Cisco 7600 シリーズ インターネット ルータ

Cisco 7600シリーズ/Cisco Catalyst 6500シリーズ 4ポートおよび8ポートOC-3c/STM-1 POS拡張OSM(オプティカル サービス モジュール)

ダウンロード
Cisco 7600シリーズ/Cisco Catalyst 6500シリーズ 4ポートおよび8ポートOC-3c/STM-1 POS拡張OSM(オプティカル サービス モジュール)

データ シート


Cisco 7600シリーズ/Cisco Catalyst 6500シリーズ 4ポートおよび8ポートOC-3c/STM-1 POS拡張OSM(オプティカル サービス モジュール)


サービス プロバイダーの統合アクセス ポイントに適した高密度のOC-3c/STM-1接続およびIPまたはMPLSコア ネットワークを通じたサービスの提供

図1
Cisco 7600シリーズ ルータ用の8ポートOC-3 c/STM-1 POS拡張OSM

インターネット対応のユーザ アプリケーションの急成長に伴い、サービス プロバイダー ネットワークにより提供される帯域幅は増大する一方です。この成長を支えるために、サービス プロバイダーは、従来型のレイヤ2 WANサービス(フレーム リレーやATMなど)を提供する既存のネットワーク アーキテクチャとレイヤ3 WANサービス(高速インターネット アクセスやレイヤ3 VPNなど)アーキテクチャとの統合を進めています。このようなネットワークの統合によって、すべてのネットワーク サービスが同時に強化されるような、最適な設備投資が可能となります。

ネットワークの統合を実現するのは簡単なことではありません。特にネットワークの集約ポイントには、さまざまな条件が要求されます。集約ポイントに配置するネットワーク デバイスは、レイヤ2とレイヤ3の複数のサービスを提供すると同時に、顧客のアクセス ノードからコア ネットワークへ、またその逆方向へ、ネットワーク トラフィックを効率的に転送できなければなりません。さらに、このような集約デバイスは、アクセス ネットワークとコア ネットワークの間の帯域幅やインターフェイス密度の拡張性、多様なネットワーク プロトコル、Quality of Service(QoS;サービス品質)、セキュリティ、アカウンティングの機能、そして既存のSONETインフラストラクチャとの互換性も兼ね備えている必要があります。

Cisco® 7600シリーズ ルータは、統合ネットワーク アーキテクチャのネットワーク集約デバイスに必要なパフォーマンス、密度、機能を備えています。既存のSONETインフラストラクチャ上で集約サービスを提供するために、Cisco 7600シリーズのルータには、Cisco 4ポートおよび8ポートOC-3c/STM-1 Packet over SONET(POS)拡張OSMなど、各種のSONETインターフェイス カードを搭載できるようになっています。このような拡張OSMは、Cisco Parallel Express Forwarding(PXF)ネットワーク プロセッサを通じて、高度なIPサービスやMultiplotocol Label Switching(MPLS;マルチプロトコル ラベル スイッチング)サービスを提供します。

拡張OC-3/STM-1 OSMの機能概要

Cisco 4ポートおよび8ポートOC-3c/STM-1 POS拡張OSMの機能を、表1に示します。

表1 OC-3c/STM-1 POS OSMの機能と利点
機能 利点
各OSMに複数のOC-3 POSインターフェイスを搭載

1つのシャーシまたは1つのラックで高密度のOC-3接続を提供可能

ソフトウェア アップグレードが可能なフィーチャ セット(Cisco PXFネットワーク プロセッサを使用)

Application Specific Integrated Circuit(ASIC;特定用途向けIC)ベースの設計と同様のパフォーマンスを提供しながら、ソフトウェア アップグレードによって新しい機能に柔軟に対応可能

