 6500シリーズ拡張FlexWANモジュール

製品概要

シスコの拡張FlexWANモジュール(図1)を使用することにより、一般企業もサービス プロバイダーも、高性能で拡張性が高くインテリジェントなWANおよびMANサービスを実現できます。シスコの拡張FlexWANモジュールは、T1/E1、T3/E3、High-Speed Serial Interface(HSSI;高速シリアル インターフェイス)、T3/E3 ATM、OC-3 ATM、およびOC-3 Packet over SONET(POS)など、各種のクリアチャネルWANインターフェイスおよびチャネライズドWANインターフェイスに対応し、MANやWAN用の高速SONET装置に直接接続するインターフェイスとして活用できます。

シスコの拡張FlexWANモジュールには、Cisco 7200シリーズおよび7500シリーズのルータと共通のWANポート アダプタを2つ搭載できるので、Cisco 7500シリーズからCisco 7600シリーズへと簡単に移行できます。さらに、シスコの拡張FlexWANモジュールは、スイッチ ファブリックへの接続性を提供し、従来のFlexWANモジュールと比べてパフォーマンスやメモリが強化されています。また、メトロポリタン イーサネット(Metro Ethernet)市場向けの高度な機能にも対応しています。このような画期的なアーキテクチャによって、メディアの選択肢が広がるとともに、次世代アプリケーションに適した分散型のスケーラブルかつインテリジェントなネットワーク サービスが可能となります。

用途

WAN、MAN、LANのサービスの統合

Cisco 7600シリーズおよびCisco Catalyst 6500シリーズは柔軟な設計を特長としており、データ センター、MAN、WANエッジなどでの使用を目的として、多様なアプリケーションをパフォーマンスの低下なく同一プラットフォーム上に統合できます。シスコの拡張FlexWANモジュールを使用して、LAN、WAN、MANのインターフェイスを拡張性の高い単一のプラットフォームに統合すれば、ネットワークの設計や展開が単純になります。Cisco 7600シリーズおよびCisco Catalyst 6500シリーズは、その高度な柔軟性により、同じシステム、ソフトウェア、シャーシ内であらゆるメディアやトラフィックの組み合わせをサポートできるので、ネットワーク構成の単純化、インストレーション作業の簡易化、サービス配信の高速化が可能です。また、データ、音声、ビデオが統合されたトラフィックを、相互接続されたLAN、WAN、またはMANを通じてエンドツーエンドで透過的に伝送するとともに、QoSやセキュリティのきめ細かい制御を通じて、同時に数千ものトラフィック フローをワイヤ スピードで提供することができます。

WAN集約

シスコの拡張FlexWANモジュールを使用すると、Cisco 7600シリーズ ルータおよびCisco Catalyst 6500シリーズ スイッチで、ポイントツーポイント回線、フレーム リレー、PPP(ポイントツーポイント プロトコル)、High-Level Data Link Control(HDLC;ハイレベル データリンク制御)、ATM、またはPOSによるハイエンドのWAN集約が可能となります。 高度なQoS機能と分散処理機能を備えたシスコの拡張FlexWANモジュールは、拡張性に富むWAN集約ソリューションに不可欠な要素です。このようなエンドツーエンドのネットワークは上位層のアプリケーションにも簡単に対応できるので、インテリジェントなデータ、音声、ビデオ、およびセキュリティのサービスすべてを同一プラットフォームに統合し、アプリケーションの展開と制御を簡易化できます。図2は、WAN集約のためのヘッドエンド ルータとして配置されたCisco 7600またはCisco Catalyst 6500を示しています。


図2
WAN集約

主な機能と利点

シスコの拡張FlexWANモジュールは、LAN、WAN、MANのサービスを単一のプラットフォームに統合することにより、ネットワークの設計を単純化し、管理と保守を容易にして、ネットワークの総所有コストを削減します。

次世代アプリケーションに対応できる帯域幅の拡張性とインテリジェントなネットワーク サービス

物理層からスケーラブルなアプリケーション層にまで対応できる強力な統合機能は、Cisco 7600シリーズとCisco Catalyst 6500シリーズ独自の特長です。これらの2つのプラットフォームは、LANでは10メガビット イーサネットから10ギガビット イーサネットまで、WANではDS-0からOC-48/STM-16まで拡張できます。また、Differentiated Services(DiffServ)やIP precedenceの優先パケットのマーキングに加え、各ポートでのQoSの分類、ポリシング、キューイング、インテリジェントなパケット廃棄、およびセキュリティ アクセス制御によって、あらゆるネットワーク環境の要求を確実に満たすことができます。

