Cisco 4000 シリーズ サービス統合型ルータ

シスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューション向けのシスコ第 4 世代パケット音声デジタル シグナル プロセッサ モジュール


シスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューション向け Cisco 4000 シリーズ サービス統合型ルータ パケット音声デジタル シグナル プロセッサ モジュール(PVDM)データ シート



製品概要

Cisco® パケット音声デジタル シグナル プロセッサ モジュール(PVDM)により、Cisco 4000 シリーズ サービス統合型ルータ(ISR)は、シスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションにおいて高密度音声接続、会議、トランスコーディング、メディア最適化、トランスレーティング、および安全性が高い音声などのリッチメディア処理機能を提供します。これらの新しいモジュールは、これまで以上に小さな実装面積を可能にしながら、これまでにない規模をサポートします。

図1.     オンボード マザーボード PVDM(PVDM4)(上面)

図2.    PVDM 拡張サービスモジュール(SM-X-PVDM)

機能と利点

PVDM は、デジタル音声接続、会議、ユニバーサル トランスコーディング、およびメディア最適化サービスをサポートします。

    • T1/E1音声:PVDM の主な用途の 1 つは、デジタル音声を IP パケットにパケット化し、時分割多重(TDM)デジタル音声アプリケーションを使用可能にすることです。
    • 会議:PVDM モジュールは、Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified Communications Manager Express と連携し、各種コーデックによってアドホックおよびミートミー会議をサポートします。
    • ユニバーサルトランスコーディング:PVDM は、Cisco IOS® ソフトウェアと連携してユニバーサル トランスコーディングをサポートするため、会話をサポート対象コーデックから別のサポート対象コーデックに変換できます。
    • トランスレーティング:PVDM は、トランスレーティング(コーデックのパケット化間隔が異なるネットワークに接続するために行われる同一コーデックの再パケット化)をサポートします。
    • 音声品質管理:PVDM は、圧縮、ボイスアクティビティ検出、ジッター管理、およびエコー キャンセレーションを実行します。PVDM のエコー キャンセレーションは、128 ミリ秒のテール長で ITU-T G.168 に準拠しています。
    • 省エネ:マザーボード PVDM(PVDM4)には、モジュールが使用されていない時の省電力モードなど、複数の省電力モードがあります。省電力モードで、PVDM4 は最大 5 ワットの電力を節約できます。

アナログ音声モジュール(FXS、FXO、および E/M)および 4000 シリーズ ISR の基本速度インターフェイス(BRI)デジタル音声モジュールには、設定不要のデジタル シグナル プロセッサ(DSP)が組み込まれており、音声のパケット化のための追加の PVDM は必要ありません。

よくある質問については、PVDM Q&A を参照してください。

フォーム ファクタとオプション

Cisco 4000 シリーズ PVDM は、2 種類のフォーム ファクタが利用できます。また、各フォーム ファクタは 4 つの密度をサポートしています。

    • 最大 256 チャネルの密度に対応するマザーボード PVDM(PVDM4)(図 1
    • 最大 3080 チャネルの密度に対応する PVDM 拡張サービス モジュール(SM-X-PVDM)(図 2

マザーボード PVDM はすべての Cisco 4000 シリーズ ISR でサポートされています。これらは、ルータのマザーボードのシングル スロットや、T1/E1 ポートをサポートするネットワーク インターフェイス モジュール(NIM)に直接接続できます。マザーボードに接続された PVDM4 モジュールは、会議、メディア最適化、およびトランスコーディングなどの IP ベースの音声サービスのみを提供します。

T1/E1 NIM に接続された PVDM4 モジュールは、音声 T1/E1 接続に使用されます。余分なチャネルは、マザーボード スロットでサポートされる他の IP ベースのサービス用に再利用できます。強化された DSP アーキテクチャは、リッチメディア音声アプリケーションのために最適化された新しいパケット処理エンジンに対応しており、同時に TDM-IP 音声フレームワークもサポートしています。

PVDM 拡張サービス モジュールは、SM-X スロット(Cisco 4331、4351、および 4451 ISR)を含む ISR でサポートされています。SM-X モジュールは、IP ベースの音声サービスのみをサポートし、TDM アプリケーションには使用できません。