PXF IPサービス プロセッサあたり最大5.5 Mppsのスループット

高いパフォーマンスによってOC-48のオプティカル インターフェイス速度に対応可能

OC-3 SONETポートに加え、4つのギガビット イーサネット ポートを装備

WANとLANの同時アクセスによって多様なアプリケーションに対応可能

PXFネットワーク プロセッサあたり256 MBのDirect Memory Access(DMA;ダイレクト メモリ アクセス)メモリ

PXFネットワーク プロセッサあたり8000以上のQoSキューをサポート

シャーシあたりのMPLSレイヤ3 Virtual Routing and Forwarding(VRF)インスタンス数は最小511、最大1023

シャーシあたりのサービス密度がきわめて高く、エンド カスタマーのMPLS VPNサービスに対応可能

Class-Based Weighted Fair Queuing(CBWFQ;クラス ベース均等化キューイング)、Low-Latency Queuing(LLQ;低レイテンシ キューイング)、Weighted Random Early Detection(WRED;重み付きランダム早期検出)など、拡張QoS機能をサポート

エンド カスタマーに対するSLA(サービスレベル アグリーメント)の改善

フレーム リレー、ATMなどのレイヤ2ネットワーク サービスをMPLSネットワーク アーキテクチャで伝送可能

統合ネットワーク アーキテクチャを通じて、フレーム リレー、イーサネット、ATMなどのレイヤ2サービスと、インターネット アクセスや2547 VPNなどのレイヤ3サービスをいずれも提供可能

投資保護

シスコのお客様はCisco 7600シリーズを使用することにより、シスコ機器への既存の投資を有効に活用できます。Cisco 7600シリーズには、拡張OSMだけでなく、従来のCisco Catalyst® 6000シリーズのLANインターフェイスを搭載することも、Cisco 7500および7200シリーズのWANポート アダプタを搭載することもできます。そのため、Cisco 7600シリーズは非常に拡張性に優れ、DS-0からOC-48/STM-16のWANインターフェイス、および10/100 Mbpsイーサネットからギガビット イーサネットや10ギガビット イーサネットまでのLANインターフェイスに対応できます。

サービス プロバイダー環境に適した設計

Cisco 7600シリーズは、サービス プロバイダー ネットワークが求めるハイ アベイラビリティ要件を満たすことができるように設計されています。Cisco 7600シリーズ ルータのシャーシはいずれもNetwork Equipment Building Standards 3(NEBS-3)に適合しています。また、Cisco 7600シリーズは、完全冗長構成によるルート処理や転送をサポートするとともに、Border Gateway Protocol Version 4(BGP4)、Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)、Open Shortest Path First(OSPF)などのコア プロトコルを使用したルーティング機能を備え、QoSやパケット フィルタリングもサポートしています。Cisco 7600シリーズは、720 Gbpsのスイッチ ファブリックを通じて高い総スループットやポート密度を実現するため、サービス プロバイダーはセントラル オフィスのスペースを有効に活用できます。表2に、Cisco 7600シリーズがサポートするOC-3/STM-1のポート密度を示します。

表2 4ポートおよび8ポートOC-3c/STM-1 POS OSMのシャーシ密度およびラック密度*
OSM Cisco 7609のシャーシ密度 Cisco 7609のラック密度
OSM-4OC3-POS-X

OC-3ポート×32およびギガビット イーサネット ポート×34

OC-3ポート×64およびギガビット イーサネット ポート×68

OSM-8OC3-POS-X

OC-3ポート×64およびギガビット イーサネット ポート×34

OC-3ポート×128およびギガビット イーサネット ポート×68

* 次の構成の場合

  • 各Cisco 7609シャーシにCisco Supervisor Engine 720×1
  • 各Cisco 7609シャーシに4ポートまたは8ポートのOC-3 POSモジュール×8
  • 7フィート ラックにCisco 7609シャーシ×2

発注情報

表3に、OSMの部品および発注情報を示します。

表3 4ポートおよび8ポートOC-3c/STM-1 POS拡張OSMのモデル
モデル番号 説明
OSM-4OC3-POS-SI+

4ポートOC-3/STM-1 SONET/SDH拡張OSM、シングルモード、中距離、4ギガビット イーサネット(GE)