たとえば、ビジネスクリティカルなアプリケーションの帯域幅の保証、重要性の低いアプリケーションへの帯域幅の制限、選択された低プライオリティ パケットの廃棄による輻輳回避、パケット マーキングによるあらゆるタイプのトラフィック フローのQoS制御など、高度で多彩なQoSが可能です。さらに、シスコの拡張FlexWANモジュールは、compressed Real-Time Protocol(cRTP)や分散Link Fragmentation and Interleaving(LFI)など、低速WAN集約に必要となる重要な機能もサポートしています。

所有コストの削減

Cisco 7600シリーズおよびCisco Catalyst 6500シリーズによるLAN、WAN、MANの統合は、ネットワーク内に配置し管理するプラットフォームの数が減るという大きなメリットをもたらします。このようなサービスの統合によって、ネットワークの設計と構成が単純になるだけでなく、ラック スペースや電源の要件、さらにプラットフォームの管理に関する教育や作業などの負担も軽減されます。また、プラットフォーム数の減少に伴い、保管や管理が必要なスペア部品の種類も減るので、保守スタッフの負担も軽くなります。

シスコの拡張FlexWANモジュールは、既に導入されているCisco 7200および7500シリーズ ルータの投資保護にも大いに役立ちます。これらのルータのWANポート アダプタはCisco 7600シリーズとCisco Catalyst 6500シリーズにも搭載できるので、すみやかなサービスの提供、システム パフォーマンスの向上、そして帯域幅の拡大が可能です。

このような利点は、所有コストの削減に直接結びつきます。機器の取得コストだけでなく、教育や構成要素の管理、在庫管理や設定の管理など、ネットワーク管理にかかる維持費も削減されるからです。さらに、シスコシステムズの統合ソリューションでは、同じネットワーク管理ツール セットを使用してLAN、WAN、MANのすべての機能を管理できるので、管理対象のプラットフォームだけでなく、管理用のプラットフォーム数も削減できます。

表1 シスコの拡張FlexWANモジュールの機能と利点

   FlexWAN 拡張FlexWAN 利点
CPU

中程度のパフォーマンス

高いパフォーマンス

細分化されたDS-0からハイエンドのOC-3までの市場に対応

CPUの数

CPU×2(ベイあたり1つずつ)

CPU×2(ベイあたり1つずつ)

2つのポート アダプタ ベイにより個別に拡張可能な高性能ソリューションを提供

標準メモリ

 


メモリ アップグレード オプション

ベイあたり64 MB


FlexWANモジュールあたり合計128 MB

ベイあたり最大128 MB

ベイあたり256 MB


拡張FlexWANモジュールあたり合計512 MB

ベイあたり最大512 MB

大きなルーティング テーブルや多彩なQoS機能に対応可能。拡張性の向上

スイッチ ファブリックとの接続性

なし

あり

データ転送に256または720 Gbpsのスイッチ ファブリック モジュールを使用可能

モジュールのOnline Insertion and Removal(OIR;ホットスワップ)

あり

あり

ハイ アベイラビリティの強化と使いやすさ

製品仕様

表2 製品仕様

互換性

Cisco Catalyst Supervisor Engine 2およびSupervisor Engine 720システム

最低限必要なソフトウェア

Supervisor Engine 720ではCisco IOS® ソフトウェア リリース12.2(17a)SXA以上、Supervisor Engine 2ベースのシステムではCisco IOSソフトウェア リリース12.2(17a)SXB以上

プロトコル

TCP、IPv4、IPv6、MPLS(マルチプロトコル ラベル スイッチング)、Ethernet over MPLS(EoMPLS)、Frame Relay over MPLS(FRoMPLS)、ATM over MPLS(ATMoMPLS)

カプセル化

フレーム リレー、Multilink Frame Relay(FRF.16)、Multilink Point-to-Point Protocol(MLPPP)、HDLC、ATM、HSSI、Generic Routing Encapsulation(GRE;総称ルーティング カプセル化)(HSSIおよびフレーム リレー インターフェイスでサポート)

カード、ポート、スロット

シスコの拡張FlexWANモジュールあたりポート アダプタ ベイ×2

機能と利点
  • パフォーマンスの向上 ― 従来のFlexWANモジュールと比較してパケット転送性能が2倍に向上
  • スイッチ ファブリックとの接続 ― スイッチ ファブリックとの接続により最大720 Gbpsにシステムを拡張可能
  • パケット メモリの増大 ― 従来のFlexWANではベイあたり128 MBであったメモリをベイあたり512 MBに増大。これにより大規模なルーティング テーブルや多彩なQoS機能に対応可能になるとともに、拡張性が向上
  • シスコの拡張FlexWANモジュールのOIR
 