表 1 に、さまざまな PVDM オプションとそのスロット要件を示します。

表 1.   Cisco 4000 シリーズ ISR PVDM の製品番号とスロット要件

製品番号

スロット

説明

PVDM4-32=

オンボードマザーボードまたは T1/E1モジュールスロット

32チャネル高密度音声 DSPモジュールまたはスペア

PVDM4-64=

オンボードマザーボードまたは T1/E1モジュールスロット

64チャネル高密度音声 DSPモジュールまたはスペア

PVDM4-128=

オンボードマザーボードまたは T1/E1モジュールスロット

128チャネル高密度音声 DSPモジュールまたはスペア

PVDM4-256=

オンボードマザーボードまたは T1/E1モジュールスロット

256チャネル高密度音声 DSPモジュールまたはスペア

SM-X-PVDM-500=

拡張サービスモジュールスロット

768チャネル高密度音声 DSPモジュールまたはスペア

SM-X-PVDM-1000=

拡張サービスモジュールスロット

1024チャネル高密度音声 DSPモジュールまたはスペア

SM-X-PVDM-2000=

拡張サービスモジュールスロット

2048チャネル高密度音声 DSPモジュールまたはスペア

SM-X-PVDM-3000=

拡張サービスモジュールスロット

3080チャネル高密度音声 DSPモジュールまたはスペア

コーデックのサポートと容量

PVDM4 モジュールはさまざまな複雑度を持つ広範囲のコーデックをサポートしています。また、Cisco 2800/3800 高密度 PVDM(PVDM3)がサポートするすべてのコーデックをサポートしています。表 2 に、PVDM4 および SM-X-PVDM モジュールでサポートされるコーデックを示し、表 3 に、PVDM4 および SM-X-PVDM モジュールのチャネル密度を示します。表 4 に、メディア拡張機能を示します。

表 2.  PVDM の音声、FAX、およびモデム コーデックのサポート

低複雑度のコーデック

複雑度

マザーボード PVDMPVDM4

PVDM拡張サービスモジュール(SM-X-PVDM

クリアチャネル

サポート

該当なし

G.711

サポート

サポート

FAXおよびモデムのパススルー

サポート

未サポート

G.722

サポート

サポート

G.726

サポート

未サポート

G.728

サポート

未サポート

G.729

サポート

サポート(G.729aにマッピング)

G.729a

サポート

サポート

G.729b

サポート

サポート(G.729abにマッピング)

G.729ab

サポート

サポート

FAXリレー

サポート

未サポート

iLBC(インターネット低ビットレートコーデック)

サポート

サポート

iSAC(インターネットスピーチオーディオコーデック)

トランスコーディングのみ

トランスコーディングのみ

AMR-WB

サポート

未サポート

モデムリレー

サポート

未サポート

表 3.   PVDM4 および SM-X-PVDM モジュールのチャネル密度

名前

チャネルの数

低複雑度

中複雑度

高複雑度

PVDM4-32

32

24

16

PVDM4-64

64

48

32

PVDM4-128

128

96

64

PVDM4-256

256

192

128

SM-X-PVDM-500

768

384

192

SM-X-PVDM-1000

1024

512

256

SM-X-PVDM-2000

2048

1024

512

SM-X-PVDM-3000

3080

1400

770

表 4.   メディア拡張機能

機能

マザーボード PVDMPVDM4

PVDM拡張サービスモジュール(SM-X-PVDM

エコー キャンセレーション

対応

非対応

トーン検出

対応

対応

ノイズ リダクション

対応

対応

音響衝撃防止

対応

対応

ゲイン制御

対応

対応

シスコ プラットフォームの可用性とパフォーマンス

PVDM4 モジュールはすべての Cisco 4000 シリーズ ISR でサポートされています。プラットフォームのマザーボードには PVDM4 モジュール用のスロットが 1 個あります。T1/E1 NIM には追加の PVDM4 モジュールを接続できます。

SM-X-PVDM モジュールは SM-X スロットを搭載した Cisco 4000 シリーズでサポートされています。表 5 に、プラットフォームのサポートの詳細を示します。表 6 と 7 に、トランスコーディング用と会議用のプラットフォームのそれぞれのパフォーマンス情報を示します。

表 5.  SM-X-PVDM モジュールのプラットフォーム サポート

4000シリーズプラットフォーム

SM-X-PVDM-500
(最大チャネル数)

SM-X-PVDM-1000
(最大チャネル数)

SM-X-PVDM-2000
(最大チャネル数)

SM-X-PVDM-3000
(最大チャネル数)

4321

未サポート

未サポート

未サポート

未サポート

4331

1(500)

1(1000)

未サポート

未サポート

4351

2(1000)

1(1000)

未サポート

未サポート

4431

未サポート

未サポート

未サポート

未サポート

4451

2(1000)

2(2000)

1(2000)

1(3000)

表 6.  トランスコーディング用のプラットフォームのパフォーマンス

4000シリーズプラットフォーム

低複雑度から低複雑度

低複雑度から中複雑度

低複雑度から高複雑度

4331

750

380

190

4351

1000

510

255

4451

3050

1400

765

表 7.  会議用のプラットフォーム パフォーマンス

4000シリーズプラットフォーム

低複雑度(8パーティ)

高複雑度(8パーティ)