OSM-4OC3-POS-SI+=

4ポートOC-3/STM-1 SONET/SDH拡張OSM、シングルモード、中距離、4 GE(スペア)

OSM-8OC3-POS-SI+

8ポートOC-3/STM-1 SONET/SDH拡張OSM、シングルモード、中距離、4 GE

OSM-8OC3-POS-SI+=

8ポートOC-3/STM-1 SONET/SDH拡張OSM、シングルモード、中距離、4 GE(スペア)

OSM-8OC3-POS-SL+

8ポートOC-3/STM-1 SONET/SDH拡張OSM、シングルモード、長距離、4 GE

OSM-8OC3-POS-SL+=

8ポートOC-3/STM-1 SONET/SDH拡張OSM、シングルモード、長距離、4 GE(スペア)

MEM-OSM-128M

OSM用の128 MB ECCメモリ

MEM-OSM-256M

OSM用の256 MB ECCメモリ

MEM-OSM-512M

OSM用の512 MB ECCメモリ

技術仕様

OC-3c/STM-1 POSの仕様

SONET/SDH準拠:

  • Telcordia(Bellcore)GR-253-CORE(該当する場合)

  • ITU-T G.707、G.957、G.825(該当する場合)

  • GR253-COREに基づく1+1 SONET Automatic Protection Switching(APS;自動保護スイッチング)をポート単位、ライン カード単位、シャーシ単位でサポート(該当する場合)

  • G.783 Annex Aに基づく1+1 SDH Multiplex Section Protection(MSP)をポート単位、ライン カード単位、シャーシ単位でサポート(該当する場合)

カプセル化:

  • IETF RFC 1661、PPP(ポイントツーポイント プロトコル)

  • IETF RFC 1973、フレーム リレーでのPPP

  • IETF RFC 1662、High-Level Data Link Control(HDLC;ハイレベル データリンク制御)に類似したフレーミングでのPPP

  • IETF RFC 2615、PPP over SONET/SDH(1+x43の自己同期ペイロード スクランブリング)

SONET/SDHエラー、アラーム、パフォーマンス モニタリング:

  • Signal Failure Bit Error Rate(SF-ber;信号損失ビット エラー レート)

  • Signal Degrade Bit Error Rate(SD-ber;信号劣下ビット エラー レート)

  • Signal Label Payload Construction(C2)

  • Path Trace Byte(J1)

  • セクション:

    ― Loss of Signal(LOS;信号損失)

    ― Loss of Frame(LOF;フレーム損失)

    ― B1のエラー カウント

    ― B1のThreshold Crossing Alarm(TCA;スレッシュホールド超過アラーム)

  • 回線:

    ― Line Alarm Indication Signal(LAIS;回線アラーム検出信号)

    ― Line Remote Defect Indication(LRDI;回線リモート障害検出)

    ― Line Remote Error Indication(LREI;回線リモート エラー検出)

    ― B2のエラー カウント

    ― B2のTCA

  • パス:

    ― Path Alarm Indication Signal(PAIS;パス アラーム検出信号)

    ― Path Remote Defect Indication(PRDI;パス リモート障害検出)

    ― Path Remote Error Indication(PREI;パス リモート エラー検出)

    ― B3のエラー カウント

    ― B3のTCA

    ― Loss of Pointer(LOP;ポインタ損失)

    ― New Pointer Event(NEWPTR;新規ポインタ イベント)

    ― Positive Stuffing Event(PSE)

    ― Negative Stuffing Event(NSE)

    ― Path Unequipped Indication Signal(PUNEQ;未実装パス検出信号)

    ― Path Payload Mismatch(PPLM;パス ペイロード ミスマッチ)検出信号

SONET/SDH同期:

  • ローカル(内部)タイミング(ダーク ファイバまたはWDM機器経由のルータ間接続)

  • ループ(回線)タイミング(SONET/SDH機器への接続)

  • -20 ppmクロック精度(完全動作温度)