QoS、ACL、および低速集約機能

セキュリティ

  • 標準、拡張、ダイナミック、再帰、時間ベースのAccess Control List(ACL;アクセス制御リスト)

QoS

  • IP precedence
  • Differentiated Services Code Point(DSCP)(IPv6およびIPv4)
  • MPLS experimental値(MPLS EXP)

輻輳回避

  • Weighted Random Early Detection(WRED;重み付きランダム早期検出)

輻輳管理

  • Virtual Circuit(VC;仮想回線)単位のキューイング
  • Low-Latency Queuing(LLQ)
  • Weighted Fair Queuing(WFQ)
  • Class-Based Weighted Fair Queuing(CBWFQ;クラス ベース均等化キューイング)

トラフィックの分類、シェーピング、帯域幅ポリシング

  • マーキング
  • ポリシング
  • Distributed Traffic Shaping(DTS)
  • 階層型トラフィック シェーピング
  • Network-Based Application Recognition(NBAR)

帯域効率

  • cRTP

フラグメンテーション

  • Distributed LFI(dLFI)
  • Frame Relay Forum FRF.12

Voice over Frame Relay

  • Frame Relay Forum FRF.11

ブリッジング

  • RFC 1483および2684 ATMブリッジング

ATM PVC(相手先固定接続)バンドル

サポートされていない機能
  • FRTS(フレーム リレー トラフィック シェーピング)、ISDN、フレーム リレー スイッチング、L2TP(レイヤ2トンネリング プロトコル)、L2F(レイヤ2転送)、PPTP(ポイントツーポイント トンネリング プロトコル)
  • フレーム リレー SVC(相手先選択接続)
  • マルチシャーシ マルチリンクPPP
  • System Network Architecture(SNA)シリアル プロトコル(Synchronous Data Link Control [SDLC]、Frame Relay Access Support [FRAS]、Binary Network Node [BNN]、およびBoundary Access Node [BAN])
  • FRF.5、FRF.8、FRF.9、およびFRF.15
  • POSチャネル ボンディング
  • QoSグループ
メモリ
  • ベイあたり256 MBのDouble Data Rate(DDR)SDRAMメモリを標準搭載
  • 任意でDDR SDRAM メモリをベイあたり512 MBまでアップグレード可能
サポートされるポート アダプタ

T1/E1

PA-4T+

PA-8T-V35

PA-8T-232

PA-8T-X21

PA-MC-2T1

PA-MC-4T1

PA-MC-8T1

PA-MC-8TE1+

PA-MC-8E1/120

PA-MC-2E1/120

PA-4E1G/120

PA-4E1G/75

 

T3/E3およびSTM-1

PA-T3+

PA-E3

PA-2T3

PA-2T3+

PA-2E3

PA-MC-T3

PA-MC-2T3+

PA-MC-E3

PA-MC-STM-1MM

PA-MC-STM-1SMI

 

ATM

PA-A3-T3

PA-A3-E3

PA-A3-OC3MM

PA-A3-OC3SMI

PA-A3-OC3SML

PA-A3-8T1IMA

PA-A3-8E1IMA

PA-A6-OC3MM

PA-A6-OC3SMI

PA-A6-OC3SML

PA-A6-T3

PA-A6-E3

 

POSおよびHSSI

PA-POS-OC3MM

PA-POS-OC3SMI

PA-POS-OC3SML

PA-POS-2OC3MM

PA-POS-2OC3SMI

PA-POS-2OC3SML

HSSI

PA-H

PA-2H

サポートされないポート アダプタ

デュアル幅のアダプタ、音声、トークンリング、Fiber Distributed Data Interface(FDDI)、暗号化、圧縮、ファイバ チャネル

環境条件
  • 動作温度:0~40°C(32~104°F)
  • 保管温度:-40~75°C(-40~167°F)
  • 相対湿度:結露しないこと(10~90%)
  • 動作高度:-60~2,000m
信頼性およびアベイラビリティ
  • Mean Time Between Failures(MTBF;平均故障間隔):システム構成に関して7年間
MIB
  • Cisco Entity MIB(CISCO-ENTITY-MIB)
  • Cisco Entity Asset MIB
  • Cisco Entity Field-Replaceable Unit(FRU)Control MIB
  • Cisco Entity Alarm MIB
  • Interface IF MIB(RFC 2233)
  • DS-3 MIB(RFC 1407)
  • DS-1 MIB(RFC 1406)
  • Frame Relay MIB(RFC 1315)
  • Cisco Frame Relay MIB
  • ATM MIB(RFC 1695)
  • Definitions of Managed Objects for Bridges(RFC 1493)
  • Evolution of Interfaces Group of MIB-II(RFC 1573)
  • Simple Network Management Protocol(SNMP)MIB II(RFC 1213)
  • Remote Monitoring(RMON)MIB(RFC 1757)
  • Switch Monitoring(SMON)MIB
ネットワーク管理