4331

700

210

4351

255

63

4451

190

48

4000 シリーズ ISR は PVDM3 モジュールをサポートせず、2900 および 3900 シリーズ ISR は PVDM4 および
SM-X-PVDM モジュールをサポートしないことに注意してください。

製品仕様

表 8 に、PVDM4 および SM-X-PVDM モジュールの仕様を示します。

表 8.  モジュールの仕様

機能

マザーボード PVDMPVDM4

PVDM拡張サービスモジュール(SM-X-PVDM

コンポーネント

DSP

マルチコア DSPテクノロジー

マルチコア CPUテクノロジー

インターフェイス

マザーボードまたは T1/E1 NIMに Integrated Services Card(ISC)スロット搭載

拡張サービスモジュール(SM-X)

機能

動作温度

0〜 50 °C32〜 122 °F)

0〜 40 °C32〜 104 °F)

電圧

3.3 V

12 V

電流

1.47 A

4.17 A

電源

4.85 W

50 W

重量

36 g(0.08ポンド)

808 g(1.78ポンド)

寸法(高さ X幅 X奥行)

1.7 X 5.1 X 6.7 cm(0.67 X 2.50 X 2.62インチ)

4.0 X 21.7 X 20.6 cm(1.58 X 8.55 X 8.10インチ)

規制と適合規格

安全性

以下に適合:

    • IEC 60950(国際規格)
    • AS/NZS 60950-1(オーストラリアおよびニュージーランド)
    • CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1 第 1 版および第 2 版(カナダ)
    • GB4943-95(中国)
    • EN60950-1 第 1 版および第 2 版(CENELEC。EU および EFTA を含む)
    • NOM-019-SCFI-1998(メキシコ)
    • UL 60950-1 第 1 版および第 2 版(米国)

以下に適合:

    • IEC 60950(国際規格)+ A1 および A2
    • AS/NZS 60950-1(オーストラリアおよびニュージーランド)
    • CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1 第 2 版
      (カナダ)
    • GB4943-95(中国)
    • EN60950-1 第 2 版(CENELEC。EU および EFTA を含む)+ Am1 および Am2
    • NOM-019-SCFI-1998(メキシコ)
    • UL 60950-1、第 2 版(米国)

ホモロゲーション

プラットフォーム依存

プラットフォーム依存

平均故障間隔(MTBF

システム依存

システム依存

EMC

エミッション

    • CISPR22、クラス B
    • EN55022、クラス B、CFR47、Part 15、Subpart  B、クラス B
    • CISPR22、クラス A
    • EN55022、クラス A、CFR47、Part 15、Subpart  B、クラス B

高調波

EN61000-3-2

EN61000-3-2

フリッカ

EN61000-3-3

EN61000-3-3

電磁波耐性

    • CISPR24
    • EN 55024
    • EN50082-1
    • CISPR24
    • EN 55024
    • EN50082-1

静電放電(ESD

EN 61000-4-2

EN 61000-4-2

RFフィールド

EN 61000-4-3

EN 61000-4-3

EFT

EN 61000-4-4

EN 61000-4-4

サージ

EN 61000-4-5

EN 61000-4-5

伝導 RF

EN 61000-4-6

EN 61000-4-6

電源周波数磁界

EN 6100-4-8

EN 6100-4-8

電圧ディップ、瞬断、および中断

EN 61000-4-11

EN 61000-4-11


購入方法

シスコ製品の購入方法については、購入案内のページおよび表 1 を参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには、Cisco Software Center にアクセスしてください。

シスコおよびパートナーのブランチ オフィス向けサービス

シスコおよび認定パートナーが提供するサービスは、ブランチ オフィスのエクスペリエンスを変革し、ビジネスの刷新および成長を加速させます。シスコおよびパートナーは、複製可能で最適化されたわかりやすいブランチ オフィス ネットワークの構築に向けて、さまざまなテクノロジーに関する幅広い専門知識を提供します。計画および設計サービスでは、テクノロジーとビジネス目標との整合性を図り、展開の正確性、速度、および効率性を向上させることができます。テクニカル サービスは、運用効率の向上、費用の削減、およびリスクの緩和に貢献します。最適化サービスは、パフォーマンスの継続的な改善、およびお客様のチームが新しいテクノロジーを使いこなすための支援を目的としています。

Cisco Capital

目標達成を支援する融資

Cisco Capital は、お客様が目標の達成と競争力の維持に必要なテクノロジーを導入できるよう支援します。お客様の CapEx を削減し、成功を加速させ、投資金額と ROI を最適化します。シスコ キャピタル ファイナンス プログラムを利用すると、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、補完的なサードパーティ製機器を柔軟に取得することができます。支払いが統一されるため、予想外の支払いが発生することもありません。シスコ キャピタルは 100 ヵ国以上でサービスを利用できます。
詳細はこちら