ネットワーク管理:

  • ローカル ループバック

  • ネットワーク ループバック

  • NetFlowデータ エクスポート

  • RFC 1595、定期的なパフォーマンス統計(現在、15分、15分の倍数、1日間隔)

  • リジェネレータ セクション

  • マルチプレックス セクション

  • パス エラー秒数

  • 重大エラー秒数

  • 重大エラー フレーム秒数

  • コネクタ:MT-RJコネクタ

表4 POSオプティカル仕様
   出力電力 入力電力 入力感度 波長
ファイバ インターフェイス 最小 最大 最大 最小 最小 最大
マルチモード

-9.0 dBm

-14.0 dBm

-14.0 dBm

-26.0 dBm

1270 nm

1380 nm

シングルモード中距離

-15.0 dBm

-8.0 dBm

-8.0 dBm

-28.0 dBm

1261 nm

1360 nm

シングルモード長距離

-5.0 dBm

0.0 dBm

-8.0 dBm

-28.0 dBm

1285 nm

1335 nm

ギガビット イーサネット仕様

  • IEEE 802.3zに準拠

  • GBICベースのギガビット イーサネット インターフェイス(SCコネクタ付)

ギガビット イーサネット オプティカル仕様

GBICの距離

  • 1000BASE-LX:最大550 mの50ミクロン マルチモード ファイバ

  • 1000BASE-LX:最大5 kmの9/10ミクロン シングルモード ファイバ

  • 1000BASE-LH:最大550 mの62.5ミクロン マルチモード ファイバ

  • 1000BASE-LH:最大550 mの50ミクロン マルチモード ファイバ

  • 1000BASE-LH:最大10 kmの9/10ミクロン シングルモード ファイバ

  • 1000BASE-ZX:最大70 kmの9/10ミクロン シングルモード ファイバ

  • 1000BASE-ZX:最大100 kmの分散シフト型ファイバ

  • 最大4000のVLANを同時にサポートするIEEE 802.1Q VLANトランキング

  • Hot Standby Router Protocol(HSRP)のサポート

  • IEEE 802.3Xの自動ネゴシエーション フロー制御のサポート

  • Maximum Transmission Unit(MTU;最大伝送ユニット)9192バイトのジャンボ フレームをサポート

Cisco 7600シリーズ システムの機能

  • ハードウェアベースのCisco Express Forwarding(30 Mpps)

  • Access Control List(ACL;アクセス制御リスト)の適用(30 Mpps)

  • QoSの分類(30 Mpps)

  • ポリシー ルーティング(30 Mpps)

  • システムあたり128,000のトラフィック アカウンティング エントリをサポート

  • Online Insertion and Removal(OIR;ホットスワップ)のサポート

  • ポート単位でSNMPバージョン1と2、および4つのRemote Monitoring(RMON)グループ(統計、履歴、アラーム、イベント)をサポート

4ポートまたは8ポートOC-3c/STM-1 POS OSMの物理仕様

  • Cisco 7600シリーズのシャーシの1スロットを使用

  • Cisco Catalyst 6500シリーズのシャーシの1スロットを使用

    ― WS-C6506 ― Cisco Catalyst 6506シャーシ

    ― WS-C6509 ― Cisco Catalyst 6509シャーシ

    ― WS-C6509-NEB ― NEBS環境のCisco Catalyst 6509シャーシ

  • OSMあたりOC-3c/STM-1ポート×4または×8

  • OSMあたりギガビット イーサネット オプティカル ポート×4

  • 9スロット シャーシに最大8枚までの4ポートまたは8ポートOC-3c/STM-1 OSMを搭載可能

  • Cisco 7600シリーズまたはCisco Catalyst 6500シリーズのシャーシでの必須条件

    ― Supervisor Engine 2:WS-X6K-S2-MFSC2

    ― Supervisor Engine 720:WS-SUP720-3BXL

  • Cisco 7600シリーズまたはCisco Catalyst 6500シリーズのシャーシでの推奨条件

    ― スイッチ ファブリック モジュール(Supervisor Engine 2使用時にのみ必要)