CiscoWorks ― CiscoView、CiscoWorks Resource Manager Essentials(RME)を使用可能

Cisco VPN Solution Center(VPNSC)

物理仕様
  • Cisco 7600シリーズ ルータまたはCisco Catalyst 6500シリーズ スイッチのスロットを1つ使用
  • 13スロットのシャーシに最大12の拡張FlexWANモジュールを搭載可能
  • Multilayer Switch Feature Card 2(MSFC2;マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード2)およびPolicy Feature Card 2(PFC2;ポリシー フィーチャ カード2)が搭載されたSupervisor Engine 2、またはSupervisor Engine 720
  • 寸法(高さ×幅×奥行):1.75 × 15.375 × 16インチ
  • 重量:8.4ポンド
電力

拡張FlexWANモジュールあたりの消費電力:135ワット、2つのポート アダプタ搭載時の最大消費電力:170ワット

インジケータ

拡張FlexWANモジュールのステータス:グリーン(動作可能)、オレンジ(障害)

適合規格

CEマーキング

安全性

  • UL 60950
  • CSA C22.2 No. 60950
  • EN60950
  • TS001
  • IEC 60950
  • AS/NZS3260

EMC

  • FCC Part 15クラスA
  • ICES-003クラスA
  • VCCIクラスA
  • EN55022クラスA
  • EN55024
  • EN50082-1
  • EN61000-3-2
  • EN61000-3-3
  • EN61000-3-1
  • CISPR22クラスA
  • AS/NZS3548クラスA
  • ETS-300 386
準拠標準

テレコミュニケーション

  • ITU-T G.610
  • ITU-T G.703
  • ITU-T G.707
  • ITU-T G.783セクション9-10
  • ITU-T G.784
  • ITU-T G.803
  • ITU-T G.813
  • ITU-T G.825
  • ITU-T G.826
  • ITU-T G.841
  • ITU-T G.957テーブル3
  • ITU-T G.958
  • ITU-T I.361
  • ITU-T I.363
  • ITU I.432
  • ITU-T Q.2110
  • ITU-T Q.2130
  • ITU-T Q.2140
  • ITU-T Q.2931
  • ITU-T O.151
  • ITU-T O.171
 
  • ETSI ETS 300 417-1-1
  • ACA TS 026(1997)
  • BABT /TC/139(Draft 1e)

発注情報

表3 発注情報

製品 部品番号
Cisco 7600シリーズ/Catalyst 6500シリーズ拡張FlexWANモジュール

WS-X6582-2PA

Cisco 7600シリーズ/Catalyst 6500シリーズ拡張FlexWANモジュールのスペア

WS-X6582-2PA=

Cisco 7600シリーズ/Catalyst 6500シリーズ拡張FlexWANモジュール256 MBメモリ

MEM-CC-WAN-256M

Cisco 7600シリーズ/Catalyst 6500シリーズ拡張FlexWANモジュール256 MBメモリのスペア

MEM-CC-WAN-256M=

Cisco 7600シリーズ/Catalyst 6500シリーズ拡張FlexWANモジュール512 MBメモリ

MEM-CC-WAN-512M

Cisco 7600シリーズ/Catalyst 6500シリーズ拡張FlexWANモジュール512 MBメモリのスペア

MEM-CC-WAN-512M=

サービスおよびサポート

シスコは、あらゆる企業およびサービス プロバイダーのニーズを満たすために、幅広いサービスとサポートを提供しています。シスコは、ネットワークの展開、運用、最適化に必要なワールドクラスのサービスおよびサポートを提供することにより、お客様から高い評価を得ています。お客様の目標は、市場への迅速な対応、ネットワーク アベイラビリティの最大化、顧客満足度の向上や顧客維持などさまざまですが、シスコはいかなる場合でも、その目標を達成できるようお客様を全力で支援します。

詳細情報について

シスコのサービスおよびサポート プログラム、またその利点についての詳細は、次のURLをご覧ください。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

Cisco 7600シリーズ ルータについての詳細は、次のURLをご覧ください。

http://www.cisco.com/go/7600

発注情報については、次のURLをご覧ください。

http://www.cisco.com/public/ordering_info.shtml