    ― 256 Gbpsのクロスバー ファブリック:WS-C6500-SFM

  • 寸法(高さ × 幅 × 奥行):3.0 × 35.6 × 40.6 cm(1.2 × 14.4 × 16インチ)

  • 重量:5 kg(11.0ポンド)

  • 電力要件:120 W(4ポート)、141 W(8ポート)

  • Mean Time Between Failures(MTBF;平均故障間隔):システム構成に関して7年間

インジケータおよびインターフェイス

  • Status:グリーン(動作可能)、レッド(障害)、オレンジ(モジュール起動中または診断実行中)

  • Link Good:グリーン(ポートはアクティブ)、オレンジ(使用不可)、消灯(非アクティブ/未接続)、オレンジに点滅(診断エラーによる使用不可)

プロセッサおよびメモリ

  • 262 MHzのR7000 MIPS RISCプロセッサ×1

  • アップグレード可能なパケット/ルート テーブル メモリ オプション:

    ― 128 MB ECC SDRAM(標準)

    ― 128 MB ECC SDRAM

    ― 256 MB ECC SDRAM

    ― 512 MB ECC SDRAM

Cisco PXF IPサービス プロセッサ:

  • PXF IPサービス プロセッサあたり分散IPサービス アプリケーションを最大5.5 Mppsで提供

  • ライン カードあたりのCisco PXFメモリ(固定構成):

  • ― Cisco PXF IPサービス プロセッサあたり256 MB SDRAMのルート テーブル メモリ

    ― Cisco PXF IPサービス プロセッサあたり256 MB SDRAMのパケット バッファ メモリ(パケット単位のCRCチェック)

    ― Cisco PXF IPサービス プロセッサあたり8 MB SSRAMのパケット処理メモリ

MIBのサポート

  • SONET MIB(RFC 1595)

  • RFC 1157 SNMP

  • RFC 1901 - 1907 SNMP v2c

  • SNMP v3 MIB

  • IF-MIB(RFC 1573)

  • CISCO-STACK-MIB

  • CISCO-CDP-MIB

  • RMON MIB(RFC 1757)

  • ENTITY-MIB(RFC 2037)

  • HC-RMON

  • RFC1213-MIB(MIB-II)

  • SMON-MIB

  • IP Statistics MIB

  • HSRP MIB

  • CAR MIB

  • WRED MIB

  • RSVP MIB

  • Cisco RTTMON MIB

環境条件

  • 動作温度:0~40°C(32~104°F)

  • 保管温度:-20~65°C(-4~149°F)

  • 相対湿度:5~90%(結露しないこと)

  • 動作高度:-500~10,000フィート

適合規格および安全規格

  • UL 1950

  • CAN/CSA C22.2 No.950-95

  • EN 60825-1 Laser Safety(クラス1)

  • 21CFR1040 Laser Safety

  • IEC60825-2

  • EN60950

  • IEC 60950

  • TS 001

  • AS/NZS 3260

  • EMC準拠

  • FCC Part 15(CFR 47)クラスA

  • VCCIクラスA

  • EN55022クラスA

  • CISPR 22クラスA

  • AS/NZS 3548クラスA

  • EN55024

  • CEマーキング

  • NEBSレベル3準拠

  • Cisco 7600シリーズ シャーシは、次の仕様に基づいてNEBSレベル3の適合認定を得ています。

    ― GR-63-CORE - NEBS:物理保護

    ― GR-1089-CORE - NEBS:EMCおよび安全性

  • ETSI準拠

  • ETS-300386-2スイッチング機器

最低限必要なソフトウェア バージョン

  • Cisco IOS®ソフトウエア リリース12.1(12)E(Supervisor Engine 2を使用する場合)

  • Cisco IOSソフトウエア リリース12.2(17a)SXA(Supervisor Engine 720を使用する場